BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロジウムメッキのメリット/デメリット

(もう何年になるでしょう?)
ピュアオーディオに目覚めた頃のお話です。
当時のシアター部屋は、和室でした。
響きはかなりのデッド。高域は吸収され、綺麗なライブ感など微塵もなかった。
低域も外に筒抜け、飽和もないけど、量もない。
ワッフ~な響きが音をぼんやりさせていた。スピード感もない。

どうしたらいいだろう?
簡単なところから何かやってみよう、、、
そうだ!電源だ!!電源プラグを交換してみよう。

お世話になっていたオヤイデの斎藤さんに相談したところ、、、勧められたのはロジウムメッキの電源プラグ。
P-037だった。

早速、自作電源ケーブルに使っていたナショナルWF5018と交換してみた。
ドンと来て、シャリッときた!
低域がタイトになってローエンドが伸びた。メリハリが出た!!
ヤッタ━゚+.ヽ(●`∀´)乂(○`∀´)ノ゚+.゚━ン!! +。:.

当時は、それが素敵だったのさ、、、。
いつしかロジウムが繁殖していった。
それが良いと思っていた、、。

月日は流れ、、
「高域がきつくない?」そんな指摘が、、、。
気がついたら、、周りのみんなは、脱ロジウムだった、、。なんか少し淋しくなった、、。




p-037

左は真鍮無メッキ 右がロジウムメッキ

「メッキとケーブルは使いよう」
そんなことは誰も言っていませんが。

冒頭に書いたように
ロジウムメッキ、、、使いようによっては、
音にメリハリが出て、低域はタイトに伸び、音像のエッジを強く描くようになり、シャープになる。聴感上のレンジ感も広がる。と言うようなメリットがあります。また酸化/腐食にも強い、メンテナンスが楽。
以上が長所。

多用すれば、もちろん、度が過ぎて破綻をきたす。
メリットがデメリットに逆転してしまうケースも。
また、高域がちゃんと出ているシステムに使うとシャリついて痛い高域になったりする。「サシスセソ」も濁る。

まさしく、「適材適所の使いよう」的なアイテムだと思います。


ロジウムを否定するつもりではありません。誤解なきよう。
友人の家でIECコネクターにオヤイデのC-037を1個入れたとたん、
それまでの悩みだった低域のボコボコ感が一掃され、生々しい音に一変した!なんてこともありましたし。
音を自分の好みにどんどん創作してみたい、なんて場合にも使ってみる価値はあると思います。


逆に、、度が過ぎていたのが、最近のマイシアターで、、。
それゆえ、ロジウムを減らしてバランスをとってみようと画策している最近なのです。
それが、昨日の日記、電源ライン 接点の材質でした。



余談ですが、
オヤイデのP-037(コンセントに挿すほう、電源プラグ)
C-037(機器側に挿すほう、IECコネクター)
同じ、ロジウムシリーズでも音質変化に違いがあります。
高域の個性は一緒だけど、
違うのは低域。
Pはドンとくる迫力を持っているけど、
Cにはそれが無い。あくまでスッキリシャープに徹する。
低音が出てないシステムに使うと「低音が消えた?!」なんてことになってしまうかも。
この点は、先の友人宅のように、ケースバイケース「使いよう」ということです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。