BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます!

DSCF1921だあぁぁ





   




スポンサーサイト

今年最初のオーディオ遊び

早いもので正月気分もどこへやら‥ですね。
昔は、もっと時間が経つのがスローモーションだった気がします。良い意味で。
ほっとする時間がたくさんあった。
心にもゆとりがあった。
上っ面じゃない気遣いや優しさもたくさんあったような気がします。
不景気と言われる今の時代よりもずっと貧乏だったけど、人間らしさが溢れていた気がします。
心だけは、懐かしいあの時代と同じでありたいと思います。


さてさて、
今年も年始からオデオです。
実は昨年末なんですが‥少しごご年配の友人から「ミニコンポが壊れちゃったみたいで、CDが鳴らないんですよ~。」って相談を受けてたんです。

聞くと、壊れたミニコンは十数年前のオンキョーのミニコンFRシリーズ。ミニコンポとしてはまずまず音が良いと言われてたアレです。
CDが聞ければいいんだけどね。ただ、あんまり安いと音が悪そうだし、、電気屋に行っても何を買っていいか分んなくてね、、。

了解です。そのご相談、あたくしがなんとかしましょう!
せっかくだから、「音楽ってこんなに素敵なものだったんだ。」と思ってもらえるようなシステムを持っていきましょう!ちょっとだけ待っててね。
とお返事をさせていただいたのでした。

機材倉庫(クローゼットね)にあれがあったはず、、。
KENWOODのLSF-555(写真は新品のもの)
KENWOOD LSF-555
KENWOODの高級小型コンポK'sシリーズのスピーカーとしてラインナップされていました。
上位機種のLSF-777ばかりもてはやされていましたけど、この555も実はけっこう良い音で鳴るんです。
決して小ぶりではなく、自分のビクターSX-500よりも気持ち半廻りほど小さい程度の大きさ。重量は8キロあって、手に持つとズシリときます。

引っ張り出したスピーカーは、
以前、ハードオフでジャンクとして購入してそのまんま放置してたものです。
ユニットは生きてるけど、外装がけっこうボロ、。ネットは破けてはないけど汚れだらけ。
ツィーターユニットはお約束のボコボコ凹み。←これって指で突付いた訳じゃなくって自然となってしまう。音には影響ないんだけどね。年式も15年位前のもの。そんなんでジャンクとして並んでものを持ち帰ってあったものでした。

こいつを休み中にメンテナンスしてあげて。
さて‥プレーヤーとアンプは何にしようかしら?‥あんまの仰々しいシステムでは電源入れるのも億劫になっちゃうだろうし、。何か手に入れなくっちゃ。

(話は少し脱線しますよ)
とりあえず、偵察のためノジマに行ってみました。
今風のミニコンが置いてありました。値段は2~3万円とお手頃です。
どんな音がするのかな?
USBの音楽を再生してみると、、、

絶句‥なんですか、これ? この酷い音は?
ジャリジャリして耳障りな高域。
薄っぺらなヴォーカル。
ちっとも出てない低音。‥バスブーストをオンすると低音ボーボー言ってるだけで、声はさらに埋もれちゃうし。

聞くに耐えられません。
ハッキリ言ってノイズにしか聴こえません。
いくらなんでも酷すぎない?
他のミニコンも程度の差こそあれ全部この傾向。目糞鼻糞。

お店に置いてある、売っている。‥ということは、一般の方々?はこんな酷い音で音楽を聴いてるの??
以前からこんな傾向はあったけどこれほどじゃなかった。今やこんなのが当たり前?
ちっとも気持ち良くない。
打ち込み楽器ならそれなりに聞こえてくるかもしれないけど。
ミュージシャンの感情がどれほど伝わってくるのだろう?

何かに対してむしょうに腹が立ってきました。

こんなんで本物が判るのか?音楽が芸術だなんて、遠い話になってしまう。
軽薄短小、外がわ立派中身無しな今の世の中がそのまんま反映されてると思う。

だからと言うつもりは無いけれど、、。
しかし、改めてハッキリと世間に言いたい。
こんな音で聞く音楽は音楽じゃない。癒しなんて勘違い。ハッキリ言ってただのノイズです。耳が腐ります。

言いたいこと言って今日はお終い。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

ハードオフで YAMAHA/YP-D51 をサルベージ

なんとも優れない気分でノジマ電気を後にした自分でした。
気分転換にとりあえずハードオフに行ってみました。
最近は掘り出し物に遭遇するチャンスなんて滅多に無くなってしまったドフですが、
それでもたまに、「おっ!これは!!」なんてものに巡り会えたりするのが楽しいんですよね。

‥ジャンクの山の埋もれたレコードプレーヤーの中に、なにやら懐かしいオーラを放つ奴がいます、、。

「ジャンク。音は出ました」とだけ書いてある。
決して立派なキャビネットじゃないし、
ホコリを被って汚らしいし、ダストカバーも曇ってる。
カートリッジなんてもちろん付いてない。
インサイドフォースキャンセラーのウェイトも無いし。
ダイレクトドライブ方式、その初期の頃だったはず。けっこうな年代物のはず。

ちゃんとした音が出るのか可能性は低いけど、
「押入れの奥に長いこと放置されてたけど、修理してくれればまだまだ使えるよ。」って想いが伝わってきます。


今年最初のサルベージは
ヤマハのYP-D51。
アームに惚れちゃいました。
yamaha yp-d51
写真は‥一生懸命磨いてあげて、真鍮の錘を流用してインサイドフォースキャンセラーにして、
テクニカの一番安いカートリッジを付けてあげたところです。
yamaha yp-d51

CDプレーヤーとアンプを探しにいったのに
思わず見蕩れてしまったレコードプレーヤー。
もちろん音楽がきちんと再生できてこそのオデオ機器です。

果たしてまともな音は出るのでしょうか?

話はあらぬ方向へ展開してますが、、、
たぶん、あっちいったりこっちいったりしながらお話は続いていくと思います。
期待しないで続きをお待ちください。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

シャープのデジアンゲットです♪

(ミニコンポが壊れた友人の話の続きですから。)

ところで、設置スペースはどのくらいあるのかしら?(肝心なことを聞き忘れていました。)
電話で聞いてみると‥どうやら、ミニコンポが置けるスペースしかない様子。ならば選択肢は、やっぱりミニコンのレシーバーになってしいます。
床にはスピーカーを置くスペースはかろうじてあるらしい。
ちなみに音量も小さめとのこと。ただ、ベッドが2つ置いてある8畳の寝室で使うそうで、どうやら響きはデッドが予想されます。

小音量とは言え、ベッドが2つも置いてあれば音はかなり吸われてるはず。特に低音は厳しいかも。しかもLSF-555なんてスピーカーを駆動しなければなりません。
自分的には、綺麗な音で鳴らしたいのは当たり前。(予算はもちろんビンボーで)
これってけっこうシビアな条件だけど、、
ビンボー予算で駆動力と言ったらデジアンでしょ。
すぐにピンッときたのは、シャープの1bitミニコンポでした。
あれならたぶん大丈夫のはず。(だよね?ぶちさん)

再びハードオフに戻って、ミニコンコーナーを徘徊してみると、、、
あった!ありました。
SHARP SD-CX8(↓写真は新品です)
SHARP SD-CX8
「動作品。ただし片側スピーカーのネットありません。なので2,980円。」の値札が!
しかもリモコンまでちゃんと付いてます!
ネットが付いてない?‥カンケーないね。スピーカーがウンコなのは知ってるけど、必要ありません。
確か、記憶では10年くらい前のモデルだけど、、きちんと動いて状態が良ければ無問題。むしろこの頃の製品のほうが良いかもしれない。
これ以上ピッタリな条件はありません。迷うことなく即ゲット!

持って帰り、動作確認しても全く問題なし。OK!
問題ないどころか、、
マイスピーカーSX-500に繋いでみると、、マジで?低音グリップしてますよ。ミニコンですよ?有りえない。

ネットで調べてみると、2002年の作品らしい。ちょうどオデオ界隈でもデジアンブームが勃発した頃。創明シャープがデジアンに激本気だった頃です。
価格.comで改めて調べてみると‥ミニコンとしては音は良い。しかしスピーカーがウンチ。駆動力はあるのでスピーカーをグレードアップすれば凄く良い。なんてあります。
思い出しました。自分も石丸電気のミニコンコーナーでコレ聴いたことがありました。ミニコンらしくない解像度、綺麗な高域。純正スピーカーなので低音はさすがにアレでしたが、贅沢言わなければ、スッキリとしたバランスの良い音。他のミニコンとは一線を画した良い音で鳴っていて、確かにスピーカーを変えたら凄く良くなりそうな雰囲気でした。
ぶちさんも、これの上位機種であのエラックを鳴らしてましたものね。
その末弟のミニコンですが、これならけっこう期待できるはず。

めでたくレシーバーゲットです♪
アイテムは揃いました。出張準備に入ります。

やっぱりまともじゃなかったYAMAHA YP-D51

DSCF2057.jpg

ハードオフでサルベージしてきてあげたヤマハのレコードプレーヤー/YP-D51
その素性を調べてみると、、、
オーディオの足跡さんに詳しく載っていました。
定価は49,000円。なんと1975年頃の製品だそうな。
今でこそ安いじゃん、なんて思ってしまう程度のプライスタグですが、実はそんなことはない。当時の貨幣価値は脳内感覚換算ですが、今の3倍‥15万円くらいの価値があったんじゃないかな?くらいな気がします。

このYP-D51‥知る人ぞ知るあの有名なレコードプレーヤー、ヤマハGTシリーズの前身の作品とのこと。
キャビネットこそ全然違いますが、無骨なアームはベース以外そっくりです。
このアーム、眺めているだけでそそります。
DSCF2028.jpg
ターンテーブルとアームを水平にするための、高さ調整機能。‥写真右手のハンドルを緩めてアーム全体を上下調整します。

ウェイト
DSCF2046.jpg
PRO-JECTのものと違って、回転移動が比べ物にならないほど滑らかです。しかもウェイトが止めたい数値でピタリと止まり、微動だにしません。この安心感が素晴らしい。日本のモノ造りの確かさを感じます。


機能的には、オートストップ機構さえありません。
キャビネットに見えるスイッチは、33回転-オフ-45回転を切り替えるパワー・スピード切替と、ピッチコントロールノブだけ。
DSCF2044.jpg

そして手動のアームリフター。このシンプルさが返って清ささえ感じさせます。

インサイドフォースキャンセラーはローラー付き糸吊りタイプ。
錘が欠品してましたが、ジョイフルホンダの金属コーナーでそれらしいものを探し出して流用。
釣り糸はダイソーの釣り糸です。
DSCF2047.jpg

ターンテーブルは1.8kgのアルミキャスト製。必要十分な重量感。その駆動はダイレクトドライブ方式。

全体を眺めると、GTシリーズに比べ、キャビネットの厚みが比べて少ないこと、脚がやや華奢なため、重厚感には不足する部分はありますが、しかしながら、その佇まいはオールドな銘記としての雰囲気を十分かもし出してくれています。

これできちんと音が出てくれれば、大満足です。
カートリッジを装着していざ。
ターンテーブル回転オン!
アームリフターを落とすと、、
音が鳴り出しました! とりあえず一安心。

と思いきや、、

なんか微妙に回転が早いね、、。
‥そっか、そのためにピッチコントローラーで調整するんだな?
‥‥と思い、ノブを回してみました、、
ところが、
‥‥‥ちょうどの音程まで落とすと、回転が安定しない、、。
あげく、ランダム周期で極端に回転が遅くなる始末。
起き抜けだろうしと、しばらく様子を見ましたが、改善の兆しまったく無し!


36年モノだし、、モーターが腐ってるのでしょうか?
あるいは接点不良?
いずれにしても、早々と暗雲垂れこめてしまいました。

自分に治せんのかな??
‥そんな高等技術ありませんから。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

インコネ ZONOTONE 7NAC-5000Meister

本日到着しました。
ZONOTONE 7NAC-5000Meister
新品です。26,400円也。

7NAC-5000Meister

7NAC-5000Meister

現在クレッシェンドが繋がっている、DAC~プリアンプ間のインコネとして。
目的は、もちろん低音のドーピングです。
しばしエージングの予定。

良かったら当然インプレします。
気に入らなかったら、
それはそれでこき下ろさせていただきます。その上でヤフオクで叩き売ります。大人の事情なんてありません。
気を使うショップやメーカーなんてものも一切ございません。
良いものは良い。悪いものは悪い。ただそれだけです。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

無題ということで。

ミニコンポが壊れた友人のお話。
スピーカーはジャンク倉庫からKENWOODのLSF-555を引っ張り出した。レシーバーはハードオフで、シャープのデジアンSD-CX8を2,980円でゲットした。
機材は揃った。メンテナンスもした。さて、友人の待つ東京へ出張です。
‥の続きです。

部屋の背丈に見合ったオデオが肝要。オデオは部屋と聴く音楽とボリュームに合わせて選ぶべき‥というべきか。

音の良し悪しは部屋の影響が大なのは皆さんご存知のとおり。
いくら立派な拘りのオデオ機材を揃えても、いくら電源を強化しても、いくらセッティングに拘ったと言われても、情報量が凄いでしょ?なんて言われても、、、それを理解していないと、出してる音はとんでも勘違いサウンドだったりする訳ですよ。

その大切な部屋‥
今回その肝心な部屋の様子が行ってみないと分らない‥電話だけでは設置する寝室の様子がちゃんと分りません。
得ている情報は、
ベッドが2つ置いてある8畳の寝室。‥おそらく響きデッドであろう。
音量も小さめとのこと。
それと、ミニコンを置くスペースはアンティークちゃぶ台の上、けっこう狭い。
スピーカーを置くスペースは、ちゃぶ台左右にかろうじてある。
とそれだけです。

ほんとにブッツケ本番、出たとこ勝負なんですが、
それでも「良い音だね♪」と喜んでもらえる音を出してきたい。そんな気持ちだけは強力です。

とりあえず、音調整の巾を持つために、スピーカーケーブル、山勘で今回会いそうなものを用意することにしました。
(全部手持ちの余り物です)
①ミニコン付属のケーブル。‥基準として。
②(絶版)アコリバの1.6φ銅楕円単線。‥低音が吸われ過ぎの場合に有効なはず。
③ノードストのSpellbinder‥低音だけでなく高音まで吸われてたら有効なはず。

その他、間に合わせになりそうな小物をリュックに放り込んでいざ出発です。

続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

文京区の友人宅にシンプルオデオを設置してみる。①

友人のお宅に着き、早速寝室に案内してもらいました。

ドアを開けると、
部屋の形はほぼ四角形の洋間8畳が現れました。
大きめのシングルベッドが2つ、部屋の中央に。ベッドの頭側をドア反対側、向こうの壁にピッタリ付けて、平行に手を繋ぐように並べられています。そしてベッド左右には人間の移動スペースがあり、その巾は約50cmほど。
ドアの位置からそのまま左方向に目をやると、空間があります。ベッド端から壁まで1mほどの巾で、その少し広い空間が左奥まで伸びています。その空間に、高さ40cmくらい、奥行き50cm×巾1mほどのアンチークちゃぶ台が置いてあります。その上に32インチ液晶テレビが載っています。
今まで使っていた(壊れた)ミニコンは液晶TVの前に置いてあります、、本体だけ。
‥‥ちゃぶ台の向かって右側はドレッサーが鎮座、、。ちゃぶ台の左側はクローゼット、、つまり扉。
ミニコンスピーカーはそれらの隙間に床に直置きです、。

(設置スペースが予想以上に狭いじゃありませんか!これはキビシイ~。)

寝室ですから‥ベッドに寝転びながら、大好きな音楽を聴いたり、TVを見たり。ご就寝前のゆったりしたひと時を過ごすそうです。
どんな音楽を聴くんですか?と尋ねると、、「私はテネシーワルツとか、アメリカの古きよき時代のカントリーみたいなとか、それを新しくアレンジしたものとか。そんな感じ。」と。ご主人はアルトサックスが入っているジャズっぽい静かな音楽が大好きなんだそうな。どっちにしても、シンプルに、謳い、奏で、癒される音楽が大好きなんだそうです。

(なるほど!その手は得意かも。でもまずスペースを確保せねば‥とは思うものの、基本はこのまんまです。なんたって、いつものオデオキチガイ部屋じゃない、ごく普通のご夫婦のお部屋ですから。)

さて改めて部屋の様子を見回してみる。
TVに背を向けて、部屋全体を見る‥正面のベッド頭側には大きな窓。その窓には厚手のカーテンが。
右手壁は引き戸の押入れ。
左手は一面壁ですが、洋服が綺麗に吊るされています。
天井の高さは一般的な2.2m程度。
響きは‥手を叩かなくても判ります。会話の声で判ります。確実に間違いなく響きデッドです。
しかし、小さめの声で喋っていても会話がとても聞き取りやすい。
四角形の部屋だけど、部屋面積の60%?位を占めているんじゃないか?ど真ん中のベッドが定在波なんてものも消してそうです。

静かめでシンプルな音楽。謳い、奏でる‥そんな直接的な音にまったりと耳を傾けたいお二人。
‥部屋の性格が、なんとなくとてもマッチしてそうに思えませんか?

スペースさえなんとかしちゃえばなんとかなりそうな予感。

お二人に言いました。「とにかく持ってきたシステムでその音楽を聴いてみましょうよ。きっと感動すると思いますよ♪」


‥続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

困った時のDeoxlT D5

話はあっちへ飛んだり戻ったり。

見違えるほど綺麗になったYP-D51。いざ針を落として、音楽を流してみると、、
なんか曲のテンポが早足です。
今日はその、やっぱりまともじゃなかったYAMAHA YP-D51 の続きです。

ストロボスコープを覗くと、回転が速い様子。(写真じゃ判りませんね)
DSCF2039.jpg
ピッチコントローラーで解決かな?と回転を少しスローに調整すれば、、
今度は規定回転位置で、回転むらが出ます。
スコープの中のピッチも静止しません。ちょうどのところに合わせようとすると、ピッチが右に左にフラフラと流れていってしまいます。
かけている音楽も当然音程がふらつきます。
しかも
突然極端に回転が遅くなったり元に戻ったりする始末。
‥これでは音楽を楽しむどころではありません。確実にジャンクです。使い物になりません。


でも、ところどころ回転が合うその一瞬、
今まで使っていたビクターのQL-Y33Fよりも、ずっと厚みのあるアナログらしい魅力的な音を垣間聴かせてくれやがります、、。
くぅ~‥正直こいつはもったいない。
ちゃんと鳴らしたいです、これは。

とは思いつつ、メーカーはこんな古いもの修理はしてくれないでしょう。
自分で修理?‥ムリ!
原因はいくつか予想くらいはできるけど、、そんな修理ができる高等テクニックも機材もございません。

こんな時には、ダメ元でこいつの登場です!
DSCF2067.jpg
ケイグの接点復活材。
ホームセンターなんかで売っている安物とは攻撃力が違います。
セククター不良、ボリュームのガリ‥今まで何度こいつに救われたことか。

コイツを噴射すべきポイントは?‥もちろんピッチコントローラーの接点。もしかしたらの賭けですが。
プレーヤーをひっくり返し、底板を外し、、回転数切替とピッチコントローラーのブロック部分を外し、、、
(すみません、写真を撮るの忘れました。)
ピッチコントローラー本体内部へ、その隙間から注入!
ノブをグリグリしつこいくらい回転させてあげるのはお約束。

とりあえずこれだけの処置で元に戻し、
ターンテーブルを回してピッチを33回転にて調整してみると、、
‥おや?さっきより安定してる気が?、、。

これならもしかしたら?
‥祈るような気持ちでレコードをかけてみました。
!!
なんと普通に聴けるじゃありませんか?!

さすが!やってくれるじゃないか!ケイグ。
と言うよりも、こんなんで治っちゃっていいんでしょうか?
でも、まあ、とにかく(まだごく微かに回転ムラが残っているようないないような気もしますが)安心してレコードが聴けるようになりました。

流れ出る曲はユーミンのリ・インカーネーション。1983年‥ちょうどCDが世に出るか出ないか。レコードが絶頂期を迎えていた頃の作品。

懐かしい曲と懐かしい雰囲気。なにもかも懐かしい、、。
良し悪し全てひっくるめて今更ながらアナログの魅力に摂り付かれそうです。




‥まだ続きます。


文京区の友人宅にシンプルオデオを設置してみる。②

お二人に言いました。「とにかく持ってきたシステムでその音楽を聴いてみましょうよ。きっと感動すると思いますよ♪」
の続き。

ちゃぶ台の上、テレビの前に置いてある古いミニコンを撤去。その場所に持参した(これまた古い)シャープのミニコンSD-CX8をセット。思ったほど違和感はありません。と言うより、むしろこの部屋に調和感さえ感じてしまいます。デザイン的にチープじゃなく。大きめのブルーボタンが判りやすいし、CDカバー?がミョイーンとオープンするのがカッコイイ。
さて、、スピーカーはどうしょう?と思案。‥とりあえず床直置きでは位置が低すぎる、、ので、
置いてあったミニコンスピーカーをスタンド替わりにして、場所もそのまま、とりあえずその上に置いてしまいました。‥良くないセッティングは重々承知っす。
スピーカーケーブルは付属のものを。
とにかくとりあえずです。
(写真は一切ございません。オデオファイラーのお宅だったら遠慮なくじゃんじゃん撮っちゃいますが、今回ばかりはごく普通のお宅なので、、)
こんな状態ですが、普段よく聴いているCDをかけてもらいました。

ものの数秒。「えっ!今までと全然違う♪」なんて、奥様の口から。
(そりゃそうでしょ~。スピーカーそのものが全然違うんですから。)

と、喜ぶ奥様の笑顔にほっと一安心も、一方、冷静に音を分析するオデオバカな自分。
ヴォーカルはそれなりにハッキリ聴こえるけど、
高域が弱い‥伸びてはいるようだけど。やはりデッドな空間に音を吸われすぎている様子。
低音は量は過不足ないけど、ボンついてる。‥位置が低いし、やっぱりスタンド替わりのスピーカーが悪さをしている?
ポン置きだからこんなものだろうけど、、。
現状これでは自分的には、全く不満足。

でも、これで十分かどうかはお二人が決めることだし。
(今回ばかりはあ~だこ~だな押し付けは控える予定。)

ご主人に感想を尋ねると、、、
「今までよりは全然良いけど、、何かまだみたいな、、。」
表現するオデオ用語を知らないだけで、きっと自分と同じような感覚かしら?
聞くと、、実は、知り合いにJBLのでっかいスピーカーを鳴らしている友人がいて、たまに無理矢理聴かされているんだそうな!
あらまあ!そうだったんですか!
それと比較しているんじゃ、これじゃあダメっしょ。

なんだかワクワク。
ならば、まずは評価する以前の問題を解決しなくちっゃね。
(こみ上げてくる喜びを押し殺してます。)

まずはスタンドをなんとかしなくちゃ。そんなに高くないですから。

一緒にヨドバシカメラに行きませんか♪


‥続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。