BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

ヨドバシ秋葉に行ってきました。

今日は、ネットワークパーツ購入のついでもあって、ヨドバシ秋葉原に出動してきました。
改めて見ると、デノン、オンキョー、ヤマハ、パイオニア、、各社ごとホームシアターメーカーのブースがあったりしてかなり楽しいところですよね♪ 30分程度で切り上げるつもりが、いつの間にか2時間も居座っちゃいました。

ヤマハコーナーが一番広くて、正面には(パナソニックの)103インチのプラズマテレビ!
両翼にはsoavo(ソアヴォと読むらしい)の高級スピーカーが居並び、マイケルのThis is itが9.1CHで再生されていました。
量販店のゴチャゴチャショールームゆえ、セッティングは甘々ですが、、(いたし方なし)
細かいことなんてどうでもよくなっちゃう迫力。画面の外側、もちろん後ろにも広がる臨場感。単純に凄い楽しい!
仕事中であろうオヤジ達が入れ替わり立代わりマイケルを見ていく傍で、勝手にアンプの設定いじくって楽しんでました。
(あの時の皆さん、邪魔してゴメンネ<(^∀^*)ゞ)
スリラー素敵!あ~楽しかった♪
●久保ちゃんにも、この楽しさを早く味あわせてあげたいと思うのでした。

デノンブースに立ち寄って、SC-t55SGの音を聴いては‥あ~やっぱりデノンってこうなのね、、。
スピーカーブラッケト/ASG-10 があったので、実物確認‥ん~、やはりボールをクランプする噛みが微妙に甘いです。これはちょっと、、という感触です。見送り。

オンキョーのミニコンコーナーの傍らに、ちっちゃい5.1CHセットが。「パールハーバー」‥第一次攻撃隊が真珠湾に殺到して、戦艦アリゾナを爆撃するあたり。
これはこれでなかなか!‥けっこうな移動感と迫力、爆発音!オンキョーってこんなシーンが得意っすよね。低音がうざくない。
低音は全部サブウーファーに任せて、フルレンジでピンポイント再生、帯域も欲張らない清さが功を奏しているんでしょう。

もちろんピュアオーディオコーナーにも足を運んで。個人的に興味のある
focalの限定スピーカー 826W・30th・LIMITED EDITION
focal826w.jpg
買えませんけどね、、。
無理して買えるとしても、標準仕様の826V。
興味は凄くあったんです。が!なんですか?このサイドの赤は。ほんとにガンダムみたいです。萎えますね‥これは置きたくないです。もっと木目が映えたマホガニーレッドかと思ってました。
音のほうは、確かにベースモデルよりも低域が延びて&締まっている。いいけどね~。これ聴いちゃうと標準の826Vは量ばかりのモタモタ低音。高域もノイジー。却下です。もしかしたら時期マイシステムになんて、微かに思っててたんですが、、残念。
しかし、世界限定●●セットなんて触れ込みですが、売れ残ってますね。

B&Wコーナーに行って、いつものあの音、麻薬的高音に痺れます。
DARIコーナー‥人いないな~、、。

今日は、電源、インシュは素通りして、
アウトレットコーナーを覗くと、オンキョーのプリメインアンプA-1VLが定価の半額84,000円。安いじゃないか?!‥ぐっと来るけど買いません!! 見るだけ、見るだけ。
たまにしか行かないけど、このコーナーには掘り出し物がありますね。

もう一度ヤマハコーナーに戻ってみる。
ん~楽しいね♪
●久保シアターのスピーカーは、コスパという点も含めて、ヤマハで必要十分。と考えてヨトバシを後にしたのでした。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

位相とサラウンドのお話.3

もうちょっとだけお勉強しましょう。オデオがもっとおもしろくなりますから。

音って見えない波です。
030303030303-04.gif

そして、周波数によって、波の間隔は変わります。波長と言います。
参照URL‥周波数と波長 (爆裂無線研究所さんより)

上の波では、A地点からB地点までが1波長。
低音になるほど、波の間隔(波長)は長くなり、高域になると波の間隔(波長)は短くなります。
周波数(Hz)は一秒間の振幅数を表します。
例えば、340Hzという周波数の場合、A-B間(1秒)に340個の山谷(振幅)があることになります。

また、具体的な波長の長さは?
音速は340m/秒(温度、気圧は無視)として、
340mを340回で割って、‥340Hzの音の1波長は1mの計算になります。

同じ計算で、いろんな周波数の一波長を計算すると、
85Hzでは4m
170Hzでは2m。
680Hzでは、50cm。
1360Hz(1.36KHz)では25cm。
であったりします。
よく耳にする「時報」の周波数は440Hz。音の高さがイメージできると思います。
(時報‥ポッ、ポッ、ポッ、ピーン。ポッは440Hz。ピーンは880Hzです。)
340÷440≒77cm 77cmの見えない波がうねっているのです。


波長の話はとりあえずここまで。勉強はやっぱりつまんないもんね。

とにかく‥音は波。‥波は強弱を持つ位相。‥位相は長さも持つ。‥その長さは周波数と相関する。と考えると色々と解釈しやすいはずです。





話を戻します。‥位相がずれると音がまずい。
では、位相は何故ずれるのか?

一つの要因はスピーカーからの距離だった訳です。

ステレオは右スピーカーと左スピーカーの合成音です。
その音は、ありとあらゆる位相を持っています。
仮に、リスニングポジションから左右スピーカーの距離を不均等にすると‥位相の合わない部分が出てしまうということなんです。合う位相もあるけど、合わない位相も出てくる。そして、合わないところの音は聴こえ難くなる。

左右の位相を一致させるためには、リスポジと各スピーカーは、「等しい距離」が絶対厳守なのです。

う~ん、わかり難かったらごめんなさい。
とにかく、位相がずれる原因の一つはスピーカーとの距離なのです。

だから、理想的スピーカー配置として↓こんなのがある訳ですね。
0101010101_20100131225143.gif
スピーカーは全て等距離に置く‥こんなの普通のお家じゃ無理ですから。

(位相制御できるアンプがあるじゃないか?! と言う突っ込みはまだ早い)


さらに続く。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

位相とサラウンドのお話.4

今冬最強の寒波来襲!
今日の茨城の最高気温は6℃。明日の最低気温はなんと-5℃の予報。
なんてこったい、寒すぎッス!
北海道の-30度と比べたら、「んなの全然たいしたことない!!」って、叱られそうですが。
されど、慣れない寒さは堪えますよね。皆さんも体を壊さないように十分に暖をとってくださいませ。体温が落ちると抵抗力もめっさ落ちますから。


さてさて、位相のお話はもちょっと続きます。が、だんだん飽きてきたので、サクッと行っちゃいます。

位相ズレの原因として、
①各スピーカーとリスナーとの距離が等距離でない場合。
を挙げました。

他の原因は?
壁、天井、床からの反射があります。
姿のないスピーカー、仮想スピーカーが出来て、新たな音が発生します。合成され位相差を生み出します。反射を繰り返すうちにエネルギーは減衰し影響力は弱まりますが、一時反射‥このポイントが特に肝要。吸音したり、拡散させたり。雑誌やネットで、そんな対処方法をよく見聞きします。
また、ホームシアターは響きデッドがよろしい。とか、スピーカーはリスナーに対して正面を向けたほうが音の移動感を楽しめる。なんて言われるのもこの辺りから来ているのかもしれません。

さらに、他に原因は?
電気も位相を持つ波です。電気信号は、プレーヤーからケーブルを通りアンプからスピーカーへ。チャンネル毎に分岐伝送され、伝送、変換、フィルター、増幅、という経路を幾度もたどります。その中で位相干渉が起きていることも。
ただ、プレーヤーやアンプの中身はどうしようもないし、気にしてもはじまらない。(だったら高級機へどうぞ、です。)
でも、信号ケーブルの取り回しには気をつけてほしい。丸めてゴチャ、とか厳禁です。電源ケーブルと信号線を束ねるのも厳禁。お互いが干渉しないように離す、あるいはクロスさせる、など、気をつけたいものです。
伝送1本で清むHDMIケーブル‥デジタルだから大丈夫だなんて妄想だと思う。ものによってに定位・移動感に明らかな差が出たりします。‥これ実体験。
これも位相管理の問題?かもと思いつつ、、デシタルなのに音が変わる理屈はよく分かりません。あしからず。



言い忘れてましたよ。今回の位相の話、実はスピーカーに的を絞ってお話するつもりでした。

そして最後は、クロスオーバーに関して。
スピーカーを自作する(した)人なら「あれね。」と分かります。
単純に映画を楽しみたい、だからホームシアターを作ろう。から入ってきた人には、「なんじゃい、そのクロスオーバーちゅうのは?」かもしれません。

スピーカー‥スピーカーユニットが一つしかないものをフルレンジスピーカーと呼ぶのはご承知のとおり。
高域、低域用にとユニットが二つに分かれたものが、2ウェイスピーカー。さらに、その間に中域ユニットを加えると3ウェイと。(くどくてスミマセン)
複数ユニットを使うと、再生帯域が被ります。2ウェイだったら、低音ユニットの上のほうと高音ユニットの下のほう。
被ると周波数が凸凹します。それを平坦にするために、スピーカーに中に「クロスオーバーネットワーク」というものを使い、不必要な周波数帯域をカットします。
詳しくはこちら→オーディオ基礎知識 パッシブ・クロスオーバーの話を参照。

注目してほしいのは、そのページ真ん中からやや下に、■スロープ特性 とあります。
6dB/oct
12dB/oct
18dB/oct
実は、それぞれ、(クロスオーバー周波数付近で)位相が90度変わっちゃうんです。

クロスオーバーネットワークのスロープ特性が違うと位相が違う。

どんな時に問題なのか?
例えば、メインスピーカー2本と違うセンタースピーカーを使うとします。
メインスピーカーのスロープ特性が6dB/octなのに、センタースピーカーのスロープ特性が12dB/octだったら?
‥位相が90度ずれていることになります。
(クロスオーバー周波数付近において)

ついでに言っちゃうと、ユニットの素材、大きさでも位相はどんどん変わります。スピーカーユニットを収めるエンクロジャーボックスの大きさ、形状でも違ってきます。密閉式かバスレフかでも変わってきます。
高域を再生するユニットがわざと逆相で接続している場合もあります。
クロスオーバーネットワーク回路をカタログに記載している製品もほとんど皆無です。

これじゃあ、なにがなんだかわかりません。

同じメーカーのスピーカーでも設計が違えば、ネットワーク回路は違うでしょう。
同じシリーズのスピーカーでも、大きさが違ったり、ユニットの口径も違ったりする。
同じスピーカーユニットを使っていても、クロスオーバー周波数が違うかもしれない。


だから、
「全てスピーカーは同一が理想」(配置も等距離)なんて言われるんです。

現実として、ホームシアターユースとしてラインナップされている同一シリーズだったら、クロスオーバーは統一されていたり。ユニットの口径が異なっていても位相管理はされているようなので、問題はほとんどないのですが。
ただ、一つ前のシリーズのセンタースピーカーを使ってみたい。‥そんな場合は、カタログのクロスオーバー周波数を眺めてほしい。もしかしたら違っていたりするかもしれません。可能性は低いけど、並べて聴いてみたらやばい、、なんてこともあるかもしれません。
違うメーカーのリヤスピーカーを使う。なんて個人的に禁止です。
ついでに言っちえば、サラウンドスピーカーとサラウンドバックスピーカーは絶対に同じスピーカーを推奨します。違うスピーカーを使ってて綺麗に聴こえたためしがありません。

異なるスピーカーを組み合わせるなら、クロスオーバーを見て欲しい。
外観むが似ているから大丈夫‥なんの根拠もありません。

で、とりあえず終わり。位相管理はとっても大事なんだよ。と。
当たり前の話を理屈っぽくこね回しただけでゴメンナサイ。

フルフェイズコントロールはどうした?!は次回余談にて。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

位相とサラウンドのお話.5

位相を整えることが、サラウンド再生にとても大切な事なんです。
全チャンネル同一スピーカーを等距離に設置。そして、シアタールームの響きやケーブルにも配慮。
‥と説明してきました。

ところが、そんな面倒なことは一切気にしなくても構いませんよ。位相ズレなんて、AVアンプでフルオートで制御しちゃいますよ。‥なんて素晴らしい機能が登場した訳です。

2010年2月現在2社しかありません。

パイオニアの FULL BAND FHASE CTRL(フルバンド・フェイズコントロール)
そして、
ソニーの Automatic Phase Matching(オートマティック・フェーズ・マッチング)
です。

名前も違うし、ソニーは世界初なんて言ってますが‥「位相ズレを整える」という目的は両者とも一緒です。
アプローチの仕方が違います。
パイオニアは全てのスピーカーの位相を理想値に修正します。
対し、ソニーは、フロントスピーカーの位相をいじらず、フロント以外全てのスピーカーの位相をフロントスピーカーの位相に合わせます。
文字どおり、パイオニアは全てのスピーカーを「コントロール」するのに対し、ソニーはフロントスピーカーに「マッチング」させている訳です。

もっと詳しく 参考URL
PIONEER マルチチャンネルテクノロジーファイル(PDF)
ITmedia スピーカーの“群遅延”を解消する「フルバンド・フェイズコントロール」とは?
AV・ウォッチ 第391回:かないまる氏に聞く、新AVアンプの独自機能 ~スピーカー間の位相差を補正する「TA-DA5500ES」 ~
開発者かないまる氏のHP TA-DA5500ES勉強会‥画期的位相マッチング技術 A.P.M. → http://kanaimaru.x0.com/da5500es/0f.htm

素晴らしいです。たいていの場合、この機能を使えば、「最大公約数的良いサラウンド空間」が得られるのは間違いないと思います。幸せになれるはずです。

ただ、つまらん突っ込みが無い訳でもない、、。
ソニー‥フロントスピーカーの位相が崩れていて音が変な場合、、他のスピーカーの位相までそれにマッチングさせたらどうなっちゃうんでしょう。
パイオニア‥フロントスピーカーの音が個人的に理想的な音で鳴っているのに、、、それを崩してメーカーさんの理想値に修正しちゃうのもいかがなものでしょう。位相をわざとずらして音を創っているスピーカーも多だあります。

事実、
自分のAVアンプ、フルバンドはオフにしています。オンにすると、たしかに空間は綺麗に描写されますが、一方で、少々迫力の削がれた音になってしまいます。


ソニーの場合においても、フロントスピーカーのセッティングは手動で追い込む必要がある訳です。テキトーにポン置きではダメということです。
セッティングのしっかりした時とそうでない時の音の違いは、‥音の像がビシッと定位しているのに、奥や左右の広がり感まで出て、そこにはリアルな仮想空間ができるのですから。

と言う事は、フロントのセッティングを完璧にして、ソニーを選ぶほうが良いかしら?


とにかく、
機械への過信は禁物なのです。機械に任せていれば全部OK!なんて、人間もダメになっちゃいます。
リアルで設定を詰める、それでも煮詰まらない場合に補正に頼る。‥それが最上サラウンドへの道のりだと思います。 

とは言え、両社の位相補正‥素晴らしい機能であることは間違いありません。(と無難に締めくくってみる)

と以上で、長々と続いた位相のお話はこれでお終いです。お粗末さまでした。





テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

定在波とサラウンド

5回に渡って「スピーカー間の位相干渉とサラウンドの関係」についてお話してきました。
‥やっぱり、それだけでは片手落ちかな?より良いサラウンドを得るためには、「定在波と部屋の関係」にも少し触れておかなければなりません。

四角い部屋で発生する定在波‥サラウンドの迫力を台無しにする憎い奴です。あなたの部屋にもほぼ確実にいやがります。

定在波‥Wikipediaでは、定常波として説明されています。
平行する二面の壁間に発生します。平行だから発生します。
「スピーカーから出る音」と「壁から跳ね返ってきた音」が干渉し続ける結果おこります。
減衰の低い洋間等、反射率の高い部屋ほど強調されます。
定在波のイメージ(石井式リスニングルーム研究のぺージより拝借)

定在波が原因で、特定の周波数が強調され間延びしキレが無くなったり、逆に聴こえ難くなったりします。‥それぞれが(平行する壁間の距離で決まる)特定のポジションで発生します。
(マイブログでも、カテゴリー「ルームアコースティック」の中で綴ってきました)

特定の周波数‥これを●久保シアターを例にとって計算すると、
前後の平行する壁間の距離は、3.4m。
定在波の発生する周波数は、(音速を340m/sとすると)基本波は340m/3.4m=100Hz。(ベースのブンブンいう帯域)
上の定在波のイメージで分かりますが、中央で100Hzが強調されています。1/4と3/4の位置では音圧ゼロになっています。(減衰ゼロでの表示なので、現実はそれよりも緩和されていますが)
ややこしいのですが、1/2波長50Hzでもおこり、それは中央では音圧ゼロになります。2倍波長200Hzでもおきます、、。壁間距離の 2/8 4/8 6/8 の位置で音圧ゼロ。1/8 3/8 5/8 7/8 の位置で強調されます。
4倍波長でも、、。

また、左右の平行する壁間の距離は、3.6m
同く計算すると、基本波は94.4Hz。‥以下数値のみ違う同文。


理屈はもうたくさんですね、、。すみません。
「だから、対策はどうすりゃいいんだよ?!」‥‥あい、わかりました。。

現実に大きな問題になるのは低音領域です。
対策は、定在波の、節、腹のできる位置で聴かないことです。
壁間距離1/2‥部屋の中央は一番ダメです。
壁間距離1/4の倍数位置、1/8の倍数位置も危険です。

壁間距離の2/3、3/5とか、9/16、11/16の位置がいいんじゃないでしょうか??? 
現実には、スピーカーの個性と自分の好みを鑑みながら。定在波も壁の素材や家具の影響を大きくうけますので、試聴をして最適なポジションを見つけます。
また、聴く位置だけでなく、スピーカーの位置を壁間距離の奇数の位置、例えば壁から1/3とか1/5の位置に置くことも、定在波から逃れる有効な手段です。
音のエネルギーを逃がしたり、
吸音したりという手段もある程度は有効です。

こんなことを頭に入れながら、まず最初に、スピーカーの位置とリスニングポジションを決める必要がある訳です。
絶対必要な要件です。
それを決めずに、音が変だからと、いろいろ対策しても全て無駄になってしまうかもしれません。根本がダメなんですから。たとえ、どんなに高級な機器を使っても酷い音なわけ、、なんですよ。

理屈上、最悪なケースは、
真四角(一般的に8畳ですね)で、反射率の高い部屋(コンクリート壁の洋間とか)で、スピーカーは壁にべたづけ、かつリスポジが真中央だった場合です。
縦横の壁間距離が同じになり、縦横同じ周波数で定在波が発生、そのエネルギーは2倍になってしいます。退治するのは簡単ではありません。

●久保シアターにおいては、天井が傾斜しています。平行してない故に、天井-床間の定在波は発生しない理屈です。前後左右だけ気にすれば良い訳で。右側が大きな空間、クローゼットになってますし。後方向には大きな吸音体になるベッドを置く予定だし。
「この部屋、いいかもね~♪」と言った理由は、そんなところにもあるんです。


機器のポテンシャルも最低限必要なレベルは存在します。安価な機器でも素晴らしいサラウンドになります。が、それを生かすも殺すも、まず在りきは、、部屋、置き方、そしてリスニングポジションなんです。



とっても大切なお話をしたつもりなんですが、、ご理解いただけたでしょうか。
アクション映画で爆発音に迫力がなかったり、、
逆に、「ボワワ~~ン」なんてこもったりね、、。
やっぱり、圧倒的な迫力で、「ズドドドンッ」と鳴ってほしいものですよね。



参考URL
デジタル意匠の美 Vol.29 シアタールームの音響性能をアップ!! 低音が消える?
私のオーディオルーム 音の実験室・定在波
理想的なオーディオルームの寸法‥黄金比→10×16×26 大場商事㈱Cardas Audioについて
All Aboutから 音のいい部屋「かないルーム」に学ぶ
石井式リスニングルーム研究オフィシャルサイト  定在波‥http://homepage2.nifty.com/hotei/room/chpt02/chpt02.htm
奇数分割方‥ようこそ、A-1 DRIVEへ。より スピーカー設置の「これだけはやっておきたい」
奇数分割方‥晴れ時々ジムラン! スピーカー位置の見直し
他にも、検索するとたくさんあります。興味が沸いたら探しまくってみてくださいね。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥進捗状況。

ハードオフを漁り、ヤフオクで目を点にして、、スピーカーブラケットを当初予算の半分でゲット。
しかし!スピーカーケーブルが足りなくなり1巻追加。

そんなこんなで、○久保シアター機材進捗状況。(赤が購入済み)

ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.2万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A)‥3.4万円
センタースピーカー(infinity re100mk2)‥1.6万円
天吊りブラケット(4個)‥0.7万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル60m)‥1.0万円
ラック‥とりあえず1.5万円
HDMIケーブル2本‥0.7万円
以上(推定含み)15万5000円也。

メインL/Rスピーカーとサラウンド&バックスピーカー4
‥計6本 残予算45000円也。

自分の絶対お勧めスピーカーは、これ。
メイン‥YAMAHA/NS-325F 予定価格\54,800円/2本(価格com調べ)
A-YAMAHA-NS-325F.jpg
サラウンド&サラウンドバック‥YAMAHA/NS-M325 予定価格\41,200円/4本(価格com調べ)
ns-m325.jpg

合計95,000円です、、、。
325Fは、映画はもちろん、音楽鑑賞にも充分な音質。8畳間ならその存在感も十分。見た目もとっても大切です♪



予算重視の第2案
YAMAHA/NS-F210 予定価格\25,300円/2本(価格com調べ)
NS-F210.jpg

YAMAHA/NS-B210 予定価格\19,200円/4本(価格com調べ)
NS-B210.jpg

6本合計44,500円也。予算ピッタリです。

B210‥写真はでかいけど、PCスピーカー並の大きさ。
F210‥高さは1050mm‥46インチのテレビを置いても、高さだけなら見劣りしません。高さだけなら。
視聴してきましたが、低音は期待できません、、重低音は潔くサブウーファーにお任せです。高望みしなければこれで十分。バランスの良い普通の音がすることでしょう。

ヤマハの理由は、クセも少なく、バランスのとれた何気に良い音がするからです。


ところで、肝心のお家のほうはどうなってんでしょう?
今月後半には音出しできるかな?
音を出せる環境が整いしだい、自分のスピーカーを持ち込んでどんな感触か確認します。それしだいでスピーカーを決定する予定です。


DSCF0821.jpg
機材がうざいっす!
右端のダンボール箱は出撃を待つケーブル達がいます。
実は、サブウーファーも届いています。
infinityは分解されています。
HDMIケーブルはワイヤーワールドで逝きますか?
何故か、A-S2000まであるという、我ながら毎度な光景、、。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ。‥暇つぶしにセンタースピーカーを壊してます。

DSCF0829.jpg
infinityのセンタースピーカー‥チューンついでに鏡面仕上げ。

DSCF2661_20100206183024.jpg
ツィーターの抵抗値‥5.5Ω
ウーファーの抵抗値‥10Ω×並列
ネットワーク クロスオーバー3.9KHz
ツィーター C:コンデンサー4.7uF L:コイルは0.28mH?
ウーファー C:コンデンサー5.6uF L:コイルは0.28mH?もう少し大きいかな?
12dB/oct。
ここは、弄らないほうが良さそう。とりあえず、コンデンサートップにカーボンマニックを塗布するだけにします。
内部配線は交換する予定。使用ケーブルは吟味中。

内部の吸音材はスポンジでした。気に入らないから綿とトレード。

勇み足で落札したものの、、、
はたして、ヤマハのスピーカーとの相性は?!(可能性は五分五分以下!)
ダメだったら潔く諦めます、、。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

センタースピーカー 位相回りを調べてみた。

サラウンド再生では、センター、フロント×2、リヤ×2‥最低5本。この5本のスピーカーの位相を整えることが大切なんだと、口を酸っぱくして言ってきました。

同じスピーカーユニット、同じスピーカーボックスを使っていても、使われているネットワーク回路の構成しだいで位相が90°ずれる。ということも説明してきました。

6dB/octでは 90°
12db/octでは180°
18db/octでは 90°

センター用として、フライング購入してしまったinfinityのリファレンス‥
DSCF2661_20100206183024.jpg
回路としては、
0000-12dBoct_20100218210506.gif
です。


一方、
フロントスピーカーとして目論んでいるYAMAHAのNS-325F
サービスマニュアルをダウンロードして、そのネットワーク回路構成を見てみると、、、
ns-325f.jpg
ツィーター、ウーファー双方とも18db/oct。

‥位相が90°ずれちゃってますね、、、。
(T◇T)

何がどうしてこの回路から位相なんちゃらがどうしたってわかんね~よ!という人は、
自作スピーカー設計プログラム‥‥ネットワーク設計プログラム‥‥その下のほう、各種ネットワークの計算図 回路と位相回り をご覧ください。


ということは、、
例えば、ドラゴン360度旋回シーンでは、ドラゴンがフロント左からリスナーの回りをぐるっと飛び回るのですが、、、
フロント左SPとセンタースピーカーの間でちゃんと定位しない。
センタースピーカーとフロント右スピーカーの間で定位しない。
つまり、きっちり明瞭な移動感は得られません!ちゅうことに繋がるんですよ、、。
( T∇T)‥…(((σ ガチョーーーン

このままでは、聴かなくても判る、、、。絶対ダメぽ、、。

ショックを隠しきれずにUPしてみた。
たぶん続きます。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

YAMAHA325シリーズのネットワーク回路を調べてみた

本命スピーカーの325シリーズ、そのネットワーク回路を調べてみました。

NoDevice.com からダウンロードさせて頂きました。

フロントスピーカー‥NS-325F
ns-325f.jpg

センタースピーカー‥NS-C325
ns-c325.jpg

サラウンドスピーカー‥NS-M325
ns-m325_20100216152918.jpg

ネットワーク回路図を見て‥‥?!
ウーファー側が違っています。
325Fでは、18db/oct
C325とM325が、12db/oct になっています。これだと位相が回転、ズレてしまうのでは?

同一シリーズなので、ネットワークも同じようなものだと思い込んでもいました。

メーカーが作り込んだスピーカーです。理由があってこの回路構成になっているんでしょう。

それとも、自分が勘違い? 今まで、位相が大切だよ!と散々言ってきたことそのものが大間違い?
もしかして、自分、とっても恥ずかしい奴?!

‥‥‥‥‥‥
考え込んでも何も解決しないので、ヤマハさんに質問メールを発射しました。

、、続きます、。(皆さんにちゃんと報告しなくちゃね、、)



とっ言ってる傍から回答が来ましたよ。
とっても簡単な。
原文コピーじゃまずいので、若干改編します。

お問合せのスピーカーは、モデルが異なっても位相のずれや定位感が損なわれることのないように設計して製品化しています。
ご安心ください。

‥‥こけじゃあわかんね~よ、、。

これ以上のやり取りは疲れるだけ。メンドクサ。この件、謎ということのまま放置します。
「謎」じゃあまずいし、、ほんとは気になってしょうがないんですけどね~、、。
まっ、そもそもがいい加減なブログです。

まあ、メーカーさんの言ってることは間違いございません。ということでご了承ください。
ネットワークだけじゃないんだよ、スピーカーは、ユニット、箱、諸々とトータルで奥が深いんだよ。ということなんです。きっと。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

位相回転についての認識誤り‥訂正

位相回転
6dB/octでは 90°
12db/octでは180°
18db/octでは 90°
と、全域で位相回転してしまうように記載してしまいましたが、勉強不足でした。すみません。

正しくは
振幅が-3dBとなる周波数を「遮断周波数(Cutoff frequency)」と呼び、一般に fc と表記され。
位相は、このfcを中心に緩やかに回転する。が正解。
6dB/octの場合
参考URL‥CR回路応答(周波数領域編 その1)‥リンク先に位相グラフがあります。興味がありましたらご覧ください。

理論はとても大切です。でも難解ですね、、。

分かりやすく言ったら、
クロスオーバー付近で位相ズレがおこる。フィルターのかからない帯域は位相ズレはゼロ。だけど、、その他諸々の影響があり、ネットワーク回路構成のみで単純に計れるものではない、と。

現実としては、電気信号よりも音響信号の位相が大切であることを忘れてはいけない。

位相‥難解ですが、とても重要なキーワードに変わりはありません。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

次のページ

FC2Ad