BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4KHzのピークの原因を探ってみたい。(自作ネットワーク・プロローグ)

今日の記事は全くの独り言でゴメンナサイ。

4KHzのピーク のピークをなんとか下げてみたい。

このピーク、女性ヴォーカルだと好みのアクセントと捉えられなくもないのですが、、、
f特グラフ全体として見ると、低音が薄めとあいまって、相対的に右肩上がりのハイ上がり。
良い特性じゃないよね~。

とりあえず、ピークの原因を予測。
①部屋の響き
②スピーカーそのもの?
③ケーブル類
こんなことしか思いつかないけど、他に何かあるかしら、、。

確認①
VSA-AX4AHのEQ-PROを利用してみました。
DSCF7573.jpg

Tm(測定取得時間)を最小の0~20msに設定。取得時間を最小にして、測定に間接音ができるだけ混じらないようにします。
DSCF7572.jpg

さらに、測定マイクをスピーカー軸上1mに近づけ、出来るだけ直接音のみ測定できるセッティングにしてみました。
DSCF7570.jpg

これでMCACCで測定されるホワイトノイズは、
直接音レベル>>>間接音レベルになっているはず。

測定結果は、、、
DSCF7574.jpg

(グラフは補正結果のグラフなので、実際の特性は上下逆に見て判断する必要があります)
スピーカーに近づくと高域レベルが際立ってきます。特に16KHzなんてスーパーツィーターの音が丸出し。
低音レベルはさらに下がって、さらに右肩上がりの特性。
実際五月蝿くて聴いてられません。

こうして見ると、
スピーカーとの距離が大きくなると、高域が減衰する。低域は部屋の影響で溜まる、相対的にレベルが上がっていく。こんなことが改めてわかります。


問題の4KHzの凸レベルはほとんど変わらず、、。
部屋の影響の可能性は、、無しと判断してもいいかな。とりあえず部屋のせいではないと判定。



次に③
AVアンプとパワーアンプの電源ケーブルを純正に戻し、
測定マイクも通常の試聴位置に戻して、同様に測定。
(写真撮るの忘れました。あしかわず)
結果は、、、4KHzのピーク変わらず。
電源ケーブルのせいかな?なんて思いましたが違うようです。

余談ですが、
電源ケーブルを変えると、f特グラフも変わりました。
ケーブルで音は変わります。間違いなく。少なくともf特。

と、ここで時間切れ。

何気にスピーカーそのものの特性のような気がしてきました。
クロスオーバーは4KHz、、、
もしかして、コンデンサーが劣化してる?これが原因?
10年ものの個体だし、可能性が強いかも。

続きは時間を作って改めて。


スポンサーサイト

4KHzのピークを探る その2 (自作ネットワーク・プロローグ)

4KHzのピークの原因を探ってみたい
マイスピーカーVICTOR/SX-500DOLCEⅡ、ツィーターとウーファーのクロスオーバー周波数は奇しくも4KHz。

原因の可能性、、、
①ネットワークの不調によって、ウーファー側の高域がハイカットができていない。あるいはツィーターのローカットができていない。
②あるいは、無理やりバスレフ化したために、ウーファーのインピーダンスに変化が生じた。

結果、、両ユニットのクロスオーバー周波数付近の被りによってピークが発生しているのか?という仮説を持ちました。
汐さんからアドヴァィスも頂き、、その中に「インピーダンス補正回路」という言葉が。

実は、恥ずかしながら、、、「インピーダンス補正回路」という言葉、今まで縁がありませんでした。
知らないままでは、会話もできない、、もちろん答えも導けないだろう、、。
ということで、早速調べてみました。
(こんな時、インターネットって便利ですね~、検索すればズラズラと。)

ダイナベクターさん の 高域のインピーダンス補正 最低共振周波数 (fs)におけるインピーダンス補正
スピーカー開発販売のバタフライサウンド
この辺りを拝見いたしました。

相変わらず詳しくは判らない状態に変わりはないのですが、、、。
(読めば読むほど、深い知識と経験、そして測定機材が必要そうな予感、、、)

ただ、素人なりの素朴な疑問が、、、

インピーダンス補正回路、、、これはネットワークに追加する回路に見えるのですが、、、
ネットワークそのものもインピーダンスを変化させる回路ではないのかしら?
ならば、その区別は? 並列に追加する、ということは理解できるのですが。
それはさておき、
インピーダンスが上昇すると、上昇した周波数のレベルは下がる、ディップとして表れるはずなんですが、、、今、問題になっているのはピークであったりして。

被りを消すためであれば、
ネットワークコンデンサーの値を変えて、ツイーターの4KHzを抑える。あるいは、スロープをより急にする。という手法が有効では?

単純に、ツィーターを逆相にすると治まってしまう可能性もあるとのこと。
(それで解決しちゃったらしめたものだけど、、いやいや、おそらくそんな単純じゃないだろ~)
かなり過激に深そうな話で恐いのですが、、。

う~ん、無い頭をひねってみても、先に進めないので、あとはやっぱり実践あるのみかしら、、。


とりあえず、VICTOR/SX-500DOLCEⅡの純正ネットワーク
DSCF7583.jpg

DSCF7582.jpg



4KHzのピークを探る その3 (自作ネットワーク・プロローグ)

汐さんのアドヴァィスに従い、
問題の4KHzのピークに対して、
無理やりバスレフは影響あるのか?スーパーツィーターの影響はあるのか?
それを探るため、簡易ではありますが、MCACCにて簡易測定を行ってみることにしました。

条件は次のとおり
共通事項:スピーカーと測定のマイクの距離は、ツィーター軸上、1m。
①(無理やりバスレフの)ポートを塞ぐ。スーパーツィーターも外す。
②バスレフポートは塞いだまま、スーパーツィーターは接続する。
③バスレフポートオープン。スーパーツィーターは外す。
以上SWは使用せず。
④通常使用の状態 (ポートオープン。Sツィーター接続。SW接続)

測定結果
(①のTRIM値が他に比べて+1.0dBとなっていますが、チャンネルレベルが相対して-1.0dB低くなっています。よって無視してください)
繰り返しで恐縮ですが、表示は補正結果を表しています。実際の測定値は±を逆転してみてください。

①バスレフポート閉 STWオフ(つまりノーマル状態)
DSCF7588.jpg

②バスレフポート閉 STWオン
DSCF7589.jpg

③バスレフポート STWオフ
DSCF7590.jpg

④ハスレフポート STWオン SWオン
DSCF7591.jpg


測定結果
①→②
ノーマルからSTWをオン状態にすると、超高域(16KHz)が付加されるのは当然なのですが、(STWのクロスオーバー周波数は15KHz近辺のはず)
中域の特性にも変化が現れます。特に500Hzのレベルが-1.5dBと減少しました。
(測定誤差?と思い、3度測定しましたが、全て同様の結果でした)

①→③
バスレフポートをオープン(STWはオフ)
低域の特性には変化はありません。
低域特性に変化が見えない理由は、ポートの共振周波数は40Hz前後であり、測定範囲外のためと考えます。
1KHz、2KHzのレベルがわずかにダウン。4KHzはわずかに上昇しています。(測定誤差の範囲かもしれません)

①→④
ノーマルから通常使用の状態
中域の特性は②の状態と全く一緒です。
やはり、STWを追加すると、中域の特性が変化します。
SWを追加しても、相変わらず低域の特性は①のノーマル状態と一緒ですが、
SWは、極ごく低域のみ追加しています。クロスはおそらく40Hz近辺。③と同様の理由でグラフには表れてきません。


問題の4KHzのピーク、
バスレフポートを開にした③の場合のみ、グラフ上、+0.5dBとわずかに上昇が確認できます。が、これは測定誤差の範囲かもしれません。


以上の測定結果から、
バスレーフポートの有無、STWの有無、4KHzのピークには直接関連していないように見えるのですが、、、
汐さん、bfratさん、皆さん、いかがでしょうか?

それはさておき、STWを追加すると高域以外にも影響を与える、また実際に音も違う。と聞きますが、実際に測定してみると数値でハッキリとわかってしまうものですね。
理由は現状自分の知識では不可解ですが、、。不思議ですね~。インピーダンスが関係しているものなのでしょうかね?


ガサガサしたら、カタログ発見!!
SX-500 DOLCEⅡ 周波数特性 及び インピーダンス特性(カタログより)
sx-500 dolce2 周波数特性 インピーダンス特性

参考までに。


各ユニットの配線チェックもしてみました。
ウーファー、ツィーターともただしく正相でした、、。(ほっ。タコじゃなくて良かった)



今日の収穫

今日は(強引に)汐さんを誘い出し、秋葉は麻布オーディオに出向き、パーツを調達してきました。

(ちょっと暗くてわかり難い、ゴメンナサイ)
インピーダンス補正回路用
DSCF7593.jpg


電源トランスの唸り&ノイズ対策
DSCF7594.jpg


ネットワーク用パーツ各種
DSCF7595.jpg


汐さんのおかげでためになる知識も仕入れることができました。
ありがとうございました♪
併せて、麻布オーディオさん、丁重な説明ありがとうございました。

お世話になった御礼に汐さんには、特別なプレゼントを用意することにしました。
どうぞ、底無沼にはまってください。

さっ!明日から大忙しだ♪


ネットワーク外だしプロジェクト

無謀にも、、、
純正ネットワークを取り外し、、、
DSCF7603.jpg

背面に穴まで開けて、、
DSCF7605.jpg

こんなんしちゃいました♪
DSCF7608.jpg

だって、、、
ネットワーク自作したら、、、
こんなんでかいんですもん。(狭いボックスの中では色々と無理が)下が純正。
DSCF7610.jpg



ネットワーク自作第1号機は、
ウーファー側 
 コイル…0.55mH
ツィーター側 
 コイル…0.47mH
 コンデンサー…3.9μfd+0.47μfd
&インピーダンス補正回路
こんな井出達です。

ん?こんなんでいいのか?って?
ええ、計算してません。
いいんです!とにかくこれで試したいんです。これで!!
bfratさん、パーツありがとう♪
やっとこの世界にお邪魔できます。


不慣れなせいで、あ~しんど。
ここまでで12時間もかかっちゃったです。神経つかっちった、、。
汐さん、bfratさん、レスは明日にでも、、、ごめんなさい。
今日は寝ます~。


SX-500 DOLCEⅡ 自作ネットワーク外付けプロジェクト

DSCF7621.jpg

スーパーツィーター用ネットワーク(以下NW) (L=0.08mH C=0.47μF)
DSCF7624.jpg

メインNWからバイワイヤー
DSCF7623.jpg

メインNW
DSCF7622.jpg

只今、エージング中。



素朴な疑問……
スーパーツィーターのNW、メインNWの下流にパラ接続。これって回路的に問題がありそうな気がするのですが、、。
メインNWの上流に接続すべき?(ノーマル状態ではそうなっていました)

高域で位相が狂ったような感じもしているのは、これが原因? ←逆送に接続すればいいのかもしれませんか、、、改めて確認の予定。
しかし、、奥が深そうだし、、あまりにも知識が不足しているのが悲しい、、。


ちょっと休憩

セコセコとこんなもんを作製中。
DSCF7629.jpg

外出しネットワークからスピーカー端子までのスピーカーケーブルです。
何が相性が良いのやら、、やってみなくちゃわかんないので。いろいろと。まだもう少し、、。

でも、ちょっち疲れます。単純作業は。
そんな時の気分転換に。自分はコレ♪
DSCF7626.jpg

三ツ矢サイダー!
(自分、アルコールは好きじゃない派なんで、、。)

1時間くらい、冷凍庫で冷やし、、
開封すると、、、
あら不思議!
みるみるうちに中がシャーベット状に!
DSCF7628.jpg

味はサイダーそのものなんですが、
キンキンに冷えて、食感もシャキシャキ。
ノーマルとはかなり違った感触が味わえます。
冷やしすぎちゃダメ。冷え無すぎてもダメ。
ポイントは、開封すると中が程よいシャーベットになる時間だけ冷やすこと。
まじ美味いっすよ。

オデオネタじゃなくってごめんね。


その後の近況

①ネットワークの配線間違い
ツィーター側のコイル(赤いコイル)、コンデンサーの下流に並列接続すべきところを、上流に配線していました。基礎的ミステーク。厳重反省!!
正しく接続しないととんでもない音が出てきます。

…正…
DSCF7640.jpg

…誤り…
DSCF7625.jpg


……自作ネットワーク
新品パーツを使ったこともあり、エージングには相当時間がかかる様子。初期段階ではコロコロと音が変わりました。ひとまずもう少し一番最初の状態、このままでいってみます。
現段階で言えるのは、とにかくSNの改善が顕著です。
効果は絶大!



②自作ネットワークの測定結果 スーパーツィーターは未接続
(グラフはAVアンプの補正値です。実際の特性は±を逆に見ます)

1.マイク距離:ツィーター軸上1m 測定取得時間0~20ms
相変わらず2KHz(正確には1.6KHz)にディップがあるものの、問題の4KHzのピークは消えています。
DSCF7630.jpg


2.マイク距離:ツィーター軸上2.8m 測定取得時間0~20ms
実際の試聴位置です。ただし残響成分は測定していない状態です。
DSCF7631.jpg


3.マイク距離:ツィーター軸上2.8m 測定取得時間30~50ms
測定取得時間を変えて現実の響きまで合わせて測定してみました。
DSCF7632.jpg

2のグラフ(残響無し)ではピークがありません、、。残響まで含めた3のグラフでは4KHzがピークとして出てしまっています。
実際は、中域が吸音減衰。4KHzは減衰していないため、ピークのようにも見えますが。
高域のピークの原因、実は部屋にも原因があった?!

とは思いつつも、
↓自作ネットワーク以前の測定グラフと比較してみると、、、よりフラット方向になっていることがわかります。つまり、自作ネットワークの効果は出ている、と判断できます。
DSCF7533-20070101-Ln.jpg




③わずか70cm足らずの部分にもかかわらず!
DSCF7647.jpg

(外付けネットワーク~スピーカー端子間の)スピーカーケーブルを変更すると、音質がかなり変わります。
高域/低音の量、ロー方向の伸び、音場の広がり感/奥行き感、解像感、響き/艶、、、普通にケーブル交換をした場合と同様の違いが。

1.ホムセンの赤/白ケーブル…カマボコな音色。個性は無いが得点も無い、、。唯一の長所はクセが無いところ。
2.オーテクのAE-ES1500…レンジ狭いっす。音場もとても狭いっす。(ρ_;)1200円/mもしたんだよ、、。何も誉めるところがナイ、、。見かけに騙されたよ、、また。
3.オヤイデ ACROSS2000…音が部屋中に充満する、声の厚みは一番。スバラシイ。ただ、、響きが付く、、中域の声だけならともかく、、、低域の楽器にもついてしまう、、。この点を好むか否か、、がポイント~。他はスバラシイんだけどね。
4.スペタイのOMNI2/2、スピード感があってストレート、レンジも広く、ローもタイトにズシッと沈む、楽器が楽器としてハッキリ聴こえる。でも高域にささくれがある、少々耳に痛い高域、、、エージングで解消できるか? 音場は奥に展開。

とりあえず、4のスペタイが第1候補。次点はACROSS2000。これで試行錯誤。



④スーパーツィーターはとりあえず外しています。
自作ネットワーク化後、STWの支配力があまりにも強く出るようになってしまいました。


続いて、ネットワーク関連ではありませんが、

⑤電源ノイズフィルター
SNの改善効果+αの効果がハッキリと確認できました。
(今回、専門家のアドヴァイスに基づいて作製しています。素人が類似の物を作製し、それが原因で火災、事故等が発生しても当方は一切の責任を負えません。)
必要な耐圧を持つ適正コンデンサーを2個、これをパラ接続してプラグのホット/ナチュラルにつなぎます。見栄えのため熱収縮チューブを被せました。出来上がったブツを空きコンセントに差し込むだけ。
プラグはレビトンを使用していますが、余っていたものがタマタマこれしか無かっただけです。ホムセンの安いので十分です。

DSCF7637.jpg

DSCF7638.jpg

DSCF7652.jpg

DSCF7656.jpg


自分、ACエナコムも持っていますが、、、こちらは効果のほどを体感できたことがありませんでした、、。同じ構造のはずなんですが、、何かが違うのかも。


(↑青字、電源ノイズフィルターの記事。この記事を抜き出し、新設した別カテゴリーにコピーしました。2008.04/24 )


以上、自分メモでゴメンナサイ。
m(_ _)mゴメン
引き続き、自作ネットワークの試行錯誤を続けます。


外付けネットワークの コイル/コンデンサー 変更

自分メモでゴメンナサイ。m(_ _)m

DSCF7681.jpg

次のように変更。
ツィーター側
>コイル/mundorf 0.47mH→jantizen 0.33mHに。
>コンデンサー/ASC2個パラ(合わせて4.37μF)→ 0.47μFを外し3.9μFの1個に。
ウーファー側
>コイル/DIY AUDIO 0.55mH→mundorf0.33mHに。

上記の数値で
ネットワーク設計プログラム F特(FrequencyResponse)を解析 を利用させいただき、
計算してみると、、、
あくまで計算上とは言え、正相で計算すると、綺麗なf特が出てくる。
注目すべき点は、
逆相で計算した場合に、現状のf特(ツィーターは正相接続)に近似した特性が出てくる。ということ。

、、、ということは、、、
ツイーター、逆相にすれば解決?!したりしないか??
(そんな簡単に事が運ぶとは思えないが、、)
淡くてでっかい期待を持ってしまう。
そう言えば、まだ逆相接続試してなかったっけ。
次回は、それにチャレンジしてみる予定。


追記①‥逆相接続を試してみましたが、聴感的にとても変な音になってしまったので速攻止めました。


その後の調整
その①‥上記のクロス(クロスオーバー周波数は推定4KHz)では、ベースアタック音が鈍いことが判明。
聴感的に2~3KHz付近のディップが原因ではないかと推測してみる。

4Khzクロスでは、ウーファーのそもそもの高域側再生能力が不足? クロスが高すぎるのか?

試行錯誤その1‥ツイーターの再生域を下方向に延ばしてみては?‥ツィーター側のコンデンサーASCの0.47μFを追加、パラ接続で復活させてみる‥デイップは解消したようだ。しかも、低音のパンチ力が増している。これは如何なる理由?? しかし、一方で今度は高域のうるささが耳に付くようになる‥この五月蝿さが耐えられないで却下。

試行錯誤その2‥高域が五月蝿さい原因はクロス付近の被り?‥ならばウーファーのクロスを下げてみる。
ウーファー側コイルをムンドルフの0.33mHから0.47mHに変更。
五月蝿さは解消した。しかし、その1で得られた低音のパンチ力も消失、しかもぬるい低音。これは耐えられない。却下。

試行錯誤その3‥パンチ力が捨てがたいので、ウーファー側コイルをムンドルフの0.33mHに戻す。
その上で、ツイーター側‥パラで追加したコンデンサー(0.47μF)の値を変更してみることに。
ASCのコンデンサーが手に入らなかったので、ムンドルフの0.33μFと0.22μFの2種類を用意。ツイーターのローカットを微妙なさじ加減で調整すればなんとかなるんじゃないかと。
まず、0.33μFパラ(合計4.23μF)にチャレンジ‥ベースのアタック音は活き活き。低音のパンチ力も健在。ただ、高域の五月蝿ささは微妙に残る。
次に0.22μFパラ(合計4.12μF)にチャレンジ‥ベースのアタック音が少し曇ってくる。低音のバンチ力は健在、なれど曇っているので活き活きとは感じられない。高域の五月蝿さは解消。

どうやら、落としどころはこの辺り。
消去法で、0.33μFパラ(合計4.23μF)をとりあえず選択。
結果
ツィーター側 12dB/oct
>コイル/jantizen 0.33mH
>コンデンサー/ASC 3.9μF + ムンドルフ0.33μF のパラ。合計4.23μF
ウーファー側 6dB/oct
>コイル/mundorf0.33mH


この上で、高域に残る微妙な五月蝿さは、秘密の力技で消しました。
これでバッチグー♪です。

簡単に書いてますが、試行錯誤に半年を要しています。
熟聴した上でやっとたどり着きました。

同じようにSX-500のネットワークをいじっている方の記事を拝見すると、「ノーマルの定数は、さすがメーカーが施行錯誤して決定しただけのことはある。色々と試した結果、最終的にはノーマルの定数に戻した」とあったりします。
でも、自分は、自分ちで鳴らした場合の、自分の耳で、これが良いと判断した数値で行きます。ヘンテコリンな数値かもしれませんけどね。


さらに追記
全チャンネル全てのネットワークも上の定数に変更しました。もちろん位相ズレを避けるためです。
5.1CHサラウンドも抜群の繋がりと迫力が出るようになりました。
メデタシ目出度し♪


天井音パネちょい改良&逆相接続 そのf特を測定してみた。

天井 ダイソーの200円音パネ?をL/Rそれぞれ1枚ずつ増やし、
あ~でもない、こ~でもないとレイアウトを試行錯誤して↓こんなんなりました。
DSCF7685.jpg

その上で(毎度のAVアンプの簡易測定ですみません)f特を測定してみました。

(しつこいですが、グラフは補正値なので±を逆に見てください。またTRIMが一定でないため数値だけ見ると混乱します。グラフでフラットか否か?暴れを見たほうが分かり易いです)

マイク位置はリスニングポジションにて。
測定取得時間を変え、①の直接音のみ測定→②③④の一次反射音を含めるの測定を行い、ルームアコースティックが4KHzに相変わらず影響を及ぼしているか?確認してみました。
その上で、⑤ツィーター逆相接続を試してみました。
最期にオマケで⑥スピーカーケーブルを変えると、f特に変化があるのか?を測定してみました。

①測定取得時間 0-20ms 正相接続 直接音のみ測定
DSCF7695.jpg

②10-30ms 正相接続 一次反射の影響が出はじめます。
DSCF7696.jpg

③20-40ms 正相接続   
DSCF7697.jpg

④30-50ms 正相接続            →⑤逆相接続
DSCF7698.jpg DSCF7700.jpg

⑥30-50ms 正相接続 →ウーファー側ケーブルをACROSS200に変更
DSCF7701.jpg



天井の処方で4KHzの一次反射は緩和できていると思います。

現状では逆相接続すると、正相のそれよりもf特は暴れてしまうようです。 
やっぱり正相のままいってみます。

ケーブルを変更……出てくる音はけっこう違うのですが、、f特での変化は、ほとんど誤差の範囲?程度の違い。測定方法がAVアンプ内蔵の9バンドグライコですし、、、簡易測定ですから勘弁してください。

一番最初の頃より、だいぶマシにはななったんじゃないかと、、。

ただし、、あくまでf特上の話であって、
出てくる音は、f特だけで語れるものではないことも、もちろん理解しているつもりです。

あとは、耳でつめてみます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。