BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

Transparent/BMLS

皆さん、ご存知のとおり、世の中にはいろんな個性を持ったケーブルたちがいる訳です。
そんなケーブルを、理想の音を追い求めて、自分のシステムに合わせて、とっかえひっかえ、、。
そのたんびに財布の中身は、スッカラカン、、、。

できることなら、
こんな音にしたい場合はこのケーブルを。予算が厳しいなら、少し妥協が必要だけど、、ほんじゃこれを。な~んて解り安くて詳しい正確なマニュアルみたいなものがあっったら最高なのにね。
無理だけど、、。
雑誌やネットで、なんとなく音質傾向はわかっても、実際は、自分のシステムにつなげて音を出してみないことには正確にはわからない、、。ややこしい限りです、ほんと。中には費用対効果ゼロむしろマイナス、お金をドブに捨てるようなケーブルさえある。騙しは世の常だけどとため息さえ、、。



さてさて、ここで、手持ちのケーブルをご紹介。
現在、プリ~パワーアンプ間にてメインで使っているケーブルです。

トランスペアレンツ/BMLS(バランスミュージックリンクスーパー)、ひとつ前のモデルです。
Transparent/BMLS

グレード的には、同社のインコネのちょうど中間クラスに位置します。

ちょうど1年ほど前、PRIMAREのプリアンプ導入に伴ない、バランスケーブルが必要になり物色。

テレオンの中古品、5.5万円也でした。高いね~、中古ですよ?中古。
(たいしたことないじゃん?なんて思った貴方は異常っすよ、たぶん、金銭感覚麻痺。そもそも定価16万円って、いったいぜんたい、、)

さて、そのトラペ。購入時にもちろん試聴させてもらいました。
音と音のすき間を見通せる透明感を伴なった空間表現。高さ方向の表現も十分。
ローエンドに十分な伸びを伴なうスッキリとしたワイドレンジ感。濃厚さとは向きが違う。
そして、
混濁感とは縁遠い、、
音像の密度を上げつつ、輪郭を滑らかにクッキリさせ、、
MITのインコネに通じるような定位感の良さに魅力を感じます。
よく言われる「音色の暗さ」‥私的には感じられず。逆に陽性ではないし、間違っても暑苦しい音はしない。
暗いと言うよりクールと表現するのが適切ではないか?と思う。PRIMAREのプリにも通じる季節感がある。
中域充実が必要なJ-POPにはベストな選択ではないと思う。何がベストかと自答すれば、、クラシック?かな。
人によってはスッキリしすぎと感じる可能性が強い。
しかし、このワイドレンジと音場音像表現は、マイシステム構築の上では魅力十分。足りないものは他の何かで補えればと購入したものでした。

ちなみにトラペのケーブルは下取りシステム(でしたっけ?)があり、中古品は市場になかなか出回ってこないようです。

その後、
自分のシステムで本格的に使い出したのは、リフォームが終わった昨年の初冬からです。
実際に自分のシステムで使い出してみると、あれ?こんな感じだっけ??ということに気づく。

高さ表現が妙にアンバランス‥目線の高さだけ音場が奥にいってしまう傾向がある。
そして楽器のアタック感が弱い?。ビンッの「ビッ」とかダンッの「ダッ」のエネルギーが弱く感じる。
このあたりが自分のシステムに入れた時に感じた部分でした。



2011.02/04
以上、当時のマイシステムでの私感でありました。
ただ、これが決してBMLSの音質という訳でなく、システムの粗がさらけ出された結果であったことを追記しておきます。


スポンサーサイト

FC2Ad