BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

電源タップ RTP-6改を使いこなしてみたい。

出てきた音が重い、、、。
より軽く、よりシャープに、定位感もアップさせたい。
そんな時は、まずお手軽に、足元にスパイクインシュレーターですよね。
そして材質は、チタン、ステンレスあたりがベストな予感。

そんな流れで、早速装着してみました。
DSCF7936.jpg

選択したスパイクは、J1のSP35HB。先端がステンレスチップのハイブリッドコーンスパイク。

自分のRTP-6、初期型のため底面はノッペラボウ。スペーサーもなく、スパイクを装着するためのネジ穴もありません。
ネジ穴加工してこのスパイクを取り付けるのが、おそらく一番良いはずですが、今回は、薄々両面テープで貼り付けてみました。
受けは、アコリバの真鍮製スパイク受けを。
写真のように3点支持は、もちろんガタを嫌ってのことです。

出てきた音は、、、
かなりな程度で、重さと暗さが払拭されてしまいました。予想外♪
これなら、まあまあ許容範囲。
あとは何かで、どうとでもなりそうかな。

床べた置きだと鈍い音になる、とは聴いていましたが。そんな噂は本当でした。
このタップ、スパイクは必須のようです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/257-9afe921f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad