BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

定在波について

マイシアターでの最大の悩み「低音の量感不足」。
60Hz付近に発生しているディップ(凹)が原因とわかっているのですが、、、
さて
そもそも、このディップの原因は何だろう?
調べていくうちに、ある一つのキーワードが浮かんできました。
それは「定在波」。

定在波? 低音の量感不足の原因が定在波?

「定在波」オーディオ長くやってると、よく目にする耳にする言葉です。
でも、その正体って何?
具体的にどんな悪さをするの?
今まで、深く考えたことはありませんでした。

低音のディップ、そして定在波というものについて調べていくうちに、
なるほど!と思えてくる文献、資料に出会えました。

google検索
定在波の振る舞う様子がグラフでわかります。
HP作成者の方に、感謝です。(この元ページに直接リンクは禁止とのことなので、検索画面にリンクさせてもらいました)

定在波について、(とりあえず)低音域に限って、オーディオから見た必要なポイントをごく簡単に箇条書きしてみると、、
①閉ざされた空間、オーディオルームでは必ず発生する。
②3辺(縦・横・奥)でそれぞれ発生発生する。
③.定在波とは、特定周波数の波であり、半波長、1波長、整数倍波長、、、となる。

③-1. 基本となる最低周波数(半波長で発生する)は
「340÷部屋の一辺の長さm÷2」で、おおよそ算出される。
③-2. 基本周波数の音圧は壁で最大(ピーク 凸)となる。
ディップ(凹)は、壁距離間1/2地点のポイントで起こり、その周波数の音が、理論上では消えて聞こえなくなる。
③-3. 第2定在波は、最低周波数の2倍(1波長)で発生するは
「340÷部屋の一辺の長さm」で、おおよそ算出される。
③-4. 第2定在波の音圧は壁とその真ん中(壁距離間1/2の地点)で最大(ピーク 凸)となる。
ディップ(凹)は、壁距離間1/4と3/4地点の2ポイントで起こり、その周波数の音が、理論上では消えて聞こえなくなる。
(実際には様々な要素がからんで、位置、周波数、ピーク/デッィプの量は変化します)

「定在波シミュレーションソフト ダウンロードページ 」
この文字列でgoogle検索してみてください。
より正確な個別定在波を知ることができます。(感謝!)

いざ計算してみると、、、
たいていのお宅で、(6畳~10畳程度の部屋であれば)
低音域に限定してみると、
50~70Hzあたり、そして100~150Hzあたりで定在波が発生していることがわかります。

なんということでしょう!
( ´゚Д゚`)ンマッ!!
マジ、ビックリです。

知っている方は、今更、、なんでしょうけど、
知らなかった人は、自分と一緒にもう一度ビックリしてください。
(; ̄д ̄) エェェー !?

知らなかった人は、みんな一緒に考えましょう。
(`・ω・´)シャキーン

スポンサーサイト

コメント

ちっと試してみました。

んが。シュミレーションと実際とではかなり違うかも。。。
シュミレーションじゃ100~200Hzにすんごい谷(-24dB)があるんだけどそんなことはないし。
本来なら60・120Hz(+10dB)の山もハッキリとは表示されて無いし。
測定してくれたオーディオ歴20年~くらいの人に「こんなフラットなスピーカーは初めて見た( ゚д゚) 」と言わしめたくらいの部屋なのにこんなシュミレーション結果はないはずよw

  • 2007/04/29(日) 09:25:22 |
  • URL |
  • クロチャソ #TYzEpzaA
  • [ 編集]

そりゃあ、あくまでシュミレーションですから。
介在物は考慮していないし、
特にクロちゃんちはパネルであれだし。
. (*^-^)ニコ♪
実際の測定値が異なってくるのは当たり前のケースもあるかと。

たださ、
以下自分の本当の願い。

自分はこのシュミレーションを否定するつもりで書き込んだじゃなくって、、、
逆に、目安として積極的に受け入れてみたいと思ったのさ。今はね。
あくまで指針として。


だって、今まで、ルムアコの理屈ってよくわからなかったし。
わからないまま、何か、、えも知れないものに対して、やみくもに対策をしてきた、ってのが現状だった。自分も含めて多くの人がそうだったんじゃないか?と思う。

数多のルムアコグッズが氾濫している、しかもそれらはとても高価だ。
雑誌で評判がよいらしい。と導入してみる。
でも結果は???
よい場合もあれば、その逆も。


ベースとなる理論、そこまでじゃなくっても、何かガイドラインがあれば、
そうそう勘違いの方向に行くこともないだろうし、
お金をかけずに対策することもできるんではないかと。

そんなふうに思うさ。
あっ、昼休みが終わる、、尻切れトンボですまん。またね。

  • 2007/04/29(日) 12:57:56 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

クロチャソもこのツールはぜんぜん否定的ではないよん。
壁の反射率とかのパラメーターが分からないわけだし。奥行きのあるスピーカーはバスレフとの距離があるし。そういうのないもんね。
クロチャソはねー、壁で起こる大きな反射が大きなピークやディップを生むのなら、
それらを乱反射させ波を小さくして影響を小さくしようと思ってパネルを作りまくってたけど、
この考えって合ってるよね?w
中低域には効果薄いだろうけどw

  • 2007/04/30(月) 21:11:07 |
  • URL |
  • クロチャソ #TYzEpzaA
  • [ 編集]

クロちゃんの言うとおりです。
そして、パネルの考え、もちろん賛同いたします。

ところで、こういうの知ってた?
ttp://www.mhsoft.nl/diffusor2.asp#calcul (頭にh付け直してね)
2CH(掲示板のほうね)の「ルームチューニング議論スレ」にあったよ。
正確かどうかは知らんけど、
100Hzを拡散するのに、、、
奥行き98.29 cm だって、、、。
現実問題、ムリだって、、。

  • 2007/05/01(火) 13:22:51 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/15-6586797e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad