BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

HDMI伝送の画像・音質劣化について 我が家の現状

今更、改めてですが、、、
仰々しいシステムを組み、そして日夜音質アップに励んでいるのは、
好きな映画を観るなら、まるでその場にいるような錯覚に陥るほどの、極上リアルに再生したいがためです。

さてさて、HDMI伝送における信号劣化の問題。
このテーマ、しばらく放置でした。
m(_ _)m

一本のケーブルでプレーヤーとAVアンプを接続。簡単便利と言えば便利。
(システムの接続状況によっては、何かと不便利なケースもあるようですが。)
でも、、、皆さんのシステムでは、画質・音質劣化を感じたことはありませんか?

当ブログでも雑誌編集者の方から直接教えていただきました。
現実に体感するのに少々間が空いてしまいましたが、
自分も、劣化の現実を実感しつつ、かつ、その対策と言うか、妥協点を探るべき苦慮している。そんな現状です。


AVアンプ経由でモニターへ伝送する場合の画質劣化について。
(フレーヤー→HDMI→AVアンプ→HDMI→プロジェクター)

プロジェクターで観るハイビジョン映像。自分はハッキリと画質劣化を確認できました。
(SD画質より断然綺麗ですけどね)

AVアンプ経由の画像は、直接接続した場合に比べると、
まず、ボケます。
また、ローライト、ハイライトも伸びがなくなり、いわゆるレンジの狭い画になります。
情報量が落ちるせいなのか? 透明感が失せ、青空とか白い壁が濁るのも気になりました。
全体的にSNが悪化し、雑味が増えた感じです。
この違いの差は、誰でもわかるレベルのものです。

ならばと、画質劣化を避けるためにと、苦肉の策に出たのでした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/260-fb502599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad