BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

コンセントベース マイシステムでの取付方

先日の記事の中で
小話その2‥今度は自分ち。必要なので、こんなもんを作ってみました。
DSCF0768_20120322195517.jpg
市販の塩ビボックスにコンセントベース2号を組み合わせて作った簡単な電源タップででした。

マイシステムでは、コンセントの数は十分に足りています。
にもかかわらず、何故こんなものが必要なのか?
その理由は‥コンセントベース2号の影響をAVアンプ(プリ部のみ使用)のみにするためです。

実際にどのように使っているかというと、こんな感じ。
コンセントベース
デジタル(AV)系の電源ラインです。
右側の電源タップは、アコノバのRTP-6です。
その左側に見えるのが、今回の電源タップです。
電源ケーブルはAVアンプ、SC-LX83に繋がっています。コンセントベースを導入する以前は、RTP-6に直接繋がっていました。

構想の段階では、RTP-6の上蓋そのものを、コンセントベース2号と同じ構造で作ることも考えたのですが、
それでは、コンセントベース2号の影響が他の機器にも影響を与えてしまいます。


ここで、場面は変わります。マイシステムのアナログ電源系をご覧ください。
コンセントベース2号
200V→100Vダウントランス部です。
手前にコンセントベース2号が取り付けられています。ブルーの電源ケーブルがトランスペアレンツ。ここからら2CHプリアンプに給電しています。
奥がパワーアンプ用。
‥実は、こちらはコンセントベース2号ではありません。
銀色に見えるものがアコリバのCB-DB1。その下には2号ではなく、ブビンガ単体のベースが組み合わされています。

アコリバのみの音は嫌いです。その理由は以前書いたとおり‥良いけど‥足元や肌が共振するように感じるビリビリ感がないから。(あくまでうちのシステムの場合ね)‥音楽聴いててなんか楽しくないんですよ。
ただ、このアコリバが外せない‥
試行錯誤。
その下に2号を試したときもありました。しかし、低音がキレすぎて、ますます音楽が楽しくない‥。
で、結局、アコリバとブビンガ単体との組み合わせとすることが、現状の最善の組み合わせだった訳です。
話のポイントは、
両方にコンセントベース2号はまずい。ということです。
効きが強すぎるようです。


改めて、お話は、先ほどのデジタル(AV)系の電源ラインに戻ります。
アコリバの電源タップRTP-6の上流にコンセントベース2号を入れた場合、その影響はデジタル機器全てに及びます。
苦労して2号を取り付けても、アナログ電源系と同じ結果が待っている気がしてなりませんでした。

どうすればいい?
ならば単純な発想、
コンセントベース2号の影響をAVアンプ(プリ部のみ使用)のみにするための、試しに簡単な電源タップを作ってみればいい。

結果は、(コンセントの入れ替えは必要としたものの) 自分でもビックリするほどの激変効果があった訳です。

正直、こんな簡単なことでほんとに解決してしまっていいのか、と拍子抜けするほどです。
だって、セオリーは最短接続と思い込んでいましたし‥。それを崩さずに音質アップの努力もしてきたんです‥。
そこに余計なものを繋げるのですから‥。

こんなこともあるんんです。
正直、これ以上の音質アップは必要ありません。
と言うよりも、山の頂に登った気分です。
それほど、バランスの良い完成度の高いサラウンドが今出来上がっています。



焦点がずれそうなので、ここで話をまとめます。

コンセントベースの使用方法について
コンセントベースを取付け、そこからたくさんの機器に同時給電すると、効きが強すぎる可能性があります。
可能であれば、まず一つの機器だけ給電する。お勧めはプリアンプ(プリメイン、AVアンプ可)です。
ケースバイケースなので、他の機器を同時給電しても良い結果もあり得ます。
何が最上なのかは、それぞれのシステムで試行錯誤していただきたい。
コンセントの数、その位置から、なかなか難しいことかもしれません。

しかし、その努力をするだけの価値のあるアイテムだと思っています。

先月二十数名の方にコンセントベースを送らせていただきました。
凄い効果だ、販売再開したら追加オーダー。と嬉しい連絡をくれた方もけっこういます。
(ありがとうございます)
どうなったのかしら‥? と連絡の無い人も、もちろんいらっしゃいます。
(別にレポを強要するつもりはさらさらありません。満足して使ってもらえているならそれでいいんです。ただ、実際使ってみてどうなんだろう~と、気にはなります。)

そんな訳で、
既購入の方、販売再開したら検討の方、
今日の記事を覚えておいていただけたら幸いです。

販売再開の節はよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントベースニュース exactly-report

先日、とある方からコンセントベース2号の試聴レポートを頂きました。

コンプライアンスの関係で「とある方」とか申せません。最近の世の中‥なんだかんだとメンドクサイことが多くなりすぎです。
とある方には試聴レポの全文掲載の承諾を頂いております。感謝であります。

コンセントベース、自宅で週末に聴いてみました。
先ず、SNがよくなり奥行き方向の音場がすっと拡がりますね。
楽器の音の付帯音が減るので、一つ一つの音がクリアになります。
エッジが立つというより、クリアに抜けが良くなる感じです。

音の抜けが良いので、高域の例えば、シンバルの響き、軽快なリズム感、バイオリンの定位、抜け、低域ではコントラバスの音程感がはっきりして音楽的になります。

ハイエンド~ローエンドの周波数レンジそのものがのびるというより、
上記のSNが良くなることによる音の抜けの良さという恩恵が、レンジものびたように感じさせます。

セット内部の電気部品(コンデンサや抵抗など)の変更や、ダンパーなどによる制振だと、音のエッジが立っても音の抜けが悪くなるなど、
ネガティブな部分があったりして悪い意味でモニター的となることがあるのですが、このコンセントベースに関してはネガティブな感じを受けませんね。

コンセント部分でコレだけ効くのですから、この発想を●●●、●●ー●ーに生かさない手はないですね。
セット内のコネクタや、制振のやるべきところは色々ありそうです。
いろいろとアイデアが沸いてきます。
今後の設計へのアイデアも含めて、とても有意義でした!


(コンプライアンスを考慮して一部伏字にしてあります)

分りやすいでしょ?
簡潔ですが、具体的で明瞭。しかも的確。
さすが、仕事で音響に関わっている方です。自分なんかとは表現の仕方が違います。

ありがとうございました。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントベースニュース 1号を薄くしました。

1号を2号と同じ厚みで作ってみたところ、十分な効果があることを確認しました。
コンセントベース1号
バーズアイがメイプルの証です。

友人宅にて、サブウーファーYAMAHA/SW1000に繋がるコンセントベースと使ってみたところ、バスレフ臭さが消え、密閉型のようなLFEが出てきました。
薄型化成功です。

使用上の注意
低音が強力に締まってボワつきがなくなるので量感が減ったように聴こえます。SWのボリュームを適度に上げてください。同じ音量感でも全く質の違うLFEに変貌しているはずです。

厚みが20㎜に抑えることができましたので、メール便で発送できます。
送料込み3760円。
(ハードメイプルの部材はブナよりも260円高いのです。謝謝)

近々、2号と一緒に再販します。いましばらくお待ちください。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントベース 販売再開します。

おまたせしました。販売再開します。

コンセントベース2号

コンセントベースの詳細をよくお読みになった上で、右下欄のオーダーフォームを利用してください。

今回からカドに少々アール加工を施しました。

在庫は1号が3個、2号が6個です。6号は今回ありません。
(予約で追われるのが時間的精神的にキツイので‥)在庫分が完売したら、次のロットが完成するまでの間、オーダーフォームは消します。予約は受け付けません。誠に勝手ですがご了承ください。


4/21 21:00
なんと! 完売してしまいました。 ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー
ありがとうございます。

次のロットの完成予定は一週間後くらいだと思います‥。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントベース NEWレポート (5/6 YDさんからのレポを追記しました)

タビさんとtake51さん、それぞれ、自身のブログでコンセントベース2号(製品版?)のレポートをUPしてくれました。

タビさん
ボンさん謹製 コンセントベース2号(まずは映像系に)
ボンさん謹製 コンセントベース (試作品をオーディオ系に)
ボンさん謹製 コンセントベース (製品版をオーディオ系に)
take51さん
新しいコンセントベース2号が届きました!!(その1)
新しいコンセントベース2号が届きました!!(その2)
新しいコンセントベース2号が届きました!!(その3)


5/6 YDさんからのレポート を追記。

2号、1個目
AVアンプとサブウーファーのコンセントに取り付けました、
このコンセントベース激変しますね~
凄いことに、「特徴として」 に書いてある事がそのまま変化に現れます。

交換して?な人は2~3日エージング(?)してみてはと思います。

私も休みの本番に備えてCDで調整しました。
普段あまり時間が無いので、マドンナCD(ハードキャンディー)の各曲始めの1分のみです。

1日目は、S/Nは良くなるが なんか押さえられたような感じでした。
2日目、3日目とだんだん良くなってきました。

最終的にコンセントベース上の穴に真鍮ワッシャー二重(2枚)、下の穴に銅ワッシャー1枚
これでほぼ完璧!!、あとチョット キラキラ っと欲しいです。

さらに、このままサラウンド再生(普段の音量)ではいやーまいりました!!





2号、2個目
プレーヤーのみの電源へ取り付けました。

音は
初めにCD(マドンナ ハード・キャンディーのみ)にて、音が出た瞬間にドンシャリで特に低音の量がスゴくて
ダメかなーと、
でもよく聞いていくとスゴく生々しく、メリハリがあり音の定位バッチリ、3次元的に上下左右に広がりました。
(中高音あたりに少しピークが出るようです、これが生々しくしてるのかなー?)

DVDとBDの映画では
休日に、音量を上げて聞いたら高音がキンキンして聞けたもんじゃないかもと思いましたが
全然OKで
サブウーファー以外のスピーカー全てが上記のようになりサイコーです。
(CDの時ほど低音は出ない)
サブウーファーは、今までより更に締まり量感が減ったので
一目盛り下げたサブウーファーのボリュームを0.5目盛り上げました。

画質は
DVDではボンさんの言われるとうり滑らかになり、(段調)良い意味でアナログ的、
BDではこれに加え、確実に解像度アップで今までより立体感、遠近感も出ました。

音や画に関して、ちゃんとしたシステムで、友人宅やオーディオショプなどで聞いた事がなく、今回のこの音が本物なのかな~?と・・

そういえば、ボンさんが言われていた、体に伝わるビリビリした低音(でしたっけ?)を体験出来たような気がします。(このビリビリ感初めて)

コンセントベースを2つ取り付けた為か、サブウーファーがかなり締まったので、
1号をプロジェクターの電源へ取り付けてみようと思います。

少し落ち着いたのか、アンプのボリュームは
コンセントベースを取り付ける以前より-3dBです。

もた時間が経つと変わるかもしれないので
しばらくこのまま行こうと思います。




やらせは一切ございません。(念のため)

皆さん、ありがとうございました。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad