FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

4KHzのピークを探る その2 (自作ネットワーク・プロローグ)

4KHzのピークの原因を探ってみたい
マイスピーカーVICTOR/SX-500DOLCEⅡ、ツィーターとウーファーのクロスオーバー周波数は奇しくも4KHz。

原因の可能性、、、
①ネットワークの不調によって、ウーファー側の高域がハイカットができていない。あるいはツィーターのローカットができていない。
②あるいは、無理やりバスレフ化したために、ウーファーのインピーダンスに変化が生じた。

結果、、両ユニットのクロスオーバー周波数付近の被りによってピークが発生しているのか?という仮説を持ちました。
汐さんからアドヴァィスも頂き、、その中に「インピーダンス補正回路」という言葉が。

実は、恥ずかしながら、、、「インピーダンス補正回路」という言葉、今まで縁がありませんでした。
知らないままでは、会話もできない、、もちろん答えも導けないだろう、、。
ということで、早速調べてみました。
(こんな時、インターネットって便利ですね~、検索すればズラズラと。)

ダイナベクターさん の 高域のインピーダンス補正 最低共振周波数 (fs)におけるインピーダンス補正
スピーカー開発販売のバタフライサウンド
この辺りを拝見いたしました。

相変わらず詳しくは判らない状態に変わりはないのですが、、、。
(読めば読むほど、深い知識と経験、そして測定機材が必要そうな予感、、、)

ただ、素人なりの素朴な疑問が、、、

インピーダンス補正回路、、、これはネットワークに追加する回路に見えるのですが、、、
ネットワークそのものもインピーダンスを変化させる回路ではないのかしら?
ならば、その区別は? 並列に追加する、ということは理解できるのですが。
それはさておき、
インピーダンスが上昇すると、上昇した周波数のレベルは下がる、ディップとして表れるはずなんですが、、、今、問題になっているのはピークであったりして。

被りを消すためであれば、
ネットワークコンデンサーの値を変えて、ツイーターの4KHzを抑える。あるいは、スロープをより急にする。という手法が有効では?

単純に、ツィーターを逆相にすると治まってしまう可能性もあるとのこと。
(それで解決しちゃったらしめたものだけど、、いやいや、おそらくそんな単純じゃないだろ~)
かなり過激に深そうな話で恐いのですが、、。

う~ん、無い頭をひねってみても、先に進めないので、あとはやっぱり実践あるのみかしら、、。


とりあえず、VICTOR/SX-500DOLCEⅡの純正ネットワーク
DSCF7583.jpg

DSCF7582.jpg



スポンサーサイト



コメント

いやはや、作業を急がせてしまったみたいで申し訳ありませんm(_ _)m
こんばんわ、汐です。

>>ネットワークそのものもインピーダンスを変化させる回路ではないのかしら?

当たりです。

>>インピーダンスが上昇すると、上昇した周波数のレベルは下がる、ディップとして表れるはずなんですが、、、

アンプは高負荷に対して均一になるように設計されているはずです。
が、不思議なことに周波数があがるにつれ、SPを小さな力でドライブ出来てしまうのです。

>>今、問題になっているのはピークであったりして。
すみません、言い方が悪かったようです。合成波には強烈なディップか位相により凸な波形が表れます。
http://homepage1.nifty.com/ultimedia/theory/zobel.htm
↑ここのサイトのウーハーインピーダンス補正なしが該当します。

さて、純正ネットワークの話しに戻します。
写真を見ると判りますが、
ツィータ12dB/oct -6dBとウーファ6dB/oct -3dBクロスの混在ネットワークのようです。値がわからないのでおおよそで。6ΩSPなので
ツィータ側
C=4.7μF L=0.33mH
ウーファ側
L=0.33mH
だと推測できます。クロス周波数は大体3000Hz前後です。ウーファのLはもしかしたらもっと小さいかもしれません(0.22mHぐらい)。
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/
↑ここのサイト様で算出しました。

被りを消すのならば、ウーファー側にコンデンサを追加し、12dB/oct -6dBにするのが有効だと思います。
また、ツィータのコンデンサはもろに質が出ますのでいくつか聞き比べて決定するのをお勧めいたします。

ボン様をmixiにて発見しましたのでメールいたしました。

  • 2008/01/18(金) 03:55:15 |
  • URL |
  • 汐 #mQop/nM.
  • [ 編集]

ネットワークは思ったよりもシンプルな構成なんですね☆

 

  • 2008/01/18(金) 22:51:11 |
  • URL |
  • 松本麗香 #N.vW.TCs
  • [ 編集]

bonさん、こんばんわ。
ごぶさたしています。

写真を拝見すると、NWの構成は初代sx-500から変っていなそうですね、もっとも電解コンでしたけど。
コイル自体の不具合は考えづらいですよね。

インピーダンスの補正は有効な方法なのでしょうけど、、、んんっ~!
4Kの山をつぶす共振回路ですか・・・、でも一応Victorが10年以上生産したSPですからね。
メーカーが知っていてトボケタとも思えませんよね。

インピーダンスを測定できれば良いのでしょうが、周波数で見ていくという事はとマイク自体の更正とか難しいですね。
シュミレーションソフトもインピーダンスのうねりが無い前提で定数を出すので、フラットは大変だと思いますけど。

ところでクロスって4Kでしたっけ、3Kではなくて??
もう一つ疑問は、写真のNWは測定したSPの物ですか? 予備のSP?
フロントのSPって、以前に内部配線を取替えていませんでしたっけ?

仮にその時に、繋ぎ方の正相と逆相を間違えると2Kが凹で4Kが凸の可能性もあるかも知れません。
歯切れの悪い話ですいません、、推測の話です。

  • 2008/01/19(土) 01:22:41 |
  • URL |
  • bfrat #yghJQzaw
  • [ 編集]

汐さん、松本麗香さん、bfratさん、おはようございます~。
そして助言ありがとうございます。

(忙しくて泣き、、、)
今日もまもなく出勤しなくては、、。
帰ってきたら改めてレスしますね。

ひとつだけ、みなさん、スペアナ測定ソフトを何を使っています?
汐さんのリンク先のソフトが手頃かしら?

自分も、AVアンプでの簡易測定ではなくて、そこそこちゃんとした測定をしなければまずいと感じていまして。
(出来ればフリーのソフトがいいな~、やっぱり)


  • 2008/01/19(土) 06:19:26 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

bfrat@今週は土日休み、、です。

吉正電子さん(www.ymec.com/jp.htm)は、定評あるみたいですね。
フリーですと、efuさん(www.ne.jp/asahi/fa/efu/index.html)とか。

我が家は、PC入れ替え中のため入れていませんけど。
8年ぶりに入れ替えてみますのでvistaで動くかは解かりませんが。
「 ※英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました」
と一度やられました。FC2君に、、。

  • 2008/01/19(土) 11:14:07 |
  • URL |
  • bfrat #XvUiXHHg
  • [ 編集]

さぶいっす。1日外にいました、、。疲れもピークに、、。早く休みこないかな~。

汐さん、いろいろ助言ありがとうございます。
ネットワークの制作は、一見簡単さうで、実は一筋縄ではいかないことが、素人なりにもわかります。

まずは、スピーカーからネットワークを外し、外で交換できる仕様に変更してみます。
納得できる組み合わせを探し出すのは大変そうだけど、おもしろそうでもあります。

ただ、その前に、もう少しまともに周波数特性が測定できるスペアナソフトを入手しなければ。
(その前に、ノートPCを娘から奪回しないと、、、これが一番の難関ですが)

SX-500のクロスオーバー、
4KHzと書いてしまいましたが、bfratさんの指摘どおの、3KHzでした。失礼しました。
それにしても、あの写真だけでそこまで判断できるなんてさすがですね。



bfratさん、どもです~、相変わらず元気っすか?♪

>もう一つ疑問は、写真のNWは測定したSPの物ですか? 予備のSP?
フロントのSPって、以前に内部配線を取替えていませんでしたっけ?

測定したスピーカーのものではありません。
破壊した残骸のものです。
なので、逆位相は否定できないっす。
よく確認してみます。
これが原因だったら一番楽なのですが、、。

1年掛かりの見直しになってしまいましたが、
そろそろ、(やっと)最下流のところに手を入れられそうです。
まずは、頂いた物プラスαで実践してみます。

スペアナソフト、
>フリーですと、efuさん(www.ne.jp/asahi/fa/efu/index.html)とか。
やはりこの辺ですね。
皆さんが使っているものが、やはり安心できそうです。


お金をかげずに、楽して良い音を手に入れたいけど、(ずうずうしいね)果たしてどんな成り行きが待っていることか?、、。


むむむ、、
疲労が、、めまいが、、、
帰って寝ます、、。

PS;汐さん、自分に様つけは遠慮させてね。様つけるほど立派じゃないんで、、。

  • 2008/01/19(土) 19:57:39 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

皆様、こんばんわ~汐です。

フリースペアナはefu's pageのeluさんやスピーカー設計プログラムのBachagi,hさんのモノが有名ですね。

メーカー製SPのネットワークは大体こんなもんです。
自分が最近まで使っていたVictor製SX-L5はLPF+MPF+HPFの構成でした。
実はネットワークにはお金がかかっていないものがほとんどです。
つまりメーカー製SPのネットワークの素子はショボイのです。

なんと昔の製品は視聴を繰り返してネットワークを決めていたらしいので、良い製品が多いらしいです。

そういえば、Victorは昔から自社ユニットを作っている(設計している)のでした。ですので、もしかしたら高域音圧補正がいらないような設計になっている可能性も否定できません。

そこで提案です

ボンさん、簡易測定でも十分ですので次に実験するときにでも試してみてください。

・スーパーツィータを外してバスレフの穴を塞ぐ

この実験で4kHzが盛り上がらなかったら、バスレフにした弊害でネットワークの再設計が必要になります。といってもツィータのゲインを下げるための抵抗値算出だけですが・・・

あとメーカー製ではよく省略されることが多いですが自作2ウェイSPではウーファー側にはインピーダンス補正回路が必須です。

  • 2008/01/19(土) 21:50:48 |
  • URL |
  • 汐 #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/223-654a7531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)