FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

SX-500  DOLCE/ETERNO VS DOLCEⅡ改

SX-500に興味の無い人には申し訳ございません。
これから中古で購入したいとお考えのあなたのために贈ります。

ドルチェエテルノとドルチェⅡ
先日のお話 f特だけでも、ちょっと違うでしょ?の続きです。

f特データで説明したけど、、肝心なのは、実際に出てくる音で。
世の中の数多あるスピーカーで例えると、、
エラック、PMCのようなキレ良いスピーカー。タンノイみたいなまったりとお上品なスピーカー。ドカンバキンカキンと威勢の良いB&Wとか、音場極楽のアバロンとか、カリフォルニアの風がスパーンッと飛んでくるJBLとか、、、。(最新のスピーカーは知りません、あしからず。聴いてる範囲だけですから、、。)
それぞれに個性溢れ、それぞれに良い評価を持ち、また、その音の虜になってしまったユーザーがいらっしゃる訳です。
そのように、いろんな個性を持つスピーカーが巷に溢れていますが、、f特だけ見たって、肝心な個性はわからない訳で、、、スピーカーの個性というものは、聴いてはじめてわかるものだったりすることは、皆様ご存知のとおりです。


さてさて、
ドルチェエテルノとドルチェⅡ。
我が家で、同一環境で比較視聴すると、改めて悩んでしまいます。けっこう違うんだなと、、。

エテルノ、
明るくて甘くてちょっとトロリとした豊潤ピーチ系。間違ってもモニター調とは言えません。
低音の量は十分。ローエンドまでは望めないものの、、ベース音はブンブン鳴ります。中低域もふくよか。ややぽっちゃりふくよかなヴォーカル。
耳が痛くならないとても心地よい音色です。
押し出し感があります。音場も前に。
左右から包まれる感じもあります。後方、頭上とか、三次元的な定位感も十分に表現してきます。位相が整っているのか、音の焦点はよく合っているほうだと思います。
いっぽう、奥行き感はやや物足りないものを感じたりします。(エージングが足りないせいかもしれませんが)
解像感は十分、、、だけど、何か、、リヤバスレフの弊害みたいなものを感じます。少し滲む感じの違和感が耳に届きます。(セッティングで解決できる範囲のものです)
アコギの鳴りっぷりが良い感じ。

ドルチェⅡ
より明るく、よりクッキリ。グラスに注いだ三ツ矢サイダーみたいな蒸留感。細かい泡がキラキラしてる。
ちょっとにぎやかな音かな。
低音の量は、シリーズ中一番控えめかも。ベース音の音程は濁らずしっかりキープしてますが、、音圧弱目です。でも、バスドラの雰囲気はこちらが上だったり。
音場はスピーカーの向こう側に。少し遠目に眺めるステージ感。
低域がスリムなせい?音の分離感、定位感はこちらが上。キレもこちら。
ヴォーカルにシリーズ共通の艶がのります。
唯一の単板バッフルのせいでしょうか、響きがとても美しいです。背景に自然な広がり感を演出します。
ピアノのタッチはこっちかな~。

思いついたことを羅列して書いてみました。
(悪いところにはハッキリ書いてないです。裏読みしてくださいませ)


で、現在、どちらが好み?と自問すると、、、、
改造を加えて、透明感に磨きがかかったドルチェⅡ改のほうだったりするんです。

ただ、欠点がね、(しつこいけれど)低音の量感不足。もうちょっとだけ量が欲しい。
(たぶん、スピーカーのせいじゃない、、部屋自体、低音が抜けてしまうことに原因があるはずなんです、、。)


そして、
その対策のための、、、

電源ケーブルが2本到着しました。
これでダメならドルチェⅡは諦めて、、、
エテルノのチューンに走ります。







スポンサーサイト



コメント

Bonさん、ごぶさたしています。

ここ二ヶ月ほど、SX-500のNW補正を弄って実験していました。
まず、セッティングで本体を両側から挟みこんで底面を完全にフリーにすると意外なほど低音の量感が増えます。
*箱が鳴り放題とも言えますが、、、、

NW補正に並列共振回路を入れてやると量感を保ちつつ解像度を上げる効果がありそうです。
ウーハーの低音側のインピーダンスを補正しても、理論上はあまり聞こえ方には変化しないように思うのですが実際は好ましい方向に行きました。
並列につなぐのにもかかわらず部品の音質差もあることが判りました。アンプのDFにもかかわるとは思いますけど。

Bonが以前、書かれていた「声の張り」、特に女性の声の音域はSX-500の場合、ウーハーの高音側補正のC(コンデンサ)容量とかかわりが深そうです。
具体的には、もう少し容量を減らしてみるとお好みの範疇に入ってくると思います。

  • 2008/07/16(水) 12:32:03 |
  • URL |
  • bfrat #yghJQzaw
  • [ 編集]

bfratさん、こんにちわ。
底面フリーで低音増強。なるほどな結果です。
箱を鳴らすのは、SX-3時代からの共通した設計ですね。
響きが豊かなのもこのあたりから来ているのでしょうし、底面が振れることで低音が豊かになっているのでしょうね。

NWはおもしろいですよね。
オリジナルの味を生かしたまま、SNや解像度まで変化して。

>具体的には、もう少し容量を減らしてみるとお好みの範疇に入ってくると思います。

わかりました。
ただ、色々と、もちょっとして落ち着いたら、試してみますね。
ちょっとばかり暑さにも負けちゃってます~。
でわでわ。


  • 2008/07/16(水) 20:45:18 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/309-39a527ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)