BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥なんちゃってインストラクター・プロローグ

同僚のO久保ちゃんが、目出度くマイホームを新築することに。ヽ(*^。^*)ノ
羨ましいですね~♪
工事は順調。外装8割完成、内装工事半ば、全て完成まであと2ヶ月を切ったくらいということです。
「楽しみだね~」「でも、細かい修正が結構出てきて大変ですよ~」「そっか~?それもこれも滅多に味わえない楽しみじゃん!」「せっかくの新築なんだから、妥協しちゃもったいなんもんね~。」「そうなんですよ~(^^ )ルン♪」

そんな最中、、突然、彼からこんな電話が、、。
「ホームシアターってどうしたらイイんですか?」
‥‥(なんかイヤな予感、、)
「自分の居場所が、もしかして、、寝室しかないことに気づいたんですよ~。」
「でね、よくよく考えたら、寝室にホームシアターを作ったらシアワセかも~って。」
‥‥
はぁ?! 今頃何言ってんの?!!

「いや、先輩だったらなんとかしてくれるんじゃないかと思って。」
(オマエの居場所なんかしんね~し!)
バカタレー。
「やるなら、ドサクサに紛れて今しかないですよね?」
オマエのドサクサに巻き込むな~!!


(ー'`ー;)う~ん・・・・
どんな部屋なのよ?工事はどこまでいってんの?
「まだ、ベッドの置き場所は決めてません。とりあえず北マクラはさけようかな、と。」
‥‥いや、あの、、そうじゃなくってぇぇ。

今どこにいるの?
「現場っす」

とにかく、今からすぐに見にいくから、そこで待ってろ!!

続く、、。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥なんちゃってインストラクターが工事途中のお部屋を拝見

新築現場に走る間、いろいろと考えてみる‥‥
ホームシアターやりたいって言われても、まずは予算だよな~。機材選定はそれしだいだな。
いや、それよりも、大切なのは部屋だろ~?‥音響に適した部屋かどうか?和室?洋室?狭いのか?広いのか?
一目見てやる気がでなくなっちゃったらどうすべ。
それに、遮音はどのくらい気を遣ってるんだ?隠蔽配線だって必要だし。電気だって。まあそんなこと全然考えてないだろうな。ちゅうか、いったい内装工事はどこまで進んでるんだ?
とにかく現状確認だな。
いやいやいや!そんなことよりも最大の問題は奥さんだろ!‥たいていホームシアターなんて理解してくれないもんな~。しかも寝室だろ?現場に奥さんいたらどうしよ~、。あ~なんか頭痛くなってきた、、。

そんなことをくだくだと考えているうちに到着。

で、その部屋はどこ?
「2階の寝室っす。」
玄関に入って中の様子を伺ってみる、、床は出来上がっている‥養生シートで覆われています。内装壁に目をやると、まだほとんど張られていない。当然、柱、梁が剥き出し状態。内装はまだまだの様子。
仮設の梯子を使い2階に上がり、寝室になる予定のお部屋に入ってみると、
そこは、約8畳の若干縦長の洋間。いいね。
そして、見上げてみると、、
おおっ!
この天井ってもしかして良くないか?!
斜めってル!一方の壁の高さは目視でほぼ2.4m。その反対側は3.6m。壁は平行だけど、この天井はなかなか良さげな気がする。
↓こんな感じ。
DSCF2514.jpg
↑写真下左の空間はクローゼットになるそうです。
↓その反対側は、窓が3つ。
DSCF2516.jpg
天井が傾斜しているので、天井-床間の定在波は発生しない。サイコロ型の部屋よりもこもりはずっと少ないはず。
また、低い壁側を正面にすれば、リスナー方向に向かって空間が広がっていく。綺麗な響きと、実際の空間よりもずっと広い感覚が出るはず♪
工事の進捗状況を見ても、コンセントの増設、隠蔽配線はまだ間に合いそう。
これは!俄然やる気が湧いてきました。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥羨ましい部屋と奥様だぜ。

改めて部屋の中央に立ってみる。
正面には、巾3.6m×高さ2.4mの壁。中央付近に片側押し出し式?の取っ手でギュっと締めるタイプのガラス窓が2箇所。
天井は正面から後方へ向かって高くなる。
‥どう考えてもシアターフロントはこちら側です。

特別な遮音はしていないようだけど、今風の密閉住宅だから、普通の音量だったら特別な処置もたぶん必要ないはず。

リスポジになるであろう位置まで少し後ろに下がり、そこから見上げれば、天井までの高さは3mオーバー!
なんて羨ましい!
定在波は発生しにくいし、ヴォーカルの綺麗な響きが上から舞い降りてくるのが目に見えそうです。
‥ステキな脳内妄想の世界。

向かって右壁はクローゼット、さらに右手後方カドが出入り口。
左壁は、同じく押し出し開き式窓が2箇所。さらにその後方カドにベランダへの出入り口があります。
‥左右には機器を置くスペースはありません。

迷う余地は全くありません。

O久保ちゃん、正面は絶対にこっちだ。逆だったらシアターはやんないほうがイイ。音が腐る。
どうする?!
(問答無用です)
それなりの機材を揃えれば、一著前のサラウンドを造ってあげるよ!
「分かりました。お任せします。」
「テレビをどこに置こうか迷ってたし、それで行きましょう!」
(‥プロジェクターは?、、まっいっか。どうせこの傾斜天井だと天吊りは無理だろうし。)

この部屋だったら、3~4万円の廉価なシアターセットでお茶を濁すのはもったいない。そこそこお金をかける価値はある。投資しただけの音は絶対出てくるよ。
全てのスピーカーが同じものが理想だけど、この左右後だと、リヤスピーカーは小さいのにして壁かけになるね。
そうだ!せっかくだから7.1CHにしよう!
フロント側には大きめのスピーカーを置いてだな、、で、

‥なんか背後に気配を感じる、、んっ?後ろに奥様がいらっしゃる。(ゲッ!聞かれてた?)
‥でも笑ってますが‥
(^_^)
「こんにちわ~。お世話になります。よろしくお願いしますね。ふふ。」
(えっ、いいのかな?)
やっちゃっていいんですか?
「ええ、せっかくの新築だし、ここはダンナの好きなようにやらせてあげようかなと。うふふ。」
あの~、おたくのダンナさん、たぶん、引きこもりになりますけど、いいんですか?、、。
「ええ、外でパチンコやってるより全然いいんで♪」
(なるほど、そだよね、。)
けっこうお金もかかりますけど、、。
「大丈夫です、よろしくお願いします。」

(金銭感覚が麻痺しているようだ、、。渡りに船だぜ!)
(普段だったら絶対無理なはず。‥新築ってほんっとイイっすね。)

とは言え、ホームシアターにかける予算は、テレビを除いて、20万円に決定。
(そのくらいが常識ってもんだよね。うん百万円なんて桁は間違ってもキチガイ扱いだろうな、、。)

よし、わかった!厳しい予算だけど、20万円ですげえシアターを作ってやるぜえ!!
ただし!電気とかケーブルとか一般人には訳わかんないこともしちゃいますからね~。

なんちゃってインストラクター、ここに始動です。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥なんちゃってインストラクター大いに悩む。

なんつったって(TV)を除いて予算は20万円です‥。
できんのか?

頭の中でおおまかに試算してみる、、。

ブルーレイプレーヤー(たぶんPS3かな)‥3万円
AVアンプ‥5万円
サブウーファー‥3万円
天吊りブラケット(4個)‥1万円
スピーカーケーブル(おおよそ50m?)‥1万円?
ラックだってこの予算の中だ、、‥とりあえず2万円
HDMIケーブル2本‥0.7万円かな?
以上でいくらかな?‥15.7万円?!
げげっ!残った予算4.3万円でスピーカー7本を揃えるのか?!‥‥‥そりゃ無茶じゃないか?
コンセント、多少のアクセ類は手持ちから出すとしても、、、。

とにかく石丸電気に行ってみることに。

ないことはない、、、。
ソニーでこんなのもある、、。大きさだけはとりあえず立派です。
メインL/R2本で2万円
メインL/Rで2万円センターに0.6円
サラウンド&バックで1.8万円。
これならほぼ予算どおりです。
‥でも、大丈夫か、これ???‥実物がないので当然音は聴けません、、。

頭に浮かぶ「安物買いの銭失い」の言葉、、。
チョー不安っす。

ん~っっっ、まずいね、まずい。これはとってもまずいかもー!
とにかくスピーカーにあてる予算を捻出せねば。
決められるところから決めて消去法?で予算をひねり出すしかなさそうだ。
よし、まずはAVアンプだ!

続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥お次はサブウーファーを決めてみる。

予算が限られています。しかもかなり厳しい現状です。
どこかで妥協しなければなりませんが、最低レベル譲れないものがあります。

サブウーファー。
映画の迫力を担う重要なもの。‥ですが、ただ迫力があればイイってものじゃない。ボワボワ臭を感じるキレないサブウーファーは大っ嫌いです。
小音量では目立たないけど、音量を上げていくと、とたんに遅れや歪みが目立つものがほとんど。

実型番を挙げて申し訳ないけど、
オンキョーのSL-D500がイイと噂。これでOKなら予算も少しは楽になります。
と、しかし、実際に聴いてみると‥LFEが入ると空気が濁る。家電量販店のホームシアターコーナーでの試聴ですから割り引いて評価しても、、それでも甘い。バスレフポートが必要悪なのか?

ならば‥キレの良いもの、密閉式?のサブウーファーと言ったら、ビクターのSX-DW7系が思いつくけど、どう間違ってもはるかに予算オーバーです。
ここを適当に妥協してしまったら、サウンド全体を曇らせる可能性があります。自分にも納得が行きません、、。
どうしたものかと調べてみると、
‥あるじゃあありませんか!しかも、これってバーゲンプライス?と疑うほどの値段で。
ネットで検索しても、少ない情報ながらも評判良し。
メーカーはFOSTEX。‥スピーカーの自作をする人ならば、知らない人はいないその道の専業メーカー。しかし、それ故一般市民は全く知らないはずのローカルメーカー。

     CW200A
fostex-cw200a.jpg
密閉式。デジアンで、ロングストローク20cmウーファーをドライブします。
大きさはほどほどですが、8畳の密室であれば十分なはず。‥と言うよりも、今風ハウス8畳だったら、この位のサイズが適当のはず。スピード感を重視しなければ、低音が飽和してしまうはず。
これは直感的に良さそうです。
量販店に置いてある訳もなく、試聴など当然無理ですが、往ってしまっていいんじゃないか?!

ネットを検索しまくり、直接問合せ。当初の予算3万円を3390円オーバーするも、おそらく最安。
これに決定!
バックオーダーを抱えているそうです。それがまた隠れた人気を物語っています。
納期は多少かかりますが、新築完成までには間に合います。‥迷わずオーダー!!

実は、難問の一つになるんじゃないか?と不安だったサブウーファー。ここをクリアー!これでかなり気が楽になりました。



進捗状況。(赤が確定)

寝室兼シアター‥かなり静かな空間です。PS3は騒音が気になりそう。ソニーのBDP-S360にしてみようかと。予算にも優しいし。

ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.2万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A)‥3.4万円
天吊りブラケット(4個)‥0.9万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル45m)‥0.75万円
ラック‥とりあえず1.5万円
HDMIケーブル2本‥0.7万円

見直し含め、以上(推定含み)13万1500円也。
スピーカー7本の予算が68500円に増えました。まだ厳しいな。どうすべ。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥なのにセンタースピーカーをやっちまったかも。

「ヤフオクには魔物が潜んでいる」なんてよく聞きますが、、。まったくなんなんでしょうね、あそこは。

センタースピーカー。
太くてドスの効いた声、エロっぽい声、渋い声、かすれた声、つぶやく声、活き活きとしたハリのある声、笑い声、悲しい声。
‥まるでそこで喋っているているんじゃないか?と錯覚するほど生々しくあってほしい。

また、近くにいる声や遠くにいる声もある。
声だけじゃない。‥金属のぶち当たる音、爆発音のような激しい効果音もある。楽器もある。
周囲の暗騒音だってある。
センタースピーカーに求められる理想は、ピュアオーディオ並です。
だからこそ、「中途半端なセンターだったらいらない。」そんな意見が出るのかもしれません。

もちろん‥マルチサラウンドは全体のバランスが命。メインやサラウンドスピーカーにだって同様のポテンシャルは求められます。
そして、全チャンネル同一スピーカーが理想だけど、今回はそれができない環境です。
映画の場合なら、センターがしっかりしていれば、他のチャンネルはある程度ごまかしが効く。自分はそんなふうにも思っています。


(それなりに)立派なセンタースピーカーが欲しい!!‥でも予算が足りません、。(i-i)
さてどうしよう~。(;´o`)
とりあえず予算上限2万円と縛ってみた。‥新品なんか絶対無理だ。中古品しかないじゃないですか、、。

この一週間、中古オーディオショップとヤフオクとにらめっこしていました。
もう落札しちゃったからあかすけど、
狙っていたブツは、こいつらでした。
デノンのSC-C777SA
インフィニティーのInterlude IL36C
B&WのCDM CSE
年式の古いものばかりですが、(遠い)過去に聴いた記憶(かなり飛んでますが)があり、イイカモと思いだしたブツです。
本命は、インフィニティー。‥でも、そんな都合良く出品されません。
デノンはあったんだけど、なんか高いし~。

少し気長に待ってみるか、。どれか運良く格安で落札できればと思ってたんですが!
ヤフオクっちゅうのは、いったいなんなんですかね~。
「もしかして俺ってラッキー?」みたいなバイアスがかかっちゃうのか?
即落金額の罠。
気がついたら落札してました、、。

インフィニティー リファレンス100MKⅡ

偉そうな能書き書くわりには、この結末です、、。笑ってやってください。
程度はよいとの説明ですが、この時期のインフィニティー‥エッジがとても心配です、、。ウレタン製で朽ちるんですよね、、。


なんとなくね、
海外製だぜ!デンマークだぜ!!
って言ってみたかっただけなんですよ、、。
つい、魔がさしただけなんですよ。
ほんとに申し訳ありません。

やっちまったよぉぉぉ!!
頭ぶっ飛ばしたくなる心境です。


実物が届いたら、、へ続く。たぶん。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥天吊りブラケット

インフィニテイーのセンタースピーカーは明日届くようです。はたして実物は?音は?‥‥。なんだかとっても不安っす。
メインL/Rとセンターは、理想は同じスピーカー、出来れば同じシリーズ、最低でも同じメーカー、、なのですが、予算が不足しています、‥まじで苦しんでいます。苦し紛れの結果はいかに?

さてさて、(昨日の記事で)やっと現在に追いつきました。

センタースピーカーがインフィニティーになってしまったので、
メインスピーカーとサラウンド&バックスピーカーは同じシリーズで統一(これ以上バラバラは危険すぎます)。それで落ち着こうか?なんて考えてもいます。
メーカーはデノンのSGシリーズ、オンキョーの308シリーズあたりでしょうかね。(ネタとしては全然つまらないので、もっと冒険したい気分。)
オンキョーはエンクロジャーの仕上げが、深みのある艶でとても綺麗なんですよね~。音もまあまあ無難だし。
一方のデノンは仕上げは(比較すると)負けてしまうものの、、あのメーカー特有の重さ(音ね)も捨てがたい、、。
ダークホース的にヤマハもあり。
ソニーの大きくて安いのは、実物をヨドバシカメラで見たら、、仕上げがとても褒められたものじゃありませんでした。
まっ、スピーカーは急いで決める必要はないのですが、
工事の関係でとり急ぎ、悩み中が、サラウンドスピーカーを壁に設置するためのブラケットなんです。
最初は、見え難いものだし、とりあえずなんでもい~や、と考えていたのですが、
それじゃあまずそうです。

サラウンド&バックスピーカーは全てリスナーに向けて、指向性を確保したい。
広がり感重視だったら別に気にしませんが、
鋭い移動感を描くためには、やはり直接音をストレートをリスナーに届けるべきと。
スピーカーをまっすぐリスナーに向けたい。

となると、ブラケットのアームもただ曲がるだけじゃなくて、自由自在に回る回転機能が欲しくなります。
具体的には、こんな形状が望ましい。
DSCF0780.jpg
DENON ASG-10 を考えています。(これならオンキョーのスピーカーにも対応可能。)
金属のボールの可動部分で、かなり自由に向きを作ることができます。
ただ、レビューを見ると、「スピーカーの重さで動いてしまい好みの角度での固定が困難でした」と、あまり思わしくない感想も載っていたり。
個体差でしょうか?実際はどうなんでしょう?
実際にお使いの方がいらっしゃいましたら、教えてもらえたら助かります。
これなら、もっと安いものがあるよ。でしたら大歓迎です。
情報ありましたら、よろしくお願いいたします。急ぎます。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥・センタースピーカー到着。

DSCF0782_20100123212054.jpg
(中古15800円で落札した)インフィニティーReference100MKⅡが届きました。
実物を見ると、、、
最近のものよりも、ずっと奥行きがあります。想像していたよりも随分と堅牢、立派な造りをしています。
エンクロジャーボックス‥材質は分かりませんが、表面突き板ではない無垢木仕様。また、叩くと剛性感の高さの中に木の響きの良さを伝えてきます。国産のセンターとは随分違います。

心配していたウレタンエッジ‥まだ大丈夫のようです。が、朽ちるのは時間の問題のような気がします。
DSCF0785.jpg
ハードオフにこの時期のインフィニティーがあると大抵ジャンク‥理由はエッジがボロボロなんですよね。

予防のために容易したブツ‥シリコンスプレー
DSCF0788.jpg
コットンパフを使いエッジに塗り塗り。
DSCF0787.jpg
弾力感が戻り、ゴムエッジのように艶々になりました。
どんな悪影響があるかは不明ですが、、エッジがボロボロになるよりは遥かにまし(なはず)。

軽く試聴してみました。
低音‥ロー方向の伸び、量感はサイズなりですが、締まったキレの良い低音です。映画用として必要量ブーストしてもボヤけず応答してくれそうです。
高域‥強調気味、ちょっと硬くて痛い。シャープ。
中域‥細くはないけど、太くもない。つまり普通。大切なポイント‥抜けは良い。
少し昔のB&W的な音です。あれほど麻薬的魅力的な高域ではありませんが、、。オンキョー的とも聴こえますが、それよりも密度が濃い音が出ます。
高域の強調感を修正してあげればバランスが取れるはず。コンデンサーあるいは内部配線を交換しちゃおうかな。
とりあえずノーマル状態でのちょい聴きですが、反応速度が高く、ポテンシャルは高そうです。
めちゃ不安でしたが、ほっと一安心しました。

問題は、、、、
このセンターに合うメインスピーカーの選択かもしれないな、、と予感。

次回、石丸電気でいろんなスピーカーを聴いてみた(今日仕事帰りに聴いてきたのです)。に続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥・メインスピーカーは?

定価4万円台/1本の各社売れ筋トールボーイを試聴してみました。

DENON/SC-T55SG
A-DENON-SCT55SGM.jpg
量感のある重みのある重低音に驚きます。
共振を抑え込み、キレを失う寸前まで量を出してみた‥そんな感触の重低音です。ただローエンドまではさすがに伸びきらない、その点はさすがに大きさなり、価格なりです。
低音が出るので声は太くしっかりと聞こえます。土台のしっかりした中低域。
そして強めの低音にほど良くバランスされた高音。派手めの高域だけど決してキンキンはしていない。ただ伸びはここでも今一。
手を叩く音は、十分に厚みがある。引っ叩かれている感じ。ただ、音の抜けがやはり今一。
ドンシャリという表現とはまた少し違う音色。ストレートに押し出してくるスケール感の大きい音を出してきます。
嫌いじゃありませんこの音。ドンパチ映画には最高なんじゃないでしょうか。音の造り方に潔さまで感じます。この価格でこのボワつかない重低音とスケール感は凄い!と感心します。
ただ、狭い部屋で鳴らすと低音が飽和するかもしれない。逆に小音量で鳴らしても迫力不足と感じることは少ないはず。
表面の仕上げは、、決して悪くはないけど、オンキョーの308Eに比べると、個人的には一段落ちます。


ONKYO/D-508E
A-ONKYO-D-508E.jpg
SC-T55SGの後に聴くと、中域が厚みの無いスカスカの音に聴こえます。(デノンマジックでしょうか?)
レンジは高低ともデノンにひけはとりません。むしろ抜けと伸びが良い。低音の量も普通に出ているし、解像感も悪くない。
しかし、このヴォーカルの厚みの無さはなに?‥音楽を聴いていておもしろくありません。
手を叩く音も、手全体で叩くのではなく、指だけで叩いているみたい。これはない。
これよりも安価なシリーズのスピーカー(308E)も聴いてみましたが、みなこの音調なのですね。
大切な中域が埋もれてしまう‥個人的に好きじゃありません。
デノンマジックでバイアスがかかっているとは言え、、モニター調も度が過ぎると使えない‥そんなふうに聴こえてしまう音です。
仕上げの良さは抜群なだけにとても残念です。



YAMAHA/NS-325F
A-YAMAHA-NS-325F.jpg
デノンとオンキョーを足して2で割り、カドをとって聴きやすく音調です。
デノンよりも柔らかい低音。量はデノンほどではなく、しかし必要十分。清んで伸びた高域。バランスの良い中域。
優しい落ち着いた音です。音場もふわっと広がります。
手を叩く音も厚いけど優しい。紳士が優しく叩いている感じ。
これはピュアとして正統派ですね。全てがほどよく調和している。
仕上げの良さも可もなく不可もなく。しいて言えば足が、、評価の分かれ道。
悪くはない、むしろ良い。おそらく、部屋で鳴らした時も印象変わらずよく鳴る予感です。
でも積極的に欲しいとは思えない、良いのだけど、。そんな微妙な気分になるのは何故だろう、、。(これもデノンマジック?)



各社のより安価なスピーカーも聴いてみましたが、メーカーの音ってありますね。基本変わらない音調。
ただ、しっかり鳴るという意味ではこのクラスからだな~、なんて正直な感想です。‥‥しかし、予算が全く足りません。
そもそもインフィニティーのセンターに合うスピーカーってないじゃんか。
急ぐ訳ではありませんが、いろいろと悩みの種は尽きません、、、。



進捗状況。(赤が購入済み)

ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.2万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A)‥3.4万円
センタースピーカー(infinity re100mk2)‥1.6万円
天吊りブラケット(4個)‥1.4万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル45m)‥0.75万円
ラック‥とりあえず1.5万円
HDMIケーブル2本‥0.7万円
以上(推定含み)15万9500円也。

メインL/Rスピーカー‥?
サラウンド&バックスピーカー4本‥?
残予算が40500円しかありません、、。(何故か減った)
困りました。と言うより無理っしょ! どうしましょ。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥進捗状況。

ハードオフを漁り、ヤフオクで目を点にして、、スピーカーブラケットを当初予算の半分でゲット。
しかし!スピーカーケーブルが足りなくなり1巻追加。

そんなこんなで、○久保シアター機材進捗状況。(赤が購入済み)

ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.2万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A)‥3.4万円
センタースピーカー(infinity re100mk2)‥1.6万円
天吊りブラケット(4個)‥0.7万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル60m)‥1.0万円
ラック‥とりあえず1.5万円
HDMIケーブル2本‥0.7万円
以上(推定含み)15万5000円也。

メインL/Rスピーカーとサラウンド&バックスピーカー4
‥計6本 残予算45000円也。

自分の絶対お勧めスピーカーは、これ。
メイン‥YAMAHA/NS-325F 予定価格\54,800円/2本(価格com調べ)
A-YAMAHA-NS-325F.jpg
サラウンド&サラウンドバック‥YAMAHA/NS-M325 予定価格\41,200円/4本(価格com調べ)
ns-m325.jpg

合計95,000円です、、、。
325Fは、映画はもちろん、音楽鑑賞にも充分な音質。8畳間ならその存在感も十分。見た目もとっても大切です♪



予算重視の第2案
YAMAHA/NS-F210 予定価格\25,300円/2本(価格com調べ)
NS-F210.jpg

YAMAHA/NS-B210 予定価格\19,200円/4本(価格com調べ)
NS-B210.jpg

6本合計44,500円也。予算ピッタリです。

B210‥写真はでかいけど、PCスピーカー並の大きさ。
F210‥高さは1050mm‥46インチのテレビを置いても、高さだけなら見劣りしません。高さだけなら。
視聴してきましたが、低音は期待できません、、重低音は潔くサブウーファーにお任せです。高望みしなければこれで十分。バランスの良い普通の音がすることでしょう。

ヤマハの理由は、クセも少なく、バランスのとれた何気に良い音がするからです。


ところで、肝心のお家のほうはどうなってんでしょう?
今月後半には音出しできるかな?
音を出せる環境が整いしだい、自分のスピーカーを持ち込んでどんな感触か確認します。それしだいでスピーカーを決定する予定です。


DSCF0821.jpg
機材がうざいっす!
右端のダンボール箱は出撃を待つケーブル達がいます。
実は、サブウーファーも届いています。
infinityは分解されています。
HDMIケーブルはワイヤーワールドで逝きますか?
何故か、A-S2000まであるという、我ながら毎度な光景、、。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥暇つぶしにセンタースピーカーを壊してます。

DSCF0829.jpg
infinityのセンタースピーカー‥チューンついでに鏡面仕上げ。

DSCF2661_20100206183024.jpg
ツィーターの抵抗値‥5.5Ω
ウーファーの抵抗値‥10Ω×並列
ネットワーク クロスオーバー3.9KHz
ツィーター C:コンデンサー4.7uF L:コイルは0.28mH?
ウーファー C:コンデンサー5.6uF L:コイルは0.28mH?もう少し大きいかな?
12dB/oct。
ここは、弄らないほうが良さそう。とりあえず、コンデンサートップにカーボンマニックを塗布するだけにします。
内部配線は交換する予定。使用ケーブルは吟味中。

内部の吸音材はスポンジでした。気に入らないから綿とトレード。

勇み足で落札したものの、、、
はたして、ヤマハのスピーカーとの相性は?!(可能性は五分五分以下!)
ダメだったら潔く諦めます、、。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

センタースピーカー 位相回りを調べてみた。

サラウンド再生では、センター、フロント×2、リヤ×2‥最低5本。この5本のスピーカーの位相を整えることが大切なんだと、口を酸っぱくして言ってきました。

同じスピーカーユニット、同じスピーカーボックスを使っていても、使われているネットワーク回路の構成しだいで位相が90°ずれる。ということも説明してきました。

6dB/octでは 90°
12db/octでは180°
18db/octでは 90°

センター用として、フライング購入してしまったinfinityのリファレンス‥
DSCF2661_20100206183024.jpg
回路としては、
0000-12dBoct_20100218210506.gif
です。


一方、
フロントスピーカーとして目論んでいるYAMAHAのNS-325F
サービスマニュアルをダウンロードして、そのネットワーク回路構成を見てみると、、、
ns-325f.jpg
ツィーター、ウーファー双方とも18db/oct。

‥位相が90°ずれちゃってますね、、、。
(T◇T)

何がどうしてこの回路から位相なんちゃらがどうしたってわかんね~よ!という人は、
自作スピーカー設計プログラム‥‥ネットワーク設計プログラム‥‥その下のほう、各種ネットワークの計算図 回路と位相回り をご覧ください。


ということは、、
例えば、ドラゴン360度旋回シーンでは、ドラゴンがフロント左からリスナーの回りをぐるっと飛び回るのですが、、、
フロント左SPとセンタースピーカーの間でちゃんと定位しない。
センタースピーカーとフロント右スピーカーの間で定位しない。
つまり、きっちり明瞭な移動感は得られません!ちゅうことに繋がるんですよ、、。
( T∇T)‥…(((σ ガチョーーーン

このままでは、聴かなくても判る、、、。絶対ダメぽ、、。

ショックを隠しきれずにUPしてみた。
たぶん続きます。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

YAMAHA325シリーズのネットワーク回路を調べてみた

本命スピーカーの325シリーズ、そのネットワーク回路を調べてみました。

NoDevice.com からダウンロードさせて頂きました。

フロントスピーカー‥NS-325F
ns-325f.jpg

センタースピーカー‥NS-C325
ns-c325.jpg

サラウンドスピーカー‥NS-M325
ns-m325_20100216152918.jpg

ネットワーク回路図を見て‥‥?!
ウーファー側が違っています。
325Fでは、18db/oct
C325とM325が、12db/oct になっています。これだと位相が回転、ズレてしまうのでは?

同一シリーズなので、ネットワークも同じようなものだと思い込んでもいました。

メーカーが作り込んだスピーカーです。理由があってこの回路構成になっているんでしょう。

それとも、自分が勘違い? 今まで、位相が大切だよ!と散々言ってきたことそのものが大間違い?
もしかして、自分、とっても恥ずかしい奴?!

‥‥‥‥‥‥
考え込んでも何も解決しないので、ヤマハさんに質問メールを発射しました。

、、続きます、。(皆さんにちゃんと報告しなくちゃね、、)



とっ言ってる傍から回答が来ましたよ。
とっても簡単な。
原文コピーじゃまずいので、若干改編します。

お問合せのスピーカーは、モデルが異なっても位相のずれや定位感が損なわれることのないように設計して製品化しています。
ご安心ください。

‥‥こけじゃあわかんね~よ、、。

これ以上のやり取りは疲れるだけ。メンドクサ。この件、謎ということのまま放置します。
「謎」じゃあまずいし、、ほんとは気になってしょうがないんですけどね~、、。
まっ、そもそもがいい加減なブログです。

まあ、メーカーさんの言ってることは間違いございません。ということでご了承ください。
ネットワークだけじゃないんだよ、スピーカーは、ユニット、箱、諸々とトータルで奥が深いんだよ。ということなんです。きっと。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

位相回転についての認識誤り‥訂正

位相回転
6dB/octでは 90°
12db/octでは180°
18db/octでは 90°
と、全域で位相回転してしまうように記載してしまいましたが、勉強不足でした。すみません。

正しくは
振幅が-3dBとなる周波数を「遮断周波数(Cutoff frequency)」と呼び、一般に fc と表記され。
位相は、このfcを中心に緩やかに回転する。が正解。
6dB/octの場合
参考URL‥CR回路応答(周波数領域編 その1)‥リンク先に位相グラフがあります。興味がありましたらご覧ください。

理論はとても大切です。でも難解ですね、、。

分かりやすく言ったら、
クロスオーバー付近で位相ズレがおこる。フィルターのかからない帯域は位相ズレはゼロ。だけど、、その他諸々の影響があり、ネットワーク回路構成のみで単純に計れるものではない、と。

現実としては、電気信号よりも音響信号の位相が大切であることを忘れてはいけない。

位相‥難解ですが、とても重要なキーワードに変わりはありません。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ‥初の音出しです。

自分の目指している「2CHオーディオ」ピュア再生とはこんな感じです。

箱の大きさは小規模なライブハウス。

オーディオ故絶対的ボリュームはリアルよりも小さいため、迫力では少々箱庭的にもなってしまうが、それでも、ミュージシャンが自分の5mくらい先、目の前で演奏しているかのような等身大を想像させるような。楽器の音圧を肌に感じるような。生々しく。

壁の響きは、コンサートホールのような長い響きではなく。あくまでライブハウスの大きさを感じさせるもの。壁の材はマホガニーだろうか、、やや硬質だけど、濁らず消え際が美しい。
その響きは、演奏している主音とは綺麗に分離し、決して奏者の邪魔をしない。
それ故、演奏者の位置は見えるがごとく。

昔のライブハウスのように、中でタバコを吸っているいる奴はいない。空気はとても澄んでいる。

目を瞑ればそこで謳っていると錯覚してしまう擬似空間。

そんな感じです。

実は、こんな鳴らし方がホームシアターの5.1CH再生に最適なのです。
ホームシアターとピュアオーディオの両立を目指すなら、部屋の響きはデッド方向が理想。
艶やかさ等の芸術性、あるいは空間の広がりや響きといった要素は、部屋の間接音を利用はするものの、機器そのものの情報量やトータルでの位相管理によって成しえるべきと思うのです。



さてさて、今日は、かねてからのお楽しみ。
●久保宅も引渡し間近。そんな中、シアター部屋に侵入して自分の機材を持ち込み音だししてきました。

まずは、部屋の様子をご覧ください。
DSCF0943.jpg
右サイド
DSCF0945.jpg
右後方
DSCF0946.jpg
左サイド
DSCF0941.jpg
左後方と背面
DSCF0962.jpg

部屋の大きさは、巾3.6m×奥行き3.4m。
傾斜天井‥正面高さ2.4m。後方高さ3.6m。
床は一般的なフローリング。壁材は、合板+石膏ボード。仕上げにビニール系クロス。オーディオ用として特別な配慮はしていません‥傾斜天井以外は、ごく一般的な洋室の井出達です。

家具等一切ありません。声はやはり盛大に響きます。
この状態で、自分の機材を並べ音を聴いてみました。こんな何も無い状態で、良い音が出ようはずがありません。それは承知の上です。
それでも部屋の音質傾向の確認は必要です。部屋に合いそうなスピーカーを選定するためです。


チェックポイントは
低音のこもりと量。高中低音の全体バランス。響きと定位。この3つに絞りました。

低音のこもりは感じません。また、こんな状態でも結構キレて質が上がりそうな重低音が出ています。
また自分の部屋で鳴らすよりも量があります。十分。意外やローエンド方向もほどほど伸びています。洋間ゆえの作用でしょうか。
‥ホッと一安心。ここが酷いと本当に苦労しますからね。

高中低音の全体バランス‥ややドンシャリ傾向のようです。中域のエネルギー密度が少々低め。

響きと定位‥響きの主帯域は中域らしい、、。そのロングな響きの中に声が埋もれがち。要改善ポイント。しかし、それでも定位感は最低限レベルをクリアー。ピンポイントには遠いですが、低音楽器を含め各パートの存在位置がわかります。洋間にありがちな、、混濁して何がどこやら?という酷い状態ではありません。

スピーカーの候補は、デノン、ヤマハ、オンキョーでした。
今鳴らしているビクターのsx-500DOLCEⅡ、ノーマルです。‥中域主体ながらも高域ややハイ上がり。低音の量は控えめ、ローエンド方向はだら下がりながらもで伸びていく。定位は明瞭。響きは多め。そんなスピーカーです。

これ以上の低音は飽和する可能性があります。よってデノンは却下。
中域が凹むオンキョーも、合いそうにありません。これ以上に声の密度感が下がるとまずいです。
消去法で、ヤマハですね。
ヤマハのややキラキラ感も高域の響きを増長させそうですが、高域はいかようにでも簡単に対処できるはずです。
部屋の響きは新築時は多めです。年月と共に、また、家具、カーペット、ブラインド等を入れればほどほどに落ち着くはすです。

極細トールボーイではもったいない。
ここはやはり、
NS-325Fでしょう。
A-YAMAHA-NS-325F.jpg

とにかく、(自分の中では)スピーカー決定です。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築シアターの最初の課題は?

●久保亭もいよいよ明日引き渡しです。
本人は今頃引越しの準備で大藁藁でしょう。ガンガレ!というしかない。

引越しがある程度進み次第、シアターの機材搬入、設置の予定です。

さておき、そのシアターですが、心配の種は‥先日お話したとおり、響きが過剰なこと。
家具やカーペット等、なんにも無い状態なので、響きが強いのは当然ではあるのですが、、。
せっかくのホームシアター、音が楽しくなければ楽しみは半分以下。
そして、ホームシアターの音再生‥迫力あるリアルなサウンドは響きは基本デッドじゃなきゃ始まらない。とまで断言しちゃいます。

そう、最初の課題は過剰な響きをある程度抑制することなのです。
対策の一歩として、対向する壁の一方‥正面と左手壁に、それぞれの窓を全て覆ってしまうほど大き目のロールスクリーンを設置することになりました。
さらに、右手の開放クローゼットには衣類が入る予定です。
シアター用のラック、スピーカー等のシステム機材が入れば、その分響きも少なくなるはず。
これでどの程度響きが抑えられるか?‥とりあえずその段階で再確認します。
それでも足りなければ、寝室としての美観を損なわない程度に何か対策しなくちゃね。

響きが左右非対称になってしまうのが新たな心配でもあるのですが、ピュアオーディオでないのでおそらく大丈夫のはず。

吸音しすぎても迫力が無くなってダメ、響き過剰だと音の定位感移動感があやふやになってダメ。
ちょうど良い按配というものが必要なのですが、
それを実現するには、経験というものが必要だったりするのであった。

ところで、残りのシアター機材は全てオーダーしました。
こんな感じです。
ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.0万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
メインスピーカー(YAMAHA/NS-325F)‥ペア5.4万円
センタースピーカー(YAMAHA/NS-C5HX)‥1.8万円
サラウンド&バックスピーカー(YAMAHA/NS-M325)‥4本4.0万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A) ‥3.4万円
天吊りブラケット(4個)‥0.7万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル60m)‥1.0万円
ラック‥1.9万円
HDMIケーブル2本‥ボンからのプレゼント0円

総額24.6万円也。
予算オーバーごめんなさい。
でも、どうせやるならこれ以下はあり得ない。と考えた自分。
スピーカーのランクを下げて20万円で収めることもできたんですが、、、
それだと、超えられない壁が間違いなくありそうな予感でした。
最後は試聴して本人納得の結果です。


ところで、、「ん?、インフニティーのセンタースピーカーが無いぞ?」
(℃_゚)ン!?‥‥‥

実は、、
弄って完成!喜びも束の間、その直後、手元を滑ったドライバーがスピーカーのエッジに突き刺さりました、、。
(T◇T)
‥‥なんでよりによって、、。

涙目ですよ、、。
見るのがあまりに辛いので、ハードオフに持って行きました。500円で買い取ってくれました、、。達者でな、。

代わりはこいつです。
yamaha ns-c5hx
ラックセンターに収まる最大級のものにしてみました。
だって、325シリーズのセンタースピーカー、、、NS-C325って、メインとのつながりはさすがに良いものの、、音が貧弱すぎです。
5.1CH再生でセンターってとっても重要。と吼える自分には、求める理想には程遠い代物でした。
店頭デモ‥スモールと割り切って低音はサブウーファーに任せても、自分には違和感があったのでした。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

とりあえず、

●久保宅、本日めでたく引き渡しです。
おめでとう~♪

子供たちはキャッキャと大ハシャギ。(^^)(^。^)(*^o^)(^O^) ヤッタ~
子供の無邪気な笑顔ってホントにいいですね♪
ママさんは子供たちを連れて、早々と公園デビュー!
とっても嬉しそうです♪

いっぽう、ダンナは、、、
‥(=^ェ^=)  (;´o`)  ~(T▽T~)(~T▽T)~ 
喜んだり、溜息ついたり、途方に暮れたり、、、なんだか表情が急がしいです。‥たまに目が泳いでいるようです。
どうやら、迫り来る延々巨額な支払いに気づいたようです、、。
現実から目を背けて遠くに逃亡したいみたいです。
でも、家族のためにガンバッテ稼いでくださいな♪
(でも、残業代は出ないけど。)
家族みんなが喜ぶ楽しい楽しいシアターもあるしさ♪


さてさて、自分はというと、引越しに紛れて、シアター部屋にラックを搬入して組立ててきました。
そんな中、ちょっと驚いたのが、
一週間前よりも、響きがぐっと減っていました。体感的には半分くらい減っています。
(相変わらず、部屋はガランドウのまま、状況は何も変わっていないのに)
こんな短期間で変化があるとは、予想外でした。
それだけ、出来立ての部屋は響きが多いということなのでしょう。

過剰な響きが、ちと心配。と書きましたが、杞憂かも。


話変わって、ここで、なんちゃってホームシアターインストラクターからちょっとした反省点。

今回、工事途中からシアターの話になり、既に出来ることも限られた中での進捗だったのですが。
現場の方と、きちんと意志の疎通ができなかったことがちょっと残念なところでした。

壁コンセントの位置と数を修正‥までは良かったのですが、現物を見せて「このコンセントを使ってください。」と指示したにもかかわらず、結果ごく普通のコンセントが使われたり。
‥現物支給するべきだったと反省。

スピーカーケーブルの隠蔽配線‥確かに隠蔽されています。が、リヤスピーカー側のケーブルが2mも余剰。逆にアンプ側は壁から20cmしか出ていません、、。
口頭でそれぞれ1m壁から出してください。とお願いはしたんですが。後の祭りでした。
‥殴り書きで構わないから、図面にして、手渡すべきだったと反省。

きっと、非専業の方にしてみれば、見慣れない作業であったと思います。致しかたなしです。
本当であれば、ホームシアターを作るならば、
設計段階から打ち合わせして、設計図面にきちんと反映しておければ良かったですね。
シアターに限らず、新築の際の基本でした。

まっ、たいした問題じゃないのでOKなんですけどね。


明日は、ロールスクリーンが取り付けられる予定です。
そして、23日には、お待ちかねの42Z90000、そしてスピーカー1式が到着する予定です。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築●久保シアター‥ついに機材搬入!とにかく設置しました。

機材の前に、窓壁を覆うロールスクリーンの様子をご覧ください。
DSCF0023.jpg
窓個別ではなく、壁一面を覆ってしまうほどのスクリーンです。
DSCF0024.jpg
フロント側:同様にスクリーン。
DSCF0025.jpg
過剰な響きが一気に激減しています。
ピュアオーディオ的には邪道かもしれませんが、ホームシアターとしては十分に用を足している気配です。
これなら、音の移動感が響きに邪魔されることもないはず。安心してセッティングに入れます。

(3時間後)とにかく設置した写真を見てやってくだされ。 
DSCF0036.jpg
素晴らしい!♪
自分で言っちゃあ、、痛い人ですなんですが、まじでセンス良くまとまってると思います。ヒデキ感激♪

TVはレグザ42Z9000。
(期末だからこそ?ビックリしてしまう値段ですね。エコポイントもしっかり付くし。良い買い物だ~♪)
メインスピーカーは、ヤマハのNS-325F。けっこう大きめのトールボーイのはずなのに、42インチのテレビと並べると威厳を保てるギリサイズです。見た目的な話ですが、このサイズにしておいて、正解だと思いました。
予算に負けて、NS-F210にしていたら後悔していました。所有感ってやっぱり大切ですものね。

ラック
‥フルサイズコンポが3台横並びで収納できること。横巾は160cm以内。高さは60cm以下。色はダーク系。値段は2万円以下。この予算で豪華とまでは望めないけれど、、ビジュアル的にな鑑賞に堪えられるデザイン&仕上げ。それなりの堅牢さを持っていること。
そんな無謀な条件の下、、ネットを血眼になって漁って探しまくった逸品です。

ソニーBDP-S360
DSCF0046.jpg
噂どおり、「カタカタ」っていう音が少し聞こえます。でも自分には全く気になる音ではありません。音を出せば聞こえないし。PS3のファン音のほうがよほど耳障りかも。と思いました。

ONKYO/TX-SA607
DSCF0040.jpg
セッティングしてみると、‥‥もしかしてブラックにしたほうが、センターが浮き出て良かったかも~。なんちって。
安くあげたんだから文句ノシ。

BDプレーヤーとAVアンプ間を繋ぐHDMIケーブルはワイヤーワールドのスターライトを。
DSCF0026.jpg
定位感、移動感に確実に差が出ます。

AVアンプからTVへのHDMIは、お店でオマケにもらった品。これで十分です。

サブウーファーFOSTEX/CW200A
DSCF0050.jpg
こいつは噂以上に凄いかも。
部屋の大きさで評価は変わるけど、この部屋では、質だけではなく量も十分に出てくる。濁らない沈む重低音が気持ちよいです。ポン置き、鳴らし始めたはがりにもかかわらず予想以上の音‥期待できます。

実はとてもコンパクト。開封して実際に見ると「えっ?」と感じるほど小さい。
DSCF0048.jpg
このサイズでこの低音‥まじで感心します。しかも安い。フォステクスさん素晴らしいです。
音質を望むと必然でかいものが多い中、この邪魔にならないサイズ‥置き場所に困らない。ユーザーにとっても都合が嬉しいです。

センタースピーカー ヤマハNS-C5HX
DSCF00420.jpg
再生レンジ感に拘り、あえて325シリーズを外してみました。
ヤマハらしい端正な音です。ハギレも良い。
メインスピーカーとの位相ズレは今後の確認。

センタースピーカーのケーブルだけ、とりあえずオルトフォンのシルバーコートを奢ってあげました。
DSCF0027.jpg
(実は、半端ものがあっただけ)

フルシステムの配線なんて、ほんとに久しぶりっす。‥いささか疲れました。
DSCF0028.jpg
(アンプの奥行きが短くて助かった)

スピーカーの位置を仮決め。
奇数分割法の基本に従って、
DSCF0031.jpg
部屋巾(350cm)の奇数分割‥1/5の位置にメインスピーカーをセット。
DSCF0032.jpg
定材波の影響を最小限にする対策です。

壁コンセントに電源ケーブルを接続。
DSCF00350.jpg
デジアナ分離?してみたものの‥ほんの気休めです。

早速音出し。電源オンしたばかりの起き抜けにもかかわらず、けっこう良いです♪
ヤマハ正解です。声が自然に聞こえるし、やっぱりバランスがいい。この部屋にマッチしています。
センタースピーカー・リヤスピーカーケーブル以外は付属品にもかかわらず。設置もとにかくのポン置き。手を加えて音がどう変わっていくか?これからが楽しみです。

とにかく置いてみた、とにかく繋いでみた。そんな今日の様子を急いでUPしてみました。
もっと詳しく書きたいのですが、時間がございません。また改めて。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

最初の課題

ポン置きしてとにかく音が出るまでにしたのが精一杯だった前回。
セットアップはまだ。当然、使いこなしの段階なんてまだ先。
そんな状態で、まともな音など出るはずもありません。
なおかつ機材のほとんどが新品ですから‥エージングにだって時間はかかります。(車にだって必要なのだから)

とは言え、とても楽しみにしていたホームシアターです。
期待外れと思われないために、早いうちになんとか最低限の音にしなければ‥「ホームシアターって楽しいね♪」と思ってもらえるようにしなければ。と思っていました。

そんな訳で、今日、時間を作って、それでもとにかく楽しく聴きたいなんちゃってセッティング~!を敢行してまいりました。
ちゃっちゃっと済ませてしまおうと考えていたのですが、、問題課題を発見したりして、そうは問屋が卸してはくれなかったのですが、、。
(まあ、我ながら当然と思うしだい‥自分のシステムだって何年もかけて煮詰めても100%の納得に行かないのですから)



はじめて映画ソフト(当然、ドラゴンハート)を使って、早速試聴。
‥‥‥ぜんぜんダメダメですわ、、。
ハッキリ言ってしまってスマン。(彼もこのブログを読んでます)‥現状認識が大切なのだよ。でもすまん。

各CHレベルバランスはダメだし、声が変だし、包囲感もダメ、移動感もダメ。‥ダメダメづくし。
(繰り返し言うけど、最初からまともな音なんて出る訳ないから)
でも、メインとセンタースピーカーの繋がりは結構イイかも。クロス付近の位相ズレは気にしなくて良いレベル?

とにかく、AVアンプの設定をマニュアルで操作。
(この段階で、オートセットアップなんてしません‥これからどんどん音が変わっていくから無駄だし。(そもそもオートセットアップは65点以上の音を作ってくれないし。)

まずは、各チャンネルのレベル操作。
‥メインは弄らず、声を届けるためにセンターを少し大きく。とにかくサラウンドの包囲感を感じさせるためにリヤは強めに。
マニュアルイコライザーで少々ドンシャリな音色に。‥激しい音のほうがインパクトがあって受けがイイ。邪道だけどね。
ここまではいたって簡単。まずまずおもしろい音に。

ただし、課題も発見。
ここからとにかく急ぎ解決すべき問題点。

①声が不明瞭
‥例えれば、ドラム缶の中にスピーカーを置いて鳴らしてみたらどうなるか?‥そんな付帯音がまとわり付いています。
ネット?‥まず外してみました。当然のことながら高域がハッキリして直接音が届きやすくなり、だいぶ改善しました。が、まだまだです。
大きな原因はおそらく、センタースピーカーをラック内やや奥まった位置に収めたことではないか?(ドラム缶現象)と予測。できる範囲で前に出してみたところ、改善の兆しあり。
対策‥ラックの全面と天版上、それぞれのギリギリまでセンタースピーカーの面を持ってくること。必要なものはそれ用のスタンド。‥既製品があるので、それを改造して、高さと角度を合わせます。
映画は声が命。これはもう、特急便で急ぎます。

②響きがやはり過剰
音楽ソフトではOKかとも思いましたが、映画ソフトを鳴らしてみるとそう感じます。
とりあえず簡単対策‥スピーカーの角度をリスナーに向けて直接音を強めました。まともなセッティングをしていない状態なのでとりあえずそれだけ。

え~と、あとやっぱり、床にラグを敷いて欲しい。リスニングポジション回りの響きを減衰させるため、大きさは3畳程度で。デザインは自分の好みのものでいいです。ニトリでもホーマックでも、安いのでいいから。

サラウンドの基本は、やはり響きデッドだ。

③サラウンド音声が高すぎる。後方に廻ったドラゴンがかなり高い位置にいます。
部屋構造の制約上、サラウンドスピーカーがやむ負えずあの高い位置となったことが原因、それは明白。
‥対策?‥頭フル回転で考え中。

④鳴りっぷりが悪い
これは、、とりあえず。とにかく使ってエージングを進めるのが近道、というか最初の一歩。とにかくがんばってやってくれ。鳴りっぷりが良くなれば自然と移動感も良くなるはず。続きはそれからだ。




オートセットアップは、基本以前の問題を対策してから。エージングが進んでから。
もちろん、ケーブルや電源はその後です。
とにかく基本が大切。基本ができてないのに、応用なんてあり得ません。スポーツでも音楽でも勉強でも‥なんでもそうです。
そして、どこまでのレベルを目指すかは●久保ちゃんしだいです。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

サブウーファーFOSTEX/CW200A ‥少し気になったこと。

前回の記事、書き忘れていたことが一つ。

FOSTEX/CW200A
DSCF0050.jpg
アドオン接続(スピーカーケーブル入力)ではなく、AVアンプからのLFE入力で音を出しています。

遅れないし、ボワつかないキレの良さは特筆ものだと思いました。映画の下品な重低音には、少し間延びしたほうがイイんじゃない?‥なんて冗談を言ってしまうほどのキレです。
しかし、少し気になることがありました。
けっこう大きい音で、さらに試しにLFEレベルを+5に設定して、ドラゴンハートを再生した時のこと。
チャプター10の冒頭に強烈な低音が入っているのですが、この時一瞬、ユニットが底突きするような歪みを感じたのです。
普通の音量に戻し、LFEレベルも標準に戻し再生したところ治まりました。

近所迷惑になるような、いわゆる爆音での再生‥下品なLFEに対しては、大きさなりのキャパシティーの限界を感じるかもしれない。
絶対音量を言葉では伝えきれないし、また、鳴らし始めた早々に断定はできないので上のような表現にて。あくまで可能性として。
普通のご家庭で、常識範囲の音量ならば問題はないだろうと思いますが。
購入検討の際には、自分のボリュームをお忘れ無く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

序の口セッティング開始

「後ろからの音が聞こえ難いんですよ~(i-i)」
‥そらそうだ。だってまだちゃんとセッティングしてないもん。
「ドラゴンが後ろに廻ってくれないんですよ~、、(ρ_;)」
‥だから、もう少し鳴らしこんでくれないと。
「奥ちゃんがね、、口聞いてくれないんですよ~、わかんないけど、、(T△T) アウアウ~」
‥それは俺のせいじゃないはずだ、、たぶん。
ホームシアターをやりたかったら、奥様のご機嫌取りは必須なんです。‥なんでもそうだぞ。

弱ったな、、。
なんちゃってインストラクターとしては、このまま放っておく訳にはいかなさそうです。
仕方が無いので、急遽予定を繰り上げてセッティングを敢行して参りました。

前回の「最初の課題」を改めて箇条書きすると、
①声が不明瞭‥センタースピーカーをラックの面まで出す。
②響きがやはり過剰、定位と移動感に悪さをしている。‥床にラグを敷いてみる。
③背後のドラゴンが高すぎる。‥サラウンドスピーカーの位置を変える。
④鳴りっぷりが悪い‥とにかくエージングしかない。XLOのバーンインCDを渡しておきました。
こんな感じでした。

さてさて、10日ぶりに聴いてみると、、、
メインスピーカーはエージングの効果は感じるものの、、まだまだかな?
‥チープな付属スピーカーケーブルの限界も感じます。
これ、交換しちゃってもいいかな?

‥やっちゃうのは良いけれど、、、
ここで悩むのは、
(こんな状態で)オートセットアップをやっちゃう?
その前にスピーカーケーブルの交換しちゃう?
‥どっちを先にするかで音は違ってきます。

ラグも置きたいし、電源ケーブルも? 色々とやりたいことがあるけれど、、。
早い段階でいろんなことを一緒にやると、何で良くなったか?あるいは間違ったことをやっていても、、要因判定ができなくなっちゃって後で泣きを見たりもします。


う~ん、、どうしようかな。

こんな時は、あせらず基本に戻ります。
まずは、フロント2CHの位置と振り角度。そして試聴位置を改めて決めることにしました。

CD再生すると、
声の帯域、やや下のほうに、まとわり付くモヤモヤ感があります。これがそもそもの響き過剰のポイントの様子。
この悪玉ができるだけ目立たないところ、かつ定位のハッキリするところを探してみます。
スピーカーをあれこれ動かす。
試聴位置を前後してみる。
テレビも出来る限り、奥に寄せてみる。
‥かなり地味な作業でした。

その結果
DSCF1003.jpg
DSCF1004.jpg
スピーカーの位置は、奇数分割法で割り出した位置よりも10cm内側でした。
前後位置はラックの前面ギリギリの位置でした。
(理論は大切だけど、実践が一番大切)
この状態で、人間前後移動‥僅かな位置差で違ってくるモヤモヤ感。
定位が良く、悪玉響きの一番少ないポイントを探り出しました。
とりあえず、フロントスピーカーの位置と試聴位置決定!

併せて、用意しておいたセンタースピーカースタンドも設置。スピーカーをラック前面に合わせました。
(ドラム缶現象、響きは軽減されるも、まだ響く。何か他にも原因があることが判明)
センタースピーカーの位置としては、ベストな様子。
スタンドの角度も設計どおり、ばっちりリスナー正面を向いています。

メイン、センターが決まれば。
次はリヤスピーカー。
床にベタ座りのままでは、サラウンドスピーカーが高すぎます。
(実は、ここは寝室ではないことが発覚!、自分はそのつもりでベッドが入るであろうと高さ計算していたのに、、)

(嘘つきのために)スタンドを用意しました。
DSCF1014.jpg
とりあえず。
床ベタ座り→サラウンドスピーカーのベストな位置はこの辺のはず。高さ110cm。距離1.4m。頭の位置30cmくらい上です。

これで、とにかく、スピーカーの位置とリスニングポジションが全て決まりました。

晴れて、オートセットアップ開始!

‥‥‥‥‥なげーーー‥‥‥
時間かかりすぎ、、。
なんで複数ポイントの測定が必要なんだ?
お陰で、測定時間が長すぎです。2.3ポイント目は飛ばせないのか?AUDYSSEY2EQ。

その間、鼻もすすらずじっとしている自分。クシャミもできんし、、。

やっと測定が終わったと思ったら、、、
計算がまたまた長いです。演算能力低いのですか?
ソニーはあっと言う間だったぞ。
パイも測定時間はけっこう長いけど、2ポイント目以上はカットできるし。計算速い。
とにかく、TX-SA607の測定は長すぎですよ、オンキョーさん。いらん項目はカットできるようにして欲しい。

測定結果を見ると、
スピーカー距離は30cm単位だ。あんまり細かくない。まあいいけど。
アロントスピーカーはラージ判定。センターはスモール‥クロスオーバーは80Hz。サラウンドもスモール‥クロスオーバーは120Hzでした。

これで5.1CHドラゴンハートを再生してみる。
‥続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

序の口セッティング‥続き

スピーカーとリスナーの位置を決め、この段階で、AVアンプによるオートセットアップを実行。
ドラゴンハートを再生してみました。
もちろん、チャプター12のドラゴン旋回シーンです。

ほっほ~♪ 感心しますね。オートセットアップさすがです。
各チャンネルの音色とレベルバランスが統一されて、前後のつながりも良くなり、
ドラゴンがちゃんとグルグル廻っています。(スピーカーの位置を適正な高さにした効果も強いはず)
LFEとのバランスも良く、ドラゴンのドスの効いた声も出ています。完全じゃないけど。

普通のシーンでも、背後から何気ない日常音が聞こえてくる。包囲感もそれなりにOK。
チャプター24の左後方から飛んでくる矢も、立ち上がりとその航跡がハッキリと判ります。イイネ。

迫力ある重低音は、間違いなくサブウーファーのお陰でしょう。
FOSTEXのサブウーファー、CW200Aがほんと良い仕事をしています。よくぞこのサイズで!ただのポン置きなのに。と感心します。
キレ良く篭らないLFE。全くボワボワしない。
重低音が叩きつけられ、その振動が床を伝い、自分のケツにビリビリきます。
その気になってそれなりにボリュームを上げれば、この8畳の部屋を揺るがしています。
(今日はムチャなセッティングはしていないので、けっこうな音量でもユニットの底付きはありませんでした)
SWがしっかりしていると、全体の質感レベルが全く違います。

さすが、オートセットアップは最大公約数的に万能ですね。でも限界もあるし、(位相補正が無いから)解決できないこともあるね。



さて、自分の本当の役目はここからです。オートセットアップだけでは到達できないレベルまで持ち上げること。

まず解決すべき点、気になるポイントが3つ。
①センタースピーカーからの声に、依然としてモヤモヤとまとわり付く付帯音があります。TX-SA607のオートセットアップでは解決できません。原因は部屋の悪玉響きに違いない。このモヤモヤを減少させ、明瞭感をアップさせれば、声がもっと生々しくなってくるでしょう。
この悪玉響きを減少させれば、併せて全方位の定位も自然とアップしてくるでしょう。
②SWは良しとしても、フロントスピーカーの音圧、迫力が足りません。ドラゴンが右に廻った時の、翼の圧力が地面を叩きつける「ゴゴゴゴッ」が出ていない。このポイントで一目瞭然。
③全体的に細かい音が出ていない。臨場感が足りないんだよね~。


改めて①から
原因が部屋の響きであるだけに、、一筋縄ではいかなさそうですが、、。現状でできることから。
主音と悪玉響きのタイムラグが短いことから、疑うべきは一時反射ポイントと予測。そこに吸音系の何かを置いてみる。
DSCF1011.jpg
効果有り。響きが軽減しました。
オマケに声の位置が上昇しました。TVの位置から声が聞こえてくるように。
‥ということは、TVからも反射音が出ているということですね。‥それが善玉なのか?悪玉なのか?はとりあえず置いときます。‥だって、セリフが画面から出てくるのは決して悪いことじゃないと思うので。


確かに響きは減りました。でもまだもう少し減らしたい。
疑うべき一時反射ポイントは、残りは天井?いや背後じゃないか?!
リスナー後方1mには、まっさらな壁が。耳アナライザー故、自信のほどは定かじゃありませんが、、、
主音に被るようなタイムラグの少ない響きは、近いところから疑うべき。それは後ろの壁のはず。

しかし!アイテムが足りません!‥背後壁対策は次回の宿題です。
へへへへ~、懐かしいあのアイテムがまだあったはずだぜ、、。


次は②だ。
フロントスピーカーケーブルを替えてみる。
用意したケーブルはこれ。
DSCF1006.jpg
(↑写真はセンタースピーカー用に、ジャンパー線兼用に剥いた状態のものです。)
INAKUSTIK(インアクースティック)社のBINGO-SILVER
銀コーティングされた撚り線構造。かなり太め。一本一本の芯線は硬めです。
実は、、ハードオフのジャンクコーナーで激安でゲットしたもの。
ネット検索しても、情報は皆無です。‥‥たぶん Cobra6S の前身あたりじゃないかと。
詳細は良くわかりません、、でも見た感じ、、、低音の量は増えそうです。高域に銀の輝き、強調感が出そうですが、望むところです。

交換してみたら、、、
‥‥ぜんぜん違うんですが?!‥‥
もちろん良い方向にです。付属ケーブルよりも低音がズンッと出てきます。高域のレンジもほど良く伸びた感じです。
イヤな強調感はありませんでした。
ドラゴンのゴーーが出てきました。

ちょっと低音が出すぎの感もありますが、(決してブーミーじゃないので嫌いじゃない)
それは電源ケーブルで対処しますので、思惑の範疇です。おそらくそれで解像感も伴ってくるはず。ドラゴンの「ゴーー」が「ゴゴゴゴ」になったら嬉しいな。

予想外の結果に、頭に乗って、センタースピーカーのケーブルも交換しました。
同様、セリフの厚みが増していい感じです。


ついでに、電源ケーブルまでここで作ってしまおう!と思ったのですが。
ケーブルを切断するハサミを忘れました。残念、次回です。

オマケ話ですが、
ここで、AVアンプのEQを使い、低音を加減しようと設定を呼び出そうとしたら、、
オデッセイの補正値が見れません。残念。DHC-9.9もそうだった。オンキョーってみんなそうなのかしら。
メニューからマニュアル設定もできるけど、、
補正値をオープンにしてくれないと、困難すぎてマニュアル補正なんて無理です。


続いて、サブウーファーケーブル
DSCF1008.jpg
オヤイデのPA02を使った自作品です。
(付属品は悲しくなるほどしょぼい細さです。)
付属品と比べると、腹に届く音圧感がアップしました。



当日は時間も無くなってしまったので、ここまで。
遣り残したことはあるけど、
それでも、楽しいサラウンドになったはずです。引き続き映画観てエージングに励んでください。よろしく。

本番はこれから?
次回が楽しみです♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

TX-SA607‥PIONEERと感覚の異なるリスニングモード

●久保シアター、先週の序の口セッティングで書き忘れたことがありました。

オンキョーのAVアンプ/TX-SA607
タイトルに書いた「リスニングモード」なんですが、ちょっと???なところがありましてね。

他のメーカーの場合、自分の愛機パイオニアでもそうなんですが、
リスニングモードと言うと、ホールとかスタジアムとか作為的に作られた音場感を不可するものという先入観があります。
ところが、オンキョー(INTEGRAもそう?)の場合、どうも違うっぽいのです。

自分と同じ先入観をお持ち方には、上の文章を読んでも何を言ってるのか? ピンッとくるものがないはずなので、以下、具体的に。

TX-SA607のデフォルト設定はDIRECTになっていました。
もちろん、このままでイイと設定は特に弄らずにセッティングをしていました。

あるきっかけで「リスニングモード」を変更してみたんです。
リモコンのボタンを押していくと
DIRECT→Pure Audio→STEREO→Mono→Dolby Pro Logic→‥‥‥→DOLBY-DIGITAL→EX→dts‥‥(途中省略)とモードがループしていきます。
ダイレクトって、ストレートデコードのはずです。じゃあドルビーデジタルは?‥dts-HDのような上位フォーマットが収録されていても、ドルビーデジタルに固定してしまうモードってこと?‥そんなモードなんて必要あるの?
取扱説明書を見ても載っていません。
なんのため?‥素朴な疑問を持ちつつ、
ふと思い立って、DOLBY-DIGITALを選択して改めて試聴してみました。
同じ音が出てくるはずです。

すると、、、
DIRECTとは全然違うのです。
低音のするどい音圧感が高まり迫力が増し、各音はよりクッキリハッキリ。
定位感や移動感が崩れるような感触も無し。何か特別な音場感を不可している感じでもありません。‥はっきり言って、こちらのモード?のほうが楽しいし、ストレートデコードってこれのことだろ?って正直思ってしまうほどです。

‥では、DIRECTって何?
取説に詳しく載っていない(はず)以上、自分にはわかりません。
ただ、フォーマットがドルビーデジタルなら、ドルビーデジタルを選択したほうが良さそうです。
セットアップメニューから、各フォーマット毎に固定選択するメニューコマンドがあるので、
dtsならdtsを
dts-HDならdts-HDを。
それぞれ指定しておいたほうが良いのかもしれない。そのように思ったしだいです。


オンキョー系のリスニングモードて、どんな意味を持つのでしょうね。
また、DIRECTを選択した場合とDOLBY-DIGITALを選択した場合の音の違いって何によるものなんだろう?
なんて素朴な疑問でした。



追記です。

TX-SA607の取扱説明書をダウンロードして確認してみました。

59Pのリスリングモードを読むと、
DIRECT‥もともとの音源に手を加えない、ピュアな音を楽しめます。入力信号のチャンネルのまま音声信号を出力します。と記載。
DOLBY-DIGITAL‥劇場やコンサートホールさながらの臨場感あふれるサウンドが体験できるサラウンドモードです。DOLBY-DIGITALロゴのついたDVD、LDなどの再生時に楽しむことができます。と記載。

これでは、相変わらず、解りません、、。


(取説読むのは苦手なんですが、、)もう少し探ってみると、こんな記述が。
68P 設定をする 応用編
Dynamic EQ‥小音量再生でも十分な音声を楽しむことができます。部屋の特性やソースの音量、人間の聴覚特性を考慮しながら、周波数特性の補正を行います。と記載。
噛み砕いて言えば、、ラウドネス補正らしき ものを実行している。ということと推測。

自動音場補正Audysseyを実行すると、Dynamic EQ もオンになる。とも記載あり。

なるほど、そういうことですか。
●久保シアターの音量は、しいて言えば、小~中音量。
Dynamic EQ が効いていたと考えれば合点がいきます。

今、思い出すと、
Dynamic EQの効いた状態だと、少々やりすぎの感も否めませんでしたが、ドンパチを楽しむには効果は絶大でした。
自分の耳で確認した限り、、定位感や移動感を損なうモードではなさそうですし、
普通のご家庭では、爆音なんて無理ですから、これはこれで大いに有効な手段なんだなと思います。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

TX-SA607の設定 も一つついでに。

TX-SA607の設定について
69ページの「設定をする 応用編」にディメンション なる項目がありました。

「音場を前方または後方へ移動させることができます。」との記載。
0を中心に-1、-2、-3にすると前方へ移動。+にすると後方に移動。
●久保シアターでは、部屋特性からか、前方に引張られる感覚があります。それが原因で、後方からの包囲音や移動音が希薄になりがちでした。

AVアンプの設定は積極的に試すべき。せっかくある機能を試さない手はありません。

数値を+側へお試し。
+1では効果は足りず。+3では効きすぎて前方の音場密度が薄くなってしまいました。‥かなり効きます。
間をとって、+2がちょうど良い按配でした。

単純に、フロントまとめて、リヤ側スピーカーをまとめて、レベルバランスを調整しているだけのような気もしますが、出てくる音が楽しければ、それがOK。
音場に違和感が出たり、情報量が落ちたり、とそんなトレードオフも感じません。
Audysseyだけではまかなえ切れないポイントを補正する有効な機能だと思います。


ついでに、他の機能もお試し。

パノラマ‥音場を横に広げる機能とのこと。
使ってみましたが、、、たしかに広がるけど、位相が大きく狂ったような感触。違和感を感じます。個人的には使える機能ではありませんでした。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

さてさて、次の対策報告です。

昨日、●久保シアター、一週間前の続きを実行してきました。

セリフにまだ付帯音がつきまとう。課題は‥原因であろう「響き」をもう少し減らしたい。一次反射ポイントが疑わしい。でした。

今回用意したものは、コレ。
DSCF1020.jpg
自分、こんなものを作っていたなんて、、ついぞ忘れていました。
コルクボードにスタイロフォームをQRD風に貼り付けたものです。
しかし、、なんかね、もう、ハッキリ言って、、、「ダサいです。」
まさしく、なんちゃって~ な言葉が相応しい。
まあ、吸音拡散現象はあるはずだし、効果はともかく、、お試しのつもりです。

質より量で。わかり易いから。
リスポジ後方に2枚も置いてみました。一見なんだかとっても効きそうです。
DSCF1022.jpg

早速試聴してみると、、、
アレレ?
‥‥
肝心の、セリフの付帯音は全然減っていません、、。

それどころか、後方からなんだかモヤモヤした音が聞こえくる始末、、。
なにかいるようで、薄気味悪いです、、。

拡散というよりも、反射板みたい、、。
材質が木の場合、木固有の響きがのってきますが、
こいつの場合、スタイロの音色がのってきます、、。

効果なし。と言うより、なんか変なものを償還しそうです。
撤収したほうが良さそうです。

ほっ‥ある意味、良かったです、、。こんなものが効果は絶大だったらどうしよう、、。なんて思ってましたから。


じゃあ、今度はコイツだ!
DSCF1019.jpg
お久しぶり!懐かしいでしょ~♪
旧HP時代に作った、ダンボール音パネっす。
ホームセンターの切り売り片ダンボールを蒔いただけのブツ。

構造は単純ですが、なんでも吸い込む凄い奴です。
吸音しにくい低音でさえ、けっこう吸い込みます。ブラックホールみたいな奴です。
こんな奴ですから、後ろ壁の響きが原因なら、なにかしら効果があるはずです。


同じ場所に置いて早速試聴!

‥‥、なんか後ろがポッカリ穴が開いたようです、、。

とりあえず、激変してますが、なんだかとっても違和感が、、。

しかも、相変わらず、セリフの付帯音は消えていません。

それどころか、

音が死にます、、。

これは凄いです、、。

ダメダ、こりゃ。


う~ん、、吸音ポイントの場所違いなのかな~。

気を取り直します。
頭をサラにしてみる。
視点を変えてみる。

確か、フロントのコーナーって鬼門ですよね、。

とにかく置いてみた。
DSCF1023.jpg
‥ダサイですね。ほんとに、。
お洒落なAVルームが、一気にビンボーオーディオファイルの仲間入りしてしまいました。
たった一つでこんなに雰囲気を変えるなんて
正に効果は絶大です♪

笑っちゃいます。


して、音のほうは?と言うと、

なんだかイイ!
遠目にあるべき間接音がパネル方向から演出されてます。
まるで、プレゼンス用仮想スピーカーを追加したような。ナイスなブレンド感。
スタイロの響きなんだろうけど、なんか自然な感じ。
音像定位は乱れてないので、単純に空間を広くしたような効果です。
置く場所を変えると、こんな効果があるのか?!と正直ビックリ。

して、肝心のセリフの付帯音は?と言うと、、
‥間違いなく(少しだけど)減っています。
どうやら、セリフを濁らす過剰な響きの原因は、フロント側にあるようです。

もっと響きを減らそう!
改めてこうしてみた。
DSCF1025.jpg
バスタオルを毛布に変えてみました。
さらにイヤな響きが減りました。
これなら、目標達成まで、もう一息です。

でも、躍動感が後退している。当然か?‥新たな課題出現。


ついでに、コーナーを塞ぐように、ダンボール音パネを、スタイロ音パネの上に載せてみました。

やりました!
セリフの付帯音はほとんど気にならなくなりました。
コーナーってやはり鬼門のようです。

でも、ダサすぎです。‥さすがに美観を損ねすぎ、、。あまりに不憫なのでダンボールは撤収することにしました。

吸音ポイントは発見しました。
かなり改善もしました。
が、響きをさらにもう一歩減らしたい。& 躍動感の回復と。


う~ん、さてどうしよう。
と続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

電源ケーブルを交換しちゃおうかな。

もちょっとセリフの響きを減らしたい‥だけど、今日は飽きちゃった。すまん。
だって、ルームアコースティックなんてものは、一朝一夕で解決できちゃうものじゃあないですもん。

そんな訳で、気分転換。ちょいと早々な気もするけど、、AVアンプの電源ケーブルを交換してみることにしました。
用意したケーブルはコレ
DSCF1031.jpg
自作品です。
自分のガラクタボックスの中に眠っていたパーツで適当にコーディネイトしてみました。
線材はDIVASの14-4CT。‥低音締まる、レンジ拡大
これにOFC素材に錫メッキを施したシールドチューブを被せ。‥SNアップ
コネクターは、フルテックのロジウムを。‥ロジウムのドンキンサウンドを狙って
プラグは、ナショナルのWF-5018を。‥解像度と迫力アップを

ノーマル電源ケーブルでの現状の音が、低音が少々出すぎ、うるさい。そんな感じなので、狙いとしては間違っていないはずです。
早速交換。
‥お~♪
素晴らしい。狙いどおりのサラウンド!これは楽しいです。よりクッキリハッキリ。ただ、LFEの量は相変わらずなので、レベル設定にて-1ボイント。
映画限定サウンドかもしれませんけどね。
オマケに、懸案だった声の響きが減ってます。これなら許容範囲です。思わぬ嬉しい「棚から牡丹餅」です。

電源ケーブルは、偶然とは言え相性抜群っぽい。これで十分OKっす。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

リヤスピーカースタンドもグレードUP!

AVアンプの電源ケーブルを交換したら、気になっていたセリフの響きまで改善しちゃいました。思いがけず、ラッキー♪な展開です。
ここまできたら、とりあえず、残りの課題は、
‥リヤスピーカースタンドをなんとかしなくちゃ。です。

リヤスピーカー、NS-325M用のスタンドとして、とりあえずデノンのASS-100を使ってみたものの、グラグラしちゃってどうにも心もとない。
スタンドの強度に対して、スピーカーが大きすぎなのです。
きちんと固定されてないから、音にもよろしくないことは容易に想像できました。

これは早々になんとかしなくちゃ、と思ってはいたものの
‥しっかりした造り、かつ、(1m以上の)脚の長いスタンドって、市販品ではなかなか無いものですね。
PA用はさすがに却下。
ネットで検索しても、American Recorder Technologies のスタンドしか発見できませんでした。

予算は既に底をついていることだし、自作するしかないかな。なんて考えていた矢先に、ハードオフでピッタリなぶつを発見!
一本足のスタンダードタイプですが、スタンド高は約110cmもあります。
底板と天板は鉄製。底板は高さに負けない重量感。
両手で抱えてみると‥ズシリッと重い。支柱を叩いてもいやな鳴きひとつしません。
しかもめちゃ安!当然、迷わずゲットしてきたのでした。
帰宅して改めて調べてみると、
支柱はMDFと鉄のハイブリッド、中は空洞になっていて、直径1㎜に満たないくらいの黒い丸粒(やはり鉄製?)が、共振抑制のため、支柱内半分ほどに充填されていました。‥前オーナーが詰めたのでしょうか?
そして、なんと!‥天板サイズは325Mに計ったようにぴったり。
自作するならこんな感じにと考えていた正に理想的なスタンドです。
(オデオの神様も、たまには意気なことをしてくれますね♪)

DSCF1018.jpg

入手後に、ちょっと加工を施しました。
325Mの底板には、取り付け固定用のM4ビス穴が開いています。この穴に合わせて、スタンド天板にもM4用のネジ穴加工を施しました。これで小さいお子様からの攻撃にも完璧です。体当たりでもされない限りまず大丈夫。

実際に設置した様子。
直接音重視のため、向きは、まっすぐリスナー方向へ。理想は、もう少し下向きにして、さらに直接音重視にしたいところです。が、それは改めて。
DSCF1030.jpg
ネジ固定、スタンドそのものが頑強。NS-325Mが微動だにしません。
音も、レンズフォーカスが合うように変化。飛行ラインがより明確に‥特に真後ろに廻った時の、翼の音に違いがあります。音量が上がったかと錯覚するように存在感がUPしています。

高さが10cmほどアップしたのですが、
わずか10cmなのですが、リヤのサラウンド感覚は大きく変化しています。
ドラゴンが背後に廻った時の位置が、仮想感覚的に1m~くらい上昇しています。
床べた座りの現状では、聴感的に、ちょっと高すぎかな?とは思いますが、適当なローチェアを購入すれば、ちょうど良い具合の高さ表現になるはずです。

スピーカーの設置位置と固定‥サラウンド感に与える影響はとても大きく、かつ敏感なものだと改めて感じる瞬間でした。
サラウンドスピーカーと言えど、いや、後方からのあらゆる音を再生するスピーカーだからこそ、その設置には神経を使うべきと実感しました。フロントスピーカー同様、テキトーな設置は厳禁です。


余談ですが、
リヤスピーカーの配置方法には、いろんな説があって混乱しますが、
大切なことは実践だと思います。実際に聴いて、耳で確かめて、自分の部屋と自分の好みに合った配置方法を模索しなければ良い音は出てこないはず。
雑誌に書いてあったらから、メーカーはこう推奨しているから。なんて理由でセッティング。それで出てきた音が??、、だったりして。‥ハッキリ申し上げて、まじでカッコ悪いです。

つまらぬ事を書いてごめんなさい。

改めまして。
と、こんな感じで
なんちゃって音パネ、電源ケーブル、リヤスピーカースタンド、と見直してみたら、
処方前よりも格段に音がグレードアップしてしまいました。

より高いレベルで、あえての課題を言えば、
SN感の向上。解像度の向上。やっぱり少し気になるフロント3CH間の位相ズレ。とりあえずこんなところに気づくのですが、、。
でも、まあ、今後の課題は、ぼちぼちと行きましょう。
現状このレベルなら、普通の人なら「5.1CHって凄え!」って間違いなく驚いてくれるはずです。

●久保シアターのさらなる向上は、もちろん今後もレポしていくつもりですが。
とりあえず基本セッティングは、これにて終了?‥ということで締めの言葉を。

オーディオって、一番大切なのは使いこなしなのです!
使いこなせなければ、高価な釣竿だって、ただの棒。(なんの話?)

じゃんじゃん。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。