BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

インシュレーターで微調整

自分は、録画/録音に関しては、ほとんど興味がないので話題にもしていなかったのですが、
この初夏に、石丸電気の閉店セールのご利益にかなって、HDDレコーダーなるものを買ってた訳ですよ。
妻がね、、、「花より男子」の大ファンでして、、、。
再放送を録画するためだけのオンリーレコーダーなんですが、、。
(T_T)

さて、そのレコーダーのケーブルが這いまわっているのが気にいらなくて、
今日は、中規模配線工事。
DSCF6624.jpg


オーディオ用のケーブルとレコーダーの映像ケーブルが近接していのは、やっぱりまずい。
映像ケーブルを天井近くまで取り回ししたのですが、けっこう疲れた、、。



疲れ果てているヒマは無い!



そして!今日の本題にやっと入れます。
サブウーファーを付加した2.1CH再生。
電気的補正だけでは、つながりが微妙な状況。
クロス付近~の低音を少し押さえ込めば、良い感じになりそうな予感。

そこで、まず
DSCF6626.jpg

右壁に取り付けられているレコードラックを振動に負けないように補強。
外してわかったけど、リフォーム後1年、、ガタヤワはやっぱり出てた。こんな部分が低音を濁す原因だったりする。
背面には、吸音材も詰め込んでみた。

結果、少しだけどスッキリした。


さらに、
インシュレーターで対策
DSCF6647.jpg

スピーカー下、銅コーンをアルミコーンに変更。

サブウーファーを付加していない時、無理に低重心に寄るように銅を使っていたのですが、
ここを軽い音調になるアルミに変えれば?と考えてみた。
結果は、低域のかぶりによるもたつきが薄くなりました。

しかし、ちょっと高域の響きが許容以上になってしまった。

そこで、今度は、
DSCF6646.jpg

CDプレーヤーのスパイク受けの下に、チタン板を挟みこんでみました。
チタン君は、過剰な響きを落ち着かせるのに役にたつ。

結果、
アルミで出てきた響きを軽減させることに成功!

インシュレーター、
ここぞの微調整に役に立ってくれる黒子みたいなものかも。


サブウーファーのつながりも良好になってきました。
ただ、ややスッキリ音調。もうちょっとだけ声が太くなれば言うことなしなんだけど、、
レンジ感と分解能のアップを両立できたから、まっいいかな。



スポンサーサイト

yassyさんのブログ

とうとうフルHDの扉を開けてしまったようです。
そんなyassyさんの動向(瞳孔?)に注目するために、リンクさせていただきました。
Diary of ShuGo's Factory
一歩先に行く人が身近にいると何かと助かります。

期待してます!(毒の擦り合いに)

そう言えば、ザワオさんもシアター回帰するみたいだし、
みんなでフルHD?


自動音場補正ちゅうのは、、

うちって、ホームシアターがメインだったんですよ、、。
忘れてませんでした?


最近のAVアンプには、自動音場補正が標準装備になりつつある。既にそう?
ほとんど付いてますよね?
各スピーカーの距離、レベル、音色、さらには残響/位相まで自動で補正してくれる優れもの。
耳マイクでは難しい判断を簡単にやってくれる。

ただ、思うことは、、
確かに便利だし、
実際に綺麗にまとまる。
ある一線まではね、、。と。

耳で本格的に追い込んだサラウンドには遠く及ばない。
これが本音。


具体的には、音色補正が甘いんじゃないかと思う。
甘いというよりも、セーフティーゾーンを狙いすぎ?みたいことを感じる。
万人が聴いて破綻しないような音作り。
過去に聴いてきた各社全てがそうだった。

結果として、「キレ、スッキリ感を伴なった重厚な迫力」に欠けるような音。そんな傾向がある、と思うのです。

D社においては、各チャンネルフラット補正の他に、D推奨なんて補正値もあったけど、
これは酷かった。モガモガして聴いてられなかった。

また、レベル補正も見事なほどに各スピーカー均一になるけど、実際に映画を再生すると、それがベストとは思えなかったりする。


結局は、自動補正を基準にして、マニュアル補正+αを加えることが、ベストなサラウンドに近づく手法だと思ってたりするのです。
機械は便利だけど、人間の感性は超えられない?


ただし、、
このマニュアル補正ちゅうのが、なかなか難しい。
何をどういじればどんな変化がある、、このあたりは、経験とセンス?


便利を盲信しすぎて、本当の判断を疎かにしてないか?



シアター全景&使用機器

面倒なので、旧HPのほうを見てください。
0000.2006.jpg

↑2007.01月時点での現状です。

これ以降は次のとおりです。

2007.01
HD-DVDプレーヤー 東芝HD-XA1が追加。
2007.03
CDプレーヤーの電源ケーブルを MIT MAGNUM AC-1 に変更
2007.04/11
オーディオ専用電源工事 開始
信濃電気 HYPERSINE REGULATOR/HSR-1000
2007.05/02
調所電器200V電源用絶縁ダウントランス 導入
2007.05/21
自作オーディオボード
2007.06/02
ケーブルスタビライザー オーディオテクニカ AT6285 導入
2007.06/07
コンセント Shunyata SR-Z1 導入
2007.06/16
コンセント AC-SILVER1 導入
2007.07/09
窓用音パネ作製
2007.07/30
コーナー音パネ改良?
2007.08/16
AVアンプ用に 電源ケーブル「BDC 002 Purple 」導入
2007.08/25
2.1CH再生開始 チャンネルデバイザーBEHRINGER CX2310 導入
2007.10/01
窓を潰しました。
2007.10/04
綿作戦開始
2007.10/28
インシュレーター METAL BUBBLE 導入
2007.11/06
スクリーン「OSピュアマットⅡ90インチ」に変更
2007.11/11
ブルーレイディスクプレーヤー PIONEER BDP-LX80 導入
BELKINのHDMIケーブルを導入。一週間で処分。
2007.12/04
AVアンプ PIONEER VSA-AX4AH 導入
2007.12/09
電源ケーブル 三菱電線PC-1 エージング中 (途中放棄;処分) 
2007.12/25
HDMIケーブル ソニーDLC-HD50HF プロジェクターに使用。
2008.01/16
自作外付けスピーカーネットワークプロジェクト
2008.02/07
天井ルームアコースティック 和風シーリング導入etc
2008.02/15
HDMIケーブル WIRE WORLD/STARLIGHT SHH5-2 導入
2008.02/25
200V電源ノイズフィルター
2008.02/25
純銀Yラグ
2008.04/04
電源タップシャーシプロジェクト
2008.04/08
電源タップ アコースティックリバイブRTP-6 導入
2008.04/15
HDMI伝送の画像・音質劣化対策プロジェクト
2008.04/28
プロジェクター「グランドループ対策」 絶縁トランス導入
2009.04/13
ブルーレイプレーヤー PIONEER BDP-LX91 導入
2009.06/22
AVプリアンプ INTEGRA DHC-9.9 導入 速攻撤収
2009.09/21
パワーアンプ ROTEL/RB1090 導入 惜悲ながら撤収 
2009.11/09
HDMIケーブル ワイヤーワールド SILVER STARLIGHT SSH5-2 導入
2009.11/28
三菱 DLPフルHDプロジェクター LVP-HC3800 導入
2010.03/15
YAMAHA プリメインアンプA-S2000導入 残念撤収
2010.05/00
パワーアンプの電源ケーブルをZONOTONE 6NPS-5.5GRANDIOに変更
2010.05/00
CDプレーヤー SOULNOTE sc1.0 購入 しかしお蔵入り
2010.10/18
DAC MUSICAL-FIDELITY M1 DAC 導入
2010.11/23
CDプレーヤー SOULNOTE sc1.0 トランスポートとして復活
2010.11/30
デジタルケーブル WIREWORLD GOLD-STARLIGHT GSV5 導入
2010.11/00
MUSICAL-FIDELITY M1-DAC用オーディオボード自作
2011.08/00
コンセントベース開発開始
2011.08/00
AVアンプ パイオニアSC-LX83 導入
2012.12/00
電源ケーブル SHYUYATA/TAIPAN 導入
電源ケーブル JPS labs  POWER AC+ 導入





PIONEER VSA-AX4Avi MCACC

マイAVアンプ「PIONEER VSA-AX4Avi」です。
vsa-ax4avi

2年ほど前のモデル、もちろん新音声デコーダーなんて対応していません。ただ、HDMI1.1なのでプレーヤー側でデコード、L-PCM伝送は可能。

新フォーマット対応製品、プレーヤー/アンプ双方が落ち着くまで旧型のこいつでいいや、と思っています。


このアンプの売り文句は、表題の「Advanced MCACC」。
各スピーカーの距離、音量レベルはもちろんのこと、音色、
さらには、残響、位相コントロール、定在波の制御まで自動で行ってくれる音場補正機能です。

このMCACC、便利と言えば、便利なんですが、、、
自動設定値のままだと、個人的には不満を感じる部分もあったりします。

そこで、この自動補正値を基準にして、マニュアル補正を加えてみます。

操作画面を紹介しながら、説明してみます。
vsa-ax4avi

まずはチャンネルレベル設定
vsa-ax4avi

自動補正値だと、↓こんな感じです。
DSCF6657.03.jpg

マイスピーカー5CHとも同一のスピーカーを使用。
リスニングボジションは中央から、やや後方。

L/Rのレベルが低い原因は、AVアンプ~パワーアンプ間に、ピュアプリアンプ、バランスケーブルがあって、ゲイン差が生じているためです。
一方、サラウンドスピーカーレベルは、数値上、随分と下げているな?


さて、聴感だとどう感じるか?

試聴ソフトは、もちろん「ドラゴンハート」。
doragonheart

参考記事 毎度おなじみ、、ドラゴンハートで遊ぼう!

手始めにチャプター12の「ドラゴン360度旋回シーン」でチェック。
やはり、後方の回り込む音が控えめと感じざるおえません。

続く。


VSA-AX4Avi Manual-MCACC① レベル調整

Auto-MCACCでの設定値
DSCF6657.03.jpg


この設定値で 「ドラゴン360度旋回シーン、2周目の目前ターン」 を聴くと、ドラゴンが目の前をかすめるように飛んでいきません。
やはり、リヤレベルが低いかな?と感じます。
そこで、後ろに引っ張られすぎない程度にサラウンドスピーカーレベルをアップ。

Manual-MCACCで弄ってみた数値
vsa-ax4avi

サラウンドL/Rを約3dBほどアップ。この数値がアップの限界。
(+2.5dBでもいいかもしれません。)
これ以上レベルをアップすると、目前ターンが、頭上後方へシフトしていってしまうし、
旋回1周目、3周目での後ろの羽音も大きくなりすぎてしまう。

センターレベルを0.5dBだけアップしている理由は、単純にセリフを聴き易くしたいがためです。

SWレベルもオートでは低すぎと感じる、、。
3dBほど上げると、LFEを伴なうドレイコの声に重みがついてきました。
が、これ以上上げるとボワボワ声になってしまい破綻しました。
このあたりの落としどころは、ほんとに微妙です。



VSA-AX4Avi Manual-MCACC② スピーカー距離補正

調整メニューの入り方
Manual MCACC→Fine Speaker Distanse→決定ボタン

選択したスピーカーと対になるスピーカーの組み合わせ
R&L、センター&L、SL&L、SR&R、SW&L
からテストパルスが出力。
リスニングポジションから聴いて、対になるスピーカー間の中央にパルス信号が定位するように調整するのが基本です。
補正値は10cm単位。

自動補正でもかなりの精度です。このままでも通常は問題は出ないはず。
↓オートMCACCでの設定値
vsa-ax4avi

↓マニュアルMCACCでの補正値
vsa-ax4avi

センターを30cm多くしたのは、お試し。
距離を多くすることで、センターの音が若干前に出てきます。これはサラウンド包囲感よりセリフ重視向けのセッティング。

サラウンドRの距離を10cm増やしたのは、この時は、聴感上でこちらのほうが自然だったので。
おそらく自動測定値では135cmくらいだったのでは?
その後、下の調整を行い、規定値に戻しました。


電気的補正は10cm単位。
もっと厳密に設定したい。との場合は、
リアルでスピーカーの置く位置を変えたり、向きを微調整することで対応できます。
冒頭記載のとおり、テストパルス信号が対となるスピーカー間の中央に定位するように動かせばよい訳です。
耳で確認しながらできるので、簡単です。

注意点として、、スピーカーを動かすと定材波制御値が変わってしまうので、再度オートセットアップをする必要があることです。


余談ですが、
イタズラで、サラウンドRのみ+50cmとか試してみたんです。
後方の音場全体が右側にかなり引っ張られました。とても不自然な包囲感でした。
スピーカーを均等配置できない環境であれば、この機能はかなり重宝するだろうと思います。



VSA-AX4Avi Manual-MCACC③ 定材波制御

オートMCACCでは定材波のコントロールも行っています。
ピークの大きな順に3ポイント、補正。
この数値を、さらにマニュアルで補正も可能です。
vsa-ax4avi

対象スピーカーは、「Filter Ch」で選択。
①mainを選択すると→L/R SL/SR SBL/SBRの全てが対象
②Centerを補正
③SWを補正

フィルターの中心周波数は63~250Hzで可変
Qは補正帯域巾の設定。数値が大きくなると、凸巾は狭くなります。
ATTはアッテネーター。減衰ですね。

ちなみに、定材波によるf特ディップについては、電気的補正ができない。これは以前お話したとおり。
この定材波コントロールはピークのみに補正をかけている訳です。
デッイプを潰したければ、電気補正じゃなくて、リアルでやるしかない、ということです。

こんな感じの商品説明ですが、、、
マニュアルでの補正はかけていません。
自動設定値のままでいいかな?と。
、、というより、奥が深すぎて手に負えません、、。
こんな便利な機能もあります。というご紹介でした、、。



低音が出た!!

ブログ開始以来、いや、それ以前から
「低音が出ない、、どうしたらいいんだよぉ?何が原因なんだよぉぉ~??」
これが、ず~~と、悩みの種だった。

今日、とあることをしてみたら、、、

出た!
出てきた、低音が。普通に出てきた!
(SW無しで)
ふつうがステキ!

もちろん、フロア型の大口径ウーファーの発するような豪快な音圧なんて遠いけど、
スッキリとした音色の中に、ローエンドの佇まい(たたずまい)を感じさせるような、
雰囲気を感じ取る、というか、そんな感触の低音がでるようになったのですよ。


最近の話題、AVアンプのMCACC。
そろそろ記事もアップせにゃならんと、
一生懸命、マニュアルでグライコっていたんですが、
どうも、何かがしっくりこない、、。
納得できない、、。
そこで、怪しいポイントを探してたんです。

そして、それは、、、

リフォーム時点でも、こんな空き空間はたぶん音に良くないだろうな、、と考えていた、サブウーファー後部の小空間。
0000.2006.1024-DSCF4422.jpg

SWの置き場所を確保するためだけに設けた、半畳、高さ1.1mのあの空間。
ここに行きついた。

オートMCACCでL/Rの左右差が気になったこともあって、
ならば、あの空間を遮断してみようと、
今日、ウッドデッキ用のスノコみたなもの、かなり硬い木材のアレ。
これを蝶番で連結、衝立て状にして、SWの後ろに置いてみたら、、、
DSCF6715.jpg

出た!デタァァァ!!→→→冒頭に戻る。と。


こんなことで解決してしまうとは、、、
こんなのが、低音が出なかった原因だったなんて、、

定材波の影響だったのか?
あるいは、奥に並べた吸音材が必要悪だったのか?
SWを壁際に置いたのと同じ効果が出たのか?
、、、おそらく、これら全てが原因だったのでしょう。

これも、ルームチューニングの一つと言うべきなのか?
簡単すぎて、拍子抜けしちゃうくらいだけど、、、
侮ってはいけない、部屋のチューニング。恐るべし!


SWを追加して、2.1CHでの音も出してみました。
いくぶん「つながり」の悪い部分も散見するけど、

五月蝿くない低音、
重低音のギザギザが聴こえる、、。
低音の波も見えてくる、、。
低音楽器の骨格もしかっりしてきた。

また耳が慣れると、粗も見えてくるのでしょうが、
今は、激しく気持ち良いです。


簡易遮音対策

残暑?厳しい地球温暖化&異常気象なこの頃、、、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

自分も体調不調、、更新も止まっていましたが、、、
体は壊れかけても、
会社の仕事が溜まろうが、、(オラ知らん)、それでもオデオだけはなんかやる!そんな自分本位の我侭根性。

MCACC調整中につき、、、
その前にさし迫った問題がひとつ。

竹林だった前の土地、分譲されて、とうとう入居が始まってしまいました。
更地の時点では、音漏れは大丈夫だったはずなんですが、
実際に家が建ち始まると、
新しい家の壁の反射のせいなのか?
けっこう外でも音楽が聴こえてしまうことが発覚。

(その分、お家の中には音が侵入していない可能性はありますが、、あまり気分の良いものではありません。)


お隣さんとは、無難にお付き合いせねば。
ついては、遮音をもう少し向上させねば、と、
本日のお題目は、簡易遮音対策。

昨年のリフォームの際、壁、窓(ペアガラス)、隙間を対策したのですが、
やっぱり、窓の遮音性はかなり低いです。

そんな訳で
まずトライしたのは、窓ガラスへの防犯シート。
DSCF6736.jpg

DSCF6737.jpg

かなり厚手の透明シート
4000円/mくらいする。

これだけ厚ければ、それなりに遮音効果もあるのでは?と考えた。
4枚の窓ガラス、全てに貼ってみた。


が、、、
効果は抜群!、じゃなかったです。全然ダメじゃん、遮音。
いや、わずかに音漏れは減ったものの、
効果対費用という点では、全く効果なしに近い部類。
12000円がとびました、、。
まあ、、パッケージの効果に「遮音」の言葉なんか無かったし~、、。


え~、お次は

いっそのこと、
窓を木材で埋めてみた。
DSCF6744.jpg

音パルの裏に合板を
DSCF6745.jpg

右手の窓
12㎜合板+コルクをサンドしたフローリング材12㎜
ガラスとのわずかなすき間には、プチプチシートを挿入してガタ/共振防止。

ブチル系等ゴム類は、イヤな予感がするので一切使用しませんでした。


遮音の効果は、
効果は中ぐらいに抜群でした、、。
費用対効果は抜群です、、。


でも、、なんか、、悲しい、、。無残や、、。

音の出方も変わっちったし、、。

すき間を埋めれば、遮音効果はさらにアップするはずですが、あまりに悲しくして、、もうギブっす。
とりあえず、爆音じゃなきゃ音漏れは気にしないレベルになったし、、。

結局、オデオにとって、窓は鬼門です。
窓なんか嫌いだよ。

次のページ

FC2Ad