BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱 最終モデル? LVP-HC8000D

今更でスミマセン。
ファーストインプレでございます。
LVP-HC8000D

まずはファン騒音チェック。
低モード‥リスナー位置(プロジェクターの真下1.4m)ではほとんど聴こえません。無音のシーンでもこれならプロジェクターの存在に気づくことはありません。HC3800よりもあきらかに静かになっています。
高モード‥けっこう五月蝿いです。HC3800の時の、高と低の中間くらいです。映画を観始めれば気にならないかもしれませんが、静かなシーンでは、自分は気になるかも。

高モードでは明るさ、コントラスト感が増すのは当然としても、黒が浮いてしまうような気がします。
低モードで調整を追い込めば、実使用では不満のないレベルになるかもしれません。

FPDベンチマークソフトウェアにて調整開始。
ランプモードは低。
画質設定はピクチャーモードをビデオに、ガンマモードは2.1(ビデオ映像に適したスタンダードモード)。他はデフォルトのままです。
まずは、ハンモックと振り子のシーンを使って、左右に動くシーンのボケチェック。
デフォルト状態では、HC3800とそう変わらない印象ですが‥
 HC8000Dには、フレームレートコンバージョンなる機能が搭載されています。
 映像の動き補完により、動画のボケを抑える機能です。
HC3800では、正直言って、横パンするシーンでの残像感が気になる部分ではありました。
早速、フレームレートコンバージョンをオンにして、その中からトゥルービデオを選択。
改めて同じシーンを再生してみると‥
おぉ!改善されます。倍速とまではいかないけれど、横の動きがかなり滑らかになります。振り子の先端がボケずにちゃんと認識できます。
レベルは、試聴の結果、とりあえず4を選択。


次にアイリス1を弄ってみる。
AUTO 1
全体的に暗いシーンの中に一部白い映像が存在するとき、自動的に黒を鮮明に表示します。
AUTO 2
自動で、AUTO1に対して、黒を明るめを表示します。
AUTO 3
最も沈んだ黒を表現できます。
OFF
アイリス全開固定
高輝度モード、か、コントラストモード のいずれかを選択

短時間の試聴ではよく分りません‥とりあえずAUTO1を選択。

HC8000では、アイリス2なるものがあります。(HC7900にはありません)
高輝度モード か コントラストモード のいずれかを選択できます。
‥高輝度モードにすると、明るいけれど、ノイズも目立つ気がします。見づらい感が目だってます。
自然に感じのコントラストモードを選択。


アイリスは別に弄らなくていいかも。



次に、コントラスト、ブライト、色の濃さ、色合い、シャープネスを弄ってみます。
明るめの画が好きなので、ブライトを+方向に。試聴の末、とりあえず+8に。
たの設定値は‥あまり数値を動かさないほうがいいかも。
デフォルトの状態でかなり綺麗、とは感じていましたが、上の設定数値を弄ると、何か好みからずれていってしまいました。
結果、微妙に調整ということで、
コントラスト‥±0
色の濃さ‥濃いほうが好きなので+1
色合い‥±0
シャープネス‥気持ちメリハリつけるために、+1

最後に色温度を調整します。
字幕だけが、気持ち青っぽい感じを受けたので。
赤を+2
緑-1
青-2
に調整。


この状態で、もののけ姫(DVDですが)を観ると‥、
当然ながら、解像度はブルーレイに及びませんが、滑らかで粗の見えない、でも鮮明で、なのに落ち着いた感じの‥記憶の中にあるDVDもののけ姫と同じ画が出て来ました。

黒は相変わらず真っ黒ではないけれど‥このくらい沈んでいれば自分は気になりません。
なにより、DLP特有のフォーカス感と発色の良さ、この点が気にいってるので、多少の黒浮きなんて目をつぶれます。


今日のまとめ
調整は大きく弄る必要はなさそうです。HC3800の時よりチョー楽です。
それだけメーカーも設定を煮詰めて出したんだと思います。

(まだDVDしか観てませんが)
DVDの画を見る限り、正直言って、HC3800と相違はほとんど感じないです。それだけHC3800が綺麗だったのかも。
ただし、動画ボケと騒音は、あきらかに向上しています。
この点をもって、とりあえず、あきらかに買って良かった、と言っておこう。


とりあえずの調整初日でした。
ブルーレイはまだ観ていないので、いずれ近いうちに。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。