BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

Blu-ray Player LX80 初見その2

HD DVDプレーヤー「HD-XF2」、24,800円に値下げだそうです。

※HDDVDソフトは市販のものしか再生できません。(手前で録画したものは再生不可)
※HD音声はビットストリーム出力できません。
※アナログ5.1ch出力端子もありません。

安いかもしれないけど、、製品的な魅力は、私的に微妙、、。
リリースセルHD-DVDソフトが全然足りないこの現状(ブルレイも似たようなものだけど)、しかも、その上、小売店に売り場コーナーさえ無い現状、、。

画はとにかく綺麗だけどね♪
がんばれHD!



さてさて、昨日の続きです。

まずは、東芝SD9500でDVDソフト「パイレーツオブカリビアン」を再生です。

う~ん、綺麗なほうだけど、、こんなボケてたっけ?
オープニング、「霧の中から船が現われるシーン」、霧が霧に見えない、、、霧がノイズに見えるもんな~、、。
また、霧に見え隠れする「細部のディテール」も滲んでる。
艦長の上着、かなり質の良さそうなベルベットのはずだけど、、ベタ塗り状態で上品さがわかりません。
やっぱり、HD-DVDの細かさに目が馴れてしまったのか?
字幕もギザギザ。

ちょっとガックシな溜息が出る始末。

次!
じゃあ、PS3で映像を1080iにアップコンしたらどうよ?の作戦開始。
「ファ~ン」とPS3起動!
やっぱりファンノイズが五月蝿いっす!
(プロジェクターHC3000と同レベルか、それ以上。やっぱ自分にはムリです。この機械)
メニュー選択、リモコンボタンを押すたびに、「カキーン!カキーン!」って効果音がカックイイね!

んなことはともかく、同じシーンを見てみると、、
おっ!細かくなったね。
、、、、でも、、、なにか、、。
480Pとは違うボケ感がある。
字幕も、ギザ感が減って、より滑らかになったけど、、、
上着のベタ感はそのままだし。

画素補完の限界を感じました。
補完した部分が滲みとして感じてしまいました。自分。
化粧したけど、素はやっぱりごまかせない。そんな感じ。

次は、いよいよ、ブルレイソフトの登場です!
PS3に挿入。
(トレイ式じゃなくて、飲み込み式。ちょっと不安かも)

うわぁ!
やっぱ、綺麗ですわ。アップコンで気になった滲みも激減。ちゃんと細かいですわ!!
細部のディテール、そして物の質感がちゃんと判る。
ベタ塗りだった上着、その表面の細かさ、滑らかさが見えて綺麗。
海面の波もちゃんと描き出している。
霧は、、、霧ってやっぱり難しいのね。より細かく霧っぽくはなったけど、、、。霧の粒子ってドットより細かいのが原因かも。
また雲の下の影の部分、グレーの暗部階調が鈍い、、。ただこの原因はプロジェクターにあるかと、、。フルハイビジョンへの誘惑が、ひたひたと迫ってきます、、。


さ~て。最後は今日の真打ち、BDP-LX80。
ん~、細かさにかんしては、PS3との差は全く感じません。

違いと言えば、
一つは(タビさん曰く)ノイズ感の違い。
LX80のほうが、ノイズが少なく見やすいと。

もう一つは、
エッジの強調感でしょうか。
PS3のほうが、よりゲーム画質向きと捉えました。エッジが強調されて、物の輪郭がハッキリとしています。
LX80のほうは、そのエッジを柔らかに。階調を持ちつつより滑らかに。そんな感じです。より実写に近いと思いました。

(うっかりしてましたが、早い動きの追従性、これ見るの忘れてました。)

時間に追われてしまったのがちと残念。
各機器、設定はデフォルトのまま、電源立ち上げ数分の動作状況です。
でも、なんとなく其々の違いは解ってもらえたかと。

以上、ブルレイ画質初体験レポでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/161-58bc5992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad