BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

LFEの縦振動を得るために/対策その②

LFEの縦振動を得るために/対策その① の続き

もうかなり以前の話、3年くらい前だったでしょうか?
HPでも話題にしたことがありましたが、
友人宅にて、AVアンプ(SONY/STR-V939X)の天板に、ダイソーで購入した「銅板シート」を置いてみたところ、、、
若干+αの範囲ではありましたが、「低音の出が良くなり、解像感まで向上」と、音質に変化があったことを思い出しました。
当時は、こんなことで何故変わるの??と歓喜したものでした。

思い出して、今回の低音対策にも。

金属の高騰でダイソーから「銅板シート」が姿を消して久しいですが、
今回、用意したブツは、
DSCF6864.jpg

会社で使っているサンハヤトの「銅箔テープ」、テープと言っても、そこそこの面積。でも箔というとおりかなり薄い、、。これで代用できるかな?

(本来、車載用ナビ/テレビのノイズ対策に使用しているものです。「テレビがちらつく、映りが悪い」みたいなクレームには「家庭用アルミホイル」と併用してたりします。ナビ本体を包んだり、アンテナケーブルを包んだり、とかするとけっこう効くのです。)

早速実行!
DSCF6865.jpg

やっぱ、変わります!
若干程度ではありますが、(決して気のせいレベルではない)ローの量感が増えて、解像度もアップしてます。

ただ、置く場所によって、
効果が薄かったり、何故か逆効果だったりする、

実は今回、変化が良い方向になったポイントは、
写真のような、DVDプレーヤーの下。(トレイの下)唯一ここだけでした。
DVDプレーヤーの天板だと、変化なし。というか若干高域が曇る。

他に、
AVアンプの上、あるいは下に置いた場合は、少し低音が薄くなるベクトル、、逆効果になってしまいました。
また、パワーアンプの天板(トランスの上付近)では変化なし。

今回使用した銅箔は、ごく薄いものですが、それでも変化は出る。また置く場所によって効き具合が異なるという結果でありました。

こんな簡易対策でしたが、LFEの縦振動もいい感じになってきましたよ♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/144-9bb5748d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad