BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

4KHzのピークを探る その3 (自作ネットワーク・プロローグ)

汐さんのアドヴァィスに従い、
問題の4KHzのピークに対して、
無理やりバスレフは影響あるのか?スーパーツィーターの影響はあるのか?
それを探るため、簡易ではありますが、MCACCにて簡易測定を行ってみることにしました。

条件は次のとおり
共通事項:スピーカーと測定のマイクの距離は、ツィーター軸上、1m。
①(無理やりバスレフの)ポートを塞ぐ。スーパーツィーターも外す。
②バスレフポートは塞いだまま、スーパーツィーターは接続する。
③バスレフポートオープン。スーパーツィーターは外す。
以上SWは使用せず。
④通常使用の状態 (ポートオープン。Sツィーター接続。SW接続)

測定結果
(①のTRIM値が他に比べて+1.0dBとなっていますが、チャンネルレベルが相対して-1.0dB低くなっています。よって無視してください)
繰り返しで恐縮ですが、表示は補正結果を表しています。実際の測定値は±を逆転してみてください。

①バスレフポート閉 STWオフ(つまりノーマル状態)
DSCF7588.jpg

②バスレフポート閉 STWオン
DSCF7589.jpg

③バスレフポート STWオフ
DSCF7590.jpg

④ハスレフポート STWオン SWオン
DSCF7591.jpg


測定結果
①→②
ノーマルからSTWをオン状態にすると、超高域(16KHz)が付加されるのは当然なのですが、(STWのクロスオーバー周波数は15KHz近辺のはず)
中域の特性にも変化が現れます。特に500Hzのレベルが-1.5dBと減少しました。
(測定誤差?と思い、3度測定しましたが、全て同様の結果でした)

①→③
バスレフポートをオープン(STWはオフ)
低域の特性には変化はありません。
低域特性に変化が見えない理由は、ポートの共振周波数は40Hz前後であり、測定範囲外のためと考えます。
1KHz、2KHzのレベルがわずかにダウン。4KHzはわずかに上昇しています。(測定誤差の範囲かもしれません)

①→④
ノーマルから通常使用の状態
中域の特性は②の状態と全く一緒です。
やはり、STWを追加すると、中域の特性が変化します。
SWを追加しても、相変わらず低域の特性は①のノーマル状態と一緒ですが、
SWは、極ごく低域のみ追加しています。クロスはおそらく40Hz近辺。③と同様の理由でグラフには表れてきません。


問題の4KHzのピーク、
バスレフポートを開にした③の場合のみ、グラフ上、+0.5dBとわずかに上昇が確認できます。が、これは測定誤差の範囲かもしれません。


以上の測定結果から、
バスレーフポートの有無、STWの有無、4KHzのピークには直接関連していないように見えるのですが、、、
汐さん、bfratさん、皆さん、いかがでしょうか?

それはさておき、STWを追加すると高域以外にも影響を与える、また実際に音も違う。と聞きますが、実際に測定してみると数値でハッキリとわかってしまうものですね。
理由は現状自分の知識では不可解ですが、、。不思議ですね~。インピーダンスが関係しているものなのでしょうかね?


ガサガサしたら、カタログ発見!!
SX-500 DOLCEⅡ 周波数特性 及び インピーダンス特性(カタログより)
sx-500 dolce2 周波数特性 インピーダンス特性

参考までに。


各ユニットの配線チェックもしてみました。
ウーファー、ツィーターともただしく正相でした、、。(ほっ。タコじゃなくて良かった)



スポンサーサイト

コメント

こんばんわ、汐です。

お忙しい中、測定お疲れ様です。
今日は雪も降っていて、物凄く寒かったと思います。

さて、本題ですが、凸になる理由がよくわかりませんw

カタログスペックは実際、無響音室での測定なのであまり当てにはできません。

いくつかの理由が考えられます。が、コレは推測の域を出ませんので参考程度にとどめて下さい。

1、クロスでのインピーダンスの乱れによる合成波(4kHz付近)での出力音圧の変化
2、ウーファーユニット自体の特性
3、クロス周波数自体
4、ネットワークの定年劣化による不備

理由
1、スピーカーユニットには高域になるにつれてインピーダンスが上昇するという特性があり、アンプ側からみた負荷を一定にするためにインピーダンス補正回路と言うものを突っ込みますが、このスピーカーには無いのです。
そうすると、ウーファーでの高域出力(~6kHz)ぐらいで音圧が上昇してしまいます。
一番最初にこの理由を疑いました。

2、もともと20cmぐらいのウーファーユニットはFrequenzgang Frequency responseで3.5kHz~5kHzぐらいにかけて出力音圧が上昇(凸波形)します。
クロス周波数が高すぎるとコイルでは緩衝(カット)しきれずにその部分だけ突出した波形が表れます。
2番目にこの理由を思いつきました。
解決方法はクロスをもっと低くするしかありません。

3、2番目の理由に追随するものですが、このスピーカーのネットワーク設計が甘いのではないかと。

4、疑いにくいですが、ウーファー又はツィータ側のネットワークが傷んできて、意図しないクロスオーバーをしているのかと・・・


そこまでお役に立てるとは思いませんが、自分が考えたのはこんな感じです。

  • 2008/01/23(水) 21:55:13 |
  • URL |
  • 汐 #mQop/nM.
  • [ 編集]

bonさん、こんばんわ。

私自身は、ほかの方の話を伺って「なるほど」思う程度のスキルですけど、、

こちらの方とか、
//www.dynavector.co.jp/lecture/crossover/12dbcross.html
こちらの方とか、
//park23.wakwak.com/~musikfest/audio10.html
をみていただいて、どちらかと言うと
//www.katch.ne.jp/~hasida/speaker/speaker6.htm
の後半のくだりに近い考えなのですが。
Tの正相/逆相の話は、上記HPの記述のように思っています。


メーカー資料を拝見すると、確かにユニットのインピーダンス
は上がっていて、何となく2K付近が下がって4Kあたりが盛り上
がっているように見えますけど、、、、、、、
拙宅のNWをばらした時に調べたLとCをお知らせした事があり
ますが、それをネットで落とした簡易シュミソフトに入れると
bonさんに近い特性になりました。

もともと12/6の非対称のNWなので、正逆どちらが良いかは判りませんけど、
汐さんがおっしゃるように、補正してクロス付近のインピーダンスを固め
ないと設計どおりのクロスにならないのは事実と考えますが、SX-500は
計算式とは少しづれた定数にしているように思えるですよね~。

雑誌などに掲載されているF特をみても、3db程度のうねりが有るSPは結構
有りますしね。
色々なHPを拝見すると、「補正して計算どおりのNWが良い」「特性が劣って
も簡素(部品の少ない)なNWが音は良い」とか考え方も色々有ると感じています。
プリ派とパッシブ派みたいなものかも知れませんね。←なんか自分でもハズシタ
例えのような気がしますが。

などとなんやかんや考えると、思ったのは手持ちのユニットやら、コストやら
音やら色々と考えたメーカーの落としどころがNWとその特性かなっと。
よく言うと個性、悪く言うと妥協、、。制約の有る中での落としどころ
みたいなものかなっと思いますけど。

面白そうなところがあったので
//www.daredevil.cn/sw/speakerws.html
時間に余裕ができたら私もやってみようと思います。

  • 2008/01/24(木) 00:43:05 |
  • URL |
  • bfrat #yghJQzaw
  • [ 編集]

汐さん、bfratさん、おはようございます。
昨日、一昨日と、とても寒くて、雪まで降って。が、今朝はそれほどでもないですね。

色々とアドバイスありがとうこざいます。
助かります。
sx-500は、ご存知のように、限られたこすとの中で造られたスピーカー。
どう見ても、NWにお金をかけました、みたいではありません、、。残念ながら。

それでも、ビクターの良心のようなスピーカー。なので、
設計の方が耳で決めた音だと信じています。
その分、個性が加わっているような気も多分にしていますが。

以前所有していたspiritでは、こんなピークは感じなかった。なので、dolce2独特の個性かもしれません。
ただ、spiritkでも1.6KHzの凹はありました。

さてさて、ネットワークを新たに作ろうと思っています。
アプローチの手法は3通りか?なんて考えています。
①既存NWと同じ定数でパーツを変えて作る。
②計算で得られた数値のC/Lで作る。
③4Khzのピークを下げる回路を別計算で作る。

①②が無難な選択?かもしれないし、、、
汐さんの勧めるクロスを下げるというアプローチももちろんあり。これが③かな?、、ただ、1.6KHzk凹をさらに凹らせないようにしなければ、、。

こんなふうに考えながら、シュミレーションソフトで何度も計算してみましたが、
これだ!
っていう値がとうとう見つかりませんでした、、。
(なんとも、なさけない)


おっと、今日も千葉へ出張。
そろそろ出勤の時間が近づいてきました。もっと時間が欲しいっす。

まちんとしたレスになってなくて申し訳ありません。

汐さん、明日、秋葉に行きます。
昼ごろ徘徊します。
もし良かったら、付き合ってください。
飯おごりますから。なんとかそれで。
(おっさんだけど、勘弁ね)
電話します。

jまた、メールに書いた、「自分の流儀」、自分の我侭に合わせてもらってしまって、すみません。ありがとうございます。

bfratさん、
頂いたC/Lを手始めにいろいろとチャレンジしてみます。
>拙宅のNWをばらした時に調べたLとCをお知らせした事がありますが、それをネットで落とした簡易シュミソフトに入れると bonさんに近い特性になりました。
↑凄く気になります。帰宅したら拝見してみます。

>などとなんやかんや考えると、思ったのは手持ちのユニットやら、コストやら音やら色々と考えたメーカーの落としどころがNWとその特性かなっと。 よく言うと個性、悪く言うと妥協、、。制約の有る中での落としどころみたいなものかなっと思いますけど。

最初に書いたとおり、全く同感です。
だからこそ、いじってあげると、もっと良い音になる。なんて思ってしまう。
罠かもしれないけど。

  • 2008/01/24(木) 07:21:01 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

とうとう、こちらの世界へ!!
いらっしゃいませ、かなり遊べますよ~。

  • 2008/01/24(木) 21:31:38 |
  • URL |
  • bfrat #yghJQzaw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/224-9e022688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad