BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WaveSpectra & WaveGene

現在、メインシステムは次の課題に向けて休憩&準備中です。
次の課題とは、低域の上のほう、100Hz付近にあるであろうディップ(凹)を軽減させることです。
一連の対策で、レンジ的には十分以上にはなってきましたが、低音の量感には未だ不満が残っています。
(おそらく)80~100Hz付近の帯域、この帯域だけ(感覚的に)もうあと1~2dBだけ上昇させれば量感不足は感じられなくなるのではないかと予測しています。

この凹の原因は何なのか?
椅子から半立ちして、耳の位置をを40~50cmほど上にすると、この帯域の低音が普通に聴こえたりします。
ということは、、この帯域が、リスニングポジションにおいて定材波の節になっているのではないかと、予測した訳です。

原因が定材波であるならば、その帯域の波の振る舞いを変化させれば良いのではないか?
(そう単純ではないと思いますが)

その具体的対策自体は、現在検討中ではあるのですが、、、
その前に、原因は本当に定材波なのか? それを知る必要があります。
また、もしそうであるならば、実際に対策する場所を特定するためにも、定材波の振幅方向も探っておく必要もあるでしょう。
リスポジを中心にして、任意の位置、複数点で周波数測定を行えば、ある程度把握できるのではないか?と考えました。

こんな前置きのもと、、、
より正確なデータを得るために、皆さんもご存知であろうefuさんの周波数測定ソフトを使うことにしました。
     efu 's page  
(ネット上での評判でもなかなかのものです。フリーウェアが嬉しいです。感謝です)
今までは、AVアンプの簡易測定しかできませんでした。
より細かい測定を行うことでどんなことが見えてくるのか?とてもワクワクしてしまいます。

とは言え、このようなソフトをオーディオに使うのは、実ははじめてなんです。
悩んだり、困ったり、そんな時は助言を求めるかもしれません。
どうか生暖かい目で見守ってやってください。

また、使ってみたかったけど、ちと億劫、、と思っていたそこのアナタ!
これを機会にご一緒にいかがですか?(なんて振ってみたりして)


次回は、とりあえずPCスピーカーを測定したみた編です。


スポンサーサイト

WaveSpectra & WaveGene その2 お試し測定

efu 's page さんのHPから

 録音も出来る 高速リアルタイム スペクトラムアナライザ (ASIO対応)
 WaveSpectra (フリーウェア) V1.40 (2007/12/15)

 CD-DA やオーディオのチェック用 テスト信号発生ソフト (ASIO対応)
 WaveGene (フリーウェア) V1.40 (2007/12/15)

をダウンロード。
圧縮ファイルを解凍。

フォルダ WS140 から、アプリケーションWSを実行
waveSpectra

フォルダ WG140から、アプリケーションWGを実行
waveSpectra

テスト信号発生ソフト(WaveGene) と スペクトラムアナライザ(WaveSpectra)が立ち上がります。
waveSpectra


<WaveGeneの設定>
サンプリング周波数は48000を選択。 
waveファィル長は、とりあえず60秒。(180秒が測定誤差が少ないとの情報あり)

波形はサイン波のまま
wave1 周波数を20Hzに スイープをチェック
wave2 周波数を20000Hzに 出力チャンネルをL+Rに
wave3 出力チャンネルOFF

<WaveSpectraの設定>
測定モードボタンをプッシュ ピークホールドON

<スピーカー&測定マイク>
お試しなので、PCスピーカーを使用。マイクはAVアンプの音場補正用マイクです。
DSCF8391.jpg



<測定>
WaveSpectra 赤丸の録音ボタンをポチ。
WaveGene 緑の出力ボタンをポチ。
これで勝手に測定が始まります。

↓測定結果
waveSpectra

まっ、こんなもんでしょ。ペア780円のアンプ内蔵PC用スピーカーですから。(しかし、しょぼいね、、、)

実際に始めてみると、とっても簡単。こんなに簡単に測定できてしまってほんとにいいの?!という感じです。
もちろん、きちんと測定するのであれば、マイクの校正、入出力特性の校正などが必要なんでしょうけど、今回の目的では、実用十分であろうと思います。
このようなソフトをフリーウェアで公開されているefuさんに本当に感謝です。



WaveSpectraのスパナマークをクリック、縦軸レンジの変更も可能です。今回は60dBにしてみたしだい。
waveSpectra


とりあえずお試し測定でした。
(使い方や説明にミステイクがありましたら、遠慮なくご指摘ください。よろしくお願いします)




↓拍手の一発録り
waveSpectra

こんなのも簡単に見れてしまいます♪ おもしろ~い。



さあ!これで測定準備は整いました。あとは「やる気」と「時間」です、。


周波数測定&定在波測定信号CD

WaveGene
測定するにあたり、PCから直接信号を出力するとノイズや歪が心配なので、CDを作ることにしました。
DSCF8398.jpg

スイープ信号
WaveGene061001.jpg

サンプリング周波数をCDに合わせて44.1KHzに設定。
スイープをチェックし、
パラメーターをいじって必要な音源にそれぞれ調整、あとはwaveファイルに出力してCDにおすとだけ。
20~20000Hzの周波数測定の他、30~240Hzの定在波チェック用を作ってみました。

ワーブルトーン
ワーブルトーンは室内での「定在波」の影響を避けるために正弦波を4Hz~16Hz程度の周波数で揺らしたブルブル音の事です。
WaveGene061002.jpg

wave1
周波数は必要周波数の半分に数値を入れるようですが、10Hzなんて怖くて出力したくありません。20Hzでさえほんとはイヤです。(とりあえず)20Hzで(測定範囲は40Hz~となります)。
スイープをチェック
変調の文字にカーソルを合わせ右クリック、FMを選択してチェック。
wave2
何もいじらず、出力OFF。
wave3
周波数はwave1と同じ10Hz
振幅は12パーセント
オフセット100パーセント
出力はL+R

これでwaveファイルに出力。

こんなに簡単に作れてしまって、本当に良いんでしょうか。
efuさんに大感謝。

なお、各種パラメーターは、先人の方々がネット上に公開されているデータを拝借させていただきました。こちらも感謝です。

オーディオの先輩諸氏に改めて感謝です。


サイン波とワーブルトーンにての比較

前記事 天井裏に吸音材。はたして、、定在波対策として効果はあるのか?・・・・・測定結果

測定結果にガックシきましたが、、、、考え直してみました。
そもそもが(低域の問題は)定在波ではないんじゃないか?と。
おおボケかましてたんじゃないか?自分。と。

そこで、表題のとおり、
発信音として、「定在波の影響を受けるサイン波」と「受け難いワーブルトーン」、それぞれを使い比較してみることにしました。

サイン波
h200623-ノーマルポジション-施行後2

ワーブルトーン
h200623-ノーマルポジション-施行後2-ワーブルトーンにて測定

(ちなみに、一連の測定に使用しているスピーカーはドルチェエテルノです。)

160Hz以下ではほとんど変わりません、、。
現状のリスポジでは、「関係ね~よ」ということなんですね、、、。

もっと早くに調べておけば良かったよ、、アホです。チャンチャンと。


改めて自分に言い聞かせること。
(ドルチェⅡ改で)低音に感じる(少々の)量感不足は、定在波が原因ではないですよ。反省しろよ、自分。


え~と、皆さん、こんな方法で定在波の有無を比較できたりします。
自分のようなアホ失敗は未然に防ぎませう。



f特がフラットに近ずくポジションを探ってみる。

(懲りずに周波数測定です)

↓①いつものリスニングボジョンで測定したグラフでした。
h200623-ノーマルポジション-施行後2

ちなみに、「いつものニスニングポジション」は、ドルチェⅡ改用に耳で決めた位置です。
スピーカーは現在、とりあえずドルチェエテルノがいます。このドルチェエテルノで測定を続けています。


改めまして。
凸凹が気になります。
特に120Hzの凸が気になります。聴感上でも濁りとバランスの悪さを感じます。
リスポジを移動することで、この凸凹が軽減できないものか? 
早速やってみました。

②リスポジ、前方向へ18㎝の位置
sx-500de-ポジション前に18㎝

120Hz凸はほぼ気にならない程度に落ち着きます。
140~180Hzの凹も上昇してきました。

③リスポジ、前方向へ20cmの位置
sx-500de-ポジション前に20㎝

120Hzはさらに下がります。
逆に150Hzの凸が目立ち始めました。

④リスポジ、前方向へ30cmの位置
sx-500de-ポジション前に30㎝

120Hz以下はほぼフラットになりました。
150Hzの凸はさらに上昇し、あきらかなピークになっています。

低域~中低域に限っての測定でしたが、
リスポジを前後させるだけで、これだけ特性に変化が現れました。
実際の視聴でも、ピークのある①と④はあきらかに変です。
②と③、どちらかが聴感上綺麗に聴こえるかと言うと、②のほうでした。
測定で目安をつけ、最後の微調整は、やはり耳で決めるのがよろしいようです。


オマケ
②のポジションにてワーブルトーン再生
sx-500de-ポジション前に18㎝ワーブルトーン

ほぼ一緒の測定値(差は測定誤差でしょう)
、、、、この帯域に、定在波はいません、、、。

定在波ではなく、反射音の影響でしょう。
これだけ特性に変化が現れるのは、間接音が実際の音にどれほど影響してしまうのか。その証明になるのではないかと思います。


次は高さ方向です。


f特がフラットに近ずくポジションを探ってみる。続き

早速続きです。
高さ方向はどうなのか?

上方向に3cm刻みで測定してみました。
高くなるにつれ、ある特定の周波数のみ、減ずる症状となりました。

上に6cm
sx-500de-ポジション前に18㎝上に6cm

上に15cm
sx-500de-ポジション前に18㎝上に15cm

(これ以上の高さは現実的ではないので行っていません)

80Hz付近の下降が目立ちます。180Hz付近もわずかですが、下降していきます。
他のポイントには変化は見られません。
高くなるほど、フラットから遠くなっていきます。

測定した結果、f特的には、現状の高さが一番良い位置であることが判明しました。

f特が全てでないことは知っているつもりです。
音場の深さ、前後感。広がり。定位感。など。

それらの項目は、f特がよろしい場所で改めてチェックすることにします。

その前に、全帯域の測定をしてみます。
以前のポジション
sx-500de-ノーマルポジション-全帯域測定

今回探り当てたポジション
sx-500de-ポジション前に18㎝-全帯域測定

こうして比較してみると、一目瞭然です。
後者のほうが、暴れが少なく、10KHz以上の高域も伸びています。

sx-500de.jpg

カタログデータ(無響室での測定)比べてみても、何気に似ているんではないかと。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。