FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

BELDEN 727MKⅡ エージング2日目

今日のお題目は、「BELDEN 727MKⅡ」のインプレ、と言うより、、、「エージングでの変化」とでもしておきます。

その「エージング」
皆さんは、実際のところ、オーディオ機器のエージングってどのくらいの威力?があると思います。

オーディオ機器だと解り難い場面、多だあるのも事実なんじゃないかと思ってたりします。

楽器だととても解り易かったりするんですけどね。
例えば、ギターの弦。
新品の弦は、輝く倍音も良く出るし、太くて伸びもある。音も大きい。
でも、新品の感動は1日で終わり。
引きまくってたりすると、3日目の音は腐ってたりする。
1年もほったらかしにしていたら、カツカスだし、まともに音程しない。

ピアノ。
自分、これは弾けないけど、
移動させただけでストレスが出るとか?と言われる。
定期的に調律という作業もある。(これは音程チューニングに近いはずだけど)

かたや、オーディのエージング、、、
スピーカーならともかく、、、ケーブルで?
「そんなの気のせいだろ?」とおっしゃる方もいるに違いない。

実のところ、、眉唾?

いやいやそんなことは無い。確かに変わる。
(だよね?)
ただ、オーディオでは確かに解り難い面はあると思う。
インシュレーターが落ち着くのに時間が必要?とか。
(自分にはわかんね~)
電源関係はけっこう時間がかかるし。
(通電200時間後にはハッキリと変わっています。なんて言われたって、最初の音なんかちゃんと憶えてないし)

そもそも、オーディオに興味が無い人には、その変化が、実に微妙な変化でしかなかったり、、、。
(変態かもね、オーディオ)

「、、、のような気がする。」
それは、ほんとに、ただの気のせいかもしれませんぜ、旦那さん、、。


そんな中でも、スピーカーケーブルは、
オカルト臭いと言われる「オーディオのエージング」の中でも、その変化が比較的わかり安いパーツの部類じゃないかしら?

さて、BELDEN 727MKⅡ 丸1日経過。


ありゃ、時間切れですわ、、。
本題にいきつけなかった、、。
また改めて、、。ごめんちゃい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/146-c07a1696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)