BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

謹賀新年 2014

謹賀新年

バックトゥーザフューチャーⅡ デロリアン ダイヤモンドセレクト社 1/15

 
今年もよろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。





スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

レコードの木工ボンドパック 追記あり

中古で買い漁ったアナログレコード。
その状態はピンキリです。
水ジャブジャブクリーニングと無水エタノールクリーニングで音は復活するものの‥
酷いパチパチノイズまでは撃退できませんでした。

パチパチノイズが酷いと、好きなアーティストでも、さすがに興ざめしてしまい聴く気が湧きません。
そこで以前から興味はあったけど、(なんかメンドクサそうな)木工ボンドクリーニングに挑戦してみました。
効果はある!!との噂ですが、はてさてその効果のほどは?

「レコード 木工ボンド」で検索
一番最初にヒットした こちら を参考にさせていただきました。

施工中 (中性洗剤&水クリーニング、さらに無水エタノールクリーニングを処方してから処置すると効果倍です)
DSC00470.jpg

ボンドパックを剥がす時の静電気が凄いです。
静電気のせいで、細かいホコリが盤面に寄せ付けられているに違いありません。
ボンドを剥がし終えた後に改めて、水ジャブジャブクリーニングと無水エタノールクリーニングを行いました。

施行後
DSC00476.jpg
写真では分り難いと思いますが、もの凄く綺麗です。

早速試聴。
パチパチノイズは激減しています。
総対比80%減。(耳アナライザーにて)
施行前は、パチパチ五月蝿くて曲が聴くに耐えなかったのですが、ほとんど許容範囲に治まっています。
完全には消え去らないものの、これなら効果は大と言えるでしょう。
少し驚いたのが、一番目立っていた曲間の部分‥パチパチノイズが皆無になってます。わずかな針のトレースノイズが聞こえてくるだけです。

まさかと思ってましたが、音のほうも良くなっていました。
ヴォーカルの描写が良くなっています、輪郭が滑らかなのにクッキリ、そして浮かび上がっています。
ヴォーカルだけではなく、他の音も同様。
余韻も美しい‥。
低音も迫力出てるし。
これぞアナログサウンドの真骨頂。とにかく、聴いてて気持ちいいです。それはCD盤とは比べ物になりません。

このアルバムって、こんな音だったんだ‥。

同じ盤を、高校生の時に買っていました。‥当時はなんか大人しい音だな~、と思っていました。
時が経てCDで再販されても、その印象は変わらず。
オヤジになってアナログを再開、いく度か機器が変わっても、その印象は相変わらず‥。
だから
このアルバムの録音はこんな感じなのだろう、マスターが悪いんだろう、きっとそうなんだと思い続けていました。
間違いだったのかも‥。

ボンドパッククリーニングをすれば必ずこうなるとは言い切れません。
このところアナログシステムを開花させる土台造りに努めてきていました。それが今回のボンドパックで一気に花開いたのかもしれません。

ありふれたセリフだけど‥
お気に入り全てのレコードをボンドパッククリーニングをして聴き直したくなりました。

レコードを聴いているなら一度試していただきたい。
そして、アナログ時代の音源はレコードで聴くべきだ。と関連無し身勝手に結んでお終まい。


01/08
木工ボンドの違いで剥がしやすさに違いが出るようです。(確信ではありません)
DSC00604.jpg

左、白い方‥コニシ社のボンドを使ってみたら、曲間部のところで避けちゃって剥がしきれずにどうしようもなくなること数回。
右、黄色い方‥セメダイン社のものは一度も裂けません。
トライするなら、セメダイン社のものをお勧めします。
(ボンド:水) 9:1 位の割合で、少し薄めるとムラになり難く塗りやすいです。




 

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

今さら3Dですみません‥

エコポイントで薄型テレビが爆発的に売れたのは、2010年の冬だったと記憶しています。
それが終わると‥
量販店のテレビコーナーは、打って変わって閑古鳥が鳴いていました。
その梃入れとして打ち出した苦肉の対策が3Dだったんだと思います。
メディアは太鼓を打ち鳴らし、量販店のテレビコーナーにはたくさんの試聴機が並び、
どうぞご覧になってください、凄いですよ!飛び出すますよ!みたいな。
だからと言って
テレビなんてそうそう買い換えるものじゃありません。しかも買い換えたばかりだし。
そもそも3Dなんて一般消費者は求めてなかったし。
あんなギミック的な3D映像を見せられても、買い換えたいなんて思わないのは道理でしょ。
ニーズが無ければ売れないのは当たり前。
結末は、皆さんご存知のとおり。3Dってなんだったの?みたいな感じです。


さてさて、去年の晩秋に購入したLVP-HC8000D。
煽りを食らって?プロジェクター業界から撤退した三菱の最終モデルです。
もちろん、3Dに(不完全ですが)対応してます。

ほんとに今さらですが‥

興味は無いとずっと言っておきながら‥
いざそれが出来てしまうプロジェクターを手に入れたら‥
3Dを試してみたくなってきた。

最初に断言しておきますが‥。
AVアンプを買い換える気は全然ございません。また、3D映画に嵌るつもりも毛頭ございません。
って言うか
3Dってどうすればいいんですか?
お店に行っても跡形も無し。
ツタヤで雑誌を立ち読みしても、もうどこにも書いてありません。
(T◇T)
どうしたもんだかさっぱり分かりません♪
今まで興味が無かったことを後悔しつつ、
何は無くとも、3Dが再生できるプレーヤーをゲットすればきっと大丈夫だ。と考えた自分であったのでした。

続く。

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

今更3Dですみません‥2

3Dプレーヤーをゲットしなければなりません。
まずは、今あるDVDレコーダーを破壊します。
破壊すると言っても、自然に壊れたように見せかけねばなりません。怒られますから。
シャーシを開けて、DVDドライブに繋がっているフラットケーブルを外しておきます。
これでHDDは立ち上がりません。

あーこりゃダメだな寿命だよ。
買い換えたほうがいいよ絶対。今ならボーナスセールで修理するより安いしー。
早いほうがいいよ絶対。年末だからTVに嵐がいっぱい出るしー。
無理矢理買い換えさせる3段活用です。
最大のポイントは嵐で結ぶことです。とても重要です。

もちろん自分はお金は出しません。肝です。

そんな訳で目出度くゲットしたのは、ソニーのBDZ-AT350Sです。
BDZ-AT350S.jpg
最新モデルをあえて選ばず2011年モデルです。


ここまでは順調だったんですけどね‥。

続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

今更3Dですみません‥3

無知だったんですよ‥の巻



3D再生ができるレコーダーを無事ゲットすることができました。
後は、HDMIケーブルを使い、プロジェクターとAVアンプを接続するだけだ(と思いました)。

問題は、ブルーレイレコーダーのHDMI出力が1本しかないこと。
この場合、一旦AVアンプに接続して、さらにAVアンプからプロジェクターに出力する訳ですよね?
ただ、残念ながら自分のAVアンプは3Dに対応していません。当然3D信号を認識できない‥それは容易に想像できました。
3D対応AVアンプに買い換えれば話は早いのですが、そんなお金はどこにもありません。

そこで‥HDMIスプリッターを使えばいいんじゃないか?なんて思った訳です。
で探してきたのがコレです。
DSC00588.jpg
ラトックシステムのREX-HDSP2A 1つのHDMI信号を2つに分配します。もちろん3Dに対応しています。

これを使えば、プロジェクターに3D信号を、AVアンプにデジタル音声信号を それぞれに送れると思ったんです。

(もっとちゃんと調べてから購入しろよ)

早速接続して‥
この日のために用意した
DSC00599.jpg
IMAX UNDER THE SEAを再生しようとすると‥
なんか変です‥
再生は始まりません‥
「お使いの機器またはテレビは3Dに対応していません。2Dで再生する場合は決定ボタンを押してください」のメッセージが映し出されたままです‥

試しに、AVアンプに出力しているHDMIケーブルを外してみると‥
3Dが出てきました。
  (" ゚〇゚)! うわ! 想像していたよりもリアルだ! スゲ!
でも、当然ですが、音は出てきません。

これじゃダメでしょ、と3D映像が映っている状態で、再びAVアンプに繋がっているHDMIケーブルをスプリッターに差し込むと‥
今度はプレーヤーの再生がストップ!




(ー'`ー;)・・・・

ここでハッと気づきました。
接続している機器全てが3Dに対応してないとダメなんじゃん!
自分のAVアンプは3Dに対応していないことを、レコーダーがきっちり認識してやがるんです。

(プロジェクターが3Dに対応してるんだから、それでイイじゃん‥なんて願望を持ってしまったばかりに、基本的なこと、HDMIは相互認識して成立することをすっかり忘れてました)

スプリッターで逃げようなんて甘い考えだったんですね‥
タビさんが、3Dプロジェクターと一緒に3D対応のAVプリまで買った意味がここで分かりましたよ‥。

皆さんほんとにゴメンナサイ。

しかし‥
HDMIって便利だけど、融通効かないのね‥ほんとメンドーな規格です。



さてさてどうしたものか?と考えた自分‥
あれだけリアルな目の前を泳ぐオサカナさんを魅せられると、そう易々と諦めることはできません。


(AVアンプを買い換えるなんて絶対ムリ。)


止むおえず‥
BZD-AT350S
(ソニー2011年モデルまでは、再廉価のモデルでも当たり前に出力端子が豊富です。助かった~)
音声は光デジタルで出力することに。

もちろん映像はHDMIを通して直接プロジェクターへ。


そして‥なんとか3D映像と5.1CHを鳴らすことが出来ました‥。

3Dエミッタが無駄にならずに済みました。
LVP-HC8000D


しかし‥音がショボいです、ショボすぎます‥。でもまあ我慢です‥やり様がありません。


次回、3Dを映して思うこと。に続く。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

今更3Dですみません‥4

なんとか3Dが再生できるようになりました。

IMAX UNDER THE SEA 3D


紙芝居のような、なんちゃって3Dとは全く違っていました。
(amazonレビューと被りますが、全くその通りだと思います)
映っている全てのものが連続した前後感奥行感をもって映し出され、
サンゴ礁の海底を背景にして、海蛇が目の前(空中?)を泳ぎ回り、でっかいハタが画面から飛び出し浮いています。
それは手で触れられるんじゃないか?と錯覚するほどのリアルさ。
3Dをしっかりと意識しているカメラワークの成せる技だと感じました。

パシフィックリム 3D

3Dですよ、凄いでしょ的な立体感が素晴らしいです。
でも落ち着いて見ていられるのは動きの少ないシーンだけでした。
動きが激しくなると‥
面中央付近は良いのですが、画面端で動く物体に激しい違和感を感じます。
目が悪いのか?セッティングが悪いのか?それとも‥。
焦点のずれた(解像度の低い)物体が視界の中で激しく動くと、目と脳が激しく疲れます。見続けることができません。
10分でギブアップしてしまいました。


立体感は想像以上でした。楽しめます。
UNDER THE SEA みたいなものを自分撮りできたら‥なんて夢を見てしまいます。
同時に3D再生の限界と被写体との相性を垣間見せてくれた2作品でもありました。


話は変わるのですが‥
3Dを観るならば、視野角いっぱいに画面が広がっているほうがいい。そう確信しました。

マイシアターのスクリーンの大きさは90インチ。試聴距離は2.5m。視界いっぱいに画面が広がるという環境ではありません。視野角だけで考えれば、どちかと言えば狭い部類です。
最初は定位置で観ていたのてすが、しだいに前へ前へと‥。
気が付いたら、スクリーンから1.5mの距離で見ていました。

視野の端からブラックアウトが消え去ると‥
3Dのリアルさが違います。完全に海の中にいると錯覚できます。
カメやらハタやらクラゲやらが目の前に浮いていました。本当にその場にいるようにリアル感でした。


3Dって‥
ドキュメンタリー映像ならば、そして画面を視野角いっぱいにすることができるならば‥
これは相当におもしろいはずだ。
なんて思う自分だったのでした。

そして自分でも思いも描かなかった展開に進むのでした。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

今更3Dですみません‥5

旅先で感動する風景、シーンに巡り合い‥
それを思い出し、あの場所にもう一度行ってみたいな、そう思うことがあります。
それは既に記憶の中に、なんとなくしかありません。もし記録しておくができたなら‥。
そして‥3Dなら、あの時の臨場感をよりリアルに再現できるんじゃないか?
IMAX UNDER THE SEA 3Dを見てそう強く思いました。

SONY HDR-TD10
SONY HDR-TD10
買っちゃいました。

3Dが下火 (いや、鎮火したと言っていかもしれない) になって、何を今更と思われるでしょう。
でも、3Dって実は‥マイドキュメンタリーを記録しておくためにあるべきものだったんじゃないか?
そう思ったんです。

3Dのリアル感を堪能するには、昨日の記事に書いたとおり、ハード的にマニアックなもの
例えば、プロジェクターや大きなスクリーン、映し出すための機器や環境が必要です。ハッキリ言って敷居は高いです。
でも、シアターには、それらベースとなるものが既にあるんですよね。
やらない手はありません。

興味があるなら、まずやってみる。ブームなんか関係ない。

会社の上司に、「そんな物を買って、何を撮るんだ?」と言われました。
確かに撮りたいと思うシーンは数少ないかもしれません。子供も大きくなっちゃったし‥。
「誰に見せるんだ」とも言われましたが、
自分のためだけのマイドキュメントで構わない、そう思いました。

被写体はさり気ない日常の中にあるかもしれません。
博物館、動物園や旅先で巡り合うかもしれません。
あるいは人里離れた山の奥とか温泉かもしれません‥もし機会があったら絶対この3Dハンディカムを持って行こうと思っています。
ヽ(^▽^@)ノ

ワクテカはさておき、
実は何を映すかではなく、問題はどうやって再生するか?のほうが難問だったのです。


以下キーワード。
HDR-TD10の動画記録画素数/フレームレート 1920×1080/60i×2(MPEG-4 MVC/H.264 AVCHD規格 Ver.2.0準拠)。
三菱のDLPプロジェクター/LVP-HC8000Dは、上記フレームレートには対応していない。
TD10の3D出力設定で「オート」では、サイドバイサイド方式で出力再生されてしまい、プロジェクターの横方向の解像度が半分になってしまう。このままではフレームシーケンシャルで再生されない。
完全対応しているのはSONYとビクターの新し目のプロジェクターだけ。

タビさんへ
DLA-X7 | 主な仕様
参考までに。
ちなみに、近接撮影するならば、子供撮りとか、HDR-TD20がお勧めです。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

3Dハンディカム SONY HDR-TD10 

購入前の心配編

SONY HDR-TD10
それは‥
この3Dハンディーカムと三菱のDLPプロジェクーでちゃんと3D投射できるか? ということでした。
ググっても、HDR-TD10とLVP-HC8000Dを繋いだ、なんて情報は何も見つかりません‥。

そんな中、価格.comのクチコミ掲示板に目に留まりました。
      以下価格.comからの引用です。

HDR-TD10をLVP-HC7800DにHDMIでつないで投影してみましたが、結果は、残念ながら3D動画をうまく再生できませんでした。画面に左と右の映像が同時に映し出され、立体視できません。左右に分割して2画面表示される時と、上下に別れる症状でした。 HDR-TD10で、AUTOとサイドバイサイド等にHDMI出力を設定し試しましたが上記症状でNG。プロジェクタ側もAUTO、フレームシーケンシャル、サイドバイサイドと試しましたが症状は同じで駄目。

 
書き込みスレ全体は こちら( LVP-HC7800D 生産中止? ) です。
上から2/3くらいにあるスレ主さんの書き込みから引用させていただきました。


一連の内容を要約すると、
市販3Dブルーレイ(映画セル)の映像出力信号は24Pで、3Dハンディーカム HDR-TD10のそれは60P と違いがある。
HDR-TD10とプロジェクター/LVP-HC7800、を直接接続した場合、いずれの設定を弄っても、サイドバイサイドでは映るが、フレームシーケンシャルで映すことができない。
しかし、一旦ソニーのHDDレコーダーに落としてから再生すると、レコーダー側で自動信号変換してフレームシーレンシャルで映すことができた。ただし解像度はフルHDではない1280×720 60Pに落ちる。
というものです。




タビさんのための用語説明(イメージ) JVC DLA-X7の製品情報から借用してきました。
フレームシーケンシャル
フレームシーケンシャル
サイドバイサイド
サイドバイサイド



要するに‥
3Dに対応したHDDレコーダーに落としてからLVP-HC7800に繋げば、自分の望むものに近い3Dが映し出されますよ。
ただ、余計な出費がでちゃうしメンドクサイ事もあるけど、色々と我慢してね。
ということです。

幸いな事に、3Dに対応したブルーレイレコーダーを購入したばかりです。しかもそれはソニー製、AVCHD規格にも対応してます。そして自分のプロジェクターはHC7800の後継機種ですし‥きっと大丈夫。
映像と音声の振り分けは 先日の記事 にすればOKです。

分かった、とりあえず出来るんだな(たぶん‥)。だったら買うっきゃない!と購入に至った訳です。

しかしまあ、調べ始めて、
3Dハンディカムとの接続までフォローしたプロジェクター関連の記事の少ないこと‥

メーカーの製品情報でさえ細かいフォローはありません。
ビクターの製品情報 DLA-X700R | 主な仕様 を見ると‥
3Dフォーマット フレームパッキング 720p 60/50, 1080p 24, 1080i 60/50 と記載されてますがそれだけです。
三菱のLVP-HC8000Dの製品情報に至っては、3Dフォーマットの文字さえありません。
ソニーも同様。ソニーの場合は、3D映像信号にフル対応しているようですが(どの機種からは不明です)‥。
できるのか?できないのか?? ちゃんと映るのか? 何か必要なものはあるのか??!! ほんと分らないことばかりです。
TVだったら当たり前にポン付けで映っちゃうようですが‥
プロジェクターの事となると‥ハンディカム3Dなんて眼中にありません、ってことなんでしょうかね。
流行しない訳です。フォローが無いんだから。




さてさてそして‥
実際に撮って見る、プロジェクターに映してみる編です。

ほんとに出来るのか?チョー不安なんですが‥。
とにかく撮ってみなくちゃ始まりません。

む~んん‥
何か撮ろうと思っても、ターゲットなんてどこにもいません。
できれば動いてる奴がいいんだけど‥
見渡すとカラスがいます。じっとこっちを見てるし‥。
しょうがないからこいつでいいや‥とロックオン! が、向けたとたんに逃げていく。
カ~カ~♪ (バカにしやがって!)
チキショー撮ってやんねーよ。
しょうがないので隣の神社に行きました。
しょうがないのでこま犬を撮ってきますた‥。


すごすごと戻ってきて
早速!
まずは、プロジェクターに直接つないでみよー♪
どうせダメだろうけど‥
こんな感じよん、ってタビさんに説明できるし、何よりブログ的にチャレンジしなくちゃ面白みに欠けるでしょ?

付属のHDMIケーブルをお尻に刺して、
HDR-TD10

繋ぐプロジェクターは、もちろんLVP-HC8000D。
DSC00658.jpg

液晶パネルを開けば電源は自動でON。真ん中の再生ボタンを押します。
HDR-TD10

無事、スクリーンにメニューが投射されました。たったこれだけの操作です。何の手間もいりません。
hdr-td10

リモコンのカーソルキーでメニューを選択すると、ファイル選択の画面になります。(HDR-TD10本体の液晶タッチパネルでも操作できます。)
hdr-td10

神社を選択して決定。

サイドバイサイドの映像が映しだされ‥




















エッ?!

HDR-TD10

フレームシーケンシャルじゃん?!

なんで??

HC8000Dって実はそうだったの?!!
(" ゚〇゚)!

。(^о^*=*^о^)。
慌てふためきながら、3Dメガネ、メガネ‥

おーーーーーっ、立体やーーー。
こま犬映像美ー。

なんていう事でしょう、本当に嬉しい誤算です♪
HDR-TD10とLVP-HC8000Dは、(レコーダーを介さず) 直接繋いでフレームシーケンシャルで再生できちゃいます。
内緒で進化してたんですね。
これは快挙です。日本で始めての発表させていただきます。


ただ、これって、フルHDなのかな? と素朴な疑問‥。
見た感じそれっぽく見えるけど‥
確かめてみよ。
プロジェクターのリモコンで信号情報を見れば‥
とボタンを押してプロジェクターのメニューを表示した途端‥

HDR-TD10
画面はサイドバイサイドになっちゃいました。

何故?

この状態で、メニュー画面から確認してみると‥ご覧のとおり。
hdr-td10
一応、フルHDの解像度表示 1920×1080i にはなっていますが、
サイドバイサイド状態なので、実際に左右の映像を合体した3D映像は、横解像度は半分になり 910×1080i という解釈でいいんですよね?
この辺、初心者なのでよく分りません。

改めてプロジェクターのメニューボタンを押し、メニュー表示を消すと‥画面はフレームシーケンシャルに戻ります。
おっ、と思ってまたメニューボタンを押すと、またサイドバイサイド‥
これの繰り返し。

フレームシーケンシャル状態の解像度が知りたいと、
TD10とプロジェクター両方のメニューから、色々と試みましたが分りませんでした。

まっいいか‥。

とにかく、HDR-TD10とLVP-HC8000Dは、直接繋いでフレームシーケンシャルで再生できます。
仮に解像度が 1280×720 60P だとしても、(ブルーレイに鳴れた自分の目でも) 十分に実用に耐えます。




と続きまして、当初の思惑を実行してみます。
レコーダーのHDDにファィルを移動させます。
そうしないと自分の環境じゃ、5.1CH音声がスピーカーから出せないですから。

(HDR-TD10本体からは、赤/白ピンの2CHアナログ出力は可能です。)

コピーは簡単です。
付属のUSBケーブルを刺し、
hdr-td10

レコーダーBDZ-AT350Sの正面パネル内側にUSB入力に刺します。
hdr-td10

HDR-TD10の液晶パネル
hdr-td10

レコーダーのカメラ取込みボタンを押します。
DSC00595.jpg

これだけの操作でコピー開始。

スクリーンにも表示は当然出ます。
hdr-td10

コピー完了。ほんとにたったこれだけです。ちゃんと3Dで記録されています。
hdr-td10

早速プロジェクターに投射してみましょう。
予定どおり、フレームシーケンシャルで再生されます。
DSC00681.jpg
解像度を確認すると‥
予定どおり? 1280×720になっています。





‥と言うことは‥




LVP-HC8000Dの場合、
(もし解像度がフルHDであれば)レコーダーを介さないほうが画質は良いし、
しかも、音声信号はHDMI直でAVアンプから再生できる。


だとすれば‥
AVアンプを3Dに対応したものに変えれば、音も画もオールOK?

いやいや、これ以上の出費は、懐に危険すぎるので考えないようにします‥。

ともかく、何はともあれ、無事にフレームシーケンシャルで映し出すことができました。
それだけでそれだけで、目出度し目出度し、ということにいたします。

今日のところは新品のカメラバックを買ってお茶を濁しました。
hdr-td10


ちなみに、
HDR-TD10で撮った音声ですが、ちゃんと立派な5.1CHしてました。
神社に行った時、
近くで泣いている鳥たち、後方遠くの救急車のサイレン、そのとおり再生されてました。
立体映像と合わさって臨場感抜群でした。


これは思っていたよりずっと楽しいです。
美術館とか、ローカルな駅に行って鉄道撮りたくなってきた。春になったら神社の桜も撮ってみよう♪
なんだか、久々のワクワク感です。


タビさん、
程度の良いブツが手に入れられる今の内に一緒に‥ね♪






ついでに
LVP-HC8000D用の高速液晶3Dメガネ EY-3DGS-80U も追加で買っちゃいました。
三菱電機 3Dメガネ EY-3DGS-80U

amazon でまだ売っています。
3Dが鎮火し、三菱がプロジェクターから撤退した今、消耗パーツは手に入れられるうちに確保しなければ。
メガネが故障した。予備が無い。修理不可。マイ3D‥消滅‥では悲しすぎますからね。
それだけ本気になっちゃった(かも)ということです。


テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

厚さ2㎜の化粧版 をやっぱり外す。

カーテン裏 障子下半分のガラスを 厚さ2㎜の化粧版で覆ってみた。‥のが昨年の11月19日のこと。
(冬の間は活動が鈍くなり、5.1CHはノーチェック、調整放置のまま今日に至ってます)


今日は調整を兼ねて久々にToToを観てみました。
DSC00843.jpg

アフリカを再生してすぐ、異変が起こっていることに気がつきました。
低音の量感が体感2倍になっています。
AVアンプのLFEレベルを-2.5dBとダウンすると‥以前の量感とほぼ同一になります。
しかし、take51さんに聴かせた「あのリアルなドラム」は全く再現されてません。篭ってるし‥音圧無いし‥五月蝿いだけで迫力ありません。
LFEの質と威力は、マイシアターの生命線と言っても過言ではありません。
これはまずい、早急に復旧せねば。

‥ここで「何をやったっけ?」とブログを読み返してみると‥
冒頭の 11月19日の記事参照 でなんかやってる‥。

そうですか‥これですか。
2CH再生では功を奏したのですが、仕方ないので化粧版を外してみました。
DSC00854.jpg

結果‥見事に元に戻りました。
DSC00847.jpg
最強です。(自画自賛)

障子下半分を 厚さ2㎜の化粧版で覆ってみただけなんですが‥こんなに影響力があったんですね。

余分な低音は、部屋に留めておいてはいけないようです。
さらにその下の帯域を濁し聴こえ難くしてしまいます。



宿題
2CH再生はどうなった?要確認。
(対策:共振周波数を下げるために、より厚みのある化粧版を使ってみるか?)


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

自分のための憶え書き

中低域の滲み対策
調所 絶縁トランス パワーアンプに給電しているコンセントカバー上部
載せているインシュレーターを


オーディオテクニカ AT6089FT 18.5g/個 から
DSC00878.jpg

〃 AT6098 25g/個 に変更
DSC00877.jpg

いずれも電源プラグに接触させている。

AT6098 底面窪みのハネナイトは除去済み
DSC00879.jpg


テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad