BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

シアター用専用電源線 全貌

「SNが良いね。」と言われるオーディオシステムに共通しているポイント、それは電源に拘っている事。
タビさんちみたいな「マイ電柱トランス」には及びませんが、マイシアターもそれなりに拘ってたりしています。
カテゴリーが中途半端な説明で終わっていたので、今日は改めてその全貌を。

電柱から引込線、電気メーター/漏電遮断機
DSC01626_20170505145958781.jpg

引込線は、電気メーター(スマートメーター、以前のアナログメーターよりも音が良いです)を通過し、
DSC01623.jpg
下ボックス内のメインブレーカー、そして漏電遮断機に入り、
右側漏電遮断機で分岐し、マイシアターのある離れに向かいます。
ここまでは東電さんの持ち物なので弄れません。

既設電源線がミニポールを上ったところで、シアター用専用電源線に分岐させています。
DSC01627.jpg
一番下の電線が専用線(DV14sq)です。
もっと太いの使えば〜的意見もあるかもしれませんが…残念ながら下流にあるミニポールの強度からこれ以上太い電線は使えません。
(10年経った今、結果的に14sqでも十分だったと思っています)
離れまで約40mの距離を渡り、
既設配線とは距離をおいて敷設しています。家庭用電線/動力用電線からの飛び込みノイズ防止です。

途中、建屋前でVV14sq線に変換され、屋内に入ります
DSC01628.jpg
(家族には秘密裏に穴を開けました)

天井裏側 もちろんここでも既設家庭用電線と距離を置き、天井から
DSC01651.jpg

シアター部屋すぐ脇の専用(と呼ぶにはビンボくさいですが…)分電盤に入ります。
DSC01666.jpg
天井から下りたVV14sq線は、ボードの裏から分電盤に繋がっています。

DSCF536020170505.jpg
分電盤の詳細はこちら。
左端から 
200V アナログ機器用電源ブレーカー 調所電気の3KW絶縁ダウントランスへ
空き そのうち何かに使うかも、の予備…でも未だ何も使用せず。
100V プロジェクター用電源ブレーカー
右端 100Vデジタル機器用電源ブレーカー 下の写真:信濃電気のハイパーサインレギュレーターHSR100へ
以上4つの子ブレーカー構成。

子ブレーカーの配線をご覧ください。
プロジェクター用は黒/白で、信濃用は赤/白で。それぞれ100Vをとっています。どういうことか?と言うと、映像と音の電気は電柱レベルから別電源でとっているということです。

DSC01634.jpg

信濃電気 HSR1000 の説明…入力された100V商用交流電源を、いったんDC化し、ノイズを取り除き、波形成型したAC電源を出力。電圧降下していた電源も、きっちり100Vで出力する優れもの。定電源電源装置の類です。デジタル機器に効果は抜群だと勝手に思っています。

ちなみに、分電盤のアース線はそれぞれ浮いています。
アースの処理は(対地的にアースではありませんが) 信濃左右にあるビン、仮想アースで処理しています。
右ビンは信濃のアース端子へ直結
左ビンは調所電気のダウントランスのアース端子と直結
ヘタに対地アースを取るよりも良いはず。仮想アースへのケーブルで音質調整も可能です。

信濃のコンセントから
DSC01635.jpg
左 サブウーファー用グライコへ
中 ラック裏のアコリバ電源タップへ AVアンプ ブルーレイプレーヤー CDプレーヤー DAC に給電
右 サブウーファー用コンセントへ

プロジェクター用電源線は分電盤から再び天井に上り、プロジェクター背後のコンセントへ
DSC01638.jpg

信濃から出たサブウーファー用電源線も天井に戻り、設置壁近くのコンセントへ
DSC01637.jpg

実は天井にあるものを設置しています。
DSC01657.jpg
デジタル機器特有のスイッチング電源が発生させるノイズ混入防止のため
プロジェクター用電源線、サブウーファー用電源線 のそれぞれに絶縁トランスを挿入しています。

DSC01664.jpg

中身はトヨズミ TZ11-500A2 100V/100Vの絶縁シールドトランス
DSCF807320170505.jpg
プロジェクターへの外来ノイズ防止と、それぞれの機器から発生するコモンモードノイズと高周波ノイズをがんばって防いでくれているはずです。

まとめると、専用線のメリットは
専用電源線を引くことで、コンセントの渡り配線等の接点を最小限に抑えることができる。(接点は抵抗だったりノイズ源だったりするのです)
赤/白100Vと黒/白100Vを使い分けることで、プロジェクターとデジタル機器'の電源を電柱レベルから完全分離できる。
分電盤でデジアナ分離できる。
 さらにマイシアターでは
デジタル機器へはハイパーサインレギュレーターで電気を再波形成型しクリーン化。
一番電気を食うアナログ機器は大容量ダウントランスで他電源と分離。
プロジェクターとサブウーファーの電源ラインには絶縁シールドトランスを使用。
こんな感じです。

シアターを本気でやるために、ここまではやっています。(マイ電柱まではさすがにムリです)

地味だし面倒だったりですが、システムの到達レベルに大きく関与するとても大切な部分、それが電源です。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

ををを〜!
こだわってますね〜。うちのマイトランス(小さい)任せとは次元が違います。

  • 2017/05/07(日) 11:56:56 |
  • URL |
  • たび #4B33lOYw
  • [ 編集]

ども。お元気そうで何よりです。
マイ電柱まだでしたっけ?
どれくらい変化あるんでしょうねぇ~?
東京オリンピックまでには買ってください(笑

  • 2017/05/07(日) 16:56:24 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

たびさん
何をおっしゃる?!
うちの場合は、一般民間人の限界です。
うちもマイ電柱欲しいですっ。

ぶちさん、どもども、
マイ電柱はムリだってば。
電柱入れるならスピーカー買い換えたいです。
でもスピーカー変えたらセッティングにまた何年かかることやら…うんざりでメンドクサ。もうと〜ぶんはこのままでいいっす。

  • 2017/05/08(月) 15:07:39 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

久しぶりの更新が超ド級で嬉しいです♪
ボンさんにとっては普通の事かもしれませんが、
僕には到底・・・(^▽^;)

けど憧れの世界ですね~!(^.^)

  • 2017/05/08(月) 20:15:46 |
  • URL |
  • take51 #-
  • [ 編集]

takeちゃん、こんばんわ。
ド級は言い過ぎです。電柱立ててないもん。

でも確かに…我ながらよくやるわ〜とは思います。
ただ、使っている線材はごく一般的なものだし。
例えばtakeちゃんちだったら、専用線は屋内分電盤のメインブレーカーから部屋まで引き出せばいいし。分電盤も安物で十分だし、敷居は案外低かったりするんですよ。
ここまでならさほどお金もかかりません。
(レギュレーターと大容量トランスは少しだけ高いです)
いつかやってみてください♪

  • 2017/05/10(水) 00:58:47 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/995-a18f28f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad