BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

純銀Yラグのまとめ(はしょります)

先月は、ブログの更新、見事にサボらせていただきました。
毎日、何も考えずに、飯食って、風呂入って、テレビ見て、寝る。リフレッシュ!
とってもお気楽極楽ですた。

ブログの更新はサボっていても、
でも!
オデオのほうは、相変わらずちょこちょこと弄っていましたよ。
こればっかりはやめられない♪のです。

ただし、深く考えずに、気の向くままにやりたいままに、、、
ABAボードを引っぱり出してきて、アーシングシステムを試してみたり。疑問を感じたり。
屋根裏アコースティックやってみたり。ホコリでのどを痛めたり、、。
サブウーファーの再セッティングをテキトーに弄ってみたり。激変したり。
興味本位でオヤイデの壁コン、R1を手に入れて、ガッカリしたり、。
などなど。

そうそう、メインの話は、純銀Yラグでした。
これがね~、悩みの種の発端だった訳です。
そして、その流れで、現在は、電源タップの不思議にはまっちゃっている状態につながるのですが。
更新をサボっていた間に何があったのか?
リアルに追いつくために、3月のあらすじをはしょりつつ書き留めてみたいと思います。



まずは、純銀Yラグ、
まずこいつの個性を書き出してみると、、、
長所としては、、、
解像度のアップに役にたつ、特に低域の下のほう。そして上下のワイドレンジ感。
音場も左右に広がり、高さ方向の表現力、自然な輪郭描写、この辺の魅力もなかなかのものがありました。
ただ、欠点として、
ハイ上がり(よくよく聴いてみると、中低域が細身になるために、そう聴こえるのではないかと感じました)のため、多用すると、音色のバランスを大きく崩してしまう。


可能性は大いに感じる。でも、ちょっと危険な臭いもしてくる。魔力にとりつかれ、勢いにまかせて、
片側だけだった純銀Yラグをスピーケーブルの両端にかましてしまったのでした、、、。
結果は、、予想どおりの展開、、。声の厚みが消えちった、、。スレンダーな裕美ちゃんには興味がないのだ、こりはまずい、、。

さて、どうしよう、、?
む~ん、、
「過ぎたるは及ばざるが如し」 いつもの格言が頭をよぎったのですが、、、往生際が悪くて、純銀Yラグは外せません。

そこで迷案!!電源タップの内部配線に使っている銀線、こっちを銅線にしてみたらどうだろ?
(なんでそんな流れになるのか?)

こうして電源タップミステリーに続くのであった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/249-ffbe3da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad