BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブウーファーの再調整‥②再び足元:インシュレーターの交換にチャレンジ

前回の記事‥サブウーファーの電源プラグを交換したら、低音が激変した‥の続きです。

低音の量を単純に増やすだけなら、壁際に近づければよいのですが、、、この方法だけでは質感が伴ってこないケースが多だあるものです。増やしたくない低音帯域まで増え、ボワボワと濁り解像感を落としたり、あるいはキレが悪くなったり。単純でないことは皆さんご存知のとおり。

オンキョーのAVアンプには、サブウーファー用のグライコが内蔵されていたりします。これを使えば周波数特性は補正できます。
また、パイオニアのAVアンプのMCACC‥定材波制御を使えば同様の効果が期待できます。
これらの機能を使い、濁りの原因となる周波数を減衰補正させて被りを取り除けば、ボワボワ感は解消できるものです。
(あくまで、外的環境、定材波等、負の影響を少なくするための機能です)
でも、、、スピード感、キレといった要素についてまでは、そのポテンシャルそのものを向上させるものではありませんよね。これを向上させるためには、何か別の要因があるようです。
ほんと複雑難儀なものです、、。
なんて思いつつ、、、

今回、サブウーファーの電源プラグを交換しただけで、、、明らかにローエンドのレンジが拡大、そしてキレまでアップしてしまった(たまたまラッキー)のですから、いつもながら電源の摩訶不思議さには、腑に落ちないところも感じつつ、驚かされるばかりです。


ところで、映画再生のLFEって、時として下品とさえ感じる重低音を吐き出してくれますよね。
ミサイルが爆発すれば、部屋中が轟音振動で充満する。
戦車が爆走すれば床が縦に振動する。我が身が洗濯板の上を転がされるようなゴツゴツした感触の重い振動が、お尻から体全体に伝わってきます。
シームレスな音場空間ももちろん不可欠だけど、こんな下品な重低音が同時に吐き出されると、
まさにそのシーンの真っ只中!体は硬直して恐怖感さえ憶えます。これぞホームシアターの醍醐味って感じです。
(ボディーソニックシステムとは、体感が根本的に違いますよね)

以前使っていた棺桶ウーファーはそれが完全再生できてたんですが、、、
今のSX-DW77は、なかなかその域に達しません。不満の一つです。
さてさて、電源プラグごときでポテンシャルアップしたマイサブウーファーです。‥スーパーサイヤ人化した能力を活かして、さらなる高みを目指し、ここぞとばかりにクオリティーアップにチャレンジです。

今日は(再び)足元‥インシュレーターの調整です。
ティーガー戦車の振動をケツから感じたければ、サブウーファーからのその振動を床に伝えればいいはずです。
同じ発想で‥以前チャレンジした時は、望む効果を得ることはできませんでした。
仕方なく‥SW/スパイク&受け/御影石/スパイク&受け/床に戻して原状維持となり、そのまま今に至っていました。

使うアイテムは前回と全く一緒です。

施行前
DSCF1328.jpg
施行後
DSCF1323.jpg
下の鋳鉄製タオックスパイクを、下の(写真)ステンレスの平丸インシュに変えただけです。
DSCF1327.jpg
タオックの受けよりも一回り大きいものです。その形状にはスパイクを受けるための凹はありません。表裏面とも真平らです。

今回は効果が出ました!
戦車の縦振動をより強力に感じるようになりました。下品な重振動が床に逃げているようです。
前回と違う結果になった原因は、サブウーファーの帯域がより低くなったからに他ないはずです。今まで振動を伝播するような重低域の再生能力が(部屋・床に対して)貧弱だった、ということです。

そして、
前回の実験同様、タオックの受けにも変更して試聴してみました。が、こちらは迫力後退です。アコリバの真鍮スパイク受けでも試してみましたが、こちらも今一。(あくまで下品な振動再生が目的です)
インシュはある種のフィルター的要素があります。比較した結果、今回の目的には、上の、でかめのステンレス平丸インシュが好適そうです。

LFEの質感が変わってしまったので、AVアンプとサブウーファーの間に接続しているグライコも調整が必要にもなりました。
今まで31.5Hzを無理に上げていましたが、その帯域を-2dB。下げても迫力は減退しない様子。かえって質感アップ。無理に上げない分、解像感がアップしました。また、調整に対する反応も良くなっています。要はその帯域までしっかり再生できるようになった、ということでしょう。明らかに電源プラグ効果です。


これでひとまず映画のLFEは一段落。
と言いたいところだけど、、
ジュシックパークⅢのあるシーンを再生してみると、、まだ、ありし日の棺桶ウーファーには届きません。理想は高く。より一掃の精進が必要です。



本日の教訓
電源プラグ一つ変えただけで、インシュレーターの評価が変わってしまう。
自分ちでさえコレなんだから、他の何かにしても‥他所様んちの評価が自分ちでも100%当てはまるなんて、、、そんなことはご存知のとおり絶対無くて、むしろ違った評価が出てくるのも当然だと、そう頷いてしまうわけだ。
オデオのアクセサリーは罪深くて、ほんとに悩ましいものだと本気で思うのであります。
(もっと財布に優しければいいのにな、、。)



次回は、サブウーファー用ケーブルの交換です。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

除電は水でいいんですよ。

オデオ界隈では、どうやら「除電ブーム」みたいです。

確かに、静電気は音質劣化の原因の一つであるのは間違いなさそうです。
(誘電体だ、静電誘導だ、なんちゃらだ、それがオデオの音質劣化にどう繋がるんだ?なんて難しい理屈はちゃんと説明できないので省略です‥勉強不足ですみません。)

ここで一言。

静電気を取り除くのなら、
ティッシュに水を含ませて、ケーブルや筐体を拭いてあげればOKです。

水でいいんですよ、水で。

たぶんティッシュは目の前にあるでしょう。雑巾だって構いません。
故に、費用はほぼ0円です。


高価な除電アイテムを買う前に、効果の有無を確かめたければ、この方法でまず試してみてください。タダですから。

プレーヤーの筐体をふきふき。
トレイもふきふき。
アンプをふきふき。
レコーダーもふきふき。
コンセントカバーをふきふき。
ケーブルもふきふき。
ACアダプターをふきふき。
タップもふきふき。
ブレーカーカバー廻りもふきふき(感電注意)
できれば屋根裏を伝う屋内配線もふきふき。
CDもふきふき。(ティッシュじゃ傷ついちゃうからコットンパフでね)
PCをふきふき。
テレビもふきふき。
ラックの中もふきふき~。
スピーカーのネットもふきふき。
ありとあらゆる考えられる箇所をフキフキ~♪

ここまでやって、さっきかけたCDを改めて聴いてみてください。
いかがですか?
「変わんね~」なんて言わせませんよ。

別に全部やらなくてもいいです。一部だって構いません‥多少の効果は体験できるかも。




ところで、静電気ってどうして発生するのか?
物が動く事により物体同士(誘電体)が摩擦することで発生します。
‥静電気発生原因‥
ケーブル?‥導体が振動してますから、導体を覆うシースと摩擦?しているのかも。あるいは回りの空気とも摩擦しているのかも。
ホコリだって空気との摩擦で帯電します。
舞い降りたホコリがケーブルや筐体に積もって、、、うんぬんかんぬん。

最大の強敵はホコリじゃないか?なんてさえ思えてしまう。
それほど、水雑巾ホコリクリーニングは効果があったりするのです。
(雑巾はちゃんと絞ってね)
それに比べれば、CDの除電効果なんて小さい小さい。まじで。


とにかく静電気はオデオの大敵です。
論より証拠、実際にやってみることをオススメします。
ホコリにまみれたあなたのシステム、なんか最近、音が変だ、、その原因はこれかもね。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

サブウーファーの再調整‥③サブウーファーケーブルの交換

更新が間延びしてます。

さてさて。
サブウーファーの電源プラグを交換したら、超低音が伸びた!
さらにインシュレーターも変更することで、映画のLFEに、床を振動させる迫力とキレがUPした。
‥の続きです。

マイシステムでは、CD再生においても、BEHRINGER/CX2310とサブウーファーを使って、40Hz以下の低音を付加しています。
プラグ交換とインシュレーター変更で、映画向きセッティングに振ってみたとろ、CD再生ではちょっと五月蝿い下品な低音になってしまいました。1台のサブウーファーで2.1CHと5.1CHをまかなっているとこんな問題が出てきてしまいます。
問題を解決すべく、CX2310とサブウーファーとを繋ぐケーブルを変更してみました。


交換前は、カナレのL-2T2Sを使った自作ケーブルです。
これをオヤイデの PA-02自作に変更です。
oyaide pa-02

思惑は見事正解でした。
低音は締まり、キレが向上。下品さが消えました。
ローエンドの沈み込みにもついて来てます。
低音がタイトでも、その下のローエンドが伸びているので気持ち良い低音です。

低音の量だけなら、カナレのほうがありますが、ローエンドが伸びきらない、かつ締まっていないため、改めて聴くと、暑苦しい低音です。

実は、PA-02自作ケーブルは随分前に作ったものでした。その当時、繋いでみたものの、キレはあるけど細い低音にショックを受け、こんなはずじゃないんだけど、、と、とりあえずお蔵入りさせておいたものでした。
そのままカナレ使用で現在に至ると。
セッティング変更前は、低音の量感も出て、キレに不満点はあるものの、まとまりという点でははカナレのほうが上だったんです。

今回のプラグ交換で、ここ、ケーブルの評価も逆転してしまいました。
オーディオっちゅうのはややこしいね。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

SX-500 DOLCEⅡ‥スピーカー端子交換のススメ

ビクターのスピーカー、SX-500。
このブログをご覧に来ていただいてる皆さんは、とっくのとうにご存知ですが、
何度も浮気しそうになりながらも、結局こいつに戻ってしまう、、。ここ十数年使い続けているお気に入りのスピーカーです。

ワイドレンジじゃあないけれど、、。低音もブリブリ出る訳じゃあないけれど、、。解像度だって低いけど、、。デザインも古臭いけど、、。
でも、
中央にぽっと浮かぶ生っぽいヴォーカルに見惚れてしまったり。
ピアノの響きやギターのハーモニーにハッとしたり、
ステレオなのに、サラウンドみたいに聴こえてきたり。
音楽が単純に心地よい。
デザインだって、実はどこに置いてもそれなりに調和してしまうトラッドデザイン。さりげなく小奇麗にセットすると、なんだかむやみに高く見えたりしてしまったり、そんな奥ゆかしい楚々とした貫禄?さえあったりするのです。

もちろん。お金さえたくさんだせば、もっと良いスピーカーがあるのは知ってますよん。
でも、オーデオなんてものは、所詮趣味ですから。お金が無いなら無いなりに楽しむべきで。自分が楽しければそれで良し。
(そもそもハイエンドと呼ばれる音は、嫌いなことが多かったりして。)

音楽を聴くのは、これでいいんだ。この説得力がいいんだ、と納得してしまう。

そんなSX-500ですが、初代から24年。そして販売終了してはや2年。新品じゃあ、もう売っていないけど、、、ヤフオクで手にいれるのは比較的簡単。しかもけっこう安かったりする。
(5本揃えてサラウンド‥これもかなりいいですよん♪)

年数がたいぶ経つものが多い。でも、箱の素材がいいし、スピーカーユニットもけっこう丈夫。
少しメンテナンスしてあげれば、いにしえのサウンドが復活です。



前置きが長くてごめんなさい。
スピーカーユニットのクリーニング、メンテについては書いたことがあるけど、
今日は、今まで何故かブログの記事にしてなかったスピーカー端子についてです。

SX-500シリーズの中から、まずは(自分が使っている)ドルチェⅡから。
ノーマルだとこの端子、あんまり食いつきが良くないし、締めると不自然にグラつきがあったりします。





‥‥(ちょっと休憩) (/0 ̄)





8/14 再開
改めまして。
まずは、スピーカー端子がどんなになっているか確認しましょう。

ウーファーユニットを外し、吸音材を捲ると、端子(裏側)が見えてきます。
sx-500 de

上下の止めネジ2本を外します。‥端子台を止めている押さえ木が外れます。
sx-500de
実は、この押さえ木の圧着力が若干不足気味です‥そのために端子台が固定されず、端子がグラグラしたりするのです。
圧着が弱い、といことは‥空気漏れもおこしているかもしれません。精神的にもよくありません。特にDOLCEⅡは密閉タイプ。いい訳ありません。
処方箋‥押さえ木と端子台の間にスペーサー(材質はなんでもOK)を挿入します。たったこれだけのことで解決です。

押さえ木を外すと、端子台は簡単に外れます。
DSCF5157.jpg
上の写真は、内部配線を外し、固定ナットも外した写真です。

実はここにも問題が。
内部配線は、スリーブで端子終端に圧着されています。
圧着されているだけです。ハンダ付けはされていません。
外すのは、悪い意味で簡単です。

ペンチでクリクリと左右に回転させながら引張ると、わりと簡単に抜けてしまったりします。(個体差があります。)
そうなんです。‥ここの圧着も微妙に弱い個体がある。
ウーファー側の内部配線(ネットワークまでの+線)が単線だったりするので、ますます緩みやすい。

接点不良は厳禁です。

処方箋
パターン①
接点を磨き、新しいスリーブを使って、圧着し直します。
パターン②
端子を交換してしまう。
DSCF5155.jpg
パーツはコイズミ無線にて購入。ガッチリ強度もあります。

端子口径が違うので、ドリルを使い、穴口径をギリギリまで広げます。
DSCF5158.jpg
この端子、内部配線はネジロック式なのでハンダは必要ありません。

元に戻して、完成です。
作業自体はいたってシンプル、簡単なものです。

これで接点の心配はなくなりました。
エネルギー感の向上、あるいは、微小音(響き)がよりハッキリ。その消え際が聴こえやすくなったりします。





ドルチェⅡのスピーカー端子‥見えない部分の構造はこんな感じです。

ドルチェエテルノになると、、、スピーカー端子は、再びネットワーク板上に直付け型に戻されています。そのため、ドルチェⅡのようなグラつきはありません。

ドルチェについては、、、所有したことがないので分りません。

それ以前の、スピリット以前のモデルはちょっと‥‥酷いかも。
スピリットの記事については、また改めて。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

ボンビーホームシアターは「外国人参政権」に絶対反対です。

本当は政治ネタはこのブログでやりたくないんだけど。
知らない人はぜひ知っておいてほしい。
のーてんきバカには特に知ってほしい。



‥↓クリックで拡大します。‥
外国人参政権


もし、こんな法案が可決なんてされたら、
そう遠くない将来、日本は中国の属国になってしまうかもしれません。いや、きっとそうなってしまうでしょう。
政治? 個人レベルじゃどうしようもないよ。‥なんて呑気に構えている場合じゃなさそうです。
俺には関係ない?‥とんでもありませんよ。






テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

ボンビーホームシアターは、日本の将来を本気で心配しています。

続けますよん♪
古い動画でスミマセン。


実は、この番組‥お笑いなんです。中華民主党ですって(笑)
しかし!コメントは真実だったりして。

‥再生がひっかかるようでしたら、↓クリックしてください。‥
元ネタ‥お笑い日本の実態 !?『外国人地方参政権で日本終了』
笑えるんだけど、、寒気もしてきます。

ここ1年間の出来事を思い出しながらご覧ください。




テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

SX-500 スピーカー端子交換の薦め

ビクタースピーカー、SX-500のスピーカー端子形状は、
① 初代、Ⅱ、SPIRIT のグループ と ② DOLCE、DOLCEⅡ、DOLCE-ETERNO のグループと
二種類に分かれます。
前回②のグループの端子交換について書きました。
今日は、①のグループについて。

↓これがノーマル状態です。
SX-500SPIRIT
写真では、ジャンパー線がありません。
新品には、↓のジャンパー線が付属していました。
VICYOR SX-500
このジャンパー線の端子の形状は‥‥一辺が1センチ+α程度の正方形で、厚みが(記憶が曖昧ですが)1ミリ位の平板でした。材質は、銅にニッケルメッキを施していたような記憶がありますが、、確信はありません。

スピーカー端子は、この平板を挟み、圧着する構造でした。
sx-500spirit

‥‥これが、あんまり良い構造とは思えません、、。
強度が足りないんです。
太めのスピーカーケーブルや単線のスピーカーケーブルを繋ごうとすると、均等にうまく圧力がかからず、すぐに緩んでしまったものでした。仕方ないと、さらに力を加えると、上の写真のようにプラスチックの支えが、ポキッと折れてしまうのです。
一度こんなふうに破壊、あるいは亀裂が入ってしまうと、もう元には戻りません。
なんとかなんないかな?
‥ツマミを回しても、クルクルと無情にすべるだけ、、。ケーブルは当然緩々、、悲しい一瞬です。
このスピーカーを使っていた方で、同じ思いした人はいっぱいることでしょうね。

‥アロンアルファーで接着すれば、少しはなんとかなるかもしれません、、。しかし、時間の無駄でしょう、たぶん。いっそのこと、スピーカー端子を交換してしまったほうが音質にもグッドなのは間違いありません。けっこう古くなっているので、メッキだって腐ってるし、接点不良をおこしてるかもしれないし。


ということで、スピーカー端子の交換のススメです。
開腹しないと、もちろん修理は無理。
まず、例によって、ウーファーのパンチングカバーを外して、開腹します。
ネットワークが見えます。
0623DSCF0004.jpg
このネットワークの板そのものが、スピーカー端子ベースです。
ネジ6本を緩めると、おもむろに外れます。
0002-photo-0046.jpg
表側のネジ3本を外すと、赤/黒の端子側が外れます。

ケーブルを切って、端子を抜きます。
0002-photo-0047.jpg
これで、スピーカー端子は外れます。

用意した新しいスピーカー端子に合わせて、穴を広げます。
0002-photo-0049.jpg

新しいスピーカー端子を挿入。
sx500000.jpg

内部配線を結線
内部配線‥導体の先端は肉眼では判らなくても、腐食しているかもしれないので、切り落としたほうがいいかも。
単線‥銅色の部分は、絶縁塗料です。先端を切り落とした場合、接点部分はペーパーで落とし、磨きます。
0002-photo-0051.jpg
結線して、ユニットを元に戻して完成です。
sx50000000.jpg
簡単でしょ?

これだけでも、鮮度感やエネルギー感が回復します。
ついでに、コイルやコンデンサーを交換してしまうのも良し。
あわせて、ウーファーエッジのメンテも忘れずに。

往年の名機‥復活です!


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

三菱 ニューDLPプロジェクター LVP-HC4000 発表

今日8月23日、三菱から新しいDLPプロジェクターHC4000が発表されています。
発売は9月27日予定。

DLPチップがダークチップ2から3に。
コントラストが3000から3300にアップ。
「ミラー窪みの小径化とミラーギャップの狭小化による開口率アップに加え、ミラー下部の配線も改良し、乱反射を大幅に低減した‥」とのことで、滲み感はさらに減り、画はよりクリアに、より精細感に。とのことです。

個人的には、スペックには表れない‥3800の弱点だった、黒浮きと動画追従性、これらがどのくらい改善されているか、のほうが気になるところですが。


気になるそのお値段は、
ファイル・ウェブでは予想価格218000円となっていますが、個人予測は198000円スタート?
同じダークチップ3を搭載した、オプティマのフルHDの実売が40万円をちょっと切ったくらいですから、上記弱点が改善されていれば、ビンボーフルHDプロジェクターとしては、最強!無敵?!間違いなしです。

ただし、
スタイルリングに変更はありません。
3Dにも対応していません。(個人的に3Dには全く興味なし)
設置性も(何も変更なく)相変わらず凶悪です。‥今回も基本性能に清く徹してきました。この潔さが逆に素晴らしいけれど、、。
このプロジェクターで100インチオーバーを実現するには、ウサギ小屋じゃ無理ですから。
打ち込み角の問題‥天井が低いと無理。
なので、うちでも90インチが限界。

設置性にイージーさはありません。しかし、それさえ克服できればコストパフォーマンスは最強なのです。

ところで、おまえは買い替えるのか、って?
‥じぇんじぇん考えておりません。
今の3800で十分に満足してますから。←うそです‥画が横に流れるシーンだけはちと辛いとは思ってます。でもそれ以外は満足してます。だからいいんです。(お金ないし、、)むーん、ちと悲しいかも。
でも、不満点はそれくらいで、他はポイントについては、十分満足しているのはほんとの話。

ここに至り、旧型の3800、値段しだいで買うっていう手も十分ありで。
3年半ほど前でしたか、
720Pプロジェクター時代、HC3100発売に伴い、旧型になったHC3000(定価398000円)が138000万円(128000円だったかも)で投売りされました。(あの時は、NTT-Xストアーでした)
今回の4000発表で、旧式化した3800が投売りされるかもしれませんね。
(ちょっと前からアバックでは、「開封未使用」と称して138000円で売られているので、もっと安くなるのかな?‥今が底値?‥さてさてどうでしょう~。)

この値段なら、どっちも「安い!」と思います。新型を買っても良し。投売り?で最安の旧型を買うのも良し。
興味のあった方は、この機会に、プロジェクター大画面を導入してみては?
液晶大画面?50インチ程度じゃ小さい小さい。ぜんぜん小さい。


プロジェクターなら、
ジュラシックパークのブラキオザウルスが目の前で立ち上がるシーン‥おもわず、自分の顔を上げて見上げてしまいます。
ツイスターの牛が飛んでくシーン‥画面から飛んでった牛を、目だけじゃなくって、体で追ってしまうのです。
画以外は目に入らず真っ暗。そこはもう、そのシーン、現場です。
サマーウォーズの仮想空間‥本当にオズの世界に侵入してしまったようです。

それは、「錯覚」を超えた臨場感。そこに入りこんでしまった貴方だったりするんです♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

プチマイブーム‥アナログレコード

ortfon 2M red
(レコードプレーヤーはPRP-JECTのPERSPECTIVE)

最近、カートリッジをオルトフォンのMMカートリッジ2M-Red に新調してみました。
2Mシリーズの中では一番安価なスタンダードモデルですが、けっこういい感じです。
今まで使っていたテクニカのAT150Tiに比べて、重心が低くなり高域は伸びているのに滑らか、打楽器の立ち上がりが早く、また、プレゼンスが豊か‥これがとても気持ちいい。

あまりの暑さで、パワーアンプの電源を入れられないので、ヘッドフォンで聴いています。ついでにヘッドフォンもビクターのHP-RX900に新調しちゃったりして。
カートリッジとヘッドフォン‥アナログの良さを保ちつつ現代風に再生してみたい、お金が無いなりに少しだけ拘ってセレクトしたつもりです。

暑い夏の夜‥たまにはアナログもいいな~♪と、あの頃の曲を懐かしみながら聴くのも、けっこうオツなものです。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

LM3886アンプ(YS1)到着

ウッドさん大推薦の、LM3886搭載アナログアンプが到着しました。
(LM3886は、ジェフローランドのModel10など高級アンプにも採用されたことで知られる、ナショナルセミコンダクター製の高性能オーディオICです。)
DSCF1404.jpg
実はこのアンプは中国製‥値段はお手頃。しかし、評判はなかなか。
サイズはご覧のとおり‥プライマーのプリと比べると、さすがに巾はありませんが、奥行きはひけをとりません。なかなか立派な佇まいです。
手に持ってみても、意外にズッシリ。

カマベイアンプと比べると、、
DSCF1400.jpg
こんなに立派です。

背面
DSCF1411.jpg

音出しは後日改めて。とりあえず今日はお披露目だけ。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。