BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

WaveSpectra & WaveGene その2 お試し測定

efu 's page さんのHPから

 録音も出来る 高速リアルタイム スペクトラムアナライザ (ASIO対応)
 WaveSpectra (フリーウェア) V1.40 (2007/12/15)

 CD-DA やオーディオのチェック用 テスト信号発生ソフト (ASIO対応)
 WaveGene (フリーウェア) V1.40 (2007/12/15)

をダウンロード。
圧縮ファイルを解凍。

フォルダ WS140 から、アプリケーションWSを実行
waveSpectra

フォルダ WG140から、アプリケーションWGを実行
waveSpectra

テスト信号発生ソフト(WaveGene) と スペクトラムアナライザ(WaveSpectra)が立ち上がります。
waveSpectra


<WaveGeneの設定>
サンプリング周波数は48000を選択。 
waveファィル長は、とりあえず60秒。(180秒が測定誤差が少ないとの情報あり)

波形はサイン波のまま
wave1 周波数を20Hzに スイープをチェック
wave2 周波数を20000Hzに 出力チャンネルをL+Rに
wave3 出力チャンネルOFF

<WaveSpectraの設定>
測定モードボタンをプッシュ ピークホールドON

<スピーカー&測定マイク>
お試しなので、PCスピーカーを使用。マイクはAVアンプの音場補正用マイクです。
DSCF8391.jpg



<測定>
WaveSpectra 赤丸の録音ボタンをポチ。
WaveGene 緑の出力ボタンをポチ。
これで勝手に測定が始まります。

↓測定結果
waveSpectra

まっ、こんなもんでしょ。ペア780円のアンプ内蔵PC用スピーカーですから。(しかし、しょぼいね、、、)

実際に始めてみると、とっても簡単。こんなに簡単に測定できてしまってほんとにいいの?!という感じです。
もちろん、きちんと測定するのであれば、マイクの校正、入出力特性の校正などが必要なんでしょうけど、今回の目的では、実用十分であろうと思います。
このようなソフトをフリーウェアで公開されているefuさんに本当に感謝です。



WaveSpectraのスパナマークをクリック、縦軸レンジの変更も可能です。今回は60dBにしてみたしだい。
waveSpectra


とりあえずお試し測定でした。
(使い方や説明にミステイクがありましたら、遠慮なくご指摘ください。よろしくお願いします)




↓拍手の一発録り
waveSpectra

こんなのも簡単に見れてしまいます♪ おもしろ~い。



さあ!これで測定準備は整いました。あとは「やる気」と「時間」です、。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/292-705a006c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad