BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shunyata/ARIES

Shunyata バランスケーブル「ARIES」
Shunyata/ARIES

プリ~パワーアンプのサブケーブルです。
サブなので、普段は全く使っていません。

構造的な詳細は下記参照で。
ファィルウェブ「ケーブルブランド探訪記」

shunyata aries

透明皮膜、ノンシールドなので、スパイラル構造の線材がスケルトン。見た目がとてもビューティフルです。

「ダイヤモンドダストが降り注ぐような空気感」という歌い文句に誘われて、、、ヤフオクにてデッドストック品を購入。
オクなので、当然試聴は無理、、。
シュンヤタのラインケーブル自体も聴いたことがありません。展示しているお店も少ないはずです。

それでも、ポチッってしまった理由は、
シュンヤタというメーカー自体にかなり良いイメージを抱いていたからです。

同じ頃、MITSUさんがが購入した電源ケーブル「アナコンダ」、、ムチャクチャ高価ですが、、。
また、壁コンセント「SR-Z1」。
両者に共通して言えるポイントが、重心低めのワイドレンジ、高SN、滑らか美音系。

そんな良いイメージがあったので、ARIESもきっと良いだろう!と。
(いわゆる「思い込み」っていう、、、)


そんな購入のいきさつはともかくも、、、実際にシステムに組み入れてみると、、
「明るい音色」というのが第一印象。
ダイヤモンドダストに期待したけど、、、これは降ってはこなかった、、。が、ふわぁという広がり感は十分にあります。



以下、あくまでマイシステムでのメインとして使っているラペのBMLSとの比較です。
根明な音色。柔らかい空間表現。
音像の輪郭は柔らかい。滲む?定位感は後退する。併せてやや混濁する。
ステージの位置は中庸。トラペのほうが奥にある。
低音の量は上。
アタック感が強い。

気に入らないのは、、ローエンドの伸びが足りないこと。
そして、ドーピング効果で音を整理整頓する能力がトラペのほうが明らかに高いこと。‥この効果がマイシステムには必要不可欠なのです。
マイシステム、CDプレーヤーもスピーカーも柔らかめの音質で、それが好きな部分でもあり、場合によってはボトルネックともなってしまう、それ故の私感であります。

シャープすぎる、音が硬い、と感じるようなシステムであれば、美音系ケーブルとして重宝するとも予感します。
ケーブルには個性があって、システムによって、合う合わないもあるし、ケーブルによって、他のアクセサリーの効果が解り難にくなる場合もあると。
と、ありきたりにまとめてオシマイ。




結局このケーブルはお蔵入りの末、売却しました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。