BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SX-500 DOLCEⅡ、スピーカーユニット取付ボルトを調整

Phile webを見ていたら
アコスの住人さんが、ウーファーを増し締めた! いィ感じ (^^♪
という記事をアップされていました。

そう言えば…
自分もしばらくボルトの調整をしてなかったな〜、と。

奇しくも、デジタルアキュライザーを導入して、間接的要因で低音の解像度が落ち、そしてまろやかになった高域に少し不満が出て…。
そんな折だったので…
もしかして、マイスピーカーも取付ボルトが緩んでたりしてないか? 原因はそこだったりしてないか?
と疑ってみたのでした。

トルクドライバーは持っています。

東日のRTD260CN
DSC02324.jpg

随分前に買ったものでアナログドライバーです。


ビクター SX-500 の規定トルク値は
ウーファー、ツィーターとも 150cN・m(150cN・m=1.5N・m) メーカー確認済。

作業は簡単、早速実行です。

…やっぱりけっこう緩んでました。
そんな簡単に緩まないだろう、なんて思っていたのは思いこみでした。
しかもバラツキ緩み。
( ノД`)

ツィーターとウーファーのボルトを全て一旦緩め、ネジの締付順序に従い規定値に締めなおしました。
改めて視聴すると…
高域がすっと伸びるたのが分ります。まろやかさはそのままなのできつく感じません。ちょうど良い按配、自然な感じです。
一方のウーファーは、現状のセッティングだと規定の締付値では少し締まり過ぎ? という感じで。
音を確認しながら幾度か調整しなおし、
とりあえず147cN・m に。
DSC02327.jpg
僅かな値ですが音は変わります。
この辺りとてもシビアです。
まだ納得できないので、次の休日にでも再トライの予定です。

全てのボルトの締付トルクを均等にすると位相が整うのでしょう。フォーカスが合う方向へ、定位もしっかりします。

佐藤竹善さんのピアノが…右手から左手まで整然と並びます。

余談ですが、
以前はここまでシビアに調整しても、耳で聴き取れる変化はありませんでした。
セッティングが煮詰まった証なのかもしれません。(自画自賛w


スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/1037-36cc40c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。