BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセントプレート

Assistance Design AD-CPAZ


アナログの話か?と思わせ振っておいて‥コンセントカバーだったりして。
アルミ、プラスチック、真鍮、ポリマー系と試してみた結論‥コンセントカバーなんかで確実に音が変わります。
中でもこいつ(写真のAssistance Design)の実力はかなり凄い。
詳細は‥気が向いたらUPするかもしれないのであった。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントプレートの音質

プレートと言うよりカバーと言ったほうが分り易い。
お宅にもある↓これです。
DSCF1743.jpg

知っている人は既知ですが、こいつの材質で音が変わります。
アルミは高域よりの軽目の音。
プラスチックは、レンジが狭く感じるカマボコ型。俗にクセが無いと言われる。
真鍮はドンシャリ。
安価で比較的手に入れやすい素材のものを簡単に批評するとこんな感じ。

それぞれに個性があります。狙ったチューニング、目的、好みに合わせて選ぶとよろし。

ベクトルの方向が強すぎる場合は、カバーの裏側に適切なダンプ材を適所に貼り付け調整する方法も有効です。
‥例えば、低音のエネルギーが欲しい、けど、高域はあまり強調したくない。なんて場合は真鍮製のプレートの裏側にテフロンテープ等でダンプするとよろし。どのくらいの量を貼るかは、もちろん好みに合わせて調感で。
また、銅箔テープを貼ったりすると、中域に銅独特の艶が出たりします。これも使いようしだい。
いずれも度が過ぎると音がおかしくなるのでほどほどがよろし。

そしてこれらは、オーディオシステムの完成度、特に電源系の完成度が高まると、その効果が顕著になっていきます。

忘れちゃいけないのは、音は変わるけど、変化ベクトルの方向は限定されるので、合わなきゃ全然目的に合致しない、ってこと。
オーディオちゅうものはそんな生易しいものじゃありません。

余談ですが、
評判のコンセントを買ったけど、なんか違う?なんて感じる原因がこのカバーだったりすることもあります。


そして前回、写真だけ紹介したこれ。
Assistance Design AD-CPAZ
Assistance Design の AD-CPAZ
素材は不明。

裏側はこうなっています。なんか貼ってあります。
AD-CPAZ
非常に重いです。叩くと硬い鋳物を軽くダンプさせたような鳴りが出ます。

Assistance Designが限定生産したもので、ネット上のレビューは全く無いに等しいです。
比較対象は
J1 Project

明らかな違いはフォーカス感。
友人宅では‥写真に例えると、J1 Project のものはピンボケ。Assistance Designのものに変えると、レンズの焦点を正確に合わせたかのような描写変化がありました。

そんな馬鹿なって?
もちろん信用しなくたって結構ですよん。(こんなものは実際に体感しなけりゃね)

ただ、フォーカスが合うことで音像が凝縮されるので、コンパクトにまとまってしまって‥ベースラインあたりの低音が淋しくなった、と感じる場面があるかも。
密度が高まっただけなんだけどね。例えは変だけど‥麺がふやけたラーメンと、伸びてないこしのある麺と、どっちが美味い?って感じ。量を感じるのは前者ですが。

音色傾向としては、重心の低いピラミッドバランス、その解像度もUP。高域方向は十分に伸びているが、エネルギーはやや押さえ気味。
場合によっては地味な音に聴こえる可能性あり。


この記事の最初に紹介した、アルミ、プラ、真鍮、それらが「帯に短し襷に流し」って感触に比較すると、かなり正統派なアクセサリーだと思います。
ただ、残念なのは、限定ゆえ手に入り難いこと。

ここで良いと書いてあったらと言っても、お宅の組み合わせで良くなるとは限らないってことをお忘れなく。
良い悪い、なんて求める価値観で違うんだから。そこんとこお忘れなく。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

アナログレコード物語

タビさんが言いました。
「楽しすぎるぞ、アナログ!ノイズと一緒に何か大事なものも失ってしまったような最新リマスターと比べて、いや、比べなくても音楽が楽しいヽ(´▽`)/」

わかります♪
自分も最近になって遅まきながらでありますが‥レコードの楽しさ、CDを超えている部分‥それらに気づきました。それからというもの、映画とCD再生そっちのけでレコードにはまっちゃっています。



遡る事6年余り‥シアター部屋をリフォームした2006年の秋。
その当時からレコードプレーヤーはラックの上にありました。
PRO-JECT PERSPECTIVE
レコードも壁半面を覆うラックにたくさん飾ってありました。
レコードラック
10年、いやもうちょっと前くらいかしら‥あらゆるレコードが10~100円でハードオフに溢れていた時がありました。
はるか昔、高校生だった時分、一ヶ月のこずかいでは1枚買うのがやっとの思い出。その反動だったのかもしれません。聴くわけでもなく無性に買い漁ったレコードが1000枚近く。

でも、集めるだけ集めて‥当時は、いえ、ここ半年ほど前まで、実はずっとただの飾り物だったのです。
たまに懐かしくて、レコードを取り出して聴いてみるものの‥CDに比べてレンジは狭いし、低音出ないし、厚みはないし、広がらないし、レコード特有のパチパチノイズが耳につくし‥。
う~ん‥良いとこなんて何もないじゃん‥、やっぱりアナログレードは過去の遺物なんだよな‥。
そうずっと思い続けていたのです。
このレコードたちとプレーヤーはこのままずっとお飾りのままなんだろうな‥。

ただ、何故か妙に気になる1枚のレコードがあったのです。
そのレコードとは‥。

‥続く。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

アナログレコード物語2 

当時なんか気になっいていたレコードとは‥松田聖子嬢のパイナップルでした。
松田聖子 パイナップル マスターサウンドLP
なんだかえらく元気なサウンドで、特に1曲目のプレゼント‥高域のシャキシャキ感が爽やかでとても印象的でした。
でも、当時のシステムではうまく再生できなかったのです。
サ行が歪むし、全体的にノイズっぽい。また、低音がバーンッと入るところでは、針がトレースしきれないのか、まともな音が出てきませんでした。

特に聖子ちゃんファンという訳ではなかったのですが、このアルバムには少しだけ思いいれもありまして‥
ちゃんと聴きたいな~、という思いから、CD選書を購入してみたのです。
CDならば、サ行が歪んだり、ノイズが気になるようなことは有りえないだろう、と。

‥‥がしかし‥‥
なんだか変。
確かにノイズは聴こえない。サ行もOK。
‥でも‥
なんかつまんないんです。
一音一音はきちんと聴こえるけど、
高域もちゃんと出ているけど、何故か爽やかじゃないしチョ五月蝿いし。
低音もちゃんと鳴っているような気がするけど、コンプがかったような感じで弾けない。
どこも破綻はしてないけれど、
音楽が生きていない気がしました。

きっとこのCDは音が良くないのだろう、とそれ以上深く考えることもなかったのですが、
ただ、なんでレコードのほうが元気に聴こえるんだろう?‥と、これ以降、頭の隅にずっと残り続けることに‥。それがこのアルバムだったのです。



後日知ることになるのですが、帯の部分に書いてある「MASTER SOUND」の文字。通常版よりも高音質バージョンだったのです。(そんなことも知らない当時の自分でした)
聖子ちゃんのマスターサウンド、特にこのパイナップルは、知る人ぞ知る超優秀版だったそうな。
ただ、アナログの場合では、それがちょっとやっかいなことみたいで‥。
マスターサウンド=ちゃんと鳴らすにはそれなりのシステムが必要。それを序序に知ることになっていく訳です。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。