BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源ケーブル SHUNYATA RESEARCH Taipan

友人ヨッシーが電線病にかかってしまいました。("▽"*)アヒョヒョ

SHUNYATA RESEARCH Taipan
ファィル・ウェブ ケーブルブランド探訪記(SHUNYATA RESEARCH編その5「Taipan」)


で、ヤフオクで買ったから聴きにこいやゴラァ♪と言うんです。
せっかくなので聴かせてもらったのが運の憑き。(寝た子を起こすんじゃないってば‥)

このケーブルの最大の特徴を一言で言ったら、強烈な低音ドーピングケーブル。

明らかに低音の量感が増します。
強烈にドーピングされる低音の帯域は50~80辺りだと思います。そこから上の中低音に向かって、なだらかに下がりながらブーストさせているという感触に聴こえました。

低音ブースト電源ケーブルと言うと、低音楽器の反応が鈍くなったり、全体がボケたりする傾向があったりするものですが、
このタイパンは違っていました。
量が増えるのにぼやけない。芯があってキレがあります。相反する要素を両立させています。これって実はけっこう偉いことなんです。

高域はこの低音にバランスさせるように少し強調感を持たせた感じです。
強ドン弱シャリですが、高低ともキレがあるので、ヴォーカル等中域を聴こえにくくさせることはないようです。
(ただ今風の打ち込み系ドンドンシャリシャリソースだと破綻する気がします。)
ヴォーカルが太くなり、肉声感が増し、低音楽器に迫力が出てきます。

ただ、少し粗い音になる傾向。またハイエンドケーブルの主要素的な評価の一つ‥SN、これは平凡だと思います。
情報量は増えているように聴こえますが、しかしそれは、音色の凸がなせる技かもしれないな‥と思いました。

そんな傾向なので、
音楽全体が、ライブハウスで感じる、体で音楽を浴びるようなベクトルに向かいます。
これを求めるのなら大有りのケーブル。
しかし、オーディオ的なステージ感と音場の表現‥奥行き感とか、響きの消え際だとか、壁を抜けさせたいとか‥それらも重視させたい場合には、不向きと判断します。それらの要素まではこれ一本ではまかないきれないようです。(ケーブルなんてそんなもん。)

それから、後日の追試で分ることなのですが、ローエンドは伸びきりません。
(詳細は後日報告しますが、MITのMAGUNUM AC1と比較すればの話です)
もう一つ、とあることが原因で、この段階では高域の抜けが今ひとつ‥。


しっかし!
この低音の劇的変化。危険すぎます。誘惑に抗えません‥。
たまたまですが、出品者殿がもう一本同じケーブルを出品していましたので速攻連絡、手に入れるはめに‥。
( ・_・;) アレ?


次回、マイシステムでの検証編に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

SHUNYATA RESEARCH Taipan 我が家で試聴

低音を強烈にドーピングする電源ケーブルだったTaipan。
たまたま運良く手に入れることができたのですが、
問題は‥はたして、マイシステムのどこに入れたら、より効果的なのか?

それは実際に試してみなけりゃわかりません。

現状の電源ケーブルは、
CDトラポ‥オヤイデのブラックマンバα ベリリウムバージョン
DAC‥MIT MAGUNAM AC1
プリアンプ‥トランスペアレンツ PLXL
パワーアンプ‥ZONOTONE 6NPS-5.5GRANDIO(レポした記憶なし。暫定使用のまま数年そのまま) 
以上です。

ますば手始めに(確かめたいこともあり)
DACに繋がっているMITマグナムと交換してみました。
‥期待どおり、低音がドンッと増えます。でも、相変わらず高域の抜けが悪く粗いです。

この高域の抜け感、微妙です。これがつきまとう限りレギュラーには成りえません。

ここでちょっと、タイパンを外して手にしてみました。
最初触れた時から気になっていたことがあったんです。
それは、ケーブルの表面が、なんかちょっと汚れてネバネバしている、ということ。

タイパンのケーブルシースはテフロン?
触感としては、厚みのあるビニールみたいな感じと言ったら分ってもらえるかしら。
ビニールを長年放置しておくと、表面がヌルべたっとしてくるようなあれです‥タイパンのケーブル表面が、そんな状態になっていたんです。
おそらく、前ユーザーは機器に繋いでそのままだったのかもしれません。クリーニングはしてなかったんでしょうね。

絞った濡れ雑巾で表面を丁重にフキフキ。綺麗にしてあげました。
DACに繋ぎなおして聴いてみたら‥見事に高域の抜けと粗さが改善されました。
やっぱりね。という感じです。



さて、改めて試聴比較です。

低音の量感・充実度‥MAGUNAM AC1 < Taipan
高低レンジ感‥MAGUNAM AC1 > Taipan
SN‥MAGUNAM AC1 > Taipan
解像度‥MAGUNAM AC1 > Taipan
定位感‥MAGUNAM AC1 > Taipan
音場の奥行き感・広がり‥MAGUNAM AC1 > Taipan

DAC部に繋いでのちょっと試聴では、こんな結果でした。
低音以外は全部、MAGUNAM AC1の勝ちでございます。
しかし、この低音と迫力は大層魅力的であります。




続いてCDトランスポート。ブラックマンバαベリリウムとの比較です。

低音の量感・充実度‥ブラックマンバα ≒< Taipan
中域(特にヴォーカル)の充実度‥ブラックマンバα >> Taipan
高低レンジ感‥ブラックマンバα ≒< Taipan
SN‥ブラックマンバα ≒ Taipan
解像度‥ブラックマンバα ≒ Taipan
定位感‥ブラックマンバα >≒ Taipan
音場の奥行き感・広がり‥ブラックマンバα >≒ Taipan
綺麗な響き‥ブラックマンバα > Taipan

こんなふうに比較表にしてみると個別に分りやすいけど‥
大きな違いは中域くらいですか?なんて思われそう‥。
実はそうじゃなくって、
この2本は、比較しえるものじゃないかも。性質が違うケーブルってことです。
ヴォーカル狙いならブラックマンバα。低音狙いならTaipan。って明らかに線引きできちゃう。
「綺麗な響き」(場合によってはくど過ぎる響き)なんてポイントまで追加されていることで、その辺わかってもらえるかしら。




続いてプリアンプ。トランスペアレンツPLXLとの比較です。

低音の量感・充実度‥PLXL << Taipan
高低レンジ感‥PLXL > Taipan
SN‥PLXL >> Taipan
透明感‥PLXL >> Taipan 
解像度‥PLXL > Taipan
定位感‥PLXL >> Taipan
音場の奥行き感・広がり‥PLXL >> Taipan
余韻、微小音‥PLXL >> Taipan
美音度‥PLXL >> Taipan


これは、、、同じ土俵・目的で比べたら勝負になりません。低音以外はトラペの圧勝です。
(トラペが低音が出てない訳じゃありません。普通に出ます。あくまで相対評価です。)
低音欲しいからとトラペと入れ替えたりしたら、それこそ愚の骨頂、あんたオーディオやめた方がイイヨ。なんて言われてしまいそうです。




続いてパワーアンプ、ZONOTONE 6NPS-5.5GRANDIO との比較です。

低音の量感・充実度‥6NPS-5.5GRANDIO ≒ Taipan
高低レンジ感‥6NPS-5.5GRANDIO ≒ Taipan
SN‥6NPS-5.5GRANDIO ≒> Taipan
解像度‥6NPS-5.5GRANDIO ≒ Taipan
定位感‥6NPS-5.5GRANDIO ≒ Taipan
音場の奥行き感・広がり‥6NPS-5.5GRANDIO ≒ Taipan


全部≒ですが‥‥
すみません、ハッキリと違いがわかんなかっただけです。
微妙に6NPS-5.5GRANDIOのほうが安心して聴けたのですが、、その理由はたぶん、耳鳴れしている分だと思われます。
と言っても、ゾノは、やっぱりゾノの音をさせています。
6NPS-5.5GRANDIO と Taipan が同じ音だなんて思わないでくださいね。



以上、マイシステムで比較した場合の結果でした。

この時点では、
暫定的にMAGUNAM AC1と入れ替えることとなりました。




後日、さらに違いを発見します。
先の記事にも書きましたが、Taipanの個性、低音。
MAGUNAM AC1に比べるとローエンドが伸びきらないことに気づきます。
こんなふうに書くと、Taipanってダメじゃん。って思われますが、それは誤解で、
MAGUNAM AC1 がよりワイドレンジなだけです。比べると沈み込みが足りない。
詳細は、また改めて。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

audio-technica ATH-ESW9が今だけ安いっすよ。 特価¥18,900円也

オーテクのウッドハウジングヘッドホン
audio-technica ATH-ESW9

e☆イヤホン
http://www.e-earphone.jp/shopdetail/002002000004/
この週末だけ、特価で¥18,900円 (税込)ですって!
過去最安でやんす。
欲しかった人、このチャンスにどぞ!

実は、個人的に今一番興味のあるヘッドホンなんですが‥
ヘッドホンちゅうものは、音だけじゃなく、
装着感(人それぞれ)が、とっても大切ってことに気づいた最近。
イヤーパッドの中に、耳が微妙に納まらなくて、どうしたものかと思案中‥。
もうね、お金が余ってたら、飛びついちゃんだけどね。


こんなあたくしが最近手にいれたヘッドホン群
DSCF1167.jpg
左:最古参のビクターRX900 3年前の購入価格、5980円。
お店では深い低音が出てたけど、家で聴いたら、それほどでもなくって、綺麗な音なんだけどノリが足りなくて、あんまり楽しくなかったヘッドホン。まっ、こんなものかと数年使ってました。
装着感は個人的にトップレベルだとは思います。
デノンのAH-D2000に玉座を奪われ、現在は長女が愛用中‥PC直で聴くアニソンがかなりイケテててビックリマンチョコ。

右:最近購入した、デノンのAH-D2000。
ケーズデンキで在庫処分最後の一個を16,000円で購入。脳内定位ヘッドホンが多い中、ステージちっくに再現される音場がステキ。
装着感はヨドアキバでかぶった中でもぶっちぎりのトップランク。
再生レンジも広し。上も下もきちんと出てます。けど優しい音。痛くない高域、オーテクの高音みたいにカシカシ煩わしく鳴らない‥ピュアオーディオ的な鳴り方だと思います。
32Ωで鳴らしやすい。全体的に柔らかめの音をどう捉えるかが評価の分かれ目かも。←自分ははまった。ハードロックには向かない気がします。
音漏れ‥大なので、寝室での使用は不可。(隣にママンが寝ているから)
で、使用頻度は現在4番サード長島状態。
ぜんぜん高そうに見えないところが、とても悲しい中級機。二つ並べて見ても、ビクターのほうが高そうに見えます。



デノンの前に買ったKOSSの PRO4AAT
何故か突然ヘッドホンが欲しくなって‥
DSCF1172.jpg
直感でネット通販で買ったら、大糞だったヘッドホン。えらい篭った音で、自分が一瞬、難聴になってしもた??と勘違いしたほど酷い音。
ヘッドホンは試聴、試着なしで買ってはイケナイことを身をもっと実感させてくれた自分歴史的名機であります。
アマゾンで5,980円で購入。2週間後にハードオフで2,000円で売却。


デノンAH-D2000の後に買った FOCAL(フォーカル) Spirit One
FOCAL(フォーカル) Spirit One
(AH-D2000よりも)もっとカックイイヘッドホンが欲しい!
そう思ってしまった時に、目に止まってしまったのがこれ。
有名なスピーカーメーカーが作ったんだから、音もイイに決まっている!と(試聴もなしで、ネット通販第2弾。ぜんぜん懲りてない)購入。
装着してみると、微妙に狭いイヤーパッドの内側。
耳が微妙に入りきらなくて、耳たぶがこそばゆい。これが気になって音楽に集中できまへん。
脳内定位だったこともあって、
結局、一週間後ヤフオクで売却。


一番最近買った beyerdynamic(ベイヤーダイナミック) のDT 990 PRO
音場が広いという噂のオープンタイプに興味を持ち、
beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)DT 990 PRO
3度目はないぞ。とヨドアキバで試着してから購入。
低音出る!という情報を得て、いざ試聴してみたらそうかな?って感じだった。
‥もしかして家で鳴らしたら変わるのかな?と思って博打購入。
で買って帰ってエージング200時間。
うーん微妙‥。
何が微妙って‥AH-D2000と比べると低音の沈み込みが足りないのですよ。低音の量自体はよく出ているんだけどね。
オープンタイプの低音ってこんな感じなのかな。
音場の広さは、やっぱりオープンタイプならでは、って感じ。でも、少し遠くから聴こえるAH-D2000の広さとは異にする音場感。広がりっぱなし的な空間で、間接音的な響きを作為的に作る構造じゃないみたい。
オープン故に音はダダ漏れ、小型ラジオを鳴らしているみたい。
スタイル‥ハッキリ言ってカッコイイとはお世辞にも思えない。
惹かれる何かがあるみたいで、まだ手放してない。



結局、耳が完全に納まるタイプじゃないと受け付けない残念な自分。装着感ってとっても大事。
脳内定位も拒絶してしまう自分。
ヘッドホンは自分にあったものを、試聴して決めるのが一番大事。
それから、自分、低音厨ではありません。念のため。



いにしえのアナログレコードを、ミュージカルフィデリティーのフォノイコを通して、現代技術の真空管ヘッドホンアンプで聴く。
DSCF1174_20121221221818.jpg
実はこれがけっこう良い感じで嵌ってたりしてます。



で、激安ATH-ESW9は、耳が合わなそうだから、ぐっと我慢しなくちゃいけないところを‥もしかしたらポチッとしてしまうそうな自分がどうしょうか思案中。
(やっぱり懲りてない。)


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

改めて知る MIT Magnum AC1  の凄さ

先日の電源ケーブル「SYUNYATA TAIPAN」を使うために、成り行きで追い出されてしまったMITマグナムAC1。
0000DSCF6266_20121225171021.jpg
プーになってしまったこいつは、ヨッシーにレンタルされることになりました。

で、そのレンタル初日。早速ヨッシーから連絡がありました。
「スゲーよ、このマグナム! 低音がズシンとくる。一つ一つの音に厚みがあってハッキリしてくる。高域は抜けるし、きつくない。ヴォーカルの実在感がスゲー!!」

「‥うん、そういうケーブルだよ。」
なんて、努めて冷静を装ってはみたけれど‥
やべ~、判断を誤った?? なんて焦った自分は、早速確めに行くことにしました。


そのマグナムAC1は、CDプレーヤーに刺さっていました。かのタイパンはプリアンプに。
ちなみにパワーアンプには、自作のTSUNAMIです。

早速聴かせてもらうと‥
確かに「スゲー!」ヴォーカルがそこで歌ってる!
彼のシステムは、ケーブル等アクセサリーに超敏感に反応するんですが、これほど分り易い変化をするとは。まじ驚きです。
比較のために、ノーマルの電源ケーブルに戻すと、あれれれれ‥。一気にしょぼい音になってしまいました。

電源ケーブル1本でこんなに変わっていいんかい??
と思いつつ、目の前で起きていることは夢じゃないんだから仕方がない‥。
何回交換しても同じ変化。二人の目は白黒状態でした。




後日、我が家に無事帰ってきたマグナムAC1を所定の位置(DAC)に刺して、改めて聴きなおしました。
前回よりもボリュームをを少し上げて。

先日の比較結果はこんなんでした。

低音の量感・充実度‥MAGUNAM AC1 < Taipan
高低レンジ感‥MAGUNAM AC1 > Taipan
SN‥MAGUNAM AC1 > Taipan
解像度‥MAGUNAM AC1 > Taipan
定位感‥MAGUNAM AC1 > Taipan
音場の奥行き感・広がり‥MAGUNAM AC1 > Taipan

改めて上に付け加えます。
ローエンドの伸び‥MAGUNAM AC1 >> Taipan

低音の量は、明らかにTaipanのほうが出ます。
しかし、MAGUNAM AC1に変えると、低音は締まり、量感は減るものの、その下のローエンドがズシッと伸びるのが分ります。
(分ってたのに、Taipanの低音に魅了されてました‥反省)

電源ケーブルでローエンドが伸びる??‥馬鹿言ってんじゃないよ!‥なんて思う人がいると思うけど。
事実なんだからしょうがない。
でも、信じてくれ。とも思わないので、(そう思う人は)どうか放っておいてくださいね。


このローエンドを伸びが有る無しでは、音楽のスケール感に差が出てきます。

そしてもう一つ
ボリュームを上げると、Taipanの場合は、妙に音がごちゃごちゃしてくる。(比較すればの話ですが。Taipanもそれなりに優秀だと思います)

評価ポイントが変わります。
定位感‥混濁感のなさ‥MAGUNAM AC1 >> Taipan

加えて、マグナムのほうが、音の粒立ち良く、一つ一つの音がハッキリと見えてくるためか、背景の静けさが際立ってきます。奥が見えてくるようです。

前回、この辺りを見落とした原因は、ボリュームが小さかったこと。そこそこ大きい音で聴いた今回はハッキリとわかりました。


MAGUNAM AC1 VS Taipan の比較 訂正版
(試聴環境:ボリューム中上~に限る)

低音の量感・充実度‥MAGUNAM AC1 < Taipan
高低レンジ感‥MAGUNAM AC1 > Taipan
ローエンドの伸び‥MAGUNAM AC1 > Taipan
SN‥MAGUNAM AC1 >> Taipan
解像度・混濁感の少なさ‥MAGUNAM AC1 >> Taipan
定位感‥MAGUNAM AC1 >> Taipan
音場の奥行き感・広がり‥MAGUNAM AC1 > Taipan



結論:やっぱり、このマグナムAC1は外せません。




余談ですが、以前このマグナム、ぶちさん、YASSYさんちに遊びに行ったことがあるんですが、その時の評価は良いものではありませんでした。
現状の音、好み、環境によって評価は分かれてくるのでしょうね。



ちなみに、このマグナムAC1‥前段機器に向いているみたいです。


残念なのは、PSE法施行後、箱付きMIT電源ケーブルは、日本で販売されなくなってしまったことです。

このマグナムが日本で販売されていた頃、シリーズとして、
より安価なショットガン、このマグナム、ハイエンド級のオラクルの3種類がありました。
それぞれに、箱1個のAC1、箱2個のAC2がありました。
さらに、オラクルには、箱なしバージョンもありました。

AC1は前段機器用。AC2はパワーアンプ等後段機器と相性が良いと評価されていました。


ちなみに、あたくしのシステムで何種類か使ったことがあります。
オラクルAC1‥以前の貧弱なシステムでは、音の勢いが押しつぶされた感じで、なにが良いのか分りませんでした。ハイエンドケーブルにとって、当時のマイシステムは役不足だったようです。
ショットガンAC1は、CDプレーヤーに繋がっていました。低音の締まりがあってハイスピード‥MITの整理感と言うテイストを感じさせてくれました。しかし低音の量感はより控えめでした。これがネックとなり、のちマグナムAC1と交代することとなります。
箱なしオラクルも試してみたことがあります。やはり何が良いのか分らず、なんだか粗い音だし、MITじゃないみたい‥。そんな記憶があります。

もしかしたら、マグナムAC1はシステムレベルに寛容なのかもしれません。



さて、レギュラーに無事戻ったマグナム。そして行き場を失ったタイパン。

次回は、改めて
シュンヤタ タイパン VS オヤイデのブラックマンバ ベリリウムバージョン と相成ります。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

改めて SHUNYATA Taipan VS ブラックマンバαベリリウム

Taipanの繋ぎ先を探すために、
ボリュームを(近所迷惑にならない)ギリギリまで上げて、改めて比較してみました。

でも結局、音量小さめの時と、変わらない表になってしまいました。

低音の量感・充実度‥ブラックマンバα ≒< Taipan
中域(特にヴォーカル)の充実度‥ブラックマンバα >> Taipan
高低レンジ感‥ブラックマンバα ≒< Taipan
SN‥ブラックマンバα ≒ Taipan
解像度‥ブラックマンバα ≒ Taipan
定位感‥ブラックマンバα >≒ Taipan
音場の奥行き感・広がり‥ブラックマンバα >≒ Taipan
綺麗な響き‥ブラックマンバα > Taipan

両方とも、高低レンジが特別広いって訳じゃないことが、音量を大きくしても表上で評価が変わらない要因かもしれません。

上みたいな比較表にしてみると、差異は割り難いのですが‥
ただ、先日書いたように、この2本は味付けが違います。
 この2本は、比較しえるものじゃないかも。性質が違うケーブルってことです。
 ヴォーカル狙いならブラックマンバα。低音狙いならTaipan。って明らかに線引きできちゃう。
 「綺麗な響き」(場合によってはくど過ぎる響き)なんてポイントまで追加されていることで、その辺わかってもらえるかしら。

こっちの方が、ケーブル選定においては重要です。
特に3行目、この響きをどう受け止めるか、がポイントかと思います。
マンバベリリウムのブレード素材‥銅の固有振動が醸し出す響き。特にヴォーカルに艶というか響きがのります。
これが、気持ちイイとなるかもしれないし、過剰となるかもしれないし。
潤いが足りん!なんてシステムには相性良いでしょうね、きっと。

そんなことを含めて、
スッピン蛇口全開方向ならTaipan。お化粧したいならマンバベリリウム‥なんて思ったりして。(テキトー)


で、今の自分は?
今回はとりあえず‥お化粧落として、スッピン方向に舵を切ります。
つまり、TaipanをCDトラポに使うことに決めました。

紆余曲折の上、Taipanを繋ぐところが決まり、これでメデタシメデタシ。
とはなりません。
舵を切ってしまったために、
パワーアンプに暫定使用していた、ゾノトーンの電源ケーブルの個性が浮いてきてしまいました。
‥さてどうしたものか‥

2012年暮れの電源ケーブル顛末記、もちょっと続きます。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

尖閣諸島は間違いなく日本の領土

中国外交文書に「尖閣諸島」=日本名明記、「琉球の一部」と認識-初めて発見
(引用始め)
【北京時事】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。
‥‥中略‥‥
中国政府が初めて尖閣諸島の領有権を公式に主張したのは71年12月。それ以降、中国政府は尖閣諸島が「古来より台湾の付属諸島」であり、日本の敗戦を受けて中国に返還すべき領土に含まれるとの主張を繰り返している。
(引用終り)

要するに‥中華人民共和国が言う「釣魚島は大昔から中国固有の領土」。この主張の矛盾を証明する正式な文書が、中国で発見された。‥ということです。


さて、この頃何があったのか?
1950年当時、敗戦国である日本はアメリカ占領地下のままで、主権を持たない(つまり独立国じゃない)状態でした。
翌1951年、サンフランシスコ講和条約が結ばれ、日本は独立国家になりました。

サンフランシスコ平和条約とは、第二次世界大戦後の平和条約で、日本国と連合国各国の平和条約である。この条約の発効により、連合国による占領は終わり、日本国は主権を回復した。1951年9月8日調印、1952年4月28日発効。

重要なことは、このサンフランシスコ平和条約の中に、
独立国家として領土を明確にする必要があるために、
日本が放棄すべき地域、日本の領土であるとされる地域が、それぞれ明記されている。ということです。

その地域っていったいどこなの?
地図で解り易く図示してくれているHPがありました。
尖閣諸島は、サンフランシスコ講和条約でどのように位置づけられているのか
ご覧になってみてください。尖閣諸島が日本の領土であることは明らかです。


流れ的には、
1950年当時‥尖閣諸島は日本のものだけど、平和条約を締結するドサクサに紛れてなんとか奪い取りたい。奪い取るために検討の必要がある。
(その検討文書が上記文書、ということです。‥でも結果ダメだった。だから講和会議にも参加しなかったのかもしれません。)
1971年当時‥尖閣近くの海の底に膨大な油田があるらしいぞ。やっぱり欲しいぞ、尖閣絶対欲しいぞ!! もう一度ゴネてやれ。

っていう感じですかね。


改めて書きます。
尖閣諸島はも紛れも無く「日本固有の領土です。」その意味では、領土問題は存在しません。
国として未熟なジャイアンが、人のものを強引に欲しがっているだけです。


テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

電源ケーブル JPS labs/ POWER AC+

Taipan導入に伴い、音質の舵取りをしたマイシステム。
それにあわせて、
暫定的にパワーアンプの電源ケーブルとして使ってきた、ゾノトーン/6NPS-5.5GRANDIO の個性が悪い方向に浮いてきてしまいました。
‥高域が妙にシャリつきます。わずかと言えばわずかなんですが。耳についてしまうとどうしても気になってしまいます。どうやら、ブレードがロジウムメッキされているんですが、ロジウムのクセみたいなその音が少し突出してきたようです。
何かを入れると何かがずれて、全体としてまとまらなくなる。複雑かつ方程式の存在しないパズルみたいです。

この6NPS-5.5GRANDIO 音質傾向としては、
重低音ブーストタイプ。低音はタイト。高域はこの重低音にバランスするように少し強め。中域は下がり気味。
音像も全体の雰囲気も柔らかく、が濃い音ではない。音像の輪郭をハッキリと描くタイプではない。
音場は広めに展開。特に5.1CHではリヤ側の包囲感が増し、にぎやかになります。
決して、ニュートラルではなく、脚色を強める傾向。使いようによっては楽しい音。
現状の立ち位置しだいですが、個性が度が過ぎた場合、破綻する傾向を持つ電源ケーブルでした。
自分の場合、マンバベリリウムと組み合わせ、中和させることで全体を成立させていたんだと振り返ります。

電源ケーブルTaipanをCDトラポに入れると、全体の音質がスッピン傾向を望む方向に向かいますが、上に書いたようにゾノの個性が粗として出てきてしまった訳です。
個人的には、女性ヴォーカルのエロっぽさが好きなので、出来ればそちらに戻したい気持ちも大なのですが‥
舵取りをした上で、音質1ランクレベルアップさせるためには、
とにかく一旦、崩れたバランスを修正しなければなりません。


そこで課題です‥次の電源ケーブルは何にする?
選定ポイントは、
とにもかくにも、まずSNの悪化するものはダメ。
高域がきつくないこと。しかし高域が出ないタイプじゃまずい。抜けも悪くちゃ困ります。色づけが極力ない方向で、でも、できれば弱ピラミッドバランスが望ましい。ローエンドがズシンと来るものであればなおよろしい。
パワーアンプ用なので(感覚的に)太いケーブルかな? もった感じが硬めで重量感があるのがよろし。(あくまで感覚ね)

探すことしばし‥
手に入れた電源ケーブルが、表題のコレです。
電源ケーブル JPS labs/ POWER AC+
JPS labs  POWER AC+
DSCF1243.jpg
メーカー曰く、パワーアンプ用電源ケーブル
ちょっと古いモデルですが、当時の販売価格は10万円くらい。
持論ですが‥ケーブルと音質は10万円くらいからレベルが違ってきます。(違わないまがい物もけっこうありますが)オーディオケーブルの値段って‥原価じゃなくて、出てくる音でプライスを決めているんじゃないのか?って気がすごくするのは気のせいでしょうか?
(ちなみに、自作では超えられない壁があることも経験で知りました)
で、今回の購入価格ですが、一ヶ月のおこずかいでお釣りがきました♪

早速実装して音の確認です。
‥なんと!ほぼ狙いどおりの音が出てきました♪
高域のシャリつき感は消え、落ち着いた高域に。かと言って大人しい感じではなく、SNが良いので抜けがいい。声の実体感がUP。
MITのマグナムほどのローエンドの伸びはありませんが、硬めで解像度の高い低域です。ボヤっとしていません。その低域を中心に分厚く力強い音が出てくるようになりました。今まで苦手だった男性ヴォーカルが太く聴こえてきます。
音像の輪郭も、そつなくクッキリしてきました。
ただ、ゾノトーンを使っていた時の、あからさまな音場の爆広がり感はなくなっています。響きも特に色づけなし。‥これが普通なのかもしれませんが‥耳に馴染むまで時間がかかりそうです。
破綻はなく、その意味では脚色は少なめ、許容範囲。

Taipanほどの蛇口全開ではありませんが、ソースのエネルギーを溢れさせないようにコントロールしながら、きちんと出すタイプ。
比べると、ゾノの場合には、重低音の量はより出るけど、リミッターが効いて少しクリップされていたような低音だったんだな、とわかります。
強弱の表現が、JPSのほうが上手い、ということです。
スピード感については、特別良いという訳ではなさそう。十分ですが。

どこかで見た
 全体的に散らかった音を綺麗に整頓してくれる。
 実音がしっかりと感じられ、奥行きを伴うサウンドステージ表現も聴かせ方が上手い。

という表現がよくわかるケーブルです。

スッピン方向に舵を切るケーブルとしては正解な電源ケーブルでした。

しかし、なんかまとまりすぎて面白味に欠けるのも事実。
正統派ピュアオーディオ路線の音といったらそうだし、聞こえは良いのだけど‥
世の中のハイエンダーたちと同じ土俵に載ったって、あなた、それってレベル違いすぎて全然おもしろくないって。

でも偶然とはいえ、上手いこと土台はできました。
ここからは、自分の音を載せていく楽しい旅にでることにします。

2012年大晦日
今年もありがとうございました。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

電源ケーブルによる音の違い

You Tube から拾ってきました。我が家のちっこいPCスピーカー(Edifier)でも少しは違いが分ります。








これで2012年の更新は本当にお終いです。それでは皆さん、良いお年をお迎えください。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。