FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

VICTOR SX-DW77 その5 チャンネルデバイザー到着

BEHRINGER CX2310
cx2310

価格がお手頃、チャンネルデバイザー。
ステレオL/R入力→サブウーファー出力が取り出せます。
ローパス周波数は可変で、10Hz~235Hz。

重低音用のネットワークなどお金がかかるばかりで作る気になれません。そこで白羽の矢が立ったのがPA用のチャネルデバイザーでした。

プリアンプから出力される2CHラインの重低音用信号は、このCX2310でボリュームとローパスを調整。
これによって、SX-DW77のボリュームはフルのまま受けられるようになり、DW77のハイカットフィルターもスルー(オフ)して使えるようになります。

一方、5.1CHのLFE信号はこのCX2310を通しませんが、
LFEのレベルはAVアンプで調整、
f特調整は、先日書いたとおり、グライコで補正しますので、
SX-DW77のボリュームはフルのまま、ハイカットフィルターも必要なしと。


2.1CH再生には、ごくごくローエンドのみの重低音を付加。
5.1CH再生時も、メインスピーカーに重低音を付加しながら、調整値の違う0.1CH/LFE信号をバランス良くミックスして楽しむことができるはずです。

楽しみ!

と、、、
背面を見たら、入出力端子が全てXLRだった、、。
cx2310

ぐお~、、。
そうだよね、これってPA用だもんね。

入力用 RCA-XLR変換ケーブルを2本。
出力用 XLR-RCA変換ケーブルを1本、作らねば、、。
めんどくさ。

変換ケーブル作成の様子はこちら。
 「RCA-XLR変換コネクターを分解してみる。」
 「RCA-XLR変換ケーブル 実際に作ってみた」

早く音だししてみたい。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/109-524a6016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)