FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

シャーシ電位 測定方法

え~、皆さんコンニチワ。
このブログは、初めての方でも安心して♪(オーディオ、ホームシアターの深みに嵌る)泥船に乗って頂くことを目的の一つとしています。

さて!今日のお題目は、表題にあるように「シャーシ電位」について。

そんなもん知っているよ
(´`c_´` )チッ!(プンプン)という兵(つわもの:ベテラン←既に沈みきっている)な方もいらっしゃれば、
「なんじゃいそれは?」と、首を斜め45度に傾げる方もいらっしゃるはず。
(そこの貴方ですよ、あなた♪♪ 今日の餌食はそこのアナタ。)

一応、説明いたしますと、、、
機器の電源をオンにすると、筐体(シャーシ)が帯電します。
この微小電圧がシャーシ電圧であります。


ではとにかく!
そのシャーシ電位を測ってみましょう。

まず、測定対象となる機器、(なんでも結構ですが、でかいトランスを積んでいるアンプ等が判り安いかも)
この機器に繋いでいる電源ケーブル1本を除いて、機器に接続されているケーブルを全て外します。

電源ケーブルをコンセントに差し込みます。

ちなみに、コンセントには極性があります。
先日もちょっとだけ触れましたが。

コンセントの縦穴、長いほうが電圧の低いナチュラル(コールドとも呼びます)、短いほうが電圧の高いホットです。(電気工事屋さんが間違って配線していない限りそうなっています)
DSCF7479.jpg

電源ケーブルのほうにも目印があり、
ケーブルの外皮(ジャケット)にヒレがついている方が、ナチュラル線となります。
もちろん、この極性を合わせてコンセントに差し込みます。
(ないケーブルもあつたりしますが、、、なくても、テスターでとりあえず測ればわかりますので先に行ってください)


そう、、これは絶対必要。
デジタルテスター。
用意しないと、今回のお遊びはできません。
ホームセンターで3000円くらいから売っています。
とりあえず安物でOKです。

実際の計測方法は、
チェック項目はACVにて。
赤いテスターをシャーシの導体部に触れ、
黒いテスターを指で触れます。

(目の前にぶんながっていたGEで試してみました)
DSCF7484.jpg

ご覧のように、4.56V。

今度は、コンセントの極性を逆にして差し込みなおし、同様に測ってみました。
DSCF7486.jpg

ご覧のように、5.66V。
シャーシ電位が上がりました。

プラグの極性を間違ってコンセントに差し込むと、このようになるのです。
で、音質に何か悪いことがおきるのか?と言うと、、
SNが悪くなるのです。
SNが悪化すると、微小信号(細かい音)が聴き取り難くなる訳です。

全ての機器をこの方法で極性合わせをして、可能な限りシャーシ電位を下げてください。



こんな感じで、
今日のまとめ、、、
電源の極性合わせは大切なんですよ♪と、ひとまずまとめさせていただきます。

以下余談………
①「テスラクランプ」(ググるとすぐに何物かわかります)
これを使用すると、シャーシ電圧が激減する時があります。
ただ、自分は音声系の機器には使いません。音の鮮度感が後退するので。

②メガル端子ケーブルだから、機器側のインレット、どっがホットでどっちがナチュラルかわかんね~よ。(レコーダーとかDVDプレーヤーとか多いですね)
ご安心ください。
今日の授業で調べることができますよね?
(とっととデジタルテスターを買ってきてください)

先日も書いたとおり、
電源によるクオリティーアップの基本、最初の一歩です。


スポンサーサイト



コメント

ナチュラルではなくて、ニュートラルですね

  • 2008/06/25(水) 21:33:25 |
  • URL |
  • ウンチくん #-
  • [ 編集]

あなたは誰ですか?
誤りに対するご指摘は歓迎します。しかし、
この書き込みは歓迎できません。
挨拶もなく、失礼ながらとの前置きもありません。
建設的な意思も感じません。
あなたのような書き方を「無礼」というのです。
また、ここは私の記事の添削の場ではありません。
このことご承知ください。

  • 2008/06/25(水) 22:05:26 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/207-f6f968e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)