BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

MCACCのマニュアル周波数補正 続き

あくまで邪道。あくまでマイシステムでしか通用しない我流かも。


で、続きっす。

自分の調整には「順番と法則」(たいした法則じゃございませんが)があります。

フラットの状態では、何か迫力不足だと感じるならば、基本はプラスすればいいのですが、どの帯域をプラス(増減)するか?

自分の場合、「3-2-1の法則」がありまして。
(もう一度写真を)
vsa-ax4avi

(↑これがたしか、補正値そのままの状態だったと記憶、、)

まず、センタースピーカーの低音域から調整。

63Hzを+3dB。
125Hzを-2dB。
250Hzを+1dB。

ドンとくる63Hzを上げます。
いじってみると解るんですが、125Hzを減らさないとボワつきます。さらにここを減らすと声が軽くなるので、
その上の250Hzを少し上げてバランスを取ります。

で、スロープ「3-2-1」。
これはあくまで目安です。
出てきた音を聴いて、それぞれの周波数を±0.5~1.0dBして微調整します。
絶対ボワつかせない。その一歩手前に設定する。これがポイント。


高域が淋しく感じるはずなので、高域のどこかワンポイントを増やしておきます。
自分の場合、4KHzを+1dB。(あくまでそれぞれの聴感で)


こんな感じかな?程度にまとまったら、
ひとまず、メインL/Rとサラウンドスピーカーもセンターと全く一緒の値で補正します。

SWのレベルが低いはず。
思い切って+6dB。
試聴して徐々に下げていきます。
SWのポテンシャルにもよりますが、良い案配の落とし所は+3~4.5dBくらいかも。

改めて試聴。
再度微調整。
これの繰り返しです。
0.5dBの差でけっこう変化したりします。

そこそこまとまったかな?と感じたら、

声を太くしたければ、センターのみ250Hz、あるいは500Hzあたりを少しプラスします。
音場の高さが足りないかな?と感じたら、4あるいは8KHzを少しアップさせると良いかも。上げる場合はメイン、サラウンドスピーカー一緒に。


まあ、要するに、「均一にスッキリとしたドン(やや)シャリ」方向に持っていってる訳です。
(そんなん好みじゃね~よ!って場合は、全く参考になりませんのであしからず)

前回のプロローグに書いたとおり、内蔵グライコ補正だけでは限界があります。
もっとステキなサラウンドを!と思ってしまったら、、、
スピーカーのセッティング(SWも含めて)を見直してみたり。あるいは他の部分を見直してみたりとか。その上でまたしつこくチャレンジするのでありまする。



どうでしょ?少しは参考になりましたかね~?
あくまで自分の場合の基本です。
システムによって特性限界は当然違うので、全く参考にならないかもしれません。

実は、自分のやっている調整方法は、実はもう少し複雑だったりします。でもそれは秘密です。
ちなみに、この補正って、あくまで映画鑑賞用ですからね。誤解しないでね。

機械まかせで一丁上がり!あとは映画を楽しむだけ♪
それももちろんありです。
ただ、いじれる部分があるのに、いじらないのはもったいない。
もしかしたら映画の感動が増すかもしれません。
それくらいサウンドの違いで映画の印象も変わるのも事実なのです。


スポンサーサイト

VSA-AX4AH

Z作戦展開中
DSCF7281.jpg

ママン:「音でないよ~、これ。」
自分:「なんか調子悪いんだよな~、、最近。」
(実はデジタルケーブルを引っ込ぬいているだけ)
ママン:「なんとかしてよ~。」
自分:「うん、わかった。点検出してみるよ。」



もちろん、点検なんか出しません、、。








別室の機材保管庫
DSCF7283.jpg

何故かVSA-AX4AHがあったりして。



AViとAH、デザインが似ているのが作戦の鍵。
自分だって、炊飯ジャーや電気ポット、一週間使ってなかったら、ボタンの配置なんて細かく憶えてないもん。


明日、さりげなく置いてみて、
何事もなければそのまんま。Good job!

万が一、「なんか変わってない?」なんてフレーズが飛び出したりしたら、
その時は、何も動ぜず臆せず、
「あ~、文句言ったら、新品に変えてくれた。」


こんな子供じみた「姑息で卑怯」な作戦であります。

PIONEER VSA-AX4AH

とにかく設置。
vsa-ax4ah

背面の接続状況。VSA-AX4AViと全く同一にて。
vsa-ax4ah

入力は、ブルーレイプレーヤーBDP-LX80からのHDMIケーブルのみ。
出力は、パワーアンプへの5CH分のアナログ出力、サブウーファーへの出力。そしてプロジェクターへのHDMI出力。
音質最優先のため、いつもながらのシンプル状態。
本当は、プロジェクターへのHDMI出力も接続したくはないのですが、、、プレーヤーのHDMI出力が1出力のみ。
プレーヤーには、音声用と映像用の2系統欲しいところです。

リモコン
vsa-ax4ah

ほとんどVSA-AX4AVi用と一緒です。


VSA-AX4AH ファーストインプレ

VSA-AX4AH


昨日のことになってしまいましたが、
先代のVSA-AX4AVi同様のセッティングを施し、とにかく、(説明書も見ず)オートMCACCで自動音場補正を行い、
この日のために購入してきた「ダイハード4.0」を、早速BDP-LX80にローディング。
アンプ表示パネルに、感動の「dts-Hd MA」の文字!
\(^ ^)/

早速観賞!
小1時間、、、
(時間がございません!)
で強制終了。残念。

わずかな時間だったのですが、今日感じとったこと。

出て来た「音」に超感動したか?と言うと、、実はそうでもなかった。

これでもか!みたいな情報量の嵐、
あるいは、今まで味わったことがないような迫力満点のサラウンド!
そんなことを期待したのですが、ちょっと違ってました。

爆発音や唸り音に耳を向けると、その表現、深み、リアルさという点で、ロスレスゆえの情報量の多さを感じ取ることができます。

ただ、表面的なサウンドだけに耳を向けていると、「よく作られたドルビーやdts」とたいして変わらない?みたいに感じて肩透かしを食らうかも。などと思ってしまいました。

ロスレスの威力って、判りやすい部分だけではなく、環境音とか暗騒音のような、微小音に耳を向けないとその効果が判り難いかもしれません。


ピュアオーディオでも、情報量が上がってくると、ヴォーカルや楽器の実体感は当然アップしていくのですが、
「定位の確かさ」とか「響きの豊かさ、自然さ」、あるいは「陰影感」「空気感」とか表面的ではない部分の変化に気づく訳です。
それと同じかもしれない。などと生意気に思ったしだいです。


ただ、設置初日、通電時間もごくわずか。詰めもまだはじまったばかり。
しかも、観たソフトは1/2本。
こんな状態で感じたことなので、話半分以下ということにしておいてください。
一週間、一ヶ月単位で音も変わってくるでしょう。

VSA-AX4AH AUTO-MCACC

VSA-AX4AH Auot-MCACC画面 4.の「FULL BAND FHASE CTRL」(フルバンドフェイズコントロール)が新しく追加された機能です。
VSA-AX4AH

サラウンドバックシステム選択画面に入ります。
VSA-AX4AH

デフォルト状態
VSA-AX4AH

自分のような5.1CHでの選択
VSA-AX4AH

フロントバイアンプ接続の場合での選択
VSA-AX4AH

スタート画面に戻ります。ここで「測定スタート」でもOKですが、
VSA-AX4AH

カスタムを選択しておかないと、f特(周波数)が「SYMMETRY」の一種類しか選べなくなってしまいます。
VSA-AX4AH

カスタム画面メニューに入ります。全ての補正項目を行う場合「ALL」のままで。
VSA-AX4AH

次の画面で3種類の周波数補正値のメモリーナンバーを選択します。メモリーは先代モデル同様6個までです。自動音場補正完了後、任意に呼び出し選択ができます。
VSA-AX4AH

スタート画面に戻ります。改めて「測定スタート」
VSA-AX4AH

測定中。マイクは先代モデルと一緒。リスニングポジション、耳の高さで、マイクは水平に固定するのはお約束。
VSA-AX4AH

測定終了。5.1CH環境のマイシステムでの所要時間は5分40秒。
測定データチェック画面に移ります。
VSA-AX4AH

VSA-AX4AH

全てのスピーカーが「ラージ」と判定されました。いつもながら(少し)ホッとする瞬間です。
VSA-AX4AH

各チャンネルレベル L/Rが低い理由はプリ経由、ここで使用しているバランスケーブルを通すとゲインが下がるためです。リヤスピーカーレベルが高い理由は、単純の距離が近いためでしょう。
VSA-AX4AH

各スピーカーまでの距離。1cm単位。かなり精度が向上しています。実測値とドンピシャです。
VSA-AX4AH

サブウーファーの距離もドンピシャ。ここでSW-DX77の反応スピードの良さも確認することができます。
VSA-AX4AH

部屋の定在波制御。レベルの高いものから3つまで補正。
VSA-AX4AH

周波数補正 イコライザーデータチェック画面
VSA-AX4AH

メイン左スピーカー ↑上の「SYMMETRY」と↓「オールフラット」で比較すると、微妙に違います。
VSA-AX4AH

センタースピーカー
VSA-AX4AH

メイン右スピーカー こうして比べると低域での違いが判ります。
VSA-AX4AH

サラウンドスピーカー ほぼフラット。63Hzが不足気味なのは、設置場所の高さの問題? 全チャンネル共通で2KHzが減衰しているのが気になります。
VSA-AX4AH

VSA-AX4AH

新しい機能 フルバンドフェイズコントロール。スピーカーそのものの位相を補正します。
VSA-AX4AH

VSA-AX4AH

VSA-AX4AH

メインスピーカー(センターもそうですが)の位相ズレが気になる、、、。
AVを通せば補正されてOKですが、ピュア2CHがね、、。

オヤイデ/C-029 VS FURUTECH/FI-11(Ag)

ふと思うことがあって、つい、やたらと、電源プラグを変更して音を変えてみたくなりました。
(久々ピュアオーディオよりな話題っす)

今回のターゲットは、パワーアンプに使用している自作電源ケーブル。
現状:線材はオヤイデのTUNAMI、電源プラグは(同じく)P-046、インレット側のプラグは(同じく)C-029。という仕様です。

このインレットプラグを表題のFURUTECH/FI-11(Ag)に変更してみたらどうなるか?という訳です。

C-029:真鍮プレード無メッキ
FI-11(Ag):ブレード/銅・燐青銅 FURUTECH α Process処理 銀メッキ
実売は両方とも4000円前後。
DSCF7287.jpg

(どうでもいいですが、交換後の様子)
DSCF7289.jpg


さて、このケーブルをパワーアンプROTEL/RMB1095に接続して試聴してみました。

ほ~♪ 目を閉じると、、、
まぶしい日差しが降り注ぐ春先のゲレンデ。スノーパウダーがキラキラと舞っている。
これは魅惑的ですね~。気持ちいいです。


オーディオ的に分析すると、

音像のすべてがソフトフォーカス感をまといます。
悪く言ったら、滲んでいる。
ただ、この音像の輪郭がキラキラとしていて、
さらに空気が無色?に近い明るい透明感を伴ってたりする。
(金メッキのもやもやとした空気感と違う)
そんな空気感の中で、響きが豊かだったりもするので、ヴォーカルに耳を集中したりすると、やたら気持ち良くも聴こえてもしまうのです。


f特的には、低音の量感はあるけど、ローエンドまでは伸び切らない。
中域の厚みもやや欠け。
エネルギーとしては下よりだけど、何かバランスが悪い。このバランスの悪さは締まりの無い低音過多が原因か?
マイシステムの場合、量だけ増えると、低域の混濁感があらわになるので、どうしても↑のような評価になってしまいます。

結論としては、却下。
この味付けを好むか否か?がポイント。

P-029に戻してみました。
おっ、オヤイデの音だね。とわかりますが、こちらのほうが遥かにクセがありません。しかもレンジ広いし。低域締まる傾向だし。そのくせ中域に厚みがあるし。


プラグの刃の部分、ブレード。
この材質が銅だと低音の量感が増える。しかしレンジはそう広くない。そんな傾向を感じます。
銀メッキ=高性能というイメージがあるんですが、やはり金メッキ同様、なにがしかの色づけを伴うようです。
真鍮無メッキのほうが、クセが少なくレンジも広い。(メンテも必要だけどね)過去の経験からそんな感想を持つのですが、皆さんはいかがですか?


魅惑の低音?

三菱電線PC-1

三菱電線PC-1

あぶく銭は宵越ししてはいけません。
で、、、以前から興味があった電源ケーブルをポチッ。届きました。
三菱電線工業

(インプレは改めてだよ~ん。通電30時間は激しく音が変わるらしいし。落ち着くのはもっと先らしいです)




↓なんか、やたら拍手されているので‥‥
2009/07.13
追記しておきます。

このケーブルは購入後、3ヶ月で手放しました。
確かに低音は出ますが。
オデオ的「抜け」が悪いし、いつまで経っても重くてドンヨリした感触が取れませんでした。
空間の見通しも悪い‥いわゆる壁が消え去ってスピーカーの奥が見えるみたいな、なんて感じません。
そうか?と思われても、自分の好みに合わないってだけですから、気にしないでください。



VSA-AX4AH 一週間経過

購入一週間、電源入れっぱなし。(消エネすみません)
やっと「ダイハード4.0」全て観ることができました。
マクレーン刑事、相変わらずハチャメチャですが、とにかく面白かった。何気な一言が英雄だし。
サウンドデザイン、特別に凝った部分はなかったかな?
(気づかないだけかもしれませんが)

さてさて、
途中途中で、音性を「dts-HD MA」と「dts」と切替えて音の違いを確認してみました。
マイシステムで、このダイハード4.0を聴く限り、
先日の書いたメモ

爆発音や唸り音に耳を向けると、その表現、深み、リアルさという点で、ロスレスゆえの情報量の多さを感じ取ることができます。
ただ、表面的なサウンドだけに耳を向けていると、「よく作られたドルビーやdts」とたいして変わらない?みたいに感じて肩透かしを食らうかも。などと思ってしまいました。
ロスレスの威力って、判りやすい部分だけではなく、環境音とか暗騒音のような、微小音に耳を向けないとその効果が判り難いかもしれません。


この印象に変わりはありません。
ヘリのプロペラ、エンジン音。より生々しく音の厚みの違いを感じるし、
爆発音も複雑な振動を絡めながら、重く沈み、濃かったり。
エンディングの音楽を聴いても、
なるほど細かい音の差がわかるな。と。


ただ、雑誌やネット上の素晴らしいコメントを見るにつけ、、
増えた情報量をちゃんと再生しきれているのか?マイシステム。
なんて心配が頭をよぎります。

自分で言ってはアレなんですが、
マイシステム、控えめに評価しても「並」以上の再生能力はあると思っています。
もちろん上には上がいる。ことは重々承知です。

その上で、少し勇気を持って言わせてもらえば、
新音声フォーマット、
可能性を感じるし、実際に情報量が多いことも確認できる。音も良くなっている。
でも、その持てるポテンシャルをきちんと発揮させ、
実際に出てくる音が、凄いな!と感じさせるためには、
当然のことながら、再生ハード側にも同じレベル以上のものを要求してくるはずです。


もう少しハッキリ言わせてもらえば、

基本情報量の低いシステム、
いい加減なセッティング、
などでは、HD-AVソフトは活かせないはず。ムリ。

併せて、ピュアオーディオのような音質向上のための使いこなしも要求してくるはず。
置いてポン、みたいなことはソフトやハードが許してくれないだろうと思います。
今まで以上にシビアなセッティングを求められるし、
電源対策、接続ケーブル、ノイズ対策etc、
出て来る音も、それに答えてくれるだろう。と想像できます。

自動音場補正があるじゃないか?
と思うかもしれないけど、それはあくまで補助にすぎない。
これだけでは超えられない壁が存在する。

ピュアオーディオやっている人なら、自分が言いたいこと解ってくれますよね。

突き詰めれば、どこまでも果てしないオーディオ道があったりする。
一方、音楽そのものを楽しめればいいや。と、ミニコンで十分ていう人もいる。多くのひとがそうだろう。
そのような場合は、既存のDVDで十分だろう。十分に楽しいし。新音声なんて必要ないと思う。

二極化?
ますます、ピュアオディオぽくなっていくような気がする。

あとは、ソフトを製作する側の問題だ。
いい加減な音作りをしていたら、ハッキリと白黒でちゃうでしょう。
この辺はCDと同じだね。ダメダメ録音があれば、素晴らしい録音CDもあったり。

新フォーマットだから、スペックが凄いから、
出てくる来るサウンドも、すべからく凄い。しかもそれは簡単に手に入る。
たぶん、おそらく、それは間違った認識だと想像します。音に関しては。

伝送方式の問題点も露呈し始めているし。

L-PCMマルチの音が凄いって?
信じられないよ、そんなこと。我が家では酷いじゃないか?!
何か隠された問題があるんじゃないのか?

スペック至上主義はもう終わりにしてくれ。
デジタルだから、劣化が無い?? 本気で言ってるのか??
(話が逸れそうなので、この辺でオシマイ)

まっ、言いたいことは、そんな感じ。



オマケ

さらにプレーヤー側でデコード、PCM伝送。
「BDP-LX80でデコード VS VSA-AX4AHてデコード」を比較してみました。

やはり、プレーヤー側でデコードすると
音が細く感じられます。LFEレベルも控えめ?
全体音量も4dBほど下がります。
もちろん聴感ボリュームを同一にして聴き比べた結果です。
現状では、アンプ側でデコードに軍配が上がります。


そして自動音場補正機能についても一言。
VSA-AX4AViと比べて、随分と精度が上がっているようです。
もちろん、フルフェイズコントロールの恩恵もあるのでしょうが、
それ以外の部分、

例えば、周波数補正、マニュアルで補正しなくてもかなりいいんじゃない?とか。

あるいは、LFEレベル。
測定上での各チャンネルレベル同一では、実際の聴感レベルが合わなかったのですが、
レンジが拡大してきたことで、聴感レベルが合うようになってきた。と感じたりします。
この辺の技術も日進月歩を感じ取ることができました。

でもやっぱり、私的には、もう少しマニュアルで追い込みたいですね♪



VSA-AX4AH ドラゴンハート再生

マイシステム、先日まで主役だったAVアンプ PIONEER/VSA-AX4AVi。現在、静かに箱の中にいます。

VSA-AX4AHがあるんだから、AX4AViはオクで換金。
それをワイヤーールドのHDMIケーブル購入の資金にしたい。とは思っているのですが、、、
実は、手放すことに躊躇しています。

理由は、、、
「BDX-LX80&VSA-AX4AVi&純正HDMIケーブル」で出した「ドラゴンハートの音」。
あの音、もしかして、、、
あの組み合わせだから出せた「奇跡の音」?
なんて心配があるのです。
まさかとは思うのですが、、。

ならば、とっとと確認すればいい。
という訳で、確認してみました。





ところが、出ません、、。あの時の音が、、。
(続く。たぶん明日)


レギュラーの座を射止めるのはどっち?

DSCF7407.jpg

新しいAVアンプ、VSA-AX4AH。
素のドルビーデジタルの音はどんなだろう?と聴いてみたら、、、
少々アレレ?って感じ。

入っている音はちゃんと出しています。
定位も良いし。分離、空間演出も良く、見通しもいい。
もちろん解像度もけっこうあります。
ただ、それらは格別に突出した高得点(100点+αをあげたくなるような)ではないのですが。
あえて点数を付ければ90点くらい。不満はないどころか「良い」と書いているとおり、かなり良い。

だけど、気にいらないポイントが。
音に厚みが足りないこと。鳴りっぱなしのセンタースピーカー、セリフによく表れる。太くない。リアルじゃない。
これが全体的に迫力が足りないことにも繋がっている。
このために、どんなシーンも破綻しないで再生してみせるけど、結果として「小奇麗な音」に終始してしまうこと。
恐いシーンが恐いと感じられないのです。


ならば、マニュアルMCACCで追加調整と。
したのですが、期待した音が出てきません。
もちろん、1日~2日で完璧な調整ができるものではありませんし、購入してまだ一週間少々なので鳴りっぷりも未熟な部分もあるはずです。
期待度が大きすぎた反動もあるのかもしれません、、、。

記憶の中の音が勝手に昇華しているのかも?と考え、
VSA-AX4AViを引っ張り出し、「ドラゴンハート」を再生してみました。

それが、、やっぱり良いのですよ、、。
ビンビンくる迫力。音が飛んでくる感覚。体に体感する振動。この辺が違う。
パワーアンプ変えたんじゃないの?っていうくらい違う。
調整は完璧とは言えないが、それなりに時間をかけてマニュアルMCACCを追い込んだ効果もあると思いたいのですが、、。実のところ、、どうなんだろ?



このドルビーデジタル再生だけで比較すれば、VSA-AX4AViをこのまま復帰させたいくらいです。本音は。

ただね~、、今更ね~、、。

もう少しじっくり調整してから判断しようと。
そう考え、AX4AHを元に戻しました、、。

やっぱりアレやってから、Auto-MCACCを再度やって、
それから1~2ケ月、じっくりとマニュアルで追い込んでみるつもりです。


次のページ

FC2Ad