BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

定在波について 余談

定在波の余談なのか、、よくわかりまへんが、、。

皆さん、もちろん「ドレミファソラシド」って知ってますよね?
ラの音が440Hzってよく聞きますよね。
じゃあ、他の周波数は?
ドレミファソラシドの周波数は、それぞれ 261.6, 293.6, 329.6, 349.2, 392, 440, 493.8, 523.3 Hz なんですって。

で、
最初の「ド」から一段音程の高い「ド」まで1オクターブって呼ぶ訳です。
(ところで、高い「ド」の周波数は、低い「ド」のちょうど2倍になっていること、、、気がつきました?)


んじゃ、低音楽器、ギターベースの周波数って、いくつ?という素朴な疑問があって、、、
仮に2オクターブ低いとしたら、、
単純に上の周波数の1/4( 2分の1 ×2分の1 )と仮定して、、
「ド」は65.4Hz?
(知らんがな、、)
1オクターブの範囲は、~130.8Hz。ということになる。
(誰か楽器に詳しい人、おせ~てください)


まっ、正確な周波数は置いといて、、
言いたいことは、
その周波数帯の中にドレミファソラシドの1オクターブの音程が存在する。ってこと。

ここで、今、問題にしている低域の定在波にからめてみると、、、

ピンときました?
定在波が原因でできるピーク/ディップのせいで、聴こえない音程があったり、逆に強烈にでかくなる音程が発生する可能性があると。
(実際の演奏ではコードの関係で全てのドレミを使う訳じゃないけど)
でも、奏者の意思に反した、、、でかい「ド」と小さい「ミ」、普通の「ソ」でリズムを刻まれたらノレナイでしょ?



これが言いたかった。
ドラムだって、たぶんそうだよね。

さらに、ややこしいことに、楽器の音成分には、低い方向に1/2倍音なんてのもあって、これがしっかりでないと、リアル感のない軽い音になったりするらしい。

かたや、高域方向には、いわゆる「倍音」も当然存在する。
これが、きちんと出ないと、「潤いのない乾燥した音」などと表現される音になるのかもね。オーディオの表現ってよくわからん言葉が多いけど、、。

ちなみに、
20Hz~40Hz間も1オクターブ。
500Hz~1KHz間も1オクターブ。
10KHz~20KHz間も1オクターブ。


ついでに、
いろんな楽器の周波数は、
こことか、
http://www.geocities.jp/lk_wish/fa02.htm
こことか、
http://www.ishibashi.co.jp/academic/super_manual/tune.htm
ご覧になっていただけると解ります。
倍音まで含めると、楽器の帯域って、すごい広いんだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/20-1c31e9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad