FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

YAMAHA SA-2200

ヤモハ 新型blu-ray/SACDプレーヤー登場
定価99800円
YAMAH SACD
BD-R/-REの再生に対応。AVCHDディスクの再生可能。
ドルビーTrueHD/DTS-HDのデコーダーを搭載し、ver.1.3aのHDMI端子を2系統搭載。
7.1chのアナログ出力端子も装備。またBD Profile ver.2.0に対応し、BD-Liveに対応。
16bitDeep Colorにも対応。
i-link接続によるジッターレス伝送が可能。








ウソです。
(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
こんなん出たら、すぐ買います。自分。

ほんと、ゴメンナサイ。







ほんとはギターの話だよ~ん。
すみませんね~、皆さん。騙して。
(ウギ-------------!!って声が聞こえてきそうだ)


本日の本編です。↓


ず~っと、恋焦がれていたギターを手に入れることができました。
ヤマハのセミアコ、SA2200/ブラウンサンバーストです。
オデオネタじゃなくて、<(^∀^*)ゞゴメン~♪ 騙してごめんね~。
yamaha SA2200
(そんな高い代物ではござんせんよ。自分が目を付けるのはそんなものです。ただ、タマが少ないんですよ。)

その界隈では、セミアコと言ったら、ギブソンのES335とかが有名どころでありました。
ラリーカルートン、リーリトナー、ご存知ですか?
その昔、一世風靡したフュージョン系ギタリストです。
その彼らが愛用していたのが、335と呼ばれる セミアコースティックギターでした。
憧れでしたね~♪
でも、、値段がチョーど高い!!
当時のごく普通の高坊や大坊には、追い剥ぎでもしない限り絶対に買えない代物でした。

で、、、しょうがないから、なけなしのバイト代で安物のコピーモデルを買うわけですよ、、、
グレコとかトーカイとかヤマハとか、、、。
それさえ買えない奴は、、、トーマス、トムソン(←安物なんで、フレット減るのはえ~んだ)とか、、。
あるいは、ガブソンとか(そんなんね~よ。ありそうだけど。)
懐かしい~。
まだ国内のメーカーがギターを作り始めたばかりの頃で、質もそれなりだったような記憶があります。

年月は流れ、、、
グレコはどうだかしらないけど、
ヤマハは、うん十年名としつこく作り続け、ノウハウをためて、
中には、(音は違うけど)本家ギブソンを超えてしまった。と言われるほど完成度が高いコピーモデルを作るようになりました。
実は、SA2200は、そんな逸品の一つなんです。

ただ、ギターの製造数が極端に減ってきているようです。
(時代の流れだから、しょうがないけど、、)
特に自分の探していたこのセミアコ、御茶ノ水の楽器店を覗いても、自分が行った時は全くなかった。

一応カタログにはラインナップされてはいるので、オーダーも可能なんですが、
トップの杢目が問題で、、、一本一本模様が違う。
やっぱり、綺麗に伸びている杢目じゃないと絶対にイヤでした。
結局は実物しだい。新品は怖い、、。という難しい買い物になる訳です。

随分と探し続けましたよ、まじで、、。
願いが天にも届け。と電源ケーブルの背景写真にも使いましたよ、、。
(んっ、それ欲しいのか?と誰か言ってくれないかな。なんて。)

もう、、疲れたよ、ママン、、、おうちに帰りたいよ、、。
諦めて、プロジェクターでも買っちまおうかな、、。
とぼとぼとアバック前の道を歩いていたこともありました、、。

(中略)

それが突然、夢みたい。
状態も新品同様。杢目もバッチリ!
アンプを接続して音を出しても、甘太いトーンが最高っす!
バイサウンドでシングルトーンにもなるし。うひ!嬉しいっす♪
よく手入れして、良い音を浴びせて、ヴィンテージを目指してみようかな。
見ているだけでもシアワセです、、。
いやいや、もちろん弾きますよ。指を復活させて。

さて!
これで、心置きなくコンセント交換ができます。(またそっちか)


ほんとに、こんなBDプレーヤー出て欲しいですよね。


スポンサーサイト



けっこうイヤな壁の鳴き

DSCF8622.jpg
勉強部屋のシステムです。
(日夜、あしたの自分のため、いろいろと勉強するのです。)
例のSX-3がとっても窮屈そうです、、ごめんなさい。

今回のお題は「壁の鳴き」。
ご覧のように、スピーカーの後ろがすぐ壁ですが、
この壁、薄い石膏ボードに化粧シートを貼ったものです。
叩くと、あんまりいい音はしません(ちゃうか酷い音)。いっけん硬そうな音がしますが、実はベコポコ。

SX-3自体が低音過多なことも手伝って、
低音がハウリングするような被り感があります。

ちょびっと簡単になんとかならんかな?

そこで!
DSCF8624.jpg
使っていないRASKのボード(かな~り硬くて重いです)
これを壁に立てかけてみました。
DSCF8625.jpg
(壁の共振を抑えるのが目的。反射音も変わるけどね)

お~♪
それなりに低音が締まった!


ルームチューンって、難しく考えがちだけど、こんなことだけでも、効果があるんですよ。

壁の鳴きって、意外なほど音を濁しているものです。

今回は、目の前にあったボードを使ってみたけど、他の安い素材を利用してももちろんOK。
友人宅でも、ドブ板を建て掛けても、おんなじ効果が出たし。

ほんのちょびっとはお役にたったかしら?


おっと~、こんなことやっているばやいじゃない!自分。
スピーカーケーブルの中継基地を作らねば!
まだコンセント交換してないし~。
ちゃう、その前にポチのえさあげなきゃ。

本日のコーヒーさん、荷物届きましたよ~。
(まだ開けてないけど、、、)
ありがとうございました。