BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想アース 再び

こないだ追加した仮想アースは、実は失敗作 (テキトー過ぎて納得いってない) です。
なので…
ちゃんと作りたくなりました。
take51さんも作るっていうことですし、レシピ的に (参考になるか知らんけど…)。

今回、材料はかつてない程に吟味しております。
備長炭は拘りの紀州産。
大き目のもの、隙間を埋めるための1㎝くらいの顆粒、さらにパウダー。

銅板の厚みは0.3ミリ。サイズはえっと…80×40㎝くらい。

線材はアコリバのアニール銅単線1.6φ と TARA labsのプリズム2/2。

とりあえず今日は銅板に線材を加工しました。
こんな感じ。太いのがアコリバ単線でラメラメしているほうがプリズム2/2、線材を解いてます。
DSC03369.jpg
銅板へはハンダ付けしようと思いましたが、銅板の質量がこのくらいになってくると、40W程度のハンダこてでは全く歯が立ちません。銅板に十分な熱がたまらずハンダが沁みこみません。

仕方がないので、銅板の一部をカットして単線を加締めることにしました。
DSC03371.jpg
キッチリ加締めてます。

明日は備長炭が届きます。
果実酒のビンに、備長炭と上の物体の詰め込み作業の予定です。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

仮想アース 備長炭のビン詰め作業

用意したもの
「杣人」BBQ(バーベキュー)用備長炭 中(5kg)×1箱 ¥3,500円
「杣人」紀州備長炭 粒炭 (500g) (粒サイズ大(1cm前後)) ¥980円×2袋 ¥1,960円
1L備長炭(粉末) ¥316× 3袋 ¥948円
(全部amazonで買いました)
炭だけで約6,500円…。(~ヘ~;) ショウジキウーンナノデスガ…

とにかくビン詰めを始めます。
DSC03374.jpg
昨日作った銅板、果実酒用ビン、紀州の備長炭5キロ(…やっぱり安物とは全然違います)

DSC03375.jpg
備長炭1個に昨日のメラメラを1本巻き付けます。

DSC03376.jpg
銅板の隙間に入れていきます。

DSC03378.jpg

DSC03380.jpg
備長炭(中)をビンの半分の高さくらいまで入れたら、粒炭を1袋入れシェイクします。

備長炭(中)の隙間に粒炭がほど良く入ったら、粉末を1袋入れシェイクします。
DSC03382.jpg

再び備長炭(中)を詰め、粒炭を1袋入れシェイク、粉末を1袋入れシェイク。

残った粉末1袋入れまたシェイク。
DSC03384.jpg

粉末が全部落ちちゃった… 3袋じゃ足りませんがな…。
DSC03385.jpg

仕方ないので、余った備長炭(中)をトンカチで砕いて埋めてみました。
DSC03386.jpg
まだ隙間があります…。

仕方ないので、粉末を新たにオーダーしました。

粒炭と粉末が1袋ずつ足りません。

すなわち、果実酒8リットルビンを埋めるのに、
備長炭 中(5kg)×1箱
粒炭 (500g) (粒サイズ大(1cm前後)) ×3袋
1L備長炭(粉末) ×4袋
が必要です。

炭だけで約7,800円(+送料+代引き手数料) くらい必要です…。(~ヘ~;) コンナニオカネカケテバカジャネ…


作業の注意点
備長炭(大)だと大きすぎて入れるのに困ります。中が良いでしょう。
備長炭(中)…5kgだと余りますが、3kgだと足りません。思い切って買いましょう。
備長炭(中)を、調子にのってビンの口まで一度に入れてしまうと、粒炭と粉末が下まで落ちなくなってしまいます。2回以上に分けて入れましょう。
塊をなるべく多く入れてください。
詰める時に、上からムリヤリ、ギューしないように。ビンが割れます。
鼻がまっ黒にならないように、マスクをしてシェイクしましょう。
落としたら一環の終わりです。泣かないようにしっかり持ってシェイクしましょう。


ビン代800円、銅板代3400円
ここまでで12000円をかるーく超えます。
ケーブルと端子のお金は、まだ入れてないです…。
材料を吟味すると、意外とお金がかかります。
どする? takeちゃん。

次回は、端子を取り付けします。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

仮想アース 端子取り付けとフタ加工

機器と仮想アースをつなぐ線材で音は変わります。
なので、ケーブル交換が容易にできるように仮想アースの頭に端子を取り付けます。
端子は、スピーカー端子を使います。
大きいタイプ↓こんな感じものが良いのですが、
仮想アース端子
あいにく、手元に在庫がないので少し小さ目のものを使いました。

まず、ホールソーを使って、外フタの真ん中をカットします。
DSC03391.jpg
その前に、ドリルでフタのど真ん中に予備穴を開けておくと良いでしょう。
(ホールソーで一気にカットしようとすると…たぶん、ズドンとやって赤フタを割るハメになります。)

カットした円は、後で使います。

内蓋中央(ど真ん中)にドリルで穴を開けて、端子を貫通させます。
DSC03392.jpg

先ほどカットした赤い円を貼りあわせます。接着剤はアロンアルファでOK。

ビンから出ている配線の頭を
DSC03394.jpg

端子に噛まします。銅ワッシャーがずれているのはご愛嬌。
DSC03395.jpg

内フタと外フタを締めて、完成です。
DSC03396.jpg

赤フタをキッチリ締めれば、誤まって炭パウダーが外に飛び出し大惨事…なんてことは(ガラスビンを割らない限り)絶対ないでしょ?

さあ! 機器につないでお試しあれ。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コンセントベース2号

コンセントベース2号

在庫  1個 (24日17時30分現在)
完売しました。
ありがとうございます。
次回作成までしばらくお待ちください。

値上げしました、すみません。m(_ _)mゴメン
価格\3,800円/単価 ヤマトメール速達便送料込み ( 海外発送はいたしません)



テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。