BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作コンセントベース 比較 その1

オーディオアクセサリー‥実際の使用環境と狙う音によってその評価は変わって当然かと思います。
まず、簡単に環境と試聴CDの紹介を‥。


今回の自作コンセントベース‥自分が試した場所は今のところ、ダウントランスのコンセント装着部です。
DSCF0271_20110903055914.jpg
既にコンセントベースを装着した状態の写真になっていますが、
元々は、コンセントはダウントランスの天板に直取付されていました。
この天板の材質は、厚さ1㎜位のスチール板です。
一方‥一般家庭のコンセントは壁に組み込まれた埋め込みボックスにコンセントが取り付けられているはずです。
スチール板と埋め込みボックスで音質の優位差があるかどうかは、比較を始める現段階ではまだ判りませんが、音質差があると仮定するなら、既に立ち位置が違っている、今回の比較はあくまで当社比‥この点あらかじめご承知いただければと思います。

ところで、コンセントベースごときで、本当に音の変化はあるんでしょうかね?
皆さんの中にもそう思っている人は多いんじゃないかと思います。
実は、自分も懐疑的でした。だから今まで試したこともなかったんです。
コンセントがしっかり固定されていれば、それでいいんだろ?って感じでした。

ところが、始めてみたら、けっこう違うんです。
まだ4種類しか試していないので、結論づけるのは少々乱暴ですが、変わるんです。
ほんのわずかの差ではなさそうです。
今のところ、木材共通の木の響きが載る傾向は、程度の差こそあれ共通しています。
また、低音の量が明らかに違っていたり、楽器の鳴りが違っていたり、中央に定位する楽器の佇まいがハッとするほど違っていたり。
位相まで変化している様子。
そんな変化を感じ取っています。
その詳細は、個別にレポしていきたいと思います。

今回の比較試聴に使ったCDです。
DSCF0274_20110903055925.jpg
左下‥ジャズフュージョンから。ラリー・カールトンのアルバム「コレクション」から
10曲目のバブルシャッフル、11曲目のハロートゥモロー。‥‥上下のレンジ感、特にバスドラの圧力感とキレ、ベースのキレながら脚元に漂うような重低音。そしてハイハットでそのキレと厚みもをチェック。
右下‥原田知世さんのアルバム「サマーブリーズ」
3曲目のJust When I Needed You Most 試聴サンプル‥冒頭、アコギに絡まって、キラキラキラキラ~という音が右から左に流れると思います。L/Rの位相が整っていると、このキラキラ音が、右スピーカーの右外側から始まり、大きな弧を描くようにリスナーの頭部をかすめ、左後方に流れ、漂い、消えていきます。曲の終わりまで何度も流れますが、その音と軌道とスピードが微妙に違います。ヴォーカルは中央にビシッと、シンプルですが楽器の位置が立体的です。‥定位と位相チェックに使います。
8曲目の That`s The Easy Part ‥モノラル録音です。冒頭のアコギ、ボッと鳴りながら、床を弦振動が伝い、そしてフワァとしたとても綺麗な響きがバックに広がります。その響きの分離感を。解像感を弦振動でチェック。その佇まいと雰囲気も。そして知世さんのヴォーカル‥大切な中域が充実していなかったりするとかわいさ激減退。また、艶が不足していると暗くボソボソと泣きそうな声になっちゃうのです。
上は超個人的にセレクト‥太田裕美さんのベスト。ハイトーンが売りの彼女ですが、実は声域が広く、出そうとすれば太い声も出せる。14曲目‥マイクが篭るほどの、基音と共にお腹の底からでちゃう低音。あくまで個人的趣味。


さてお待たせです。
自作コンセントベース一発目にセレクトしたのは‥ハードメイプル。叩くと、実の締まった打音、響きが高域寄り。だけど重い音。打音だけなら他の素材に比べて、とてもわかり易い違いがあったからです。

写真手前のパワーアンプが繋がるコンセント‥syunyata SR-Z1に装着。

まずカールトンのCD‥
柔らかい木の響きが載ってきます。が、それは滞空する響きに乗ってくるもので、音像のエッジがぼやけてしまうという類のものではありません。
スチールに直付けしていた場合よりもバスドラの量感は若干増え、また、音像の身が実体感を伴ってきた感触を受けます。スチールだけの場合、当社では少し締まりすぎだったんじゃないか?と思えます。キレだけ聴くと、スチールのほうがよりキレキレです。
高域‥ハイハットは若干うるさい‥。
音色傾向としては、スチールに比べて弱ドンシャリ傾向と感じます。(スチールだけの場合は、しいて言えばスカキンね)

知世さんに曲を変えて‥
声の艶が少し増してます。声も少しカワイク濃く。いいかも♪
でも、サ行がやはり少しきついかも‥。
キラキラも少し太くハッキリと。
おやっ?と感じたのは、ヴォーカルの振れが減少したこと。よりど真ん中ビシッ。
他には、特筆するような変化は聴き取れませんでした。

とこんな感触の一発目だったのでした。
(この後、コンセント周りの奥深さに気づかされるのです)


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

sec audio CDコーティング剤 「GLASS CD FOR JAZZ」  「GLASS CD FOR CLASSIC」

劇空間のモリヤンさんが紹介してくださった CDコーティング剤 GLASS CD。

sec audio GLASS CD
GLASS CD FOR JAZZ

GLASS CD FOR CLASSIC

自分も使ってみました。
効果は抜群です。

自分はアコースティックな邦楽女性ポップスがメイン。
ジャズ液単独では合いませんでした。モノは試しと、クラシック液を重ね塗り。結果これが大正解!
パワーアンプを変えたかのような変化が有りました
sec audioの効能書きそのままです。
効果が判らない場合は、処置方法をミスったか、あるいは貴方のシステムに問題があるはずです‥そう断言するくらい効果があります。

ちょっと躊躇してしまう価格ですが、お勧めです。
なお、クラシック液単独処理については、自分は試してませんので、あしからず。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

壁コンセントベース 比較 その2

比較と言っても、まだ自分のシステムで相性の良いものは何かな?と遊んでいるだけです。
いずれ涼しくなったら本格的?にちゃんと比較レポします。
そこのところ、よろしくお願いします。

さて、前回レポしたハードメイプル‥傾向は弱ドンシャリでした。
低音は増すけど、サ行が少し耳に痛い。このサ行、なんとかなんないかな?
‥ここで思い出したのは、コンセントを固定するネジです。
このネジの材質でも音質調整ができる。そんな記事をどこかで見た記憶があったんです。
初めは、真鍮製のネジを使っていました。
試しに、その真鍮ネジを2本ともステンレス製ネジに変えてみたところ‥高域が落ち着いたんです。
そして、もう一つ‥このネジの締め付けトルクでも音が微妙に変化もします。全くの緩めだとその変化は気づきませんでしたが、ある程度締め付けていくと、低音が締まっていくポイントがありました。
前回の記事の最後‥コンセント廻りの奥深さと書いたのはこのことでした。

なるほど。要領はなんとなく解った。
とりあえず、ネジ1本はステンレスに。もう1本は真鍮ネジに。締め付けトルクもとりあえず勘で調整。
低音の量は、若干の増しのまま‥適度に締まってもいます。サ行の傷みは落ち着き、けれど高域はクリアで太い方向に微妙に変化。
味を占めた自分は、プリアンプが繋がるもう一個のコンセント、HUBBELLの8300HIにも、同じハードメイプルを装着してみました。タブルメイプルだったらどうだろう!と。
激変!を期待したのですが、残念ながら効果2倍にはなりませんでした。
‥私的に効果が物足りない。

しょうがないので、違う材質のものにトライ。
プリの電源、HUBBELLの8300HI側のベースにはハードメイプルを残したまま、

パワーアンプ側のコンセントベースを再び交換することにしました。
出番は、ホワイトオークです。

交換して一発目、原田知世ちゃんの「That`s The Easy Part」をかけると
‥えっ?と思わず声が出るほどの違いがありました。
イントロのギターソロ、その佇まいが明らかに違います。
暗めのホール中、ギターマンの姿は見えないけれど、アコースティックギターだけが、そこに浮かんでいるかのようです。
ホールトーンもきちんと分離して、響きが豊かでとても綺麗‥。
陰影感が凄く良い!
これでもういいんじゃないか?!と一瞬思う。

しかし!
低音の確認のために、カールトンをかけてみると‥低音が貧弱になってしまうことが判明。
う~ん、難しい。
マイシステムでは、低音の量感が後退してしまうのは望むところではありません。
却下。


次の出番は、パドウク
今回準備した物の中では、ブビンガに次いで比重の大きいものです。
交換して、んっ?
音が少し小さくなったように聴こえるけれど‥
3枚のCD、どの曲をかけても、やっぱりそう聴こえる。
(耳が腐ったかな?)
とても落ち着いた音。
どこかの帯域が凸凹したりしない。言い方悪いけど、どこか凸ってた部分を押さえつけて個性を取り去ったような感触。
木特有の優しい響きも載って来るけど、それも少々控えめ。
低音もしっかり締まってるし、上下のレンジとも削がれている訳でもなく、むしろきちんと出ている。
いったいこれは何だ?
良いのかもしれないけれど、、、ハッキリ言えば、私的につまらない音になってしまいました。
却下です。

以上2つ
ホワイトオークとパドウクのコンセントベース
悪い表現を使っていますが、ただ私的に合わないだけで、素材としては優秀かもしれません。
ケースによっては、とても有効になる予感は感じました。


さて次
マホガニー
楽器にも使われる素材です。
しかも、伐採禁止のホンジュラス産です。
いやがおうにも期待は高まります♪

でもね‥叩くと上の二つの素材に比べると
ボソボソっていう響きが載ってくるのが判る。手に持っても明らかにより軽いし。比重がより小さいせい?

微妙に期待をこめて、いざ試聴!
うわっ、ドラムが変!
やっぱりボソッってきた。
締まりも不足気味。

‥これだけで、却下決定です‥。

しかし、音、変わるな~。

続いては、ヨーロピアンビーチ。
ですが、お時間が来たので、また来週♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

壁コンセントベース 比較 その3

コンセントベースの比較、先週の続き‥今日は、ヨーロピアンビーチです。

叩くと、その響きはカンカンせず、中低域が膨らんだような、ややまったりとした感触です。
実際にコンセントベースとして使ってみると
‥低音の量感が増えています。
気のせい?(コンセントベース如きでこんなに変わるものか、この時はまだそう思っていました。)
プラシーボと言われたくもないので、
確認のため、低音の量感が少ないと感じた「ホワイトオーク」に戻して、それを2回実施、聞き比べてみました。
比べるとやはり、明らかに低音の量が違っているのが判りました。

低音といっても、そう低い重低音帯域ではなく、
(耳マイクでは)おそらく100Hz前後の低音が増えています。都合の良いことに、自分がもう少しだけ量が欲しいと思っていた帯域です。
高域は?‥特に変化なし。もちろんキンキンとかも無し。
音色のバランス的には、下寄り。私的に好ましい。
ただ、この低音には少し問題があります‥質量感は変わらず、体積だけを膨ましたような低音です。
締まり方向とは逆。
(ネジの締め付けトルクを大きくしても、締まってはいくけど、基本傾向変わらず)
伴い、低音の解像感はやや後退。その帯域のSN感も上出来とは言えない。

知世ちゃんのCDを聴いても、ホワイトオークで聴き取れた、そこにいるかのようだったギターの陰影感も陰を潜めています。
また、木独特のやさしい響きはのってきます。ここで肝心なのは響きがきちんと分離していることなんですが、そこに耳を向けると、決して格別良いなんて言えずなレベル。

楽器がメインだと落選だと思います、
しかし、声だけ聴くと、何故かうっとり‥。ふくよかで優しくて気持ちいい‥。

厳しく判断すれば、総合点は決して高くはない、そんな微妙な判定結果ではありますが、
低音の量が増して、自分の望む低音の量感が達成できること。そして、声の説得力には、捨てがたいものがあります。

少し悩んだ末
このヨーロピアンビーチ、しばらくの間、暫定レギュラーとして使うことにしました。

奥が、ハードメイプル。手前がヨーロピアンビーチ。
DSCF0271_20110903055914.jpg
このコンビネーションが今のところ、自己ベター。今のところギリギリそれなりに合格。70点。


ハードメイプル、マホガニー、ホワイトオーク、パドウク、今回のヨーロピアンビーチと、ここまで5種類の素材を使ったコンセントベースを比較してきましたが、それぞれに個性があり、違う音が出てくることが判りました。
今のところ、完璧なパフォーマンスを発揮するようなものはありませんが、
その個性は、使い様、目的によって様々に活かせる。そんな可能性を感じています。

さてさて、そろそろ涼しくもなってきたので、
来週あたりからぼちぼちと、埋め込みボックス単体+9種類のコンセントベースについて、ちゃんとした比較試聴に望みたいと考えています。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

タビさんが遊びに来ました。そしてTOTOのブルーレイ

暑かった夏も過ぎ去り、オデオの季節がやってまいりましたね♪
昨日はお休み。
我が家の音をチェックしてもらおうと、タビさんに遊びに来てもらいました。

結局、チェックはそこそこ‥いつものとおりケーブル遊びになっちゃった。
インコネ‥
良し悪しはともかく、強烈な印象に残った、ステレオボックスのバランスケーブルColibri-XBAL-600。
そして、値段の割りに微妙‥な印象のアナリシスプラスのゴールデンオーバル。
ブランドは忘れちゃったけど、電源ケーブルも。
いずれもハイエンドなケーブルばかりです。
総じて、高級なケーブルって位相が整ってくる傾向があると感じています。
そしてメーカーなりの音、クセもそれなりに主張してくる。
‥ただ、高価でも、、妙にレンジが狭くなるケーブルもあったり。
また、レンジを高低に拡大する傾向のケーブルって、どうしても低域~中低域が薄くなっていく傾向があると思います。
さらには、個別に良くても、組み合わせの仕方によっては、クセのある、凄いんだけど、どこか自然ではない‥音楽としてつまらない、妙な音になってしまったり‥。

結局、どれがベストだなんて、一概に言えないのがケーブルやアクセサリーの評価の難しいところ。
聴く音楽、人の好みによって変わるだろうし、部屋まで含めた個々のシステムの音の現状によって、出てくる音、求める音質も違うのは当然。
大切なのは実際にそのシステムに繋いで組み合わせて聴いてみること。
大枚をドブに捨てないためにもね。

(どこかにボトルネックポイントがあったりすると、さらに話がややこしくなったりする‥。)

とは言え、ハイエンドケーブルの存在意義って確実に存在する。
狂いの少ない位相感、そして高SN、高情報量。基本的な‥耳をまず向けるべきポイント。
それらは、安っちいケーブルでは決して高次元で融合されない。
それらの要因に加えて、中域が薄くならずにレンジが両翼に自然にフラットに伸びれば最高のケーブルかも。
音楽性があるとか、艶があるとか、それらはクセであって、好みの問題なんですよね。と思うのでした。


さてさて、ケーブルうんちくはこのあたりにして。
タビさんが持参して来てくれたブルーレイソフト。
Falling in Between Live [Blu-ray] [Import]Falling in Between Live [Blu-ray] [Import]
(2009/10/20)
Toto

商品詳細を見る

メンバーの若かりし頃を知っている自分としては、
「なんだこのオッサンたちは? このでぶオヤジがルカサー?」なんて目を丸くしてしまったんですが、
(自分もオッサンになったしまったことを棚に上げて)
いや、演奏、というかステージは最高!
テクそのものは年取って円熟味が増しましたな~って感じで、これでもか!っていう凄みのあるものではないんだけれど、
観て聴いて、単純に楽しい♪
カメラワークもいい仕事してます。雰囲気がいい。
生のステージの楽しさってこれだよね。それを感じとれる。
映像もとにかく綺麗。入り込める。

そして、何より音が良い。
5.1CH dTs-HD 迫力が凄い。リアルな迫力。
これだけLFEが効いてたら、音楽が破綻しそうだけど、ミキシングが上手いのだろうか。
もっとボリュームを上げたくなる。きっと肌で感じる生の音圧をビンビン感じとれるはず。
そこまでボリュームを上げなくても、ステージの迫力は伝わってくるはず。
ほんと、CDを聴いてるのがバカバカしくなるほどの迫力と楽しさ(そもそもCDとは趣向が違いますが)。

なにより
アマゾンで検索したら、値段を見てビックリ!
なんと‥1,366円!!
こんな安くてイイノ?!
(今まで知らなかった自分が遅い?)
アフリカ、ロザーナ、その曲なら聴いたことはある‥その曲を知っていて悪くない‥そう思っていたら、このソフトは買いです。激しく押します。
そんな自分も早速ポチリました。


1枚だけじゃ‥他にもなんかないかな?と検索。
Performing This Week: Live at Ronnie Scott's Jazz [Blu-ray] [Import]Performing This Week: Live at Ronnie Scott's Jazz [Blu-ray] [Import]
(2009/03/31)
Jeff Beck

商品詳細を見る

安!
ギターフリークとしては外せないオッサン。
ちゃんとスキャッターブレインも収録されてる♪
これもポチ。

そうだ。take51さんお勧めのこれも。ポチッ!
Sticky & Sweet Tour [Blu-ray] [Import]Sticky & Sweet Tour [Blu-ray] [Import]
(2010/04/06)
Madonna

商品詳細を見る


3枚で 4,986円なり。
とっても得した気分。
オッサン、オバサンばっかりじゃん‥と言ってくださいますな。
こいつらは、本物のミュージシャン。音楽の芸術家ですから。

これは楽しみですよ♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。