BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤイデ P-004

p-004

ブレードの材質は、ベリリウム銅。メッキはプラチナ+パラジウム。ボディーには強度の高いポリカーボネイト。全てのネジはステンレス製。

比較対象/レビトン5266-C 真鍮ブレード 無メッキ
DSCF8419_20080623012827.jpg


P-004は、中域の音量があきらかに低くなりました。ヴォーカル帯域の音量を同じにするためは、アンプボリュームを上げる必要がありました。相対的に低域レベルは大幅にアップします。
高域は抜け良く、かつ伸びています。
全体的なバランスとしては、いかがなものだろうか、、。
整っている状態のところに使うとバランスが崩れる恐れがある。そんな情報も目にしました。

低域の強力な締まりとキレ、定位感の向上、このあたりはオヤイデシリーズ共通、ハイレベルのポテンシャルを感じます。
しかし、それこそが諸刃の剣と作用している気が強く感じます。

この電源プラグ、何か特別な目的/変化を求める場合には有効なアイテムだと感じました。




残念ながら、自分には使いこなせそうにありませんでした。ここまでの締まりは求めてないし、必要ないし。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。