FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

ダウントランス うなり音対策

皆さ~ん、お元気ですかーー!!
(ノ^∇^)/ヤッホー
今日は休日。ママは仕事、その上、農作業もなんもナシ!
部屋で引き篭もりしてオーディオ三昧でんがなぁ!!
(V^-°)イエイ!
と言っても、相変わらずのセッティングに明け暮れるばかりだけどね。でも、これも楽しいさ。オーディオっていう趣味は、聴くこと、いじる事、、全部奥が深くて楽しいさ!
さあっ、今日も今日とて、勝手に舞い上がって参ります~。
(´ー`)y-~~


本日の課題は、タイトルどおりの「唸り音」対策。
(怨念の念じゃありませんからね~。読み間違えちゃダメですよ~。
((m(|||Д゚)彡怨怨怨怨怨)

今月初頭に導入した「調所電器のダウントランス」唸り音がけっこう大きい、さてどうしょう?と。
これは先日お話したところ。

電源入れっぱなしがベストなんだけど、、、
隣の寝室まで「ぶ~ん」と飛んでくる、、。
「イライラするから、止めてよね。プンプン」って、、、。(そりゃそうだよね、、、)
しょうがないから使わない時は、ブレーカーを落としている始末でした。


対策方法、、、選択肢は3つある。
①原因がDC成分漏れであれば、DC成分サプレッサーを電源ラインに組み込むことで、唸り音は低減されるはず。
②音を物理的に遮断する。
③気にしない。
④ノイズ源を捜し出し、隣のゴリラおやじに「ゴラァ」してくる。


①は原因が違ってたらと思うと、メンドクサスギル。
また、、せっかく、電源ラインの接点を極力少なくしてきたのに、余計なモものをラインに入れたくない。

ちなみに、現状はこんな感じ。
DSCF5728.jpg

子ブレーカー、一番左が「200V→100V ダウントランス用ライン」(アナログ機器用)
二番目がサブウーファー用ライン。
3番目は今のところ空き。
一番右側が、アイソレーション電源「信濃HSR-1000」用ライン。(デジタル機器用)
それぞれ、電源ケーブルを直付けという井出たちです。
コンセント/プラグ等を介さないほうが、音の鮮度感、力感がアップし、ノイズにも有利なようです。

音質的には、余計なものは入れたくない、、かと言って、トランスの振動にも目をつぶれない、、、微妙です。)

③は無理。④はさらにムリだ、、。

そして実行したのが、②の物理的に遮断する。だ!
箱を作って覆ってみた!
DSCF5719.jpg

実は箱ではありません。底がないので「四角い筒」です。
アンダーボード試作の結果、どうやらマイシステムには木製は相性が悪い(音が緩くなる)との結論ゆえ、底ナシにして、床とトランス筐体の間にはインシュレーターをかますことにしました。

しかし、、我ながらムサイな~。


夕べ徹夜して作ったこのカバー。
さあどうだぁ!と、いざ音を出して見ると、、、、
「なんじゃ、この音、、」
惨い、ムゴスギル、、。俺の寝る時間を返してくれ、、みたいな酷い音。
低音消えてるし。細かい音も消えちゃって、なんてつまらん音、、。
今までこつこつと積み上げてきた努力が木っ端微塵です。
トランスって敏感すぎ。



ひとまず原因の究明&対策せにゃ、、。

その1・足元から。
トランスの筐体と床との間には、とりあえずタオックの鋳鉄製インシュレーターを挟んでいたのですが、、、まずはここがクサイ。
DSCF5727.jpg

始めは、大きいほうでした。
これを外してノーマルのゴム足に戻してみたら、なんと、低音は元の量にもどりました。
タオックが原因で、あまりにも音が締まりすぎたようです。

でも、ノーマルゴム足では締まりが足りないので、
小さいほうを挿入。
まあまあ良い按配です。(写真のとおり大きさ/質量がまるで違います)

しかし、まあ、、トランスの足って、アンプ等の比にならないくらい変化の度合いが大きいです。

足のほうはひとまず、これで様子見。


その2・細かい音が出なくなった原因は?

箱の内側全て貼った、厚み2センチのゴム系の硬いスポンジ板。
これがトランスの筐体を強く圧迫していたことが原因でした。
剥がしたら、、、
やっぱり元にもどった、、、。


と思ったら、今度は、シ音が妙に強くなった。
(いい加減にしてくれ、、)


とにかく外してみよう、、
箱をとっぱらったら、やっぱり元にもどった、、。

これって、箱の材質(ラワンの硬い音)がせいか?
箱そのものは、トランスの筐体に接触していないのに、なんでなんだ??
まじクマッタ、、。
この箱は捨てるしかないのか??



その3・ものは試しで、今度はこんなことしてみた。
DSCF5731.jpg


トランスと箱のすき間に
アコリバの絹を突っ込んでみた、、、
(一時、大ブームになったあれ)
おっ、なんかイイ感じ!
(量が足りない)
ならば、スピーカーの吸音材を詰め込んでみれ。
(解体したSX-500の綿)すき間というすき間に詰め込んでみた。←これが写真の状態。

グッドです。
トランスの唸り音も遮断され、音質自体も、とりあえず問題なし。OKです!!




しかし、、どっと疲れた1日でした。
繰り返しになりますが、ダウントランスはセッティングにかなり敏感なようです。いや敏感すぎです。

駄文、長文、最後まで読んでくれてありがとうございました。
おかげ様で、「ブーン」に悩まされずにぐっすり寝れそうです。




スポンサーサイト



コメント

危なくないですか?

こんにちは。
気になったんですが、ダウントランスってかなり発熱しますよね?箱詰めにして、保温性のあるモノを詰めてしまったら放熱できなくなるでしょうし、せめて毎回電源を落すようにしないとヤバイんじゃないんですか?

シオーヤさん、こんにちわ。
ご心配ありがとうございます。
(*_ _)ペコリ 

発熱なんですが、
導入してから、チェックはしていたんですが、まったく熱くならないんです。
音を出し続けても、筐体表面はかすかに「ぬるく」なる程度で。
大丈夫と判断して、今回の暴挙に手を出してみました。

今日も、普段どおりの発熱状況で、
危険な感じはないんです。

もちろん、危なそうだったら、すぐにやめようと思っています。

トランスの容量が、実際の消費電力よりもかなり余裕があるからなのでしょうか?

シオーヤさんのトランス、どの程度発熱します?



  • 2007/05/28(月) 21:09:00 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

僕のトランスはかなり発熱しますので、失礼とは思ったんですが、心配になったのでコメントしてしまいました。スミマセン。

僕が使っているトランスの容量は1500Wで、アイソレーションと200Vダウントランスが一緒になったものです。
現在、単相200V工事が出来ない環境なので、トランスのアイソレーションの方の機能しか使っておりませんが、それでも結構発熱します。現在パソコンのみ使用中ですが、風呂の湯ぐらいの温かさです。

唸りは鉄アレイ4kgを二つ乗せたら全く気にならないレベルまで静かになりました。

トランスを枕にして寝るとそのうち気にならなくなるらしいよ(・∀・)

  • 2007/05/28(月) 23:49:44 |
  • URL |
  • クロチャソ #TYzEpzaA
  • [ 編集]

>シオーヤさん
謝る必要はないですよ。
(∩_∩)ゞ
自分も発熱はどうなんだろ?って気にしてはいました。プチプチシートで覆っていたのも、その確かめの意味もあったし。(コメント書くの忘れてるくらい、頭の中から消えてましたが)
普通は心配しますよね。

>僕が使っているトランスの容量は1500Wで、アイソレーションと200Vダウントランスが一緒になったものです。
中村?ですか。
自分の信濃も温めの風呂くらいの熱が出ますね。筐体表面で。

信濃の場合、筐体にも通風スリットがたくさん空いていて、なるほど発熱するんだろうな。という見かけだったりするんですが、
調所のトランスは全くの密封ケースなんです。
なので、発熱に関しては、さほど神経質にならなくてもいいかな?という感じも受けました。

いずれにしても、音のこともあるし、ちょと様子見してみます。



>クロちゃん
ならないってば!
ヽ(`Д´)ノ⌒







  • 2007/05/29(火) 11:19:04 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

>ボンさん
ダウントランス単体では発熱しないんですね。
ちなみに自分のトランスはプロケーブル製です。

>クロちゃんさん
いくら静かなトランスでも、流石に枕にはキツイかも。でも、温かいから、冬になら抱き枕には丁度イイかもしれませんよ?
そのくらい静かです。

シオーヤさんへ
ダウントランス単体でも発熱の危険はあると思いますよ。
ダウンというよりも、トランスそのものが発熱すること。自分も否定しませんし、覆うのも危険だとは思います。
良い子は真似してはイケマセン。

パワーアンプの天板もトランスの真上が一番に熱を持ちますしね。

今回、あまり発熱しないのは、
あくまで、実際の消費電力に対して、トランスの容量が十分以上に大きいためと推測します。
あくまで推測の範囲ですが、、。


今後ともよろしくお願いします~。

  • 2007/05/29(火) 17:21:15 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/39-9ecce418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)