FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

コンセント HUBBELL 8300HI

HUBBELL 8300HI
(レアな)HUBBELL 8300HI です。
(本日のコーヒーさんからお借りしています。貴重な品、本当にありがとうございます)
日本国内では販売されていません。手に入れるには、海外通販になります。
通常のUL規格。ボディーサイズは写真のとおり、幅広ボディーではない通常の大きさです。
耐電流は20A/125V(パッケージに記載)

検索しても、残念ながら詳細情報はヒットしません、、。

背面の様子
HUBBELL 8300HI
ブレード部は無メッキ。材質は銅のように見えます。(目視なので定かではありません) 
かなり強固なバックプレートは(あきらかに)真鍮製。
バックプレートがそのままコンセント取り付けネジ穴(ミッキーの耳)まで伸びています。
HUBBELL 8300HI
(余談ですが、、、この形状。電源タップに他のコンセントと共存、。かつそれぞれのコンセントにアース結線した3P電源ケーブルを使用、。この条件が重なった場合にアースループを起こす可能性があります)

視聴環境ですが、
(CDプレーヤーのコンセントは、意地でAC-Silver1に固定。)
今回は、プリアンプへの給電コンセントとして使用してみました。
(奥のケーブルがそれ)
DSCF8498.jpg
手前のコンセントは、shunyata/SR-Z1。
奥側のコンセントが、今回のHUBBELL/8300HIです。
同一環境にあるコンセントに繋ぎ変え。
成り行き、、shunyata/SR-Z1 VS HUBBELL/8300HI というバトルと相成りました、、。


本日のコーヒーさんから、「この8300HIは寝起きが悪い、、通電1~2日くらいはシャキッとしない。」と聞いていましたので、
今回は、取り付けて3日間通電、じっくり時間をかけて視聴させていただきました。


(前置き長くてごめんなさい)


まずは8300HI
第一印象は、色づけを感じさせない音質。間違いなく極写実系です。
低音は芯があってガツンッと硬くて重厚。スピード感があるので重い低音にはなりません。
中域もどこかが凸るようなクセは特になし。
高域にも煌びやかさなどの演出は皆無。ちょっと(暗くて)寂しいくらいに感じるけど、、、ハイも厚みがあり、かつしっかり伸びています。
過剰に響きをつけて空間を演出するとか、倍音を豊かに聴かせ艶っぽく聴かせるとか、、そんな感触もありません。
とにかく全域でひたすら写実調を貫きます。
そんな感じなので、楽器は滲まずハッキリ聴こえます。
滲みが無い=混濁感なしにつながっているようで、各定位も良好。特に背後に廻り込むような音がハッキリ聴こえてきたことにはちょっとビックリ。
左右の広がりもごく自然に広い。かなり広い。
曲のテンポが早くなったように聴かせます。キレの良さがそう聴こえさせるのでしょうか。

入れ替えて、SR-Z1。
確かに美音系です。
8300HIを、滲みの無い正常な音だとすれば、、、「付帯音つきまくり、滲みまくり」としか言いようがない、、。
この滲みを、良い意味での演出と捉えれば、、おもしろみがあるとも言える、、。

こうして改めて聞き比べてみると、SR-Z1はヴォーカルの存在感を際立たせていることに気がつきます。特に女性ヴォーカル。艶っぽい。
また、理由はわからないけど、イキイキと謡います。
歌い手が聞き手に声を届けたい、、抑揚感とか、、、それを感じるんです。
(アホ? コンセントでそんなもんが変わってたまるか?!と言う方も当然いらっしゃるとは思いますが、、、。すみません、わたくしの耳にはそう聴こえます。)
響き、、過剰と捉えるべきかもしれませんが、、ホールの反射音が距離感を保って気持ち良く聴こえます。しっかりと分離しているからだと思います。奥行き感の演出に繋がっています。
響きが多めにもかかわらず、、、音像と音像の混濁感を押さえているとか、音像の輪郭は破綻させずにあくまで滑らかに。それらをうまくバランスさせているとわかります。

この二つのコンセント、あきらかに違うのは、上に書いた点だと思います。
この違いを好むか好まないか、曲によっての相性とか。8300HIはジャズに良いかも、シンバルとか凄みが出そうです。

SNについて
比べるとSR-Z1のほうが静かです。クライオの効果でしょうか。8300HIはわずかにざらついた空気感を背景に感じます。

視聴は続く、、、
個人的に確認したいことがありました。
それはSR-Z1の低音について。

低音という帯域で、量で捉えると、確かにSR-Z1よりも8300HIのほうが出ます。
ただし、より低い帯域は、SR-Z1のほうがあります。
床を這い空気を伝い、肌や足元に届く低音を感じます。
この両者だけで比較すれば、
やや甘めながらもよりワイドレンジで自然な感覚のSR-Z1。絶対的なスピード感を保ちながら滲まず押し出し感と迫力のある8300HI。
そのように捉えました。


色々と文句のあるように書いてしまいましたが、、、
誤解のないようにも書きます。
両者とも、とてもハイレベルなコンセントだと思います。
好むか好まないか。曲やシステムとの相性とか。そんなポイントで選んで、後悔しない、長く付き合えるコンセントだと思いました。

あくまで私感ですので悪しからず。


8/12 追記
(比較すると)
SR-Z1には高域のエネルギーがやや強くでる部分があります。
ちょうど、女性ヴォーカルのハイトーン、ソプラノあたり。
また、下のほう、、バス?バリトン?あたりにもちょっとした凸があります。
このあたりのクセが、ヴォーカルの抑揚感が出やすい、と捉えた要因かもしれません。

スポンサーサイト



コメント

いい感触みたいですね~。聞いてみたいです♪

  • 2008/08/11(月) 19:01:32 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

ばんわ~♪
ぶちさんの好みだね、これは。
間違いない!
バスドラはドドドドドドドドドドドッ!
ハイハットはジャリジャリバシャーン!!
タムはドコドコドコドコッ!ダッ!パーーン!
、、しーん、、。

ドラミングは最高だね、間違いなく。
その変わり色気たっぷり子はいなくなるからね。
英会話を習熟して通販してみてください。よろ~♪

  • 2008/08/11(月) 20:13:07 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

ありがとうございます。

細やかな感想ありがとうございます。私感で全然いいですよ。8300HIは音楽的な色づけは少ないですよね。その割りに空間が広く変な強調感もなくレンジもそこそこなのが私は気にいってたりします。。タップ用の壁コンって意外と選択肢がないですから。SR-Z1は私も聴きなおしてみないといけなさそうですね。

いや、この数日そわそわしてました。

  • 2008/08/11(月) 20:56:11 |
  • URL |
  • 本日のコーヒー #-
  • [ 編集]

SR-Z1は本日のコーヒーさんからお借りして聴いたのですが、
恥ずかしながらSR-Z1の方が深い低音が出ているのに気がつきませんでした・・・
こんな感想を読むとSR-Z1を買おうかな?と思っちゃいますよ(笑)

  • 2008/08/12(火) 08:41:53 |
  • URL |
  • 風変わり #bGFYj9N2
  • [ 編集]

本日のコーヒーさん、こんにちわ。
今回はありがとうございます。
おかげ様で有意義な視聴になっています。
8300HI、クセが無くてレベルが高い、良いコンセントですね。

そわそわさせちゃってスミマセン♪
暑くて暑くて、、、耳の性能が落ちちゃって、、時間がかかっちゃいました。
今は、クライオのほうを聴いています。
(でも、、暑くて、なんだかよくわかりません。汗汗、、。)


風変わりさん、こんにちわ。
<より深い低音、、
ドキ!
あくまでマイシステムでのお話ですから、、。あんまり気にしないでくださいね。
与太話程度と笑って流してやってください。


  • 2008/08/12(火) 12:09:34 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/315-8d3fe1ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)