BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい仲間が加わりました♪ PIONEER SC-LX83

オデオ&シアター、再開いたします。(暑さ全開シーズン故、ぼちぼちと)

マイシアターに新しい仲間が加わりました。
パイオニアのAVアンプ‥SC-LX83です。
pioneer sc-lx83
既存のAVアンプは、同じパイのVSA-AX4AH。HD音声、ビットストリーム信号にフル対応した最初期のモデルです。
当時‥ブルーレイの新しい音声フォーマットに対応(HDビットストリーム信号を直に受け取る)するために、とにかく急いでリリースされた感じを受けたモデルでした。

その後、パイオニアの中堅AVアンプ群は、
VSA-AX4AH、LX70 →(パワーアンプ部がデジタル化)SC-LX71/81 → LX72/82 →そして現行モデルのLX73/83とモデルチェンジ。
3世代も経過していれば、音だってグレードアップしているに違いありません!(思い込み全開)
もういい加減煮詰まってきた感のあるマイシステム‥さらなるステップアップを計るべく、満を持して導入してみました。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

SC-LX83 まず初めに脚交換。

あたくし、AVアンプに関しては、他社の追随を許さないパイオニア党でございます。

と言いつつ、のっけからアレですが、
pioneer sc-lx83
↑この脚がとにかく許せない。

外観‥全体的にも定価33万円とは思えない高級感が漂っています。
フロントパネルは艶無しプラスチッキー。個人的にはシアターで使うから艶無しは歓迎なんですが、
出来たら‥渋みを効かせつつ、もう少しゴージャスな雰囲気を出したほうが販売戦略的には成功するんじゃないかしら。
さておきこの脚です。開封してまず目をつけたのがここでした。外してみても「ショボ!」‥軽い!スカスカ。材質は完璧なプラスチック。剛性感なんてございません。メリハリのある骨太な音を出すためには絶対要交換と決め込みます。

とりあえず通電1日。ノーマル状態で音楽再生試聴。
ふ~ん、という感触の後、速攻で脚を交換することにしました。
VSA-AX4AH同様‥ハンズで買った銅コーンスパイクとスパイク受けはj1-projectのB50HBを使います。

いざ交換!!

しかし、交換したくとも問題が。
SC-LX83.底面

上の写真を見て分るように、剛性強度UPのために、底板は各所凸凹です‥インシュを付ける部分、前後の高さが違う。
インシュレータ3点支持をしたくても、単純にノーマルの脚を外して、トレードという訳にはいかないのです。嵩上げが必要。
さらにフロント側、ノーマル脚を外してみると、小さなイボみたいなでっぱりが2箇所。インシュレータを装着できそうなポイントはここしかないのに、めちゃくちゃ邪魔です。買ったばっかり、さすがに削る訳には行きません、、。
嵩上げ&高さを合わせつつ、イボでっぱりをスルーするための物体が必要です。

こんな時はジョイホで物色!
で、できたのは↓こんな感じ。
pioneer sc-lx83
左2個‥銅素材が良かったのですが、うまい具合のものは真鍮製しかありませんでした。
パーツの名前は知りません。あしからず。
右1個は高さ合わせのために、銅製ワッシャーを貼り付けです。


装着!
pioneer sc-lx83
カッコイイでしょ?

しかし、気掛かりが、、。
pioneer sc-lx83
上の隙間が、、
もともとクリアランスが足りないかも~、なんて状態からさらに狭くなってしまいました。
‥放熱大丈夫かしら、、。
下の隙間が増えたから大丈夫かも。


せま!
pioneer sc-lx83
でも、後ろもサイドも開放だから、大丈夫に違いない‥はず。と思い込んで、次回は試聴結果です。
脚の効能はいかに?♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

SC-LX83‥脚交換の効能

購入早々、ノーマルの華奢な脚を外して、
pioneer sc-lx83
こんな感じで3点支持した訳ですが、

効果は確実に出ました。

(断り書き‥プリ部しか使ってません。パワーはローテルのRMB1095が担当してます。)

CDをアナログ入力にて、スピーカーはオフ設定、ピュアダイレクトモード再生にてDSPオフ。
つまり純粋にプリアンプとして使用。このほうがプリとしての素性が良く判るから。

‥交換前後を比較すると、

低音は締まり、ローエンドはより伸びているように聴こえてくる。併せて低域の分解能も確実に改善。
なんか今一スッキリしない感のあった高域もクリア方向に。
全域で、音の立ち上がりが改善して‥例えば、キックドラムとか、ベースやギターの瞬間的アタック音にカメハメ波的エネルギーが増してきます。(映画の爆発音再生にはこことても大切です)

実は、ノーマル状態では、ピュアプリ(PRIMARE PRE30)を通して出す音に遠く及ばず、という感触だったのですが、
脚を変えただけで、かなり肉薄してきます。
ただし、聞き比べると、重低音の響き方とか、より微小音の再現力とかは、まだ足りてないと感じる部分があったりして。壁一面が鳴ってるみたいな感触も物足りないし。この辺はいたしかたなし。(まあ、このレベルなら、この段階で気にすべき問題じゃありません。)

現状でこれだけの音が出ていれば、AVプリとして使うための、第一ステージ‥基礎体力の確認その1は十分合格です。

次は、確認その2 HDMIを使ったデジタル接続で聴いてみるに‥続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

福島産の桃、おいしくいただきます♪

(オデオの話じゃないよ)

近所のスーパー、カスミに行ったら、
入り口付近に桃の箱詰めが山積み。
お値段見たら超ビックリ!‥大玉15個入り、なんと980円!!

なんだって~!
なんでこんなに安いんだあぁ!!
(まさか中国産の毒入りピーチじゃないだろうな?)なんて思いながら見てみると、、、
なるほど、そうですか。申し訳ないけど納得です。

産地が福島と書かれています。

値段だけ見れば、普通だったら、飛ぶように売れていいはずですが、
放射能の先入観で売れないんでしょうね。かわいそう。
目の前の山積みも買っていく人は少なかった。

普段どおりの値段だったら、高くてパス。なんですが、
自分‥「別に問題ないよ。」と、まとめて2箱買わせていただきました。

あくまで私的見解ですが、
仮に、この桃にセシウムが微量付着していたとします。
これを毎日1箱10年食べ続けていたら、もしかしたらガンになるかもしれません。
そもそも、セシウムなんて全く付着していないかもしれません。

今の放射線の問題って、
何が安全なのか?食品は汚染されているのか?‥もし汚染されている物を食べたらどうなるのか?
巷には情報が溢れますが、何を信用して良いのか、どれが本当の事なのか?‥てんで分らないことに原因があるんじゃないんでしょうか?
直ちに害はありません。じゃあどの位だったら害があるのか?
 ‥そんなこと誰も判りません。‥これが正しい答えです。
微量の放射線を長期に渡り摂取したらどうなるのか?そんなデータが無いのです。
だから、(気にするレベルじゃないと分っていても)絶対安全です、なんて公言する人もメディアもいないのです。

「絶対安全とは言えない=危険」 ではないのです。


昔勤めていた某巨大施設のその道のプロが言ってました。
「この程度の微量な放射線なら(大人は)全く問題ないよ。」

世の中、現状、過敏反応じゃないかと思う。
福島第一原発の近くで釣ったサカナだ。食ってみろ。と言われたらさすがに自分も拒否しますが、。

ただ、分らないからこそ、子供たちには念のため注意してあげて。とは自分も思います。
放射線に限らずいろんな意味で、全ては個人の判断に委ねるしかありませんけどね。
(毒入りギョーザだってスーパーに並んでた訳ですから)

自分はスーパーに並んでるものだったら、普通に買って、普通に食べます。

冷蔵庫の中は、買ってきた桃がギュウギュウ詰め状態。
冷えたら、おいしくいただきます♪


テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

HDMIを通して聴くL-PCM(CD再生)

さくっと行きます。

アナログ接続(ピュアダイレクト)はまずまず好印象でした。
次は、HDMIケーブルを通した場合の、CD再生を確認してみます。
(BDP-LX91→HDMI接続にて、L-PCM信号をLX83でD/A変換‥単純な比較としては無理がありすぎなんですが、ご容赦です。)

まあ、正直言って「しょぼい」です。そもそも比べるのが無謀かもしれません。
アナログ接続と比較すると、高低とも詰まり、厚みも不足気味。全域で情報力が後退。音が薄っぺらい。
高域が硬いのはエージング不足の証?‥ならば、伸びしろはありますが、その分の期待感を足しても、、、
やっぱり、マイピュア系には遠く及ばない予感。

この差の要因は何でしょう? (分りません)
アナログ接続の場合‥CDトラポ→D/Aコンバータでアナログ変換→LX83へ入力。前段品質とD/Aに差があるので、当然な結果と言えば当然かもしれませんが。

まあ、上記結果は想定の範囲内とします。まあ、当社比ということでご勘弁を。
メインはあくまで映画再生ですし。基礎体力確認の一環ということで。


MCACC編に続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

SC-LX83 オートMCACC雑感

ホームメニューを眺めると、Precision Distanceなんて(マニアックな見慣れぬ)コマンドが増えています。興味深々ですがそれは改めて‥と。

(エアコンつけてません)暑いから、とっととMCACCメニューに入ります。
測定マイクを刺し、オートMCACCを選択。EQカーブは、位相特性重視のシンメトリーを選択。
さっそく測定開始。

相変わらず測定時間は長いです。
測定だけでも3分以上かかったでしょうか?‥前機種のAX4AHに比べれば時短にはなっていますが、
ソニーの5600ESなんかに比べると圧倒的に長いです。

測定内容は、
スピーカーの有無とラージ/スモールの判定、スピーカーレベル、距離、イコライジング‥この辺は普通ですね。
加えて、パイオニアオリジナルの定在波制御と群遅延特性の補正(フルバンドフェイズコントロール)があります。

定在波制御は、低域のみ対象で、部屋の定在波の影響で膨らんでしまう周波数を、パライコのような按配でアッテネート(減衰)させる機能です。オンオフさせると、低域がスッキリとして、音場全体の見通しが良くなるのが判ります。低域定在波は、低音だけでなく、その上の帯域‥中、高域にまで悪影響を及ぼしていることも判ります。

フルバンドフェイズコントロールは、全CHスピーカーの位相乱れをフラットに補正するという、他メーカーにはないパイオニアだけが持つ機能です。
(ソニーも似た機能がありますが、あちらはメインスピーカーの位相特性に他CHの位相を合わせる、結果として、全CH同一位相特性に揃えるものです)
全CHの位相が揃うと、空間がパッと広がり、遠くまで見通せるような音場感が造られるという機能です。
(自分は、定在波制御は利用しますが、フルバンドは遠慮です。)


さて、オートMCACCの測定結果です。
スピーカー判定、距離は、VSA-AX4AHの結果とほとんど同一。正確です。

スピーカーレベルを確認すると、、、う~ん、やっぱり、違う結果が出たか。と思うCHが一つ。
それはSW。
AX4AHの時は、-7.5dB だった測定結果が、LX83では-2.0dBになっています。
(やっぱり自分の耳は正しかった)
-7.5dBは低すぎと感じていました。実際その値のままで5.1CHを再生しても全く迫力が出ませんでした。
この原因は、測定マイクが貧弱だったのか?あるいは、校正プログラムミスだったのか?
他のCHには誤差以上の違いはありませんでした。

EQ
AX4AHとLX83、ほぼ同様の補正値になっています。
ただ、シンメトリーの設定値の出す音はヌルクて嫌いです。(選んでおいて文句を言うのはアレですが)
この値を基に、自分好みの調整をします。
シンメトリー‥125Hz上げすぎ。逆に63Hzが足りない。この辺を、音楽をかけて耳を頼りに調整していきます。(下の定在波制御もマニュアル微調整しながら) 低音の調整。高域はそれにバランスさせながら。詰まっていくと最後は±0.5dBのせめぎあいです。
そして、最後に中域をリアル声になるように調整していくのが自分流です。


定在波制御の結果もAXAAHとほとんど変わらず。
オートのままだと、ちょっと減衰しすぎ?と感じる帯域があります。要耳調整。

フルバンドフェイズの結果は文字では表せません。
綺麗なグフフィックで画面表示されます。
確かに効果のある機能なんですが、、、
家では諸刃の剣です。
5CH同一スピーカーを汗水垂らしてセッティングしても、足りないのが現実のようです。
この機能をオンにすると、右奥方向の奥行き感が増し、かつ左右の響きも均等になることが判ります。
かなり追い込んでいるつもりのマイシステムでも、さらに向上するんですから、この効果はたいしたものだと思います。
しかしながら、
その、(わずかに)向上する空間見通しの良さと引き換えに、音のエネルギーと言うか、迫力が後退してしまいます。全体的にスッキリしちゃうんです。
どちらを取るか?いうと、自分の場合、後者の迫力なんです。
今後は、補正された音を参考にして、リアル設定のさらなる精進に励みます。


こうして、オートMCACCで基本調整が完了しました。
この後、半日かけて、EQと定在波制御のマニュアル調整を行いました。
その結果は、まだ未完成ですが、かなり自分好みの、声はリアルで効果音はスッキリズシンッなサラウンドへ。
このままでも、もう十分かもしれませんが、、そこは病気なので、、
電気補正だけでは、改善しきれないポイントも明らかになりましたし、
あとは、手間隙かけてリアル設置を見直せば、むちゃくちゃレベルの高いところまで行けそうです♪

なんて嬉々としていたところに、そいつは突然やってきた。

落ちた!!

AVアンプがオーバーヒート?
残念ですが、違います。
こんなことってあるんだ!
おかげでしばらくの間、AVアンプの調整もできなくなってしまいました。


なんてこったい‥続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

あまりに暑いので

こんなんでもご覧ください。
動物の皆さんに向けた動物による動物のための情報番組。その司会者、
‥動物の中でもずば抜けてIQの高い ゴメス・チェンバリンさんです。
私たちが人間であることにショックを禁じえません。その高度な番組内容に驚愕してください。







どうでしょう?
クソ暑い夏の昼下がり、楽しんでいただけましたでしょうか?♪wwwwww。

くだらなくて、ほんとっゴメンナサイ。

突然電気が落ちた 原因はAVアンプ?

SC-LX83ののセッテイングも完了!
さあ!これは映画が楽しみだぞ♪そんな嬉々としている真っ最中にそれは突然おきました。

照明がパッ、パッ、パッと点滅した後、消えたんです。
ブレーカーが落ちたにしては変な落ち方でした。普通は、ブツっと一瞬で落ちるはずなのに、。
オデオも音が消えてます。
‥にしては、プレーヤーの電源は点いたまま、、。
???
一瞬、イヤ~な予感が走ります、、俺のオデオが原因か?!普通じゃないこといっぱいしてるし~。
いやいや、ちょっと待て。冷静になれ。
こんな時はまずは現状把握だ。

SC-LX83は?‥‥何故か電源入ってます、、。
プリとパワーは?‥‥落ちてます。電源スイッチを入れなおしても反応しません、、。
・・・( ̄  ̄;) うーん
オデオ用ブレーカーを確認すると‥デジタル系は生きています。が、アナログ系のブレーカーの反応がありません。
なるほど。
照明は相変わらず落ちたままです。
なるほどなるほど‥
(ますますワケわかんね~)
レベル1のまま、超危険なダンジョンに一人ぼっちで突入する悲しい気分です。

母屋はどうなった?
恐る恐る行ってみると、、、なんか聞こえてきます、、。
‥‥‥電気こないよ~、テレビ消えちゃった~。
冷蔵庫どうすんの?!  ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

‥すぐブレーカー上げるからちょっと待って。
とメイン分電盤をチェック‥してみても‥どこも落ちてない‥。
(えっ、これって漏電?‥いや違う‥漏電だったらメインブレーカーがシャットダウンするはず‥何かが起こっている‥。)
外の電力メーター下にある大元ブレーカーは?‥落ちてません‥‥。
つまり、ブレーカーはどこも落ちてないんです‥。
いったい何が起こってるんだ?!
ほんとに意味わかんね~。

隣の家は?‥全く異常がなさそうです‥。部落一体が停電ではないということだ‥。

(落ち着け!!)
‥理屈で考えるんだ‥
ブレーカーは落ちてない‥電気の線は繋がってる‥でも電気が点かない‥何かが異常なパワーで他の電気製品を破壊している‥それはたぶん俺のオデオだ(どう考えても)と思う。アイスパワーだし。
... ( ▽|||)サー
俺のオデオが原因で家中の電気を破壊してしまった!
‥これで俺のオデオ人生も終いだ‥‥
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!





あれ?(息子よ)オマエどしたの、それ???
「エアコンつかないから扇風機回してんの♪」
‥はぁ?‥
電気が来てないのに来てる??
‥いや、来てるんだよな電気、どう考えても。



「゜∀゜!!
電気が来ているコンセントと来てないコンセントがある。
良かった~!‥俺のオデオのせいじゃない(たぶん)。

気を取り直して、テスターを持ってきて
もう一度分電盤をチェックしてみます。
上のブスバー‥0V
下のブスバー‥100V

続いて電力メーター下のブレーカーをチェック!
DSCF7518.jpg
白-黒‥100V
白-赤‥  0V
やったーー!オデオのせいじゃありません。良かった~。

どういうことかって?
一般家庭の電気って単相3線式です。
中性線1本と100V線が2本繋がっているんです。
つまり、電気ラインが2組あると思ってください。
今回、その一方の赤線が、何かが原因で電気が来ていない。
だから、電気が来ているコンセントと来てないコンセントがある訳です。

電力量計以前の問題です。
引き込み線が断線しているのか?は分らないけど、そこは東京電力の範疇なので、電話して来てもらうことになりました。

電気部隊到着!
状況を説明すると‥電柱を指差し「たぶんアレです。早速作業に入ります!」
行動が迅速です。

作業は10分程度で完了。電気も全て元通りに。
原因はこれです。と説明がありました。
「このヒューズです。」
ソーセージ位の大きさのヒューズ。
「このヒューズが各ご家庭1軒ごとに、引き込み線の先頭にあるんですが、ご覧のとおり真っ白に変色しています。完全に切れています。」
「ヒューズにも寿命があります。念のため、対になっているもう一個のヒューズも新品に交換しておきました。もう大丈夫です。ご安心ください!!」
「定期的に交換はしているんですが、間に合わなくて、今回は申し訳ありませんでした。でわ!」
撤収!!
仕事が速いです。


ホッと一安心です。

ちなみにあそこにあるのがヒューズです。写真真ん中あたりに2つあるでしょ?
DSCF0252.jpg
こんなところにヒューズがあるとは初めて知りました。


一安心したものの‥

もしかして‥‥
不安は的中!

音が変わってます。
硬くて、高域が耳に痛い。
ヒューズは新品になったけど、なんだかな~。

只今、電柱ヒューズ、エージング中です。
元に戻るのに、どのくらい時間がかかるんだろう~。
オデオの調整も、これでまたしばらく休憩ですね。

お終い。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

自作コンセントベース

こんなオーディオアクセサリーをご存知という方は‥いわゆる「猛者(もさ)」認定です。
猛者っていうのは、レベルの違う奴、凄く強い奴、経験の差が眼つきで分ってしまう奴らのことです‥(えっ、違うだろう、って?)

さてさて、コンセント周りってどんな構造になっているかご存知ですか?
見たことが無いって方もいらっしゃると思うので、少々説明を。
コンセントの裏側、壁の中(もちろん見えません)に、下の写真のような物体‥埋め込みボックスが収められています。
コンセント 埋込みボックス
コンセントは、この埋め込みボックスにネジで固定され、
埋め込みボックス自体は、木桟に固定されています。
お部屋のコンセント周りは、通常はこのような井出達になっております。

コンセント交換から始まり、電源周りにズブズブとのめり込んでいくと‥猛者が呟きます。
この埋め込みボックスが、実は音質劣化の原因なんだ。‥相手になってやるからかかって来い!と。

そこで登場するアイテムが、ガンツスーツ!いや違う‥今回登場するコンセントベースです。
埋め込みボックスとコンセントの間に挟み込んで、不要な振動を遮断して、音質向上を図るという画期的なアイテムであります。

猛者と戦うには絶対必須なアイテムなんですが、
ただ‥興味はあるけど‥実際にその値段を見ると‥
比較的安価なJ1プロジェクトでも7千円台、リプラスなんかは3万オーバー!
(写真はチクマの75CP712 実売1.2万円くらい)
チクマ コンセントベース
‥買うには度胸が足りません。(激怒しているネギ星人の親父に立ち向かうくらいの度胸が必要です‥ちらほらと訳わかんなくてスミマセン)
だって、効果があるのか無いのか訳わからない物に大金出せないもん。
いや、たぶん、変化はあるでしょう。最大の問題は自分の狙う変化があるかどうか?‥そして、それは実際に試してみなければ分りません。

そこで今回、自作で安価に試してみようと思い立ちました。
金属は加工が難しいので、素材は木材でと。
 (後述しますが、狙う音的にも、自分にはそのほうが都合が良い)
どうせやるなら、素材の種類はできる範囲で数多く。

早速、素材を購入しました。
購入先は、広島の府中家具さん
コンセントベース 木材 素材
左から‥(比重が大きい順に並べてみました。説明文は府中家具さんのホームページから引用させていただきました。)
①ブビンガ‥比重:0.86~0.94
 /カット材の中では最も重く、硬くて粘りがある。耐久性も優。
②本花梨 (パドウク)‥比重:0.81~0.9
 /マメ科シタン属の広葉樹でビルマローズウッドとも呼ばれる。硬い材であるが加工は比較的容易。
③ホワイトオーク‥比重:0.68~0.75
 /同属のナラ材に似ていまるが、それよりも色が明るく重硬です。 
④ヨーロピアンビーチ‥比重:0.72
 /ブナ材と同属で、硬くて肌目は緻密。 
⑤ハードメープル‥比重:0.7 
 /木肌が緻密で木目が綺麗。
⑥ホンジュラスマホガニー‥比重:0.65
 /世界的な銘木。現在は輸入が認められていません。楽器の素材としても人気。
⑦ブラックウォルナット‥比重:0.63
 /狂いは少なく粘りがある。
⑧シトカスプルース‥比重:0.35~0.4
 /材は軽軟で弾力性がある。肌目は緻密で加工性に優れる。楽器の素材としても人気。
⑨桐 (キリ) ‥比重:0.19~0.3
 /軽くて加工は極めて容易。その反面、強度や耐久性は劣る。

この会社‥カット販売できる木材は全部で29種類‥府中家具 カット販売できる木材の性質と特徴
その中から9種類、好みで選んでみました。(桐は洒落です。)
サイズは全て一緒。厚みは、ブビンガとパドウクは制限があるので15ミリ。他は20ミリに統一してみました。
価格はとても良心的。ジョイホにはこんな厚みのものはおいてないし。ハンズだったらもっと高いでしょうね。
ちなみに10個頼んで、全部で3千円ちょいでした。安♪
(実は、同じものを間違って2つ頼んでしまったので9種類っていう訳です。)
これだけ仲間が行けば、おこりんぼ星人にだって負けません!(ひつこい)


只今誠意カット中。
続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

自作コンセントベース 製作完了!

勢揃い!
DSCF0265.jpg
(ビーチは既に出動してます。写真に写っているのは予備)

板をカットするには、マイドリルとマイジグソーがなければ手に負えません。
DSCF0267.jpg
加工そのものは単純です。
厚紙にカット枠を抜きます。サイズは46mm×74mm。
 (このサイズなら巾広コンセントが装着可能)
板にカット枠を写します。
四つ角をドリルで穴空けします。ドリル刃が入る大きさで‥自分は径8mmを使用。
ジクソーで直線カット。
コンセント現物合わせで、取付ネジの位置にポンチします。
取付ネジ用の穴、直径5mmを空けます。
(雑ですが)完成!

お粗末様。

実は数点試聴済‥けっこう違います。まじで。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。