BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

カーオーディオ編 リヤスピーカー交換編

ステップワゴンのフロントスピーカーをカロッツェリアのセパレートに交換したみたら‥
純正スピーカーの時よりも格段に良い音が出てきました。

なんだけど‥ちょっと聴いているうちに、なんか変な感じが‥。
低音に違和感があります。量はあるけど、篭ってハッキリしない。
車の中だし、こんなものかな?とも思いましたが‥

ちょ、まてよ‥と。
前だけ。後ろだけ。それぞれで鳴らしてみると、
当然だけど、前後の音は全然違います。
後ろは純正のまま‥低音寄りで高低レンジの狭い音です。フロントと比べるとハッキリと篭ってます。
前後一緒に鳴らすと、この篭りがフロントに被って低音を濁していた訳です。

考えてみたら、ホームシアターの場合だって、
前後同じスピーカーがベスト。
前後でこれだけ音質が違えば、一緒に鳴らせば違和感有りまくりなのは当然のことです‥。


という訳で成り行き‥
今度はリヤスピーカーの交換にチャレンジです。
スピーカーのチョイスは、カロッツェリアで。
16cm2ウェイスピーカー TS-F1620。
Amazonで、ペア¥5,040円。安!


いささか問題が。
実は、RF3ステップワゴンのリヤスピーカー取付適合情報ってほんどないんです。購入したこのスピーカーもパイオニアのサイトでは適用?装着不可?‥装着できるかどうかやってみなと分りませんでした。

以下、数少ないRF3オーナーさんのために、取付情報としてのっけておきます。

問題になってくるのは、左のスピーカー。
まず、カバーを外します。写真の位置、マイナスドライバーでこじれば簡単にバコッと外れます。
RF3 ステップワゴン リヤスピーカー 交換

純正スピーカー出現
RF3 ステップワゴン リヤスピーカー 交換

ネジ3本を外すと
RF3 ステップワゴン リヤスピーカー 交換
ボディー鉄板の裏側が見えますが、突起物とスピーカーのマグネット部が干渉するかも‥これが問題の箇所だったのですが、
実際に、TS-F1620を入れてみたら‥干渉しません、OKです。
ちなみに、写真では、フロントスピーカーの付属品だったインナーバッフル(黒い丸い枠)を少し加工して装着したみたところですが、
インナーバッフルとカバーが干渉してしまって、このままではカバーがはまりません。
でも、カバー内側の縁枠を適当にカットしてしまえば、はまります。取付はOKです。
つまり、インナーバッフルボードを使えば、情報的に取付不可であっても装着は可能、ちゅうことです。

さて、付属の配線アタッチメントをはめて
TS-F1620

+-の端子を接続して
TS-F1620

新しいスピーカーをネジ止め
TS-F1620
純正が17cm。TS-F1620は16cm‥ちょっと隙間ができちゃいました。片面ブチルテープでとりあえず塞ぎました。

インナーバッフルを使えば、17cmのTS-F1720でも、装着はできみたいです‥。
隙間ができて、ちと残念ですが、買いなおすなんてもったいないのでヨシとします。

右側には、ボディーの突起はありませんので、何も問題なし。

所要時間‥ゆっくりやって左右で10分!
チョー簡単っす。


さてさて、前後(ほぼ)同じスピーカーとなって、鳴らしてみると‥
やっぱ全然違います!
前後のつながりも良くなり、
低音の篭り感も払拭され、断然クリアー!

フロントだけ交換で済まそうなんて、お茶が濁るだけ。甘かったですわ。
やるなら、前後とも。これお約束です。

♪♪と
これで終わりの予定だったんですが、、
ここまでやってみると露呈することがある‥
足りないんですわ。
‥音の勢い、ちゅうかパワー感が‥。
やっぱ、中華製の内蔵パワーじゃ、スピーカーのドライブ力が足りんのでは??

いい加減にしといたら‥とも思うんだけど‥
次は、パワーアンプ追加編に行くしかないか?
と続く。


ここまでの出費
アンプ内蔵マルチプレーヤー 送料込み7,337円
フロントスピーカー&インナーバッフルボード 合せて(送料込み)¥14,389円
リヤスピーカー (送料込み)¥5,393円
 
合計27,119円也。
工賃0円。
まだ微々たるもんだ‥のはず。


スポンサーサイト

テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

カーオーディオ  パワーアンプ追加(前編)

もっとパワーを!!

出力ワット数が大きいほうが音が良い?!‥今時そんなアホ丸出しな方はいないと思いますが。
自分がパワーアンプに求める要素は、数値に現れないドライブ力と質感です。
特に、カーオーディオで1DINアンプ内蔵センターユニットでは限界があり、効果は期待できるはずです。

さてさて、6000円で買った中華製センターユニットですが、
こんなウンコみたいな激安ユニットにパワーアンプを追加?‥効果があるのか?意味があるのか?!

バカじゃね~の?と思われながら、
さあ、誰もやらないことにチャレンジしてみよう~♪

と勇んでみたものの、少し冷静に。
大金をドブに捨てる可能性もある訳です。
なので、新品なんかもったいなくて買えまへん‥当然、中古を物色!

道中アップガレージを徘徊してゲットしたのは、
SONYのパワーアンプXM-504X 6000円也。
お客さんに渡す前に、ちゃんと動作確認をしてくれます。短いけど保証もあります。
なんせ古いモノなんで、つけてみたら音が出ない‥なんてことは避けなければなりません。
(その点、ヤフオクは信用ならん、カーオーディオ)

今回も自分もやりました。
パワーアンプの追加は
1.本体をどこにつけるか?
2.配線をどうするか?
それさえ決めれば、あとは気合のみです。

今回のアンプはちょっとボディーが大きいので、トランクに設置することに。

そして、配線関係は‥
どうせやるなら、バッ直!(電源をバッテリーから直接とること)
そして、スピーカーケーブルも新規で配線を引きなおし。

なんて実際にやってみたけど‥
作業はマジで地味さ100%で激大変。くそ暑さもあって、ホント死ぬかと思いました‥。


以下、作業報告です。やってみたい人のために。

これ必需品です。無いと作業は絶対ムリと断言します。
DSCF3775.jpg
太い針金みたいな感じで、お尻にわっかが付いています。
いろんなところをケーブルを通すのにとても重宝します。

バッ直に使う電源ケーブル
バッ直ケーブル
ジョイホで購入。8mで1200円。5.5スケアでカーの常識では細いかもしれないけれど、これで十分です。
バカみたいに太いケーブルは無駄っす。

一番最初にやることは‥バッテリーのマイナスターミナルを外すこと。事故、機器の故障防止のためです。
DSCF3764.jpg

エンジンルーム 電源ケーブルを車内に引き込む場所は‥
RF3ステップワゴンの場合はここ。
DSCF3765.jpg
ちょっとしたデベソがあります。この頭にカッターで切れ込みを入れます。この部分‥ゴムの肉厚が薄いので容易です。
写真は、既に「魔法の棒」が突き刺さっています。

魔法の棒のオケツの輪にケーブルを絡ませて
DSCF3769.jpg

抜けないように、テーピング。
DSCF3770.jpg

作業がしやすいように、こんな感じに外せるものは外します。けっこうバラバラ。
DSCF3800.jpg

車内に廻り、魔法の棒を引張ると‥電源ケーブルが出てきます。
DSCF3771.jpg

グローブボックス奥のこのあたりから出てきます。
DSCF3774.jpg

んしょんしょと引張って、バッテリー側は1mくらい残しておきます。
DSCF3777.jpg

後は、トランクルームまで配線するだけ。
だけなんだけど‥これば地味に辛らい作業だったりします‥。

ケーブルが遊ばないようにタイラップで固定していきます。
金属部にはプロテクターをします。
擦れてショートなんて洒落になんないですからね。
DSCF3778.jpg

ここから、
DSCF3779.jpg
フロアカーペット下→ステップ→センターピラー下部→リヤ内張りの中→トランクカーペットの下 へと続きます。
魔法の杖が大活躍します。

DSCF3780.jpg

DSCF3781.jpg


DSCF3782.jpg

DSCF3787.jpg

ここまで引いて‥足で踏まれる心配を考慮して‥スパイラルチューブを巻きました。当然最初からやり直し‥。
DSCF3786.jpg

リヤスライドドアのステップ下。カバーはあるけど‥念のために養生。
DSCF3785.jpg

バックドアまで到達したら、1本とりあえず貫通終了。

ここでひとまずイップクするんだけど‥
写真だけ見るとチョ簡単そうに見えるけど‥んなことはない。

この配線作業を
リモートケーブル
4CH分の信号ケーブル
4CH分のスピーカーケーブル
‥とやるのか??と思うと‥。
涙出てきました、辛くて。もうヤダ‥。

ちなみに外の気温は34度でし‥。


長くなったので、続く。



テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

カーオーディオ  パワーアンプ追加(後編)

朝9時から始めて、お昼になりました。
まだ半分も終わらない‥

次は、スピーカー配線に着手です。
チョイスした線材は、カナレの4S6。
DSCF3792.jpg
一応、業務用。
皆さんご存知、ホームオデオ用としても、名前が知られています。
4芯ツイスト構造。自身の磁界をキャンセルする構造です。平行フィーダー線よりもノイズ対策に有利です。
踏んづけられてもかなりOK! 取り回しも楽々です。
値段は80円/m也、激安です。
ショップじゃ絶対薦めないと思うな‥儲からないから。車用としてはコスパ最高の逸品です!
これを17mほど準備しました。
ちなみに、4S8という、より太いケーブルもラインナップされていますが、訳あって(ある部分が通らない)避けます。

フロント左右、リヤ左右の計4ラインを引きなおしです。
ほんと~に地味で根気のいる作業です。

まず、リヤ側。
メンドクサイから内張りを外さずに強引に力技でいきます。
(内張りなんか外してたら、綺麗には仕上がるだろうけど‥もうそんな気合も時間もなさそうです)
体力があるうちに、一番難儀かもしれないリヤ右から取り掛かりました。

オスピンを1本外します。写真ど真ん中の穴の部分。
DSCF3788.jpg
その前方方向。さらにオスピンを1本外します。写真ど真ん中の穴の部分です。
DSCF3789.jpg
これで内張りの下部分が少しばかり開きます。この状態で「魔法の杖」を駆使してなんとかできれば恩の字です‥

スピーカーを外した穴から「魔法の杖」を差し込んで‥
DSCF3790.jpg
障害物を勘で避けつつ、クネクネさせながら‥なんとか下から先っちょを出すことが出来ました。ラッキです。
後は電源ケーブルと同じ要領で引っ張り出すだけです。

続いて、リヤ右側。写真がありませんが、シートベルトを止める14㎜のネジを外してフリーにして、オスピンを一個外せばOK。後は右と同じ要領です。
通したスピーカーケーブル‥フロアカーペットの下を通します。
クロスしている線材は、後付バックソナーの電源ケーブルです。ノイズの影響を極力避けるために、クロスで交差させます。
DSCF3794.jpg
既に隠れて見えませんが、内張りの中には、バッ直+電源ケーブルが這っています。ノイズの影響を避けるため、電源線とスピーカーケーブルは極力離します。
(作業が楽だから、見栄えが良いから、と)並走配置なんて、とんでもありません。

続いて
違う意味でメンドクサイところ‥フロント側。
ドアとボディー間の線材は全て、このジャバラゴム菅を通ります。
もちろん今回のスピーカーケーブルも。この短いゴム管を通すのがムズイ。焦らず優しく入れるのがコツ。

写真はゴム管を外して、「魔法の杖」を通したところです。
DSCF3795.jpg
やってみて分った。ゴム管の中、4S6以上の太さはムリ!
元々通っている他の線材が邪魔して、ギリギリ限界の太さでした。欲かいて4S8なんて買ってたら、間違いなくここで挫折してました。

ちなみにですが、ゴム管の中にスピーカケーブルを引っ張り通す時、CRC556を軽く塗布するとチョー楽勝です。

もう‥写真を撮る余裕も限りなく無くなってきた辺り‥。

「魔法の杖」のケツにスピーカーケーブルをつけて、ドアの穴から出して、ゴム管に挿入して、ゴム管から出す、ケーブルを引っ張り通す。そしたら、ボディー側の穴に通して、室内に入れるだけです。
(‥言葉で書いたら、なんて簡単なんでしょ!)

難所通過‥真ん中の黒くて他よりひときわ太いのが4S6です。
DSCF3796.jpg

おんなじことを右側もやるんで‥
時間は、午後の2時‥
くじけている暇も無く‥
作業は続く‥

スピーカーケーブルを引いて、スピーカーに接続するためのファストン端子をかしめて‥
端子を接続したら、スピーカーユニットを元に戻して‥
4箇所やっと終わった‥。
スピーカケーブル4本の端末はトランクに、とりあえずまとめておいて‥一段落。

まだやらなきゃ‥

次は信号ケーブルでし‥(もうヘトヘト‥)
使うアナログケーブルは、ノンブランドですが、太めのちゃんとした同軸シールドタイプです。
DSCF3798.jpg
まず、デッキ側の信号アウトに接続。
ダッシュボード内を通し、センターコンソール下付近から、まっすぐトランクルームへ引きます。
(メンドクサイのでカーペットの下を通すのはヤメ。フロアマットの下を通すだけにしました。)

信号線は、絶対に電源と平行配線しちゃイケマセン。
(ホームオデオとも通じる鉄則です)

リモートケーブル(青い線ね)も新設。(長く引き回すので、擦れてショートしないよう少し太めのもので)
DSCF3799.jpg
このケーブルは、バッテリーから引いた+電源配線と同じところに引きます)

これでやっと、やっと‥8本の線の引き回しが完了っす。
気力を振り絞って、バラバラに外した内張りをワラワラと元に戻します。

ここまて来たら、もう少しです。

しかし、時間は既に5時っす‥。

今度は、エンジンルームへ。

ヒューズボックスのカバー空けて、バッ直ケーブルの先は‥ホンダ車の場合、写真のど真ん中、100Aヒューズの右側のネジです。(ELDシステムなんてものがあるので、プラスターミナルには直接接続不可ですw‥バッテリーが上がります。)
DSCF3804.jpg

まず、室内から通したケーブルにヒューズボックスをつけます。
DSCF3802.jpg
その前に、コルゲートチューブを通しておきます。雨水が入らないように、各所ビニールテープでグルグル巻きします。
このチューブ、よくあるサイドが割れているタイプじゃダメっす。
エアコン配管コーナーで割れてないのを入手します。

雨水なんか入って、それが原因でショートなんかしたら洒落になりません。最悪車が燃えます。

ヒューズボックスにケーブルを通す穴をドリルであけ。端子をネジ止めします。
DSCF3807.jpg

マイナスターミナルは、まだそのままです。

トランクの廻って、
引き回した各ケーブルをパワーアンプに接続します。
グランド線は、右側のシートベルトの14㎜ボルトに接続。
DSCF3808.jpg


やっと、やっと、やっと‥
全ての配線と接続が完了しますた‥。
時間は夕6時5分前っす‥


いざ
ドキドキしながらバッタリーのマイナスターミナルをつけます!


恐る恐る‥
エンジンをかけてみる。

頼む!
鳴ってくれ~。

続く‥


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

カーオーディオ  パワーアンプ追加(後編の続き)

熱湯苦闘9時間
本気で神様にお祈りしながら‥恐る恐るエンジンをオン!
メインデッキの電源もオン!

‥‥
‥‥‥‥‥‥あれ???? (;´Д`A ```
鳴りません‥。
ガビーーーーーーン


とにかく頭を冷やして考える‥
配線は、間違いないはず‥端末処理、結線もまちがっていないはず。
どこか1CH鳴っていないなら、機器の故障を疑うけど、現状、全てのスピーカーから音が出ない‥
考えられる原因は
 メインデッキの設定ミス?
 パワーアンプに電気がいってない?
デッキの取説を確認‥外部出力するための切替なんてありません。
なら、残りは、パワーアンプの電源?(じゃなければアンプが、たった今死んだ??)
検電器で調べてみると‥
バッ直電源の終端、パワーアンプ部に電気が来ていません!! これか!
原因は?
 バッテリー端子には確実にネジ止めされています。
 断線も有りえない‥
もしや?!
 バッ直で新設したヒューズボックスを開けてみると
 ‥ガッ!
 ヒューズが無い‥
これじゃあ電源入らないのは当たりまえ。

速攻ジョイホにふっとんでで30Aのヒューズを買ってきました。

‥!!!
おめでとう自分。オツカレ様自分。音が出ますた \(*T▽T*)/

とんだ所にオチがありました‥。皆さんも自分でやる時は気をつけてくださいね‥(って、こんなことやんねーよ普通)


疲れ果ててますが、とにかくサウンドを聴いてみる‥



‥こんなもんかい??!

と、もう少し続く。


(はあ~、夏ももう少しで終わるね~、早くマイオデオでいい音聴きたいわ~)


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

カーオーディオ  パワーアンプ追加(後編の続きの続き) そのサウンドは?

とにかくサウンドを聴いてみる‥
‥こんなもんかい??!
の続き。

その脱力感と言ったら‥
 . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: * 。+ ゚ + ・
        ∧ ∧.  _::::。・._、_ ゚ ・    ドンマイ!
       /:彡ミ゛ヽ;)(m,_)‐-(<_,` )-、 *
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::iー-、     .i ゚ +
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  ゝ ,n _i  l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄E_ )__ノ ̄


いや‥
ちゃんと聴けば、
低音が締まってスッキリした、とか。
高域のジャリジャリ感が減った、とかね。
高低レンジとも広がった、とかね。
全体に聴きやすくなった、とか‥。

それなりに一生懸命探せば、
変わった、ちゅうば変わってますよ。
そりゃあ良くなったに決まってるじゃないですか!アナタ。

でもさ‥
あんまりだよもう、泣くぞ俺‥。


結論
ハッキリ言って、
パワーアンプの追加なんて本格的なことは‥
激安中華製のデッキには無駄ってことがよーーーーーーーーーーーーーーーく分りました。


教訓
安物買いの銭失い。


今後の抱負
ちゃんとしたセンターユニットを買います。
ここまで来たら逝けるとこまでイッテやるウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

カーオーディオ ヘッドユニットを変えてみた。

ここまでやってもダメなのは、その原因は中華のヘッドユニットに決まってるのだ!と決め付けて。

カロッツェリア DEH-P940
DEH-P940

に換装しますた。

デザインシンプルなのがとっても素敵。
一応、ハイエンドカーオーディオを標榜するシリーズのセンターユニットだったりします。

スピーカーもカロ‥成り行きこうなったとは言え、なんだかちゃらいシステムが一丁上がりますた。

で、出てきたサウンドは‥やっぱりチャラかった‥。
いや、純正システムと比べたら、月とスッポン。MILIONデッキと比べても比較になりないほど良くなっています。
さらに、もっと良くしたいと、
もちろん内臓16バンドグライコを使い、音色も調整しました。
DEH-P940


でも、
これが所詮カーオーディオの限界なんだな‥とここまでやってみて実感してしまいました。
どうやっても生々しくならない声。温かみが無い艶が無い。音像に彫りが無い。
低音の分解が足りない‥迫力を出そうとすると被る濁るダンゴになる。
高域のクリアー感が足りない。細かい響きも聞こえない。微妙にジャリつく‥ジャリ感を消そうと調整すると曇る。高域が大人しすぎるからと持ち上げるとジャリつく‥。

なんとなく分りました。スピーカーの箱がペラなドアじゃあダメなんです。
なら、デッドニングまでやってから言いやがれ!と叱られそうですが、
根本的に何かが違います。
箱が金属か木か、おそらくこれです。ホームオデオとの決定的違いの一つだと思います。

それがカロの音なんだよ、とも言われそうだけど、「だよね」とも応じない。

そもそも、
カーオーディオに艶とか余韻とか響きの消え際の美しさとか‥
ノイズだらけの車内で
そんなものを期待してはいけないんでした。

おそらく、どんなに高級な機材を使っても‥自分が出す結論は一緒のはず。


結論。
所詮、カーオーディオ。ということ。
ホームオデオと比べたら、確実に超えられない壁が存在します。

運転しながら聞く音楽、
ノリ良く聴ければそれでOK。それが原点だと認識しなおしました。


暑かった夏ももうすぐ終わり。
カーオーデオ編もこれでオワリです。
ピュアオーディオ馬鹿の戯言でした。


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

コンセントベース

当ブログの検索キーワード
‥何が多いか?‥
筆頭は、ビクターのSX-500です。これはもう圧倒的です。
次いでSX-3、HC-3800あたり。この辺りは常にベスト5に入る不動の上位陣。

そして、最近多いのが‥コンセントベースです。
検索ワードに「自作」ってサブタイトル付きでね。

それを見て、うーん‥。と思う自分です。
自作ね‥。
その心理はよーく分ります。オーディオを楽しむ醍醐味の一つでもありますし。

ただ、ここで自作しようとしている方にお伝えしたい。
自分と同じ素材を使って、同じサイズで‥一つ二つ作ったところで、まず成功しないでしょう。
うまくできたとしたら‥それは、ただの偶然です。

その理由は、
たくさん作ればわかることですが‥まず、同じ素材のバラツキ。これがかなりの曲者です。ハイブリッドですのでなおさら選定が難しい。
そして塗装‥単純に塗れば良い、ってものじゃありません。
上の二つ‥本当にイヤになるほど作ってみて得られる「職人の経験と勘」みたいなものがあるんです。
それと、ごく一部にしか公表していない二つの秘密。
真似しようったって、そう簡単にできるものではありません。断言します。



そのコンセントベース2号ですが、現在廃盤でございます。申し訳ございません。
本業が忙しすぎて‥。
ほんとにごめんなさい。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

とりあえず‥バランスケーブル

オーディオに最適な季節がやってまいりました♪
(でも、さぶくて風邪ひいた‥)
CHORD
すまん‥タケさん。有り金はたいて買ってしまったので、
仮想アースの資材を集める資金さえ無くなってしまいました。申し訳ない‥。

タビさん‥スゲーよこれ。アナリシスが一撃で撃沈されました。

プレビューは改めて。



FC2Ad