BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築だよ!ホームシアターだよ!でも銭はないよ‥初の音出しです。

自分の目指している「2CHオーディオ」ピュア再生とはこんな感じです。

箱の大きさは小規模なライブハウス。

オーディオ故絶対的ボリュームはリアルよりも小さいため、迫力では少々箱庭的にもなってしまうが、それでも、ミュージシャンが自分の5mくらい先、目の前で演奏しているかのような等身大を想像させるような。楽器の音圧を肌に感じるような。生々しく。

壁の響きは、コンサートホールのような長い響きではなく。あくまでライブハウスの大きさを感じさせるもの。壁の材はマホガニーだろうか、、やや硬質だけど、濁らず消え際が美しい。
その響きは、演奏している主音とは綺麗に分離し、決して奏者の邪魔をしない。
それ故、演奏者の位置は見えるがごとく。

昔のライブハウスのように、中でタバコを吸っているいる奴はいない。空気はとても澄んでいる。

目を瞑ればそこで謳っていると錯覚してしまう擬似空間。

そんな感じです。

実は、こんな鳴らし方がホームシアターの5.1CH再生に最適なのです。
ホームシアターとピュアオーディオの両立を目指すなら、部屋の響きはデッド方向が理想。
艶やかさ等の芸術性、あるいは空間の広がりや響きといった要素は、部屋の間接音を利用はするものの、機器そのものの情報量やトータルでの位相管理によって成しえるべきと思うのです。



さてさて、今日は、かねてからのお楽しみ。
●久保宅も引渡し間近。そんな中、シアター部屋に侵入して自分の機材を持ち込み音だししてきました。

まずは、部屋の様子をご覧ください。
DSCF0943.jpg
右サイド
DSCF0945.jpg
右後方
DSCF0946.jpg
左サイド
DSCF0941.jpg
左後方と背面
DSCF0962.jpg

部屋の大きさは、巾3.6m×奥行き3.4m。
傾斜天井‥正面高さ2.4m。後方高さ3.6m。
床は一般的なフローリング。壁材は、合板+石膏ボード。仕上げにビニール系クロス。オーディオ用として特別な配慮はしていません‥傾斜天井以外は、ごく一般的な洋室の井出達です。

家具等一切ありません。声はやはり盛大に響きます。
この状態で、自分の機材を並べ音を聴いてみました。こんな何も無い状態で、良い音が出ようはずがありません。それは承知の上です。
それでも部屋の音質傾向の確認は必要です。部屋に合いそうなスピーカーを選定するためです。


チェックポイントは
低音のこもりと量。高中低音の全体バランス。響きと定位。この3つに絞りました。

低音のこもりは感じません。また、こんな状態でも結構キレて質が上がりそうな重低音が出ています。
また自分の部屋で鳴らすよりも量があります。十分。意外やローエンド方向もほどほど伸びています。洋間ゆえの作用でしょうか。
‥ホッと一安心。ここが酷いと本当に苦労しますからね。

高中低音の全体バランス‥ややドンシャリ傾向のようです。中域のエネルギー密度が少々低め。

響きと定位‥響きの主帯域は中域らしい、、。そのロングな響きの中に声が埋もれがち。要改善ポイント。しかし、それでも定位感は最低限レベルをクリアー。ピンポイントには遠いですが、低音楽器を含め各パートの存在位置がわかります。洋間にありがちな、、混濁して何がどこやら?という酷い状態ではありません。

スピーカーの候補は、デノン、ヤマハ、オンキョーでした。
今鳴らしているビクターのsx-500DOLCEⅡ、ノーマルです。‥中域主体ながらも高域ややハイ上がり。低音の量は控えめ、ローエンド方向はだら下がりながらもで伸びていく。定位は明瞭。響きは多め。そんなスピーカーです。

これ以上の低音は飽和する可能性があります。よってデノンは却下。
中域が凹むオンキョーも、合いそうにありません。これ以上に声の密度感が下がるとまずいです。
消去法で、ヤマハですね。
ヤマハのややキラキラ感も高域の響きを増長させそうですが、高域はいかようにでも簡単に対処できるはずです。
部屋の響きは新築時は多めです。年月と共に、また、家具、カーペット、ブラインド等を入れればほどほどに落ち着くはすです。

極細トールボーイではもったいない。
ここはやはり、
NS-325Fでしょう。
A-YAMAHA-NS-325F.jpg

とにかく、(自分の中では)スピーカー決定です。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

YAMAHA A-S2000

自分ちの記事はこっそり紛れ込ませてみる。

YAMAHA A-S2000

YAMAHAのプリメインアンプ/A-S2000 発売日:2007年12月

自分のシステムで唯一のウィークポイントと感じている「低音の量感不足」
‥スピーカー自体がそれを求めるものではありませんし、電源やスピーカーセッティングでは、単純に低音を出すことは出来ても、一方で失うものが多すぎます。これ以上は、求めてもさすがに限界を感じるところまで来ていました。
ならば、スピーカーを変える?‥そんな考えも持ちましたが、試聴をしてみてもピン!とくるものは、とんでもない値段のものばかり、、。また、スピーカーを変えればパワーアンプ、電源関係やケーブル、アクセサリーの見直しまで必然となるでしょう。
‥そんな財力は、どこをどう捻ってもありません。どう考えても無理です。

もうダメ元。シンプルにトーンコントロールに頼ってみよう。
(それでいいのか?‥という気持ちはとりあえず抑えつつ)
ほんのちょっと低音が足せればいい。トーンコントロールのつまりをほんの少し時計回りさせればいいんだ、。
しかし‥残念ながら、現在使っているプリアンプ、プライマーのPRE30にはトーンコントロールはありません。

プリメインアンプ?!
そこまでの思考はいたって短絡的でした。

ただ、なんでもいいという訳でもありません。
トーンコントロールのターンオーバーは低めが理想。
シアターと共存のため、パワーアンプダイレクトは必須。
音質が劣化してしまうようなものは論外。
低音に締まりが無いものも拒否。定位が曖昧になったり、音場が狭くなるものも拒否。
もちろん、自分の使っているスピーカーと相性が良いこと。

そんな条件の下、いくつかのプリメインアンプを吟味試聴した結果、自分の条件に唯一残ったものが、このA-S2000でした。

価格.COMの評価
Phile-webで製品検索をしても所有者は少数ですね。ここではレビューさえありません。
少し不安でしたが、、自分の感と耳を信じて購入したしだいです。

今日初の音出しとなりました。
新品故、数日間のエージングが必要でしょう。
感想は、その後になりますが。

一つだけ‥このアンプ、背景ノイズがとても静かです。驚きました。


‥続きはこちらの日記へ


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築シアターの最初の課題は?

●久保亭もいよいよ明日引き渡しです。
本人は今頃引越しの準備で大藁藁でしょう。ガンガレ!というしかない。

引越しがある程度進み次第、シアターの機材搬入、設置の予定です。

さておき、そのシアターですが、心配の種は‥先日お話したとおり、響きが過剰なこと。
家具やカーペット等、なんにも無い状態なので、響きが強いのは当然ではあるのですが、、。
せっかくのホームシアター、音が楽しくなければ楽しみは半分以下。
そして、ホームシアターの音再生‥迫力あるリアルなサウンドは響きは基本デッドじゃなきゃ始まらない。とまで断言しちゃいます。

そう、最初の課題は過剰な響きをある程度抑制することなのです。
対策の一歩として、対向する壁の一方‥正面と左手壁に、それぞれの窓を全て覆ってしまうほど大き目のロールスクリーンを設置することになりました。
さらに、右手の開放クローゼットには衣類が入る予定です。
シアター用のラック、スピーカー等のシステム機材が入れば、その分響きも少なくなるはず。
これでどの程度響きが抑えられるか?‥とりあえずその段階で再確認します。
それでも足りなければ、寝室としての美観を損なわない程度に何か対策しなくちゃね。

響きが左右非対称になってしまうのが新たな心配でもあるのですが、ピュアオーディオでないのでおそらく大丈夫のはず。

吸音しすぎても迫力が無くなってダメ、響き過剰だと音の定位感移動感があやふやになってダメ。
ちょうど良い按配というものが必要なのですが、
それを実現するには、経験というものが必要だったりするのであった。

ところで、残りのシアター機材は全てオーダーしました。
こんな感じです。
ブルーレイプレーヤー(BDP-S360)‥2.0万円
AVアンプ(ONKYO/TX-SA607)‥4.4万円
メインスピーカー(YAMAHA/NS-325F)‥ペア5.4万円
センタースピーカー(YAMAHA/NS-C5HX)‥1.8万円
サラウンド&バックスピーカー(YAMAHA/NS-M325)‥4本4.0万円
サブウーファー(FOSTEX/CW200A) ‥3.4万円
天吊りブラケット(4個)‥0.7万円
スピーカーケーブル(ケーズオリジナル60m)‥1.0万円
ラック‥1.9万円
HDMIケーブル2本‥ボンからのプレゼント0円

総額24.6万円也。
予算オーバーごめんなさい。
でも、どうせやるならこれ以下はあり得ない。と考えた自分。
スピーカーのランクを下げて20万円で収めることもできたんですが、、、
それだと、超えられない壁が間違いなくありそうな予感でした。
最後は試聴して本人納得の結果です。


ところで、、「ん?、インフニティーのセンタースピーカーが無いぞ?」
(℃_゚)ン!?‥‥‥

実は、、
弄って完成!喜びも束の間、その直後、手元を滑ったドライバーがスピーカーのエッジに突き刺さりました、、。
(T◇T)
‥‥なんでよりによって、、。

涙目ですよ、、。
見るのがあまりに辛いので、ハードオフに持って行きました。500円で買い取ってくれました、、。達者でな、。

代わりはこいつです。
yamaha ns-c5hx
ラックセンターに収まる最大級のものにしてみました。
だって、325シリーズのセンタースピーカー、、、NS-C325って、メインとのつながりはさすがに良いものの、、音が貧弱すぎです。
5.1CH再生でセンターってとっても重要。と吼える自分には、求める理想には程遠い代物でした。
店頭デモ‥スモールと割り切って低音はサブウーファーに任せても、自分には違和感があったのでした。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

とりあえず、

●久保宅、本日めでたく引き渡しです。
おめでとう~♪

子供たちはキャッキャと大ハシャギ。(^^)(^。^)(*^o^)(^O^) ヤッタ~
子供の無邪気な笑顔ってホントにいいですね♪
ママさんは子供たちを連れて、早々と公園デビュー!
とっても嬉しそうです♪

いっぽう、ダンナは、、、
‥(=^ェ^=)  (;´o`)  ~(T▽T~)(~T▽T)~ 
喜んだり、溜息ついたり、途方に暮れたり、、、なんだか表情が急がしいです。‥たまに目が泳いでいるようです。
どうやら、迫り来る延々巨額な支払いに気づいたようです、、。
現実から目を背けて遠くに逃亡したいみたいです。
でも、家族のためにガンバッテ稼いでくださいな♪
(でも、残業代は出ないけど。)
家族みんなが喜ぶ楽しい楽しいシアターもあるしさ♪


さてさて、自分はというと、引越しに紛れて、シアター部屋にラックを搬入して組立ててきました。
そんな中、ちょっと驚いたのが、
一週間前よりも、響きがぐっと減っていました。体感的には半分くらい減っています。
(相変わらず、部屋はガランドウのまま、状況は何も変わっていないのに)
こんな短期間で変化があるとは、予想外でした。
それだけ、出来立ての部屋は響きが多いということなのでしょう。

過剰な響きが、ちと心配。と書きましたが、杞憂かも。


話変わって、ここで、なんちゃってホームシアターインストラクターからちょっとした反省点。

今回、工事途中からシアターの話になり、既に出来ることも限られた中での進捗だったのですが。
現場の方と、きちんと意志の疎通ができなかったことがちょっと残念なところでした。

壁コンセントの位置と数を修正‥までは良かったのですが、現物を見せて「このコンセントを使ってください。」と指示したにもかかわらず、結果ごく普通のコンセントが使われたり。
‥現物支給するべきだったと反省。

スピーカーケーブルの隠蔽配線‥確かに隠蔽されています。が、リヤスピーカー側のケーブルが2mも余剰。逆にアンプ側は壁から20cmしか出ていません、、。
口頭でそれぞれ1m壁から出してください。とお願いはしたんですが。後の祭りでした。
‥殴り書きで構わないから、図面にして、手渡すべきだったと反省。

きっと、非専業の方にしてみれば、見慣れない作業であったと思います。致しかたなしです。
本当であれば、ホームシアターを作るならば、
設計段階から打ち合わせして、設計図面にきちんと反映しておければ良かったですね。
シアターに限らず、新築の際の基本でした。

まっ、たいした問題じゃないのでOKなんですけどね。


明日は、ロールスクリーンが取り付けられる予定です。
そして、23日には、お待ちかねの42Z90000、そしてスピーカー1式が到着する予定です。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

新築●久保シアター‥ついに機材搬入!とにかく設置しました。

機材の前に、窓壁を覆うロールスクリーンの様子をご覧ください。
DSCF0023.jpg
窓個別ではなく、壁一面を覆ってしまうほどのスクリーンです。
DSCF0024.jpg
フロント側:同様にスクリーン。
DSCF0025.jpg
過剰な響きが一気に激減しています。
ピュアオーディオ的には邪道かもしれませんが、ホームシアターとしては十分に用を足している気配です。
これなら、音の移動感が響きに邪魔されることもないはず。安心してセッティングに入れます。

(3時間後)とにかく設置した写真を見てやってくだされ。 
DSCF0036.jpg
素晴らしい!♪
自分で言っちゃあ、、痛い人ですなんですが、まじでセンス良くまとまってると思います。ヒデキ感激♪

TVはレグザ42Z9000。
(期末だからこそ?ビックリしてしまう値段ですね。エコポイントもしっかり付くし。良い買い物だ~♪)
メインスピーカーは、ヤマハのNS-325F。けっこう大きめのトールボーイのはずなのに、42インチのテレビと並べると威厳を保てるギリサイズです。見た目的な話ですが、このサイズにしておいて、正解だと思いました。
予算に負けて、NS-F210にしていたら後悔していました。所有感ってやっぱり大切ですものね。

ラック
‥フルサイズコンポが3台横並びで収納できること。横巾は160cm以内。高さは60cm以下。色はダーク系。値段は2万円以下。この予算で豪華とまでは望めないけれど、、ビジュアル的にな鑑賞に堪えられるデザイン&仕上げ。それなりの堅牢さを持っていること。
そんな無謀な条件の下、、ネットを血眼になって漁って探しまくった逸品です。

ソニーBDP-S360
DSCF0046.jpg
噂どおり、「カタカタ」っていう音が少し聞こえます。でも自分には全く気になる音ではありません。音を出せば聞こえないし。PS3のファン音のほうがよほど耳障りかも。と思いました。

ONKYO/TX-SA607
DSCF0040.jpg
セッティングしてみると、‥‥もしかしてブラックにしたほうが、センターが浮き出て良かったかも~。なんちって。
安くあげたんだから文句ノシ。

BDプレーヤーとAVアンプ間を繋ぐHDMIケーブルはワイヤーワールドのスターライトを。
DSCF0026.jpg
定位感、移動感に確実に差が出ます。

AVアンプからTVへのHDMIは、お店でオマケにもらった品。これで十分です。

サブウーファーFOSTEX/CW200A
DSCF0050.jpg
こいつは噂以上に凄いかも。
部屋の大きさで評価は変わるけど、この部屋では、質だけではなく量も十分に出てくる。濁らない沈む重低音が気持ちよいです。ポン置き、鳴らし始めたはがりにもかかわらず予想以上の音‥期待できます。

実はとてもコンパクト。開封して実際に見ると「えっ?」と感じるほど小さい。
DSCF0048.jpg
このサイズでこの低音‥まじで感心します。しかも安い。フォステクスさん素晴らしいです。
音質を望むと必然でかいものが多い中、この邪魔にならないサイズ‥置き場所に困らない。ユーザーにとっても都合が嬉しいです。

センタースピーカー ヤマハNS-C5HX
DSCF00420.jpg
再生レンジ感に拘り、あえて325シリーズを外してみました。
ヤマハらしい端正な音です。ハギレも良い。
メインスピーカーとの位相ズレは今後の確認。

センタースピーカーのケーブルだけ、とりあえずオルトフォンのシルバーコートを奢ってあげました。
DSCF0027.jpg
(実は、半端ものがあっただけ)

フルシステムの配線なんて、ほんとに久しぶりっす。‥いささか疲れました。
DSCF0028.jpg
(アンプの奥行きが短くて助かった)

スピーカーの位置を仮決め。
奇数分割法の基本に従って、
DSCF0031.jpg
部屋巾(350cm)の奇数分割‥1/5の位置にメインスピーカーをセット。
DSCF0032.jpg
定材波の影響を最小限にする対策です。

壁コンセントに電源ケーブルを接続。
DSCF00350.jpg
デジアナ分離?してみたものの‥ほんの気休めです。

早速音出し。電源オンしたばかりの起き抜けにもかかわらず、けっこう良いです♪
ヤマハ正解です。声が自然に聞こえるし、やっぱりバランスがいい。この部屋にマッチしています。
センタースピーカー・リヤスピーカーケーブル以外は付属品にもかかわらず。設置もとにかくのポン置き。手を加えて音がどう変わっていくか?これからが楽しみです。

とにかく置いてみた、とにかく繋いでみた。そんな今日の様子を急いでUPしてみました。
もっと詳しく書きたいのですが、時間がございません。また改めて。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

最初の課題

ポン置きしてとにかく音が出るまでにしたのが精一杯だった前回。
セットアップはまだ。当然、使いこなしの段階なんてまだ先。
そんな状態で、まともな音など出るはずもありません。
なおかつ機材のほとんどが新品ですから‥エージングにだって時間はかかります。(車にだって必要なのだから)

とは言え、とても楽しみにしていたホームシアターです。
期待外れと思われないために、早いうちになんとか最低限の音にしなければ‥「ホームシアターって楽しいね♪」と思ってもらえるようにしなければ。と思っていました。

そんな訳で、今日、時間を作って、それでもとにかく楽しく聴きたいなんちゃってセッティング~!を敢行してまいりました。
ちゃっちゃっと済ませてしまおうと考えていたのですが、、問題課題を発見したりして、そうは問屋が卸してはくれなかったのですが、、。
(まあ、我ながら当然と思うしだい‥自分のシステムだって何年もかけて煮詰めても100%の納得に行かないのですから)



はじめて映画ソフト(当然、ドラゴンハート)を使って、早速試聴。
‥‥‥ぜんぜんダメダメですわ、、。
ハッキリ言ってしまってスマン。(彼もこのブログを読んでます)‥現状認識が大切なのだよ。でもすまん。

各CHレベルバランスはダメだし、声が変だし、包囲感もダメ、移動感もダメ。‥ダメダメづくし。
(繰り返し言うけど、最初からまともな音なんて出る訳ないから)
でも、メインとセンタースピーカーの繋がりは結構イイかも。クロス付近の位相ズレは気にしなくて良いレベル?

とにかく、AVアンプの設定をマニュアルで操作。
(この段階で、オートセットアップなんてしません‥これからどんどん音が変わっていくから無駄だし。(そもそもオートセットアップは65点以上の音を作ってくれないし。)

まずは、各チャンネルのレベル操作。
‥メインは弄らず、声を届けるためにセンターを少し大きく。とにかくサラウンドの包囲感を感じさせるためにリヤは強めに。
マニュアルイコライザーで少々ドンシャリな音色に。‥激しい音のほうがインパクトがあって受けがイイ。邪道だけどね。
ここまではいたって簡単。まずまずおもしろい音に。

ただし、課題も発見。
ここからとにかく急ぎ解決すべき問題点。

①声が不明瞭
‥例えれば、ドラム缶の中にスピーカーを置いて鳴らしてみたらどうなるか?‥そんな付帯音がまとわり付いています。
ネット?‥まず外してみました。当然のことながら高域がハッキリして直接音が届きやすくなり、だいぶ改善しました。が、まだまだです。
大きな原因はおそらく、センタースピーカーをラック内やや奥まった位置に収めたことではないか?(ドラム缶現象)と予測。できる範囲で前に出してみたところ、改善の兆しあり。
対策‥ラックの全面と天版上、それぞれのギリギリまでセンタースピーカーの面を持ってくること。必要なものはそれ用のスタンド。‥既製品があるので、それを改造して、高さと角度を合わせます。
映画は声が命。これはもう、特急便で急ぎます。

②響きがやはり過剰
音楽ソフトではOKかとも思いましたが、映画ソフトを鳴らしてみるとそう感じます。
とりあえず簡単対策‥スピーカーの角度をリスナーに向けて直接音を強めました。まともなセッティングをしていない状態なのでとりあえずそれだけ。

え~と、あとやっぱり、床にラグを敷いて欲しい。リスニングポジション回りの響きを減衰させるため、大きさは3畳程度で。デザインは自分の好みのものでいいです。ニトリでもホーマックでも、安いのでいいから。

サラウンドの基本は、やはり響きデッドだ。

③サラウンド音声が高すぎる。後方に廻ったドラゴンがかなり高い位置にいます。
部屋構造の制約上、サラウンドスピーカーがやむ負えずあの高い位置となったことが原因、それは明白。
‥対策?‥頭フル回転で考え中。

④鳴りっぷりが悪い
これは、、とりあえず。とにかく使ってエージングを進めるのが近道、というか最初の一歩。とにかくがんばってやってくれ。鳴りっぷりが良くなれば自然と移動感も良くなるはず。続きはそれからだ。




オートセットアップは、基本以前の問題を対策してから。エージングが進んでから。
もちろん、ケーブルや電源はその後です。
とにかく基本が大切。基本ができてないのに、応用なんてあり得ません。スポーツでも音楽でも勉強でも‥なんでもそうです。
そして、どこまでのレベルを目指すかは●久保ちゃんしだいです。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

サブウーファーFOSTEX/CW200A ‥少し気になったこと。

前回の記事、書き忘れていたことが一つ。

FOSTEX/CW200A
DSCF0050.jpg
アドオン接続(スピーカーケーブル入力)ではなく、AVアンプからのLFE入力で音を出しています。

遅れないし、ボワつかないキレの良さは特筆ものだと思いました。映画の下品な重低音には、少し間延びしたほうがイイんじゃない?‥なんて冗談を言ってしまうほどのキレです。
しかし、少し気になることがありました。
けっこう大きい音で、さらに試しにLFEレベルを+5に設定して、ドラゴンハートを再生した時のこと。
チャプター10の冒頭に強烈な低音が入っているのですが、この時一瞬、ユニットが底突きするような歪みを感じたのです。
普通の音量に戻し、LFEレベルも標準に戻し再生したところ治まりました。

近所迷惑になるような、いわゆる爆音での再生‥下品なLFEに対しては、大きさなりのキャパシティーの限界を感じるかもしれない。
絶対音量を言葉では伝えきれないし、また、鳴らし始めた早々に断定はできないので上のような表現にて。あくまで可能性として。
普通のご家庭で、常識範囲の音量ならば問題はないだろうと思いますが。
購入検討の際には、自分のボリュームをお忘れ無く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。