BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源ケーブル JPS labs/ POWER AC+

Taipan導入に伴い、音質の舵取りをしたマイシステム。
それにあわせて、
暫定的にパワーアンプの電源ケーブルとして使ってきた、ゾノトーン/6NPS-5.5GRANDIO の個性が悪い方向に浮いてきてしまいました。
‥高域が妙にシャリつきます。わずかと言えばわずかなんですが。耳についてしまうとどうしても気になってしまいます。どうやら、ブレードがロジウムメッキされているんですが、ロジウムのクセみたいなその音が少し突出してきたようです。
何かを入れると何かがずれて、全体としてまとまらなくなる。複雑かつ方程式の存在しないパズルみたいです。

この6NPS-5.5GRANDIO 音質傾向としては、
重低音ブーストタイプ。低音はタイト。高域はこの重低音にバランスするように少し強め。中域は下がり気味。
音像も全体の雰囲気も柔らかく、が濃い音ではない。音像の輪郭をハッキリと描くタイプではない。
音場は広めに展開。特に5.1CHではリヤ側の包囲感が増し、にぎやかになります。
決して、ニュートラルではなく、脚色を強める傾向。使いようによっては楽しい音。
現状の立ち位置しだいですが、個性が度が過ぎた場合、破綻する傾向を持つ電源ケーブルでした。
自分の場合、マンバベリリウムと組み合わせ、中和させることで全体を成立させていたんだと振り返ります。

電源ケーブルTaipanをCDトラポに入れると、全体の音質がスッピン傾向を望む方向に向かいますが、上に書いたようにゾノの個性が粗として出てきてしまった訳です。
個人的には、女性ヴォーカルのエロっぽさが好きなので、出来ればそちらに戻したい気持ちも大なのですが‥
舵取りをした上で、音質1ランクレベルアップさせるためには、
とにかく一旦、崩れたバランスを修正しなければなりません。


そこで課題です‥次の電源ケーブルは何にする?
選定ポイントは、
とにもかくにも、まずSNの悪化するものはダメ。
高域がきつくないこと。しかし高域が出ないタイプじゃまずい。抜けも悪くちゃ困ります。色づけが極力ない方向で、でも、できれば弱ピラミッドバランスが望ましい。ローエンドがズシンと来るものであればなおよろしい。
パワーアンプ用なので(感覚的に)太いケーブルかな? もった感じが硬めで重量感があるのがよろし。(あくまで感覚ね)

探すことしばし‥
手に入れた電源ケーブルが、表題のコレです。
電源ケーブル JPS labs/ POWER AC+
JPS labs  POWER AC+
DSCF1243.jpg
メーカー曰く、パワーアンプ用電源ケーブル
ちょっと古いモデルですが、当時の販売価格は10万円くらい。
持論ですが‥ケーブルと音質は10万円くらいからレベルが違ってきます。(違わないまがい物もけっこうありますが)オーディオケーブルの値段って‥原価じゃなくて、出てくる音でプライスを決めているんじゃないのか?って気がすごくするのは気のせいでしょうか?
(ちなみに、自作では超えられない壁があることも経験で知りました)
で、今回の購入価格ですが、一ヶ月のおこずかいでお釣りがきました♪

早速実装して音の確認です。
‥なんと!ほぼ狙いどおりの音が出てきました♪
高域のシャリつき感は消え、落ち着いた高域に。かと言って大人しい感じではなく、SNが良いので抜けがいい。声の実体感がUP。
MITのマグナムほどのローエンドの伸びはありませんが、硬めで解像度の高い低域です。ボヤっとしていません。その低域を中心に分厚く力強い音が出てくるようになりました。今まで苦手だった男性ヴォーカルが太く聴こえてきます。
音像の輪郭も、そつなくクッキリしてきました。
ただ、ゾノトーンを使っていた時の、あからさまな音場の爆広がり感はなくなっています。響きも特に色づけなし。‥これが普通なのかもしれませんが‥耳に馴染むまで時間がかかりそうです。
破綻はなく、その意味では脚色は少なめ、許容範囲。

Taipanほどの蛇口全開ではありませんが、ソースのエネルギーを溢れさせないようにコントロールしながら、きちんと出すタイプ。
比べると、ゾノの場合には、重低音の量はより出るけど、リミッターが効いて少しクリップされていたような低音だったんだな、とわかります。
強弱の表現が、JPSのほうが上手い、ということです。
スピード感については、特別良いという訳ではなさそう。十分ですが。

どこかで見た
 全体的に散らかった音を綺麗に整頓してくれる。
 実音がしっかりと感じられ、奥行きを伴うサウンドステージ表現も聴かせ方が上手い。

という表現がよくわかるケーブルです。

スッピン方向に舵を切るケーブルとしては正解な電源ケーブルでした。

しかし、なんかまとまりすぎて面白味に欠けるのも事実。
正統派ピュアオーディオ路線の音といったらそうだし、聞こえは良いのだけど‥
世の中のハイエンダーたちと同じ土俵に載ったって、あなた、それってレベル違いすぎて全然おもしろくないって。

でも偶然とはいえ、上手いこと土台はできました。
ここからは、自分の音を載せていく楽しい旅にでることにします。

2012年大晦日
今年もありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。