BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

PIONEER VSA-AX4Avi MCACC

マイAVアンプ「PIONEER VSA-AX4Avi」です。
vsa-ax4avi

2年ほど前のモデル、もちろん新音声デコーダーなんて対応していません。ただ、HDMI1.1なのでプレーヤー側でデコード、L-PCM伝送は可能。

新フォーマット対応製品、プレーヤー/アンプ双方が落ち着くまで旧型のこいつでいいや、と思っています。


このアンプの売り文句は、表題の「Advanced MCACC」。
各スピーカーの距離、音量レベルはもちろんのこと、音色、
さらには、残響、位相コントロール、定在波の制御まで自動で行ってくれる音場補正機能です。

このMCACC、便利と言えば、便利なんですが、、、
自動設定値のままだと、個人的には不満を感じる部分もあったりします。

そこで、この自動補正値を基準にして、マニュアル補正を加えてみます。

操作画面を紹介しながら、説明してみます。
vsa-ax4avi

まずはチャンネルレベル設定
vsa-ax4avi

自動補正値だと、↓こんな感じです。
DSCF6657.03.jpg

マイスピーカー5CHとも同一のスピーカーを使用。
リスニングボジションは中央から、やや後方。

L/Rのレベルが低い原因は、AVアンプ~パワーアンプ間に、ピュアプリアンプ、バランスケーブルがあって、ゲイン差が生じているためです。
一方、サラウンドスピーカーレベルは、数値上、随分と下げているな?


さて、聴感だとどう感じるか?

試聴ソフトは、もちろん「ドラゴンハート」。
doragonheart

参考記事 毎度おなじみ、、ドラゴンハートで遊ぼう!

手始めにチャプター12の「ドラゴン360度旋回シーン」でチェック。
やはり、後方の回り込む音が控えめと感じざるおえません。

続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/120-af6979ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad