BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

実際のシステムでの「シャーシ電位」の現実

シャーシ電位の測定方法 で単機の場合でのシャーシ電位を、
なんちゃってアースの効果を数値で見てみよう~♪で、その効果を
それぞれ調べてみましたが、、、
これって、実は現実的な話ではありません。


実際のシステムでは、面倒なことが起きています。
どんなことか?と言うと、、、
重ね置きの問題と、接続しているケーブルでグランドが共通状態になってしまう。ということです。

具体的には、こんな感じ。

(目の前に、HD-DVDプレーヤー、HD-XA1がぶんながっていたので、これを使用してみます。)
HD-XA1単機で計測したシャーシ電位は、11.98V。
DSCF7500.jpg


先日計測に使用したGE(グライコ)の上にHD-XA1を重ね置きします。両機は電源オン状態。まだ両機はケーブルでつながっていません。
DSCF7501.jpg

この状態でGEのシャーシ電位を測ってみると、、
DSCF7502.jpg

7.70V。昨日単機で測った時よりも電位が上がってしまっています。

ちなみに、この時のHD-XA1のシャーシ電位も、、
DSCF7503.jpg

14.37V。やはり上がってしまっています。
両機は何もつながっていない状態なのにですよ?

では次に、両機を少し離して、同様に計測してみます。
(マンガ本を利用してみました。)
DSCF7504.jpg

すると、、7.70Vから5.24Vに下がりました。
DSCF7505.jpg


写真を撮り忘れてましたが、HD-XA1のシャーシ電位には、ほとんど変化がありませんでした。
両機に差異が出る原因は、自分にはわかりません。ごめんなさい。


次に、両機をインコネで接続してみます。
DSCF7508.jpg

げっ! (5.24V→)14.34V。悲しい現実です、、。
DSCF7509.jpg

インコネのマイナスを通じて、グランドが共通になってしまったからです。


以上のことから判ったことは、、、
①使っていない機器の電源は落としたほうが良い。
(待機状態もダメ)
②機器は離したほうが良い。
③ただし、インコネ等でグランドが繋がっている場合は②は無駄。
それでも、他の家電品からオーディオ機器は離すべき。とは思います。例えば、ゲーム機の電源を入れたままでCDプレーヤーやアンプの上に置きっぱなしにするとか。



ちっ、なんだよ、なげえ割に役にたたねえつまんね~話だったな~、、。
なんてお声が聞こえてきそうなので、

最期に写真を一枚だけご覧ください。
DSCF7510.jpg

1.350V。
ほんの1秒ほどで、
さっきのグランド共通状態からこんなに下がりました。



シャーシを手で触れただけです。

人体アース、とりあえずシャーシ電圧を下げる効果は絶大です。
(人体が逆に、アンテナになる可能性もありますが)
「常時人体アース」これ試してみた人はご一報ください。
なんちゃって~、と。


最期は余興でしたが、
(とは言いつつも、人体アースでブーンノイズが消えることもあるので、半分洒落ではありません)

最期の最期に、
グランド共通による弊害は避けられない事実なんですが、
それでもシャーシ電位を下げる努力は大切です。

まずは、電源ケーブルの極性合わせをして、シャーシ電位をより低くしましょう。
仮想アースでも効果はあります。
もっと嵌りたかったら、本格アースのお勉強もしましょう♪
(深いっすよ、オーディオのアース。ちなみに家電用アースとオーディオ用アースの共用はご注意を。ノイズが逆流してくる可能性大)
と締めくくらせて頂いて、今年はオシマイ。

皆さん、良いお年を~♪
来年もみんなが幸せでありますように。♪


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/209-493dddf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad