BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

フライボーイズ

2006年 製作アメリカ
第一次世界大戦時、中立国だったアメリカから志願兵として連合軍に加勢し、戦闘機のパイロットとして活躍していたことを知る人は少ない。

ストーリー
第一次世界大戦真っ只中の1916年。中立を守るアメリカ。そのテキサスの農場に暮らしていた青年ローリングス。
彼は、西部戦線主戦場のフランスへ渡り、自分の未来を懸けて“ラファイエット戦闘機隊”に参加します。
同じように事情を抱えてアメリカからやって来た仲間たち。
パイロットとしては全くの素人の彼らを、司令官のセノール大佐(ジャン・レノ)は迎え入れます。
ある日、ローリングスは訓練中に不時着事故を起こし‥(略)
初陣、空中戦、次々と死んでいく戦友達…
そして最後の戦いへ。
実話を元にしたフィクション。


当時の戦闘機はいわゆる複葉機…翼が上下2枚あるタイプの飛行機でした。
エンジン出力がまだ小さかったため、飛ぶための揚力を稼ぐため翼を2枚にする必要がありました。
(ちなみにドイツの戦闘機は翼を3枚重ねた三葉機)
スピードがさほど出ないため、空中戦では敵の顔がすぐそこにあるほどの接近戦となります。
上空雲影から太陽光を背にドイツ戦闘機隊が急降下。
しかし、機体が軽いからすぐに旋回、ドイツ機に向かって急上昇。
コンピュータなんてありません。近距離目視で機関銃をぶっ放します。
空中戦は「大空の決闘」という感じで、その迫力は鳥肌たつほど圧巻です。

主人公と戦友たちの個性、アメリカならではヤンキー魂、人間くささもきちんと描かれ感情移入してしまいます。
ジャン・レノも渋いっす。存在感が凄い。
どんどん死ぬし、戦争の悲惨さもそれなりに伝わってきます。
がそれ以上に友情に重きを置いているので、戦争の深刻さをさほど深く考えずに楽しめるはずです。
(この辺は良くも悪くもハリウッド的アメリカ映画です)

惜しむらくは…
日本国内仕様はDVDしかありません。音声はdtsですが、サラウンドは十分に楽しめます。
また、日本語音声未収録のため、字幕でお楽しみください。
ブルーレイはインポートのみ。こちらの音声はdts-HDですが、音声は英語、スペイン語、フランス語。日本語字幕もありません。
(´;ω;`)ウゥゥ
日本語字幕収録のブルーレイを強く希望したい。

ちなみに
第一次世界大戦、西部戦線での戦闘機のりを描いた作品として、ドイツ側からみた作品もあります。
「レッドバロン」。主人公はフライボーイズに敵として出てきます。
上の動画「フライボーイズ ドックファイト」中、赤い戦闘機に乗り騎士道に反する行為だと窘める仕草をするのが主人公です。(7分44秒あたり)
2008年 製作ドイツ
こちらはブルーレイで販売されています。(日本語/英語 ドルビーTrueHD5.1CH)

実在のドイツ空軍のエース、レッドバロンの異名を持つマンフレート・フォン・リヒトホーフェンの生涯を描いた作品です。
こちらもセットでお勧めです。


古(いにしえ)の空中戦を描いた2作品、その迫力をぜひぜひプロェクターの大画面でご堪能ください。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

おはようございます!
面白そうな映画ですね!
想像ですけどdtsの方が迫力を
楽しめそうな気がします。
何となくですけど…(^^;

レッドバロンも見ようと思って忘れてました笑
ありがとうございます!(^^)

  • 2017/08/13(日) 07:04:11 |
  • URL |
  • take51 #-
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

こんばんわ!
> 面白そうな映画ですね!
> 想像ですけどdtsの方が迫力を楽しめそうな気がします。

おもしろいですよ〜♪
ブルーレイではないけれど、dtsで音は十分に楽しめます。

> レッドバロンも見ようと思って忘れてました笑

レッドバロンを先に観るより、
フライボーイズを観てからレッドバロンを観たほうがいいと思います。
よろしくね。

  • 2017/08/13(日) 20:41:22 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/1000-5c32c898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad