BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

HDMIケーブル WIRE WORLD/SSH5-2

今、巷で大人気。ワイヤーワールド社HDMIケーブルの中では、トップグレードとなるモデルです。
(実は、YASSYさんからの借り物です。感謝)
DSCF7511.jpg

DSCF7516.jpg

DSCF7517.jpg

実物に触れてみると、SONY/DLC-HD とは、けっこう触感が違うことがわかります。
厚みがあり、重いし、コネクターの造りも堅牢&ゴージャスです。
純正ケーブルに比べ、機器へのコネクト感もカッチリしています。

接続は、BDプレーヤー(BDP-LX80)~AVアンプ(VSA=AX4AH)に。
AVアンプ~プロジェクター間のHDMIケーブルは、ソニーのきし麺をそのままです。
比較対象は純正ケーブル。短時間でしたがその感想を。

まずは、音声のチェックから。
一聴してわかるのが、空間と音像のクリアーさ。
空間が広がります。セリフがちょっと遠いと感じるほどです。
音像のノイジー感が減少。定位もコンパクトに。
音像と音像の隙間の向う側が、いわゆる「見通しが良い」という状態に。音の居場所がより明確になります。
この辺りは、オーディオ用高級インコネ、トランスペアレンツの質感に通じるものです。

ボリュームが上がったように感じるとの噂もありましたが、それは感じません。逆に下がったかな?と感じます。
おそらく、付帯音が少なくなったせいかもしれません。

そしてf特的にはフラット&ワイドレンジ。
解像感も高く、細かい音もよく拾っています。
とにかく歪感が少なく聴き易いです。
癖が少ないとは思いますが、ただ、決して派手な音色ではないので、アクション系だと何か物足りないと感じる場合が出るかもしれません。


続いて、映像に関して。
うわさどおり、やっぱり明るくなります。
空が、白とびを超えて、ベタびかりするくらいに。
この辺は、自分のプロジェクターの限界の低さを感じてしまいます。
音と同様、ノイズ感が少なくなり、細かい描写力がアップしています。

これは、、、調整のリセッティングが必要になってしまいますね~。
プレーヤー~AVアンプ間なので、さほど影響はないのでは?と予測していましたが、、、見事に期待を裏切ってくれました。

と、まあ、簡単ではありますが、感じたことをアリノママ書いてみました。

(確かに良いけども、、と続く。かも)


スポンサーサイト

コメント

あけまして、おめでとうございます~

うーん、凄そうですね~
目標はやっぱりこれかなぁ?
AVアンプ->PJ間だと映像だけに効果あるってことになるのかな?
両方使うのがベストでしょうけど…(^^;

  • 2008/01/04(金) 17:53:17 |
  • URL |
  • たけP #XjNQc0GY
  • [ 編集]

おめでとうございます。今年もよろしくお願いします♪

良いケーブルだと思います。
狙いどころからボール一つくらい外すかもしれないけど、ほぼストライクゾーンど真ん中。絶好球。という感じでしょうか。

バックオーダーっていう話もうなずけます。

両方?!
お金が、、。ね~。

  • 2008/01/04(金) 18:25:54 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/212-3144b2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad