BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

オーディオ電源工事 電力計電圧チェック

抜本的改善 まずはやはり電源環境から。

現在のマイシアターの電源環境ですが、
専用ブレーカー(音専用)を設置し、アイソレーショントランスを設置しているものの、
ブレーカーから上流は、家電と共用という状態です。
このブレーカー上流の屋内配線と呼べる部分の引き回しも褒められた状態ではありません。
総じて、電力計から下流の配線はデタラメに近い状態。

ちなみに
柱上トランスから引込線までの距離は1スパン(電柱1本分の距離)。
この点においては、本来恵まれた環境と言えるはずなのですが、、、

シアター部屋のコンセント電圧を簡易デジタルメーターで測ると、、
95V~97V程度。
かなり低いと言わざるおえない。

電源はオーディオの基本、信号の源。
ということで、まずはここから要改善ということで。

そんな訳で、東京電力に「電圧が低いのでは?」と連絡。
(電柱からの電圧が低くてオーディオの音が悪いんだょゴラァ!って感じで)
すると、「とにかく現状調査の上、必要であれば改善いたします。」との回答。
その流れで、まずは昨日、電力メーターに電力モニターチェッカーを装着してもらいました。
(引込線直下の電力メーターです)
電力量計に電圧モニター装着

これで、引込み線直後の電圧変動が24時間モニターされ、メモリーされていきます。
明日11日まで、都合3日間測定とのこと。その結果で判断とのこと。


やはりプロが使う機械。
かなりの勢いで小刻みに数字が変動しています。
指している数値は、98V~(ピーク)100V。
(見た感じ平均98.6~99.2V付近ですが、想像していたより以外と高くて、逆に少々ガッカリ?)
この数値では許容範囲、クレームにはならない。との説明がありましたが、
(101V±6Vが許容範囲らしい)
ただし、柱上トランスから1スパンの位置でこの電圧値は、低すぎるとも説明がありました。
同席していた知り合いの電気工事屋さん曰く、「普通はこの位置だったら105Vくらいあるのが当たり前。」とのことでした。
自分にとっても、この位置での電圧は105Vくらい欲しいのが本音です。


ただ、東電の現場担当者との会話に温度差を感じました。
東電側にとってBON宅の電圧はさほど問題ではないようで、、、

会話から受け取った問題点と可能性は、
①柱上トランスを共有している最下流の家では、許容範囲以下の電圧値に降下している可能性があると。こっちのほうが問題らしい。
②やはりこの位置で、この電圧値は? 柱上トランス自体が変、故障?
とのことらしい。

いずれにしても、調査結果しだいと、不具合があれば原因の特定が先らしい。
もし最下流の家が、許容範囲以下の場合、柱上トランスのタップ調整で電圧を上げる可能性もあると。
が、最下流の家で電圧が許容範囲の場合、BON宅の電圧を上げるためだけにトランスの調整はできないとの説明もあった。

最終的な結論が出るまでには、数日かかるらしい。


ちなみに、電力計から室内末端のコンセントまでの電圧降下についての説明もありました。
マイシアターの場合、配線距離は約60m
配線はVVF2.0sqと仮定して、
約1.5Vくらいはある、との説明。
(計算式があるらしく、簡単に計算してた)

実際は、それ以上の電圧降下をおこしているので、問題は電力計以降の配線が問題?やっぱり、、、。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/2-a134e3e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad