BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

ヴァンダースティーン・オーディオ社の「奇数分割法」

軽~く試してみますた。

タイトルの「奇数分割法」
(ステレオ2006.02号にも記載されています。)
これは、スピーカーの設置位置(部屋固有の定材波の影響が少ない場所)を計算で割り出す方法です。
部屋の縦横高、それぞれの長さを、任意の奇数(3、5、7、、)で割ったラインがそのポイントに該当します。

例えば、マイシアターの場合、
部屋前後の長さは4.5m。
仮にこれを5で割ると90cm。
スピーカーは奥壁から90cmの位置が適当。
部屋左右の長さは、3.6m。
仮にこれを5で割ると72cm。
スピーカー左右は、それぞれの壁から72cmの位置が適当。



割る奇数は、それぞれ個別に、3にしてみても7にしてみてもOKらしい。
前後から計算した値、左右から計算した値。部屋にラインを引くと碁盤の目のようになる。それぞれラインが交差する位置が任意の位置となる。



実際にそのポイントにスピーカー(今回はウーファーユニットの中心を)を移動してみました。
、、、ふ~ん、、。
変わるけどさ、、、スピーカーの置く位置変えれば、そりゃ音だって変わるでしょ? 
って感触でした、とりあえず。

やっぱり、試聴位置まで考えないとダメでしょ、、。奇数分割法。


まず考えなければならないことは、、、
定材波は何故発生するのか?
定材波はどんな振る舞いをするのか?
調べれば、調べるほど、
おもしろい、
また、現実の問題にショックを受けてしまう、、。
いや~奥が深いわ、、定材波。
スポンサーサイト

コメント

ご存知でしたらすいません。

//homepage2.nifty.com/hotei/room/room.htm
ここのダウンロードコーナーでシュミレーションすると結構遊べます。
量感不足は拙宅も同様で、、、。

  • 2007/04/29(日) 23:47:46 |
  • URL |
  • bfrat #-
  • [ 編集]

bfratさん、こんにちわ。
ご紹介ありがとうございます。
実は、定在波のコラムでの
google検索のリンク先は、正にそこだったりして。
直リンは失礼だし、かと言って探すのも大変だろうと思って、あんな形にしました。
説明不足ですみません。

  • 2007/04/30(月) 00:42:53 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/14-dd071156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad