BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

どの部屋かわかるかな?

検索していたら、こんな記事に出会いました。
Stereo Sound Online ホームシアター編集部 ブログ
季刊ホワイエ連動クイズ ギター演奏を聴いて、"音のいい部屋"を当ててみよう


4つの部屋でクラシックギターが演奏されています。
1.リビング(6畳/カーペット敷き)
2.キッチン(4畳/フローリング)
3.音のいい部屋①(約13畳)
4.音のいい部屋②(約4畳)

上のリンクからでもこの下からでも、まずは聴いてみてください。どの映像がどの部屋の音かわかりますか?
正解は、上のリンクに書かれています。








やはり部屋で音が違います。
(和室もあったら良かったな♪なんて思いましたが)
この映像だけで判断するなら‥
2のキッチン(4畳/フローリング)は音がごちゃごちゃしていて騒々しいですよね。これじゃ音が混濁してしまいます。
3の音のいい部屋①は、音楽再生にはベストでも、ホームシアター的にはベストではない とも思いました。
個人的には、
4.の音のいい部屋②が、ホームシアターの音再生にはベスト。かつ音楽再生にも向いてていいな、と思いました。(スケール感のある音楽再生には難しい、とは思いましたが)

コンサートホールのようなスケール感雄大な音楽再生を目指すなら、大きい部屋とボリュームが必要。
→スピーカーも大きいものが必要になってくる。
→大きいスピーカーをドライブするには、強力なアンプが必要。
必然ハイエンド。(ソース機器も吊り合うものが必要だし)

一方のホームシアター
狭い部屋でも、響きデッド気味であれば、音の混濁感は許容範囲、音の移動感も鮮明に。
ボリュームはそこそこ かつ、小さいスピーカーでもLFEの力を借りれば、迫力は必要十分。
機材がハイエンドである必要なし。
ただし、十分以上の迫力を求めるなら‥それなりのボリュームが必要になる→やはり大き目の部屋が必要になってくる。
→スピーカーも大きいものが必要になってくる。←ここ同じ。
→大きいスピーカーをドライブするには、強力なアンプが必要。←上に同じ。

要するに
目的に合った部屋と機材があります。ってお話でした。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

予告 四国から再び“猛者”がやって来ます。

来週17日
四国からはるばる、take51さん がやって来きてくれます。
わがシアターへは、2012年5月以来の3年ぶり。
その時は、シアターメインで
ToToライブ、マドンナのライブ、バーレスク、ドラゴンハート、ジュラシックパーク、スターウォーズ、を鑑賞してもらった記憶があります。

今回は何を準備しようかしら♪
ツイスターの牛が飛んでくところ?
マトリクスのよけてみな?
もののけ? それともシンプルに魔女の宅急便?

5.1CH‥
正直、四国の超猛者たちにもまれて激進化しているであろうtake51さんの耳に満足してもらえるかちょっと心配。
なにしろ、5.1CHはこの3年間、ほとんど進化してないのですw
明日は久々の1日全部休みなので、本番前の点検作業でもしてみようと思います。

当日、時間があったら、
ピュア2CHとアナログレコードも聴いてもらおうかな♪

進化した今のtakeちゃんに合格点はもらえるでしょうか!?
とっても楽しみです♪


テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

ピュアオーディオってのは‥いわゆる芸術なんだな。

今日は、take51さんがが遠路遥々、遠く高知から訪問して来れました。
限られた時間です。
最初は自分のシステムはこうだからみたいな演出はやらずに。
とにかく好きな曲で楽しんでもらいたい。良し悪し含めて何か感じてもらえればと、
まずはtakeさんが大好きな(持参の)ポリスのCDをかけました。

いわゆるロックです。(ロックたって幅広いですが)
ベース、ドラムがキレキレのスピード感溢れるロックビート。
どこまでも突っ走っていくような強烈なビート、ですが単純じゃなくて、少し独特のテンション(コードだと思う)を入れてるような‥、さらにロックだけじゃないテイストがブレンドされてる感じで、それがすごく新鮮でめちゃ気持ちいい、自分もポリス好きになりそう。

ただ‥こういうの‥実は一番苦手なんだな‥うちのシステムは。 せっかくのビートにキレが足りてません。
ごめんね、takeちゃん。

お次は、ビバルディの四季だったかしら?‥。

‥奏者の位置が見えるとか、美しい響きからホールの大きさを感じるとか‥クラシックの醍醐味、そんなんうちのシステムはやっぱり苦手です。
m(。≧Д≦。)mスマーン!!

さすがに苦しいので、

ここで、実は…と。
自分は1980年代のJ-POPをいかに気持ち良く聴くか、に特化してるんよ、と種明かし。
かけたのは
ユーミンと松田聖子ちゃんと太田裕美さんの曲をダイジェストで。

その感想は、takeちゃんがコメント入れてくれるでしょう。

一つのジャンルに特化した音造りだと思います。
自分で言うのもアレですが、裕美さんの曲がこれほど気持ち良く聴こえるのはそんじょそこらにはないはず。

知ってほしかった意図は…
好きな音楽を気持ち良く聴くために、ここまでするんだ、ってこと。
単純にソースの情報を正確に再生するだけでは、こんな風には聴こえないってこと。
自分の感性に従って情報に色付けしてるんだけど、
でも‥それこそが、今日のタイトル
「ピュアオーディオってのは‥いわゆる芸術なんだな。」てな訳でございます。



テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad