BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THORENS STABILIZER GOLD (アナログスタビライザー)

頑張って仕事している自分に、自分で自分にご褒美を。ヾ(^^ )

THORENS トーレンス STABILIZER GOLD

立派な木箱の中身は…トーレンスのアナログディスクスタビライザーです。
レコードプレーヤー、プラッターの回転を安定させ、レコードのソリや不要振動を押さえ込みます。
ずっと欲しかったんですけど、でも高くてね…。

現在のラインナップカラーは、クローム、ブルー、ゴールドの3カラー。
色を決めかねて、ヨドバシ秋葉に出向いて、実物拝見。
クローム…いにしえの色、トラッドで渋い。メッキの耐久性は高そうです。
ブルー…写真ではとても綺麗に見えたのですが、実物は微妙、少し玩具ぽく見えてしまいます。他カラーよりも3000円(定価ベース)も高いのですけどね…。
ゴールド…ゴージャスです。キラキラしてます。下品かも(^0^*  金メッキの耐久性が気になるところ(柔らかいので)です。

おそらく最初で最後でしょう。後悔しないように選択したのは、ゴールドメッキでした。
THORENS トーレンス STABILIZER GOLD
透明なレコードプレーヤー、PRO-JECT PERSPECTIVRE、レコードの上で回る姿を想像したら、
自分にはこの色しかありませんでした。

構造はちょっと複雑。
本体の回りに、8個のサブウェイト(真鍮)をラバーバンドで固定、サブウェイトの底面にはフェルトが貼りつけられています。
重さ:535g アナログスタビライザーとしては重い部類です。
(ちなみにテクニカのAT-618は600g)

THORENS トーレンス STABILIZER GOLD
帰宅して、スポンジの隙間に指を入れて、なるべくメッキに触れないよう、ゴム部分を押さえるように取り出そうとすると…
ウェイトの重みでぐにゃっ、ときて少し焦りました。ゴムバンドでガチガチに締めつけられてるのかと思いきやそうでなく、もちろんバラけてしまうほどのやわさではありませんが。
思った以上にメッキが繊細そうなので、取扱いには少し神経を使いそうです。

ゴムベルトは消耗品。なるべく長持ちするようにアーマオールを塗っておきました。

PERSPECTIVREはフローティングタイプのターンテーブルなので、装着するとテーブルがぐっと沈みます。ドライブベルトが外れないギリギリのところでした。
重いので軸受けもちょっと心配なのですが…予備のPERSPECTIVREを購入したので、もしもの場合でも安心です。

音のほうは…
低音の深みが増し、解像度がUPしているのが一聴してわかります。定位が明瞭、余韻が増し、広がりも出ます。

透明なアクリルターンテーブルの上で回る金色のスタビライザー、ゴージャスでかなり乙です。


スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

車にシアター用サブウーファーをつけてみたら…。

時を振り返るとあっという間、息子も来春から社会人です。
(自分も歳をとったんだな…と深いため息)
その息子に、通勤に使うための車を買うてあげました。
トヨタのWISH18年式、もちろん中古です。最初の一台なんて必ずぶつけますから安い中古で十分です。
このWISH、メーカーOPのカーナビが付いていたんですが…
…出てくる音がチョーしょぼい…。
息子は「気にしないから別にいーよ」、なんて言うのですが、
オデオバカで車屋に勤めるオヤジとしては、納得いきません。

まずはスピーカー交換&デットニング、でも満足にはほど遠く…
次に電源をバッ直、それでもまだまだ遠く…
電源にオカルトアイテムを施す、もまだ遠く…
ならばとナビ本体も交換したけども…
結局やっぱりサブウーファーを追加する覚悟が必要だ…。
色々とさんざん悩んだ挙句…。
最後は予想しなかった素晴らしい結末が待っていました。
大金掛けずにカーオーディオの音を素晴らしくしたい、そう思っている人にはきっと参考になるはずです。
(手前味噌です)
そんなお話の顛末でございます。


まず、スピーカーの選択に悩みました。
奮発して海外製のダイヤモンドあたりを付けてみようか? なんて誘惑にもかられましたが…
選んだのは、クラリオンの安い奴。Clarion(クラリオン) SRT1733S amazonで8,782円/ペア
Clarion(クラリオン) SRT1733S
amazonレビューはまずまず良いけれど…そもそも拘る人はこんなん買わない代物。

ただ、安物とは言え、自分の中でちょい拘って選択したつもり。
中域充実担当のスコーカーとウーファーが同軸。ツィーターはセパレートの3ウェイです。

リヤスピーカーにも同じシリーズのSRT1733 4,267円/ペア を選びました。

(しっかし、こんな安物でだいじょぶかいな…)

(どうでもいいけど…一応写真を撮ったので) スピーカー交換のためにドアの内貼りを外したところ。
DSC05657.jpg
スピーカーはまだ純正。外すと分りますが、かなりの貧弱…とりあえず鳴ればいいレベル。このクラスの純正なんてそんなもんです。

鉄板をレジェトレックス制振シートで補強して、サービスホールもこのシートで全て塞ぎました。(カーオーディオの基本ですね。ZNE10ウィッシュの場合、前後ドアで 100cm×50cmサイズのシートを3枚使いました。)
ドアを閉める時の音に高級感が出てちょっと感動♪

スピーカーのベース、インナーバッフルはケチって付属品を使用。(≧≦)

ツィーターはリスナーに向けて取付。これじゃないと超高域が聴こえてきませんものね。
DSC05720.jpg

見た目にちょっと拘って。ドアミラーの内貼りにネジ止め。
DSC05726.jpg

デッドニング、スピーカー交換終了。
(実は、これでそこそこ鳴れば上がりでイイヤと思ってました。)

出てきた音は…
ぜんぜんしょぼい…。かまぼこ音。
高音は曇ってるし…
デッキのtrebleでブーストしても…歪っぼくてノイジーだし…ただうるさくなるだけ…。
低音は量が足りてない…
bassでブーストしても、低音はボコボコするばかり…。

これは…ぜんダメです。
ノーマルスピーカーでも、もし純正ナビに8バンドグライコが内臓されていれば、それで調整したほうがはるかにましな音。そんなレベルです。(T_T)


仕方ないので、とりあえず電源をバッ直に。
DSC05736.jpg
ここの皆さんはご存知の、アコリバの楕円単線です。艶、響きが付加されればの狙いです。

この効果で、高域の歪、ノイジーな感じが激減しました。(^_^)/
低音は…よく分かりません…。

しょーがないので ニャー 登場。
(ニャーが何なのか?…知らなくても問題ありません)
合わせて、パワーストーン各種を配合の上、ビニール袋に詰め固定。黒ビニールテープで巻いている部分。
DSC05734.jpg

してその効果は♪…

ニャー…全然わかりません。ごめんなさい。<(_ _)>

パワーストーン…
これは効きました。石の種類と謎の配合はリクエストがあれば記事にします。(しないかも…)
レンジが高低とも伸びました。特に低音の質感が向上しました、ボヤツキがかなり減少。声の艶も感じられるようになりました。

でも、まだ満足できるレベルには遠いです…

さらにドア内側の袋になっている部分に綿を詰め、パワーウインドースイッチカバーの内側にも綿を詰め、ドアの余分な共振対策。…低音もさらにスッキリしました。(が迫力も後退)

ここで痛感。
やっぱり、純正ナビの限界でしょう。

正直言って、仕事で触れているので分かりますが、
純正ナビのレベルは低いです。
これは、新しいものでも同じ。 
スピーカーだけ変えても、(そこそこ良くなりますが) 高見には行けません。
スピーカーだけ変えてお茶を濁すくらいなら変えないほうがいいくらいかもしれません。違うことにお金を使ったほうがましです。
音に拘りたいならば、オーディオレスにして社外ナビを装着したほうがいいです。

そんな訳で、
ナビ本体をECLIPSEのAVN-778HDに換装 
DSC05732.jpg
もちろん中古 (購入価格0円)
(2014.12現在ヤフオク参考相場2万円くらい)
2008年当時新品価格¥325,000 一応ハイエンドモデルです。

最後まで行ってみて分かりましたが、このナビ、音はかなり良いです。

換装してグライコで調整。出てくる音は…全然違います。

かなり良い音になりました。高域は上に抜けきってクリアー。ヴォーカルも実在感バッチリ、定位も良し。低音のキレもよし。広がりも良し。
息子ならこれで十分でしょう。

が、自分としては…低音の…ローエンドの沈みが足りない。
ここまで来たら、そこはオデオバカ。このまま勢いで行くっきゃないよ、サブウーファー。

何種類か試してみました。
ケンウッドのちっこいのは問題外。つけると低音がボコボコ。ローエンドそのものが出ていない。
(たぶんメーカー変わっても同じ傾向)
古いけど、カロッツェリアの平たくてでかい奴 TS-WX1600a…重低音は付加されるけど…キレが無い。遅い低音。バックロードの音? 最低域も伸びきっていない感じ。トランクが有効に使えて良いのですけどね。
(最新のモデルだと少しは違うのかしら…)
30㎝×2発のBOXウーファー、(400W×2外付けアンプ) …凄い迫力だけど、いわゆる爆音系。こんな低音は望む路線ではありません。でかすぎて邪魔だし。

カー用のウーファーってこんなん…。
…悩んだ挙句。
もしかしたらホーム用って、いけるんじゃないか?と思った。
とにかく試してみることにしてみました。

自宅に何故かあったオンキョーのちっこいの。爆音は望めないけどキレがけっこう良い。
DSC05729.jpg

アクセサリーソケットからインバータ(容量150W) を使って100V変換。電源はそこから。
DSC05731.jpg

まじですか?!
かなりキレの良いピュアな音が出てきました♪
でも、低音が被ってます。
ここを調整すればいけるかも。
フィルターを最下限に。ボリュームは全開にして、ナビ側のアッテネータで出力調整を施し。
DSC05730.jpg
ナビ側のクロスオーバーは使いませんでした。
使うと、フロント/リヤスピーカーのおいしいところが消えてしまうようです。

手前味噌で恐縮です。本当に素晴らしい音が出てきました。
試す前は、ちゃんと音が出るのかな?と思っていたのですが、
ホーム用のサブウーファー、常識範囲内の大きいボリュームであれば、こんな小さいタイプでも十分いけます。
キレの良い重低音を付加すると車で聴く音楽も素晴らしく変わります。

長々とホームシアターと関係ない記事を書いてごめんなさい。
誰かの役に立てれば。


テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

Hivi 1月号を立ち読み…

HiviもAVレビューもつまりません。
新製品紹介なんてカタログみたいで、全然おもしろくありません。
評論家のレピューなんてやっつけ感が滲みだしてて、全然おもしろくありません。

でも、今月発売のHiviには、個人的に興味津々な記事がありました。
パイオニアのBD再生専用機 BDP-LX88 VS BDP-LX91 の新旧対決記事。

アナログ音声出力はLX88の圧勝。(自分的には必要ない部分なのでお構いなし)
映像は、LX91 かなりの大健闘。
HDMI音声の比較は遜色なし。
操作性、対応メディアについては月とスッポン。(|||▽||| )
おおよそそんな感じの比較内容でしたが、
画も5.1CH音声も十二分に満足している自分としては、買え変える必要はなさそうで安心しました。
(正直…LX88の実物を見た時、高級感の無いその外観にはかなりガッカリきていましたので…)

LX58、オッポBDP-105DJP、パナソニックのレコーダーDMR-BZT9600との比較もあります。
詳細はHiViを買って読んでくださいな。


ドライブ交換もしましたし、当分LX91で行かせていただきます。
(所有欲を満たしてくれるスタイリングってとっても大事です)


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

リスニングチェア

年内のうちに確認しておきたかったことがありました。
それは椅子です…問題は、自分は椅子を換えることができるのか否か?
唐突にいったい何の話だと思うかもしれません。
でも、椅子って耳に届く音に多大な影響を及ぼすアイテムの一つなんです。

現状自分が使っている椅子はこのようなリラックスチェアです。
随分長いこと使ってきたので、だんだんと歪が出てきました。そろそろ買い替えの時期かしら…。
DSC05924.jpg
購入した当時は音の影響など何も知らず考えず…ただゆらゆらとくつろぎながら音楽と映画が楽しめればいいや…そう思ったものです。
時が経ち、部屋の座標で音が全く違うことに気が付きました。
耳の位置…高さがほんの数センチ違うだけでも…
低音の張り出し、その表情や響きの漂い方が違う。
ヴォーカルのハリ、 楽器の生々しさまで変わったりする。
シンメトリーでない左右壁の反射の影響によって、座標によってはセンターヴォーカルの定位がふらついたりもする。
音場の高さまで変わったりする。

耳の位置が変われば…スピーカーからの直接音が変わる、そして部屋の定在波や反射音も変化する。
前後の移動は簡単だけど…
耳の高さは、椅子の高さにほぼ依存するしかありません。

シートの材質…布か革かでも音は変わってくるでしょう。
ハイバックの高さ…耳の後方に空間があるか無いかでも、音は変わるに違いありません。

椅子ってそうそう迂闊に何も考えずに変えられないぞ。
そう覚悟して…
まずは耳の高さが同じであること。この条件でネットで探し始めたのが数か月前。
でも、今の椅子と同じ座面高のものがなかなか見つかりません…。
また、カタログスペックに記載されている、座面の高さだけでは判断がとても難しいことにも気づきました。
お店に行って実際に座ってみると、お尻の沈みこみ具合で、耳の高さが変わってしまったりするのです。

リクライニングシートなら、シート角度を変えれば高さは合わせられるのですが…
シートを寝かせば…首を起こすことになり、リスニングには無理な姿勢になってしまったりで…。
これだっ!、という椅子に巡り合えないまま、数か月が経ち…

そして先日ついに購入したのがこれです。
DSC05915.jpg
疲れ切ったあたくし…実物を見ず触れずで、ネット通販で買ってしまいました。
座面高が今の椅子と同じ40㎝なのがポイント。

まあ、とにかく安いです。
amazonで送料込み15,909円也。しかもオットマン付。
合皮でございます。(このプライスで本革のわけがありません)

いや正直…予算は10万円くらい覚悟してたんですよ、まじで。
でも、結局これ…です。
(いつもながらビンボー臭くてスミマセン)

はたして、耳の高さは大丈夫なのか?
はたして、布から革に変わるけど、音は変わるのか??

この続きは、年が明けたら改めて。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。
今年もありがとうございました。


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。